ベイルート港爆破事件の原因となった物質「硝酸アンモニウム」

ベイルート港爆破事件の原因となった物質「硝酸アンモニウム」

ベイルート港爆発事件の原因となった物質として、「硝酸アンモニウム」がピックアップされました。

こちらの硝酸アンモニウムはベイルート港のコンテナに大量に放置されていたようです。

こちらは火がない所でも爆発を起こすようで、非常に管理がシビアな物質だとされています。

レバノン爆発原因の硝酸アンモニウムは火がなくても燃える!【実験】Lebanon Beirut explosion - YouTube

出典:YouTube

硝酸アンモニウムの実験動画

爆発現場の港湾倉庫には2750トンの硝酸アンモニウムが安全対策が不十分なまま6年にわたり保管されていた

爆発現場の港湾倉庫には2750トンの硝酸アンモニウムが安全対策が不十分なまま6年にわたり保管されていた

ベイルート港の爆発現場の港湾倉庫ですが、2750トンの硝酸アンモニウムが保管されていたそうです。

安全対策が不十分な状態のまま、約6年にわたり保管されていたと言います。

硝酸アンモニウムがこれほど大量に1カ所に保管されることが原因だったと言われている

硝酸アンモニウムがこれほど大量に1カ所に保管されることが原因だったと言われている

さらに保管されていた硝酸アンモニウムですが、1箇所にまとめて保管されていたことも分かっています。

通常は複数箇所に分けて管理されるもののようですが、ずさんな管理が仇となったようです。

ベイルート港爆発事件と韓国との関係

レバノンに2750トンあったとされる硝酸アンモニウム

レバノンに2750トンあったとされる硝酸アンモニウム

ベイルート港爆発事件ですが、どうやら韓国との関係が注目されているようです。

レバノンに2750トンあったとされる硝酸アンモニウムですが、これが韓国とどのような関係にあるのでしょうか。

インド南部・チェンナイでも700トンの硝酸アンモニウムが確認された

インド南部・チェンナイでも700トンの硝酸アンモニウムが確認された

ベイルート港の爆発物である硝酸アンモニウムですが、インド南部・チェンナイでも確認されました。

約700トンもの硝酸アンモニウムが確認されたとして、レバノンの約4分の1に相当します。

インドでは爆発には至っていませんが、同じ物質が確認されたとして世界的なニュースとなりました。

通常は「肥料」「瞬間冷却材」として使用される硝酸アンモニウム

通常は「肥料」「瞬間冷却材」として使用される硝酸アンモニウム

危険視されている物質・硝酸アンモニウムですが、通常は通常は「肥料」「瞬間冷却材」として使用されています。

では、そんな硝酸アンモニウムですが、どのような理由で爆発が起こったのでしょうか。

インドにある硝酸アンモニウムは爆発物用だったことが判明

インドにある硝酸アンモニウムは爆発物用だったことが判明

どうやら硝酸アンモニウムには「爆発物用」のものがあり、それがインドに保管されていたようです。

これはレバノン・ベイルート港とは違い、より危険なものとして確認されています。

レバノンの爆発の原因は「高温による爆発」でした。

インドの硝酸アンモニウムは韓国から輸入したものだった

インドの硝酸アンモニウムは韓国から輸入したものだった

インドに保管されている硝酸アンモニウムですが、韓国から輸入したものだったことが発覚しています。

爆発の原因物質として世界的ニュースになり、その矛先が韓国へと向かいました。

ベイルート港爆発事故に直接関与していない韓国

ベイルート港爆発事故に直接関与していない韓国

ベイルート港爆発事故に関してですが、韓国は直接は関与していません。

しかし、ベイルート港爆発事故により、韓国の輸出に関するずさんさが分かる形になりました。

2020年8月、ムンジェイン大統領はレバノン爆発事故に緊急支援を検討していた

2020年8月、ムンジェイン大統領はレバノン爆発事故に緊急支援を検討していた

韓国政府は2020年8月、レバノン爆発事故に緊急支援を検討していました。

当時は変わらずムンジェイン大統領が声明を上げており、レバノンに関連するニュースが話題となりました。

日本の韓国ホワイト国除外に関連して、韓国の輸出管理が世界で注目された

日本の韓国ホワイト国除外に関連して、韓国の輸出管理が世界で注目された

ベイルート港爆発事件からインドに注目が集まり、さらに韓国の輸出問題に発展しました。

さらにこれが現在、日本の韓国ホワイト国除外に関連したとされています。

韓国の輸出管理が世界で注目されるきっかけとなったのも日本のホワイト国問題でした。

(世界が嫌韓体制に)「韓国を絶対今後もホワイト国に入れないで欲しい」レバノン爆発で発覚!韓国の輸出管理の適当さ(韓国の反応) - YouTube

出典:YouTube

レバノン爆発で発覚した韓国の輸出体制の動画

ベイルート港爆発事件のその後・現在について

レバノン最大規模の穀物用サイロが破壊された爆発事件

レバノン最大規模の穀物用サイロが破壊された爆発事件

ベイルート港爆発事故はレバノン最大規模の爆発事故となりました。

そして、穀物用サイロ(貯蔵庫)が破壊された爆発事件となったようです。

レバノンでは食糧難・パン不足が懸念されている

レバノンでは食糧難・パン不足が懸念されている

レバノンでは現在食糧難が懸念されていて、パン不足になっています。

これはベイルート港爆発事件によるもので、穀物用サイロが崩壊したためです。

急ピッチで復旧に望んでいるようですが、レバノンは食料の85%を輸入に頼っているので時間がかかるとのことです。

レバノンの現在の状況・ニュースに今後も注目

レバノンの現在の状況・ニュースに今後も注目

レバノンといえばカルロス・ゴーンさんが逃亡した国として有名です。

現在のレバノンの状況・ニュースに今後も注目していきましょう。

ベイルート港爆発事故の場所・原因・威力・その他まとめ

ベイルート港爆発事故の場所はレバノンの首都・ベイルートの最大港で起こりました。原因は硝酸アンモニウムで威力が分かる画像・動画が話題となりました。インドにも同じ物質があり、これは韓国から輸入したものだと判明。その後は食糧難となっているレバノンですが、今後も現在のレバノンに関するニュースに注目していきましょう。

関連するまとめ

ベトちゃんドクちゃんの現在!原因は枯葉剤?家族(父親/母親)・手術や執刀医と内臓・死…

ベトちゃんドクちゃんについて、結合双生児の原因は枯葉剤という話題が挙がっています。また、ベトちゃんドクちゃん…

cyann3 / 1804 view

ピナトゥボ山の現在!火山の噴火・影響と日本の冷夏などその後を総まとめ

1991年にフィリピンのピナトゥボ山で起こった大噴火。その影響はすさまじく、フィリピンだけでなく、日本も「冷…

aquanaut369 / 1416 view

長木谷麻美の死因と犯人は?事件やカーニバル関連のテレビ出演もまとめ

日本人女性の長木谷麻美さんについて、事件に関する話題が挙がっています。テレビ出演したカーニバル美女の話題と死…

cyann3 / 4095 view

チャールズ・マンソンの死因!身長と生い立ちや家族・事件・晩年や映画化まとめ

「マンソン・ファミリー」と呼ばれるコミューンを率いて連続殺人事件を起こしたチャールズ・マンソン。 今回、チ…

passpi / 2717 view

センチネル族の現在!やらせと女好きの噂・ドローン・芸能人と宣教師・ダーウィン賞・コロ…

インド洋東部・北センチネル島に住む先住民族「センチネル族」について、やらせや女好きなどの話題が挙がっています…

cyann3 / 20201 view

ナワリヌイの死因や現在!毒殺の暗殺・刑務所での死亡を総まとめ

ロシアのプーチン政権を真っ向から批判し、19年の刑期を受けて投獄されていたアレクセイ・ナワリヌイ氏が、202…

Mrsjunko / 826 view

中村哲医師とタリバンの関係!幹部の発言やエピソードまとめ

アフガニスタンで国民的英雄と讃えられた日本人医師・中村哲さん。残念ながら2019年12月に武装勢力に銃撃され…

passpi / 1233 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

マードック家殺人事件は実話!犯人の現在・家系図や相関図もまとめ

マードック家の家系図や相関図と、殺人事件の犯人の現在をまとめました。1世紀にも渡ってサウスカロライナ州ローカ…

Mrsjunko / 3074 view

マデリン・マクカーン失踪事件の犯人と真相!死亡?生きてる?両親への疑惑・霊視やNet…

ポルトガルのリゾート地で、3歳の女の子が両親の留守中に忽然と姿を消したマデリン・マクカーン失踪事件。 20…

passpi / 3551 view

リンカーン大統領暗殺事件の真相~犯人とその後も総まとめ

アメリカ合衆国第16代大統領であるエイブラハム・リンカーン大統領は、1865年4月14日に暗殺されました。今…

Mrsjunko / 1519 view

アメリカの有名な事件36選!ランキングで紹介【最新版】

シリアルキラーや銃乱射事件、テロ事件などの多いアメリカでは、今こうしている間にも考えられないような事件が起き…

Mrsjunko / 20650 view

アルバート・フィッシュの生い立ち/子供/子孫!名言や事件詳細と手紙・関連映画まとめ

アルバート・フィッシュとは、1910年代から1934年にかけて約400人の児童を殺害したという、「「満月の狂…

Mrsjunko / 7883 view

ビアンカ・デヴィンズ殺害事件の犯人!インスタの遺体写真も総まとめ

2019年7月13日、ニューヨーク州ユーティカの高校を卒業したばかりのビアンカ・デヴィンズさん(当時17歳)…

Mrsjunko / 15203 view

ハイランダー症候群はデマ?寿命と日本人の芸能人(荒木飛呂彦/鈴木杏樹)・サミーやイザ…

ハイランダー症候群とは、老化することなくいつまでも若さを保っているという奇病です。寿命は短いと言われています…

Mrsjunko / 1295 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);