12位:thank you for the music

12位:thank you for the music

ABBAらしい温かみがあるバラードとしてリリースされた「thank you for the music」。ミュージカル「マンマ・ミーア!」で披露されている一曲であり、劇団四季版では日本語バージョンが披露されました。

11位:Close to You 

11位:Close to You 

バラードの神と言えるほど、心に響くバラードを届けてきたカーペンターズ。ヒットしたバラードのひとつ「Close to You」は、バート・バカラックさんとハル・デイヴィッドさんが書き下ろした楽曲をカバーした作品で、日本のテレビドラマやハリウッド映画の楽曲に起用されました。

洋楽女性歌手のバラードおすすめランキングTOP10-1

10位:La Vie En Rose

10位:La Vie En Rose

現存するバラードの中で最も甘い気分にさせてくれる名曲「La Vie En Rose」。フランスのシャンソン歌手エディット・ピアフさんが1946年にリリースした伝説のバラードです。この曲は1998年にグラミー賞を受賞しており、フランスで最もヒットした楽曲のひとつとも言われています。

日本で洋楽がリリースされる際は、ダサいタイトルが名付けられることも珍しくありません。しかし、この曲はフランス語をそのまま直訳した「ばら色の人生」と名付けられており、日本においても現代と邦題のどちらにおいても親しまれています。

世界中で数えきれないほどのアーティストがカバーしており、セリーヌ・ディオンさんといった世界的なアーティストや、宇多田ヒカルさんや山下達郎さんなど日本の著名なアーティストもカバーしました。

9位:The End Of The World

9位:The End Of The World

「The End Of The World」は、21世紀に入ってからの音楽しか知らない人には馴染みがない音楽かもしれません。しかし、海外では至極のバラードとして根強い人気を獲得しています。スキータ・デイヴィスさんが1963年にリリースした曲であり、「世界の終わり」とのタイトルの通り、大切な隣人と死別した悲しみをバラードにした名曲です。日本では「この世の果てまで」という、曲のテーマと一致しないタイトルが名付けられてしまいました。

この作品は、全世界1200万本を売り上げたゲームソフト「fallout4」のゲーム内BGMにも起用されています。核戦争で滅んだアメリカを自由に旅する同ゲームにおいて、「世界の終わり」であるこの曲を聴きながらプレイすると、世界の終末を肌身で体感することができるでしょう。

8位:The Heart Wants What It Wants

8位:The Heart Wants What It Wants

女優としても活躍中のセレーナ・ゴメスさんですが、歌手としての実力も世界規模でトップクラス。名曲も多々歌唱してきましたが。バラードとして特に人気なのが、か弱い乙女心を歌で表現している「The Heart Wants What It Wants」です。

全編にわたってモノクロで表現されているミュージックビデオは、バラードのテーマを視覚で表現しています。セレーナ・ゴメスさんが2014年にリリースしたアルバム「For You」に収録されているので、気になる人はアルバムごとチェックしてみましょう。

7位:let it go

7位:let it go

日本の音楽業界は近年盛り上がりに欠ける状態ですが、「let it go」が近年の音楽業界において最大の盛り上がりを見せる大ヒット曲となりました。洋楽ではありますが、日本でレリゴーと呼ばれ「ありのままで」という副題まで名付けられており、このバラードに対して洋楽という意識を持っている日本人は少ないかもしれませんね。

日本版は松たか子さんによるバージョンが最も人気がありますが、もちろん原曲は全編英語になっており、歌手のイディナ・メンゼルさんが歌とエルザ役を担当していました。海外では日本以上の盛り上がりを見せており、イディナ・メンゼルさんは「let it go」でアカデミー賞歌曲賞を受賞するほどの功績を残しています。

日本版しか聴いたことがない人は、気分を変えて本場の英語版を聴いてみるのもいいですよ!

6位:A Thousand Miles

6位:A Thousand Miles

爽やかなバラードをお求めの人には、「A Thousand Miles」がおすすめです。ヴァネッサ・カールトンさん最大のヒット曲であり、ピアノとストリングスのハーモニーが絶妙なバラードとなっています。

日本ではシングルとしてリリースされておらず、ファーストアルバム「A Thousand Miles」の収録曲としてリリースされました。

5位:Almost Is Never Enough

5位:Almost Is Never Enough

世界中の男性が恋する美女であり、外見とは裏腹な歌声も素敵なアリアナ・グランデさん。ラブソングを中心にこれまでリリースしており、日本においてもほとんどの作品を大ヒットさせています。

数多くの名曲の中、肌寒い夜に聴くと温もりを感じられると人気のバラードが「Almost Is Never Enough」です。5人組の男性ボーカルユニットThe Wantedとコラボレーションしており、デビューアルバム「Yours Truly」に収録されました。

日本では、アイドル的な女性アーティストとイケメン芸能人とのコラボレーションは顰蹙を買いがちですが、アリアナ・グランデさんとThe Wantedによるコラボレーションは、そのようなことを一々感じさせないほど美しいハーモニーを実現させています。アリアナ・グランデさんとThe Wantedのファンだけでなく、邦楽のバラードに飽きた人や実力派の音楽が聴きたい人にも聴いてもらいたいバラードです。

4位:Part of Your World

4位:Part of Your World

ディズニー映画の歴代作品の中でも「リトルマーメイド」の存在感は圧倒的ですよね。映画の公開から30年経過したにもかかわらず、現代の小さい子供たちにも人気があり、主役のアリエルは、今も世界中の女性たちに愛されておりいます。日本でもあまりの人気のため、子供の名前に「泡姫(ありえる)」と名付けてしまった母親もいるほど熱狂的とも言えるほど愛されているようですね。

作品内のバラード「Part of Your World」は、海で生活するアリエルが、人間たちが住む地上への強い憧れを歌にした名曲です。特定の人に対する想いを込めた歌ではありませんが、人間たちに対するアリエルの想いは恋愛感情と共通する点もあり、後のハッピーエンドに繋がっていくのです。

現在は劇団四季によるミュージカル版も公演されており、「Part of Your World」の劇団四季バージョンがYouTubeに公開されています。こちらも素晴らしいので、気に入ったら劇団四季版リトルマーメイドの公演にも一度足を運んでみてください。

3位:If This Was A Movie

3位:If This Was A Movie

明るくキャッチーな音楽が多いテイラー・スウィフトさん。女性に人気の歌姫であり、恋愛リアリティー番組「テラスハウス」のテーマソングだった「We Are Never Ever Getting Back Together」なら知っている人も多いのではないでしょうか。

本ランキングでご紹介する「If This Was A Movie」は、「もしこれが映画だったなら…」という、もしもの話を描いたバラードです。サビのパートが印象的で、一度聴いたら頭から離れなくなってしまうでしょう。

全編通して哀愁漂う雰囲気に仕上がっており、まるで片想い中の女性を表しているかのようです。テイラー・スウィフトさんの隠れた名曲であり、サードアルバム「Speak Now」のデラックス・エディションに収録されています。

2位:MY HEART WILL GO ON

2位:MY HEART WILL GO ON

世界中を感動の渦に巻き込んだ映画「タイタニック」。日本においても大ヒットしており、主演を務めたレオナルド・ディカプリオさんが注目を集め、日本でレオ様ブームも発生する社会現象となりました。

セリーヌ・ディオンさんの代表曲「MY HEART WILL GO ON」は、同映画の主題歌に起用されており、映画のために書き下ろされました。映画の内容を知らなくても感動的なテーマであることが感じられる名曲ですが、できれば映画を視聴した後に聴いてもらいたいバラードですね。

1位:Hello

1位:Hello

邦楽は昔から実力よりもルックスが重視される傾向があるので、歌唱力抜群で音楽も魅力的であってもヒットに恵まれないアーティストは珍しくありません。しかし、海外では天才的な実力を持つアーティストなら、国民たちからもしっかりと支持されます。

実力派歌手のアデルさんは、切ないバラードの名曲「Hello」をリリースして、世界的な成功を収めることに成功しました。アメリカ・英国、そしてイタリアなど日本を除く世界各国でチャート1位を獲得しており、2017年のグラミー賞も受賞しました。

YouTubeの再生回数は24億回を突破しており、現在も再生回数を更新し続けています。映画のように壮大な曲が好きな人、失恋したばかりや片想いに悩んでいる人などにおすすめです。

ちなみに、アデルさんはこれまで3枚のアルバムをリリースしていますが、全米だけで累計約2400万枚もの売り上げを記録しました。デジタル化が進む全米において驚異的な数字であり、実力だけでここまでの成功を収めたアーティストは、世界的に見てもそれほど多くはありません。アデルさんを知らない人は、「Hello」だけでなく、他の名曲にも触れてみてくださいね。

洋楽のバラード名曲ランキングTOP50のまとめ

映画の主題歌となったバラードや、子供からも親しまれている名曲もご紹介したので、好きな楽曲も多かったのではないでしょうか。歌詞の意味が分からなくても、雰囲気だけでも楽しめるという点も洋楽ならではの魅力ですね。

邦楽に飽きたという人は、洋楽のバラードを聴いて気分転換してくださいね!

関連するキーワード

関連するまとめ

ニック・カーターの若い頃!身長やイケメン画像・髪型を総まとめ

バックストリート・ボーイズのメンバーとして活躍するニック・カーターさん。そこで今回は、ニック・カーターさんの…

sumichel / 423 view

ハリースタイルズのファッションと髪型まとめ!彼独自のスタイルを紹介

人気ボーイズ・グループ「ワンダイレクション」の最年少メンバーのハリースタイルズ。彼はかなり個性が強く、その髪…

aquanaut369 / 141 view

フィル・コリンズの現在の仕事や体調は?病気で車椅子の噂も総まとめ

長年ミュージシャンとして活躍し、多くのヒット曲を生み出してきたフィル・コリンズさんですが、現在は病気が原因で…

sumichel / 139 view

リル・ピープの死因!薬の過剰摂取で死亡・命日も総まとめ

ラッパーのリル・ピープさんについて、死亡・死因に関するニュースが注目を集めています。また、リル・ピープさんが…

cyann3 / 88 view

2パック(ラッパー)の死因!射殺事件の犯人逮捕・現在や生きてる説を総まとめ

伝説的ラッパーの2パック。彼は1996年に射殺事件に命を落としましたが、その犯人や動機は何だったのでしょうか…

aquanaut369 / 89 view

ジムや筋トレ中の音楽・曲おすすめランキング50選~洋楽・邦楽別【最新版・動画付き】

筋トレでジムに通っている方などは、好きな音楽を聞きながら体を鍛えている方が多いです。この記事では、ジムや筋ト…

shasser / 119 view

リッチー・サンボラの現在!ボン・ジョヴィ離脱理由など総まとめ

アメリカを代表するロックバンド『ボン・ジョヴィ』の元ギターリストとして知られているリッチー・サンボラさんのボ…

sumichel / 246 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

エリッククラプトンのアルバム17選!おすすめランキング【最新版】

世界的な天才ミュージシャンとして注目を浴び、音楽を愛する世界中の人達に影響を与えてきたエリック・クラプトンさ…

kent.n / 312 view

デリックウィブリーの現在!アヴリルラヴィーンとの結婚や子供・離婚原因・自宅まとめ

人気バンド「SUM41」のデリック・ウィブリー。彼は過去にアヴリル・ラヴィーンと結婚していたことがあり、2人…

aquanaut369 / 165 view

レッドホットチリペッパーズのメンバーの現在までの活動やプロフィールまとめ

日本でも有名なロックバンドグループ「レッドホットチリペッパーズ」のメンバーは、現在4人になっていました。この…

shasser / 151 view

ポリス(バンド)のメンバーと現在!解散理由は不仲?今の活動も総まとめ

1970年代から1980年代にかけて絶大な人気を集めたバンド「ポリス」。彼らは人気絶頂時に解散していて、その…

aquanaut369 / 670 view

サムスミスと恋人ブランドンフリンとの熱愛や破局・結婚情報を総まとめ

若くして成功した才能あるシンガー・ソングライターであるサム・スミスさんですが、人生で初めて恋人のブランドン・…

Arisu / 181 view

レッドツェッペリンのメンバー4人の現在!プロフィール付きで紹介【最新版】

世界的なロックバンド「レッドツェッペリン」のメンバーとして、世界に名を刻んだ4人の偉大なミュージシャンたち。…

kent.n / 238 view

人気ギタリストのランキング60選!海外・日本人別【最新版】

世界中には数多くのギタリストがおり、素晴らしい腕前で観衆を魅了する人気ギタリストも多数存在します。そこで今回…

maru._.wanwan / 142 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);