にこやかに握手を交わすマクロン大統領とプーチン大統領の様子からは、一見すると和やかそうな雰囲気に見えるのですが…当時、この会談を取材していたBBC特派員は、次のように証言しています。

汗ばむ陽気ながら、両大統領の初会談は冒頭からひんやりしたものだった。握手は短く、笑顔もこわばりがちだった。

そしてその2時間後、会談を終えた2人の雰囲気は、温まっているどころかさらに冷え冷えとしていた。意見が一致しない具体的な論点はたくさんある。しかしそれに加えて、初めて会ったこの2人の間には、個人レベルのぎこちなさが感じられる。

実は、2人の冷え切った仲には理由があったんですよね。

と言うのも、2017年のフランス大統領選の真っ只中、プーチン大統領はマクロン氏の対立候補であるナショナリストのマリーヌ・ル・ペン候補をクレムリン(ロシア大統領府)で歓待し、彼女を支持するかのような行動を取っていたからです。

プーチン大統領がマクロン氏の対立候補を支持?

プーチン大統領がマクロン氏の対立候補を支持?

フランス大統領選の第1回投票の1ヶ月前である2017年3月24日、プーチン大統領はナショナリストのマリーヌ・ル・ペン候補をクレムリンで歓待していた…

また、選挙戦でマクロン陣営は、ロシア治安当局が自分たちを再三に渡ってハッキングしようとしていたと非難していたんですよね。

こうした経緯が、マクロン大統領とプーチン大統領の会談に影を落としていたと言われています。

実際、会見終了後に開催された、両首脳揃っての記者会見の席上で、マクロン大統領は、ロシアの報道機関である「ロシア・トゥデイ」と「スプートニック」の2社を、フランスや他の国々に影響を与えるための“プロパガンダの手先”と痛烈に非難しています。

「ロシア・トゥデイ」と「スプ-トニック」は…

「ロシア・トゥデイ」と「スプ-トニック」は…

プロパガンダと嘘を拡散する工作員として介入したのです

プロパガンダと嘘を拡散する工作員として介入したのです

それは記者ではなく工作員だ

それは記者ではなく工作員だ

フランスとロシアの関係は、歴史的に見ればおおむね良好な関係が続いていると言えそうです。しかし、このマクロン大統領の強烈なプーチン大統領への一撃は、近年の両国間の緊張関係のあらわれだとも…。

プーチン大統領はマクロン大統領を利用している?

では、そんな冷え込んだ関係にある両国首脳が、ここにきて頻繁に電話会談を行っているのはなぜなのでしょうか?

クレムリンのインサイダー情報によると、ロシアにとってフランスは、イギリスやアメリカとの関係と比較すれば、まだ話ができる友好的な関係にあり、次のような点で、ロシアにとって言わば“都合の良い存在”なのだとか。

フランスのマクロンとの面談は、ロシア側にとっては一定の意味があり、5時間にもわたって会談が成されました。大半の時間はプーチンによる情報分析、ロシアの立場のインプットであったようです。英米とは何を話しても、議論にすらならない低レベルの会談にしかならないので、知性エリートのマクロンとは会話が成立したとのことです。

ロシアは、最早、米国との間では、いわゆる裏ルートとか秘密のホットラインが長年存在せず、本音で議論ができない相手と見做(みな)しており、この状況は誰が大統領になっても変わらないとの冷徹な見方の上に立って国際政治を考えているので、マクロンがここで登場してくれたのはありがたい話。

もともと仏露は友好的な関係にありますし。マクロンに各種情報や分析をインプットすることによって、米国や欧州主要国へロシアの本音のようなものを伝えてくれる役割が期待できるのではないかと考えています。

つまり、プーチン大統領はマクロン大統領を上手く利用している…と言った感じのようですね。

マクロン大統領もロシアのウクライナ侵攻を利用している?

一方のマクロン大統領も、2022年4月に5年ぶりとなる大統領選を控え、ロシアのウクライナ侵攻を利用している節があるようです。

前述したようにマクロン大統領は、ロシアによるウクライナ侵攻が始まる前から、プーチン大統領との間で精力的な仲介外交に努めてきました。

もしもそれが成功し、ロシアのウクライナ侵攻を抑えていれば、フランス有権者のマクロン大統領に対する支持率は跳ね上がっていたはずです。

しかし、実際には対話での解決は叶わず、2月24日にロシアはウクライナに侵攻し、マクロン大統領の面子は丸潰れとなりました。

一時は、2月25日に予定していた仏ロ外相会議をキャンセルするなど、怒りをあらわにする場面もあったようですが、3月2日には、マクロン大統領は「プーチン大統領とできる限り対話を続ける」と表明しています。

その目的について、マクロン大統領はテレビ演説で、次のように語っています。

「プーチン氏に武力の使用をやめさせるとともに、紛争が拡大するのを防ぐのが目的だ」

もちろん停戦という大きな目的があることは間違いありませんが、マクロン大統領にとって、自身の大統領再選に向けてアピールする意図も…少なからずあると言われています。

パリの共和国広場で行われたウクライナ侵攻に抗議するデモの様子

パリの共和国広場で行われたウクライナ侵攻に抗議するデモの様子

ロシアによるウクライナ侵攻直後に行われたこのデモには、報道によると約2800人のパリ市民が集まったと言われています。

マクロン大統領が絶望!?悲壮感漂う執務室での写真が話題に

ロシアによるウクライナ侵攻が激しさを増していった2022年3月、次の1本のツイートがネット上で大変な話題になりました。

関連するまとめ

ガイルくん死去はなぜ?死因はうつ病?逮捕や行方不明・死の真相まとめ

ゲーム系YoutuberのEtika(エティカ)こと「ガイルくん」の死が注目されており、ガイルくんの逮捕の経…

cyann3 / 1259 view

コロンビア号空中分解事故まとめ~原因・死者や乗組員の最後の音声・残骸と遺体・その後現…

2003年2月1日に起きたコロンビア号空中分解事故は、ミッションを終えたコロンビア号が帰還する際の大気圏突入…

Mrsjunko / 6194 view

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 6625 view

エド・ゲインの生い立ちと母親!資産や事件・最期と死因・名言と関連映画も総まとめ

50年代のアメリカで殺人を犯し、その遺体を弄んだエド・ゲイン。今回はエド・ゲインの生い立ちと母親など家族、資…

aquanaut369 / 1096 view

ビアンカ・デヴィンズ殺害事件の犯人!インスタの遺体写真も総まとめ

2019年7月13日、ニューヨーク州ユーティカの高校を卒業したばかりのビアンカ・デヴィンズさん(当時17歳)…

Mrsjunko / 3865 view

ロスチャイルド家の資産!家系図や当主・日本のデヴィ夫人との関係まとめ

ロスチャイルド家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロスチャイルド家の家系図や当主、日本のデヴ…

cyann3 / 1814 view

長木谷麻美の死因と犯人は?事件やカーニバル関連のテレビ出演もまとめ

日本人女性の長木谷麻美さんについて、事件に関する話題が挙がっています。テレビ出演したカーニバル美女の話題と死…

cyann3 / 1361 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

アノニマスの意味や仮面の正体!日本との関係・現在の活動もまとめ

インターネット上の国際ネットワーク集団「アノニマス」について、その意味などが注目を集めています。また、アノニ…

cyann3 / 470 view

ブラック・ダリア事件の真相~犯人や関連映画まとめ

1947年にアメリカで起きた殺人事件「ブラック・ダリア事件」は、当時22歳のエリザベス・ショートという女性が…

Mrsjunko / 1818 view

アマンダノックスの現在!事件の真相と真犯人・関連映画まとめ【ペルージャ英国人留学生殺…

2007年11月2日に起こった「ペルージャ英国人留学生殺害事件」の犯人とされたアマンダノックスですが、有罪判…

Mrsjunko / 770 view

テッド・バンディの生い立ちと娘!事件詳細と実話映画のネタバレまとめ

テッド・バンディとは、1974年から1978年にかけてアメリカの7つの州でおよそ30人の女性を殺害したシリア…

Mrsjunko / 2183 view

チャレンジャー号爆発事故まとめ/原因はOリング・責任と乗組員の遺体や生きている可能性…

1986年1月28日、チャレンジャー号打ち上げからわずか73秒後に、空中で分解した爆発事故の原因はOリングだ…

Mrsjunko / 1043 view

イスラム国の現在!思想と目的・対立国との関係・縮小した理由と今の勢力図まとめ

イスラム国(ISIL)の現在について話題となっています。また、イスラム国はどんな思想・目的を持つ国なのか、対…

cyann3 / 270 view

アメリカの大学の人気ランキングTOP50【最新決定版】

今回は、アメリカの大学の人気ランキングTOP50を紹介していきます。グローバル社会が根付いている現代において…

maru._.wanwan / 374 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク