そして、ブレイビクは悪びれる様子もなく、自身の犯行動機について次のように供述したと言います。

「移民にノルウェーが乗っ取られると思った。必要なことだと思った。人が死ぬのは仕方がないと思った、だから私は無罪だ」

ノルウェー連続テロ事件の生存者が語るウトヤ島銃乱射事件

2011年7月22日午後3時半頃、ノルウェーの首都オスロの中心部にある行政機関の庁舎が建ち並ぶエリアで、ブレイビクが仕掛けた自動車爆弾が爆発しました。

その直後、ブレイビクはタクシーを拾い、次のテロ現場となるウトヤ島の対岸まで行った後、用意してあった警察官の制服に着替えて警察官になりすますと、ボートでウトヤ島に上陸しました。

ブレイビクが逮捕時に身に付けていた偽造の警察身分証

ブレイビクが逮捕時に身に付けていた偽造の警察身分証

ブレイビクが次のテロ現場にウトヤ島を選んだ理由は、ウトヤ島には当時、ブレイビクが忌み嫌うノルウェー労働党の青年部によるサマーキャンプが行われており、およそ600人の青年部員が滞在していたからです。

ちなみにノルウェーでは、優秀な政治家を育てる機関と位置づけられた“青年部”が各政党ごとにあり、夏になると10代~20代の若者を集めて、サマーキャンプを開催する習慣があるんですよね。

ブレイビクはまさに、将来の労働党を背負って立つ政治家の卵である青年部の10代~20代の若者を狙ったわけです。

ウトヤ島で開催された労働党のサマーキャンプ

ウトヤ島で開催された労働党のサマーキャンプ

事件の前日に撮影された写真

その当時、サマーキャンプに参加していた青年部員たちは、この日の午後3時半頃に首都オスロの政府庁舎付近で起きた爆発事件について、知らせを受けたばかりでした。

そこへ現れたのが、警察官姿で銃を持ったブレイビクだったのです。

彼は「キャンプ参加者を守るために来た」と言いながら、青年部員たちを一ヶ所へ集合させようとしていたと言います。この時のブレイビクについて、ウトヤ島銃乱射事件の生存者は次のように語っています。

銃を持った男は、「こちらへおいで。大事なお知らせがある。こちらへおいで。怖がることはないよ」と呼びかけてから、銃を乱射したという。

(中略)

「人びとがあらゆる方向に逃げ回ってた。男は撃って、撃ちまくった」

さらに別の生存者は、その時の緊迫した状況について、次のように語っています。

「みんなのことを撃ち始めたので、僕は横になって死んだふりをした。2メートルも離れていないところに立っていた。あの男の息が聞こえてきたし、銃が熱くなっているのも分かった。彼は1人1人、生きているかどうか蹴って確かめたり、銃を撃ったりしていた」

まさに地獄絵図ですね。ブレイビクは確実に命を奪うため、各人に必ず2発ずつの弾丸を撃ち込んでいたとも言われています。

ウトヤ島銃乱射事件を72分間ワンカットで撮影した映画が話題に!

そんなウトヤ島銃乱射事件をテーマにした映画「ウトヤ島、7月22日」が2019年3月に公開され話題になりました。

映画「ウトヤ島、7月22日」

映画「ウトヤ島、7月22日」

当時、ウトヤ島から度重なる救助要請があったにもかかわらず、警察の初動ミスや通信トラブルが重なったことで、警察の特殊部隊の到着が遅れ、ブレイビクの凶行は72分間にも及びました。

同映画は、ウトヤ島での無差別銃乱射事件が発生してから終息に至るまでの72分間を、実際の時間と同じ尺で、しかもワンカットで撮影した作品なんですよね。

センチメンタルなドラマや音楽などの装飾を一切排除し、登場人物の心の葛藤と身体的な反応を生々しいほどダイレクトに伝えてくる。映画と観客の間の垣根をすべて取り払い、想像を絶する緊迫感と臨場感でこのテロ事件を体感させる衝撃作になっている。

犠牲者77人の連続テロをワンカットで撮影した衝撃作/映画『ウトヤ島、7月22日』予告編 - YouTube

出典:YouTube

ノルウェー連続テロ事件のその後と現在は?

大量殺人犯が「人権」を楯に処遇改善を求め勝訴

ノルウェー連続テロ事件の犯人・ブレイビクは、77人もの罪のない人を殺害した罪により、2012年、ノルウェーの最高刑である禁固21年の刑を言い渡され、その後服役していました。

関連するまとめ

O・J・シンプソン事件の真実と真犯人!嫁と子供や死去など現在までを総まとめ

元フットボール選手で俳優としても活躍していたO・J・シンプソンですが、元妻とその恋人の殺害犯としても知られて…

Mrsjunko / 438 view

ルーマニア女子大生殺人事件の真相&犯人の現在!ブラッド・ニコラエが益野友利香さんを殺…

2012年8月15日、兵庫県宝塚出身の女子大生である益野友利香さんが、ルーマニアで殺害され金品を奪われた事件…

Mrsjunko / 433 view

H・H・ホームズの殺人ホテルの現在!生い立ちや家族・結婚・子孫と事件の詳細まとめ

H・H・ホームズは、1891年から1894年にかけて発生した連続殺人事件、および詐欺の犯人として知られていま…

Mrsjunko / 96 view

中村哲医師とタリバンの関係!幹部の発言やエピソードまとめ

アフガニスタンで国民的英雄と讃えられた日本人医師・中村哲さん。残念ながら2019年12月に武装勢力に銃撃され…

passpi / 71 view

ゾディアック事件の真相~犯人や暗号・関連映画まとめ

ゾディアック事件とは1968年から1974年にかけて、アメリカで発生した連続殺人事件です。犯行後に犯人から電…

Mrsjunko / 94 view

チェルノブイリ原発事故の場所と原因・象の足・被爆者の症状と被害人数・死者やその後の影…

今世紀最大の人的災害であるチェルノブイリ原発事故は、長期的に健康被害が懸念されている事故で、現在も物議を醸し…

Mrsjunko / 70 view

メラニズムの動物!犬・猫・ライオン・虎・馬の画像/黒くなる原因や確率もまとめ

アルビノの逆とされるメラニズムについて、「メラニズムの動物とは?」として注目を集めています。また、メラニズム…

cyann3 / 129 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ゼレンスキー大統領は無能?暗殺の危険性と支持率の推移から無能の理由まとめ

2022年2月、ロシアによるウクライナ侵攻で話題のウクライナのゼレンスキー大統領。西側メディアはこぞって彼を…

passpi / 67 view

チェルノブイリ原発事故の現在!当時から今までの変化まとめ

ソビエト連邦(現ウクライナ)で起こった「チェルノブイリ原発事故」について、現在の様子が注目を集めています。ま…

cyann3 / 51 view

バリ島爆弾テロ事件の犯人と日本人犠牲者!歴代テロ事件やその後現在まとめ

2002年10月12日に起きたバリ島爆弾テロ事件は、202人の死者を出した衝撃的なテロ事件となりました。その…

Mrsjunko / 56 view

ワグネルの人数や戦力!意味と給料・日本人・プリゴジンの反乱を総まとめ

ロシアで反乱を起こして話題になった民間軍事会社の「ワグネル」。今回はワグネルの意味や由来、組織の規模と戦力、…

aquanaut369 / 45 view

中国のウイグル族迫害・弾圧はなぜ?強制収容所や臓器狩り・真実まとめ

世界で注目されているウイグル族のニュースについて、中国が迫害・弾圧しているのはなぜという話題が挙がっています…

cyann3 / 106 view

デーモン・コア事故の原因は?パロ画像の現場猫・被爆した被害者のその後や現在もまとめ

アメリカの秘密研究所「ロスアラモス研究所」で1945年8月と1946年5月の2度に渡って臨界事故を起こしたデ…

passpi / 159 view

ケネディ大統領暗殺の真相!夫人が脳みそを拾った?犯人も総まとめ

パレード中に暗殺されたことで知られているケネディ大統領。死の真相は未だハッキリしておらず、その真犯人も謎のま…

aquanaut369 / 194 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);