出典:YouTube

リンカーン大統領の暗殺事件の考察動画

ケネディ大統領とは共通点が多い

ケネディ大統領とは共通点が多い

リンカーン大統領はよく第35代・アメリカ大統領のジョン・F・ケネディ本大統領と比較をされます。

2人には意外な共通点があり、「駐イギリス大使の経験」「30過ぎの結婚」「20代で亡くなった姉妹がいる」「大統領在任中に息子を亡くした」などがあります。

他にも初めての議会選出が「リンカーン大統領:1846年、ケネディ大統領:1946年」、大統領に当選が「リンカーン大統領:1860年、ケネディ大統領:1960年」というのも有名です。

さらに副大統領に「ジョンソン」がおり、秘書には「ケネディ」「リンカーン」とお互いの名前の人物がいました。

リンカーン大統領の演説動画

1858年に共和党州大会で「上院議員候補」に指名後の「分かれたる家」演説

1858年に共和党州大会で「上院議員候補」に指名後の「分かれたる家」演説

リンカーン大統領は1858年の共和党州大会にて、「上院議員候補」に指名後に演説を行いました。

当時はアメリカの北部・南部で真っ二つに別れた状態であり、当時の様子を「分かれたる家」と表現しました。

この言葉は聖書の「マルコの福音書」から引用したもので、「分かれたる家」演説として知られています。

1860年にニューヨークの党指導者がリンカーンを招待して行った「クーパー・ユニオン」演説

1860年にニューヨークの党指導者がリンカーンを招待して行った「クーパー・ユニオン」演説

リンカーン大統領は1860年2月27日、ニューヨークの党指導者が集まる会合に招待されました。

そこには強力な党員が集まっており、そこで行った演説が「クーパー・ユニオン演説」と言われています。

有名な言葉としては「正しいことと間違ったことの間の中間を模索すること」であり、主に奴隷制に関する独自の意見を述べています。

1861年3月4日の就任式でアメリカ南部の市民に向けた「第一次大統領就任」演説

1861年3月4日の就任式でアメリカ南部の市民に向けた「第一次大統領就任」演説

リンカーン大統領は1861年3月4日の大統領就任式にて、アメリカ南部の市民に向けて演説をしました。

当時のリンカーン大統領は「私は奴隷制度が布かれている州におけるこの制度に、直接にも間接にも干渉する意図はない。」と話をしています。

さらに「私はそうする法律上の権限がないと思うし、またそうしたいという意思はない。」と続けました。

「われわれは敵同士ではなく、友であります。」「われわれは敵であってはなりません。」と話をして、この意図は定かではありませんが、リンカーン大統領の支持が集まるきっかけとなります。

1863年のゲティスバーグ演説

1863年のゲティスバーグ演説

1863年7月には南北戦争の大きな戦いである「ゲティスバーグの戦い」において、北軍が大きな勝利を収めました。

1862年に奴隷解放宣言をしてからの翌年、この演説で「人民の、人民による、人民のための政治を地上から絶滅させない」と力強く発言しました。

出典:YouTube

リンカーン大統領の「ゲティスバーグ演説」の動画

リンカーン大統領の子孫

リンカーンの子孫(直系):ロバート・トッド・リンカーン

リンカーンの子孫(直系):ロバート・トッド・リンカーン

リンカーン大統領の子孫ですが、直系の子孫がロバート・トッド・リンカーン・ベックウィスさんという方です。

この方はリンカーン大統領の長男であり、1926年7月26日(82歳没)で死去しています。

また、この方から続く直系の子孫が1人いましたが、1985年に死去しています。

ですので、リンカーン大統領の直系の子孫は現在はいないことが発覚しています。

リンカーン大統領の子孫:トム・ハンクス

リンカーン大統領の子孫:トム・ハンクス

リンカーン大統領の子孫は直系ではありませんが、ハリウッド俳優・トム・ハンクスさんが子孫であることが判明しました。

リンカーン大統領の母親ナンシーさんという名前で、本名はナンシー・ハンクスと言います。

ハンクス家の子孫は今日まで受け継がれており、その1人がトム・ハンクスさんであることが分かっています。

トム・ハンクスさんはリンカーン大統領の母親の遠縁であり、リンカーン大統領の「みいとこの子孫」です。

リンカーン大統領の子孫:ジョージ・クルーニー

リンカーン大統領の子孫:ジョージ・クルーニー

リンカーン大統領の子孫として、ハリウッド俳優のジョージ・クルーニーさんも子孫の1人だったようです。

ジョージ・クルーニーさんの「6代前の祖母」にあたる方にメアリー・アン・スパロウさんという方が存在します。

その方がリンカーン大統領の母親ナンシー・ハンクスさんと異父姉妹であることが判明しました。

これはつまり、ジョージ・クルーニーさんの7代前の祖母ルーシー・ハンクスさんが「リンカーン大統領の祖母」となります。

リンカーン大統領の名言

「転んでしまったことなど気にする必要はない。どうやってそこから立ち上がるかが大事なのだ。」

「転んでしまったことなど気にする必要はない。どうやってそこから立ち上がるかが大事なのだ。」

リンカーン大統領の名言ですが、かなり多くの名言があることで有名な方です。

その1つとして「転んでしまったことなど気にする必要はない。どうやってそこから立ち上がるかが大事なのだ。」というものがあります。

リンカーン大統領は少年時代は本を読み、弁護士などを経験して政界に進出しました。

その中の多くの活動が思い通りなものではなかったと言われています。

リンカーン大統領のこの発言はそんな過去の経験から生まれた名言だと分かります。

「今日の責任から逃れることが出来たとしても、明日の責任から逃れることは出来ない。」

「今日の責任から逃れることが出来たとしても、明日の責任から逃れることは出来ない。」

リンカーン大統領の名言として、他にも「今日の責任から逃れることが出来たとしても、明日の責任から逃れることは出来ない。」というものもあります。

アメリカ激動の時代に生きたリンカーン大統領でしたが、こちらは今日行動することの大切さを語った言葉です。

多くの責任を負う必要がある立場での言葉ですが、それでも何か感じられるものがある名言の1つです。

「この挑戦において失敗する可能性があるからと言って、自ら正しいと信じる大義を支持することを思い止まるべきではない。」

「この挑戦において失敗する可能性があるからと言って、自ら正しいと信じる大義を支持することを思い止まるべきではない。」

リンカーン大統領は他にも、「この挑戦において失敗する可能性があるからと言って、自ら正しいと信じる大義を支持することを思い止まるべきではない。」という言葉も残しています。

非常に長い文章の名言ではありますが、失敗を恐れずに「自分の大義」を信じるという意味になります。

チャレンジ精神の大切さを語る名言で、リンカーン大統領の考え方が反映されています。

「私は最善を尽くす。出来る限りの最善を尽くす。 最善を尽くすとは、最後までこれを続けることである。」

「私は最善を尽くす。出来る限りの最善を尽くす。 最善を尽くすとは、最後までこれを続けることである。」

リンカーン大統領の名言ですが、「私は最善を尽くす。できる限りの最善を尽くす。 最善を尽くすとは、最後までこれを続けることである。」というものもありました。

最善を尽くすは「ベストを尽くす」という意味でのみ捉えられることが多いですが、「最後までベストを尽くす」ということが分かります。

「もし奴隷制度が間違いでないというならば、他の何もが間違いではない。」

「もし奴隷制度が間違いでないというならば、他の何もが間違いではない。」

リンカーン大統領は奴隷解放宣言を行った方で有名ですが、奴隷制に対する名言も存在します。

当時の考え方を反映した言葉として「もし奴隷制度が間違いでないというならば、他の何もが間違いではない。」と話しています。

「人民の人民による人民のための政治を地上から決して絶滅させないために、我々がここで固く決意することである。」

「人民の人民による人民のための政治を地上から決して絶滅させないために、我々がここで固く決意することである。」

リンカーン大統領の名言として特に有名なのが、ゲティスバーグ演説での言葉です。

「人民の人民による人民のための政治を地上から決して絶滅させないために、我々がここで固く決意することである。」という言葉は特に有名です。

出典:YouTube

リンカーン大統領の名言動画

リンカーン大統領の過去の功績・エピソードに今後も注目

リンカーン大統領の過去の功績・エピソードに今後も注目

リンカーン大統領は奴隷制の改正、さらに南北間での争い集結に大きく貢献した大統領になります。

子供時代から多くの学問を学び、臨機応変に政治活動を行って偉業を成し遂げています。

そんなリンカーン大統領の過去の功績・エピソードは今後も注目されること間違いなしです。

まとめ

リンカーン大統領はどんな人なのか、過去の功績や逸話などが現在でも注目を集めています。演説動画はYoutube上にあり、子孫はハリウッド俳優にも存在していました。名言を含めたリンカーン大統領の過去の功績、エピソードなどにも引き続き注目です。

関連するまとめ

ヘンリー王子の身長&体重は?スタイル情報を総まとめ

これまでにスキャンダルで何かと世間を騒がせているヘンリー王子。今回は、そんなヘンリー王子の身長や体重、世間の…

rirakumama / 147 view

ビル・クリントンがロックフェラーの隠し子?関係性をまとめ

第42代アメリカ合衆国大統領のビル・クリントンさんは、アメリカ最大の企業家であり富豪の家系ロックフェラー家の…

Mrsjunko / 312 view

マクロン大統領の嫁と子供!ブリジット夫人との年齢差と馴れ初めも総まとめ

現在フランスで大統領を務めているマクロン大統領。彼はブリジット・マクロン夫人との年齢差が親子ほどに離れていて…

aquanaut369 / 227 view

アン王女の若い頃!昔の経歴や活躍を総まとめ

70歳を過ぎた現在も精力的に公務をこなすアン王女ですが、若い頃にも注目が集まっています。 そこで今回は、…

sumichel / 112 view

ヴィクトリア女王の死因や血友病に関する情報まとめ

日本でも有名なイギリスの「ヴィクトリア女王」は、インドの女帝になった事でも知られている人物です。この記事では…

shasser / 148 view

ハムダン皇太子が結婚?彼女と嫁や子供の噂・身長や兄弟など家族も総まとめ

ドバイのハムダン皇太子について、身長や家族・兄弟・結婚について注目が集まっています。また、彼女・婚約者、嫁や…

cyann3 / 888 view

マーガレット王女とピーター・タウンゼント大佐の破局原因!馴れ初めから婚約破棄を総まと…

エリザベス女王の妹として知られるマーガレット王女は、かつて若い頃にピーター・タウンゼント大佐と大恋愛するも結…

sumichel / 334 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ヴィクトリア女王の死因や血友病に関する情報まとめ

日本でも有名なイギリスの「ヴィクトリア女王」は、インドの女帝になった事でも知られている人物です。この記事では…

shasser / 148 view

ヒラリー・クリントンの娘はチェルシー!ビル・クリントンの結婚や子供まとめ

大統領選でトランプ現アメリカ大統領に負けたヒラリークリントンさんは、1993年から2002年までのアメリカ大…

Mrsjunko / 137 view

ゼレンスキー大統領はユダヤ人?父親と母親・兄弟から生い立ちまでを総まとめ

コメディアンから大統領になったウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領。現在はロシアの軍事侵攻問題で日…

aquanaut369 / 180 view

アン王女の若い頃!昔の経歴や活躍を総まとめ

70歳を過ぎた現在も精力的に公務をこなすアン王女ですが、若い頃にも注目が集まっています。 そこで今回は、…

sumichel / 112 view

ローガン・ポールの現在!今の仕事や結婚も総まとめ【海外YouTuber】

YouTuberとして絶大な人気を集めているローガン・ポール。彼はこれまで何かと話題になっていましたが、現在…

aquanaut369 / 72 view

ジェフ・ベゾスの年収と総資産~自宅や車も総まとめ【Amazon創始者】

世界中の人々が普段何気なく利用しているAmazon。その創始者でありCEOのジェフ・ベゾス氏は、2018年に…

Mrsjunko / 276 view

ジョンソン首相(イギリス)の結婚歴と子供!元嫁との離婚や現在の嫁も総まとめ

2020年3月にコロナウイルスの陽性反応が出たイギリスのジョンソン首相は過去に二度の離婚を経験していて、20…

aquanaut369 / 137 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);