ちなみに…「グロムイコ」とは、1957年2月から1985年7月までの28年以上に渡って、旧ソビエト連邦の外務大臣を務めた人物です。

グロムイコ氏は「ミスター・ニェット(ロシア語で「NO」を意味する言葉)」の愛称を持ち、現在でもロシアの外務大臣と言えば、文句なしにアンドレイ・グロムイコ氏を指すと言われる代名詞的存在です。

アンドレイ・グロムイコ元ロシア外相

アンドレイ・グロムイコ元ロシア外相

旧ソビエト連邦時代に「ミスター・ニェット」の異名をとって活躍した、敏腕外交官でした。

そして、その外務大臣在任期間こそ、グロムイコ氏に及ばないものの、18年以上に渡ってプーチン政権での外務大臣を務めているラブロフ外相は、2代目「ミスター・ニェット」とも呼ばれているようです。

実際、ラブロフ外相は、これまで様々な外交問題で、西側諸国との間で激しいつばぜり合いを演じてきました。

それは対日関係でも容赦がなく、北方領土問題を含む平和条約交渉の場でのラブロフ外相の次のような強行な発言が話題になったことも…。

北方領土問題で日本に対して敵国条項を度々援用し、「我々は(日本に)クリル諸島(北方領土)を渡さない。平和条約(締結)を日本側にねだる事もしない」などと常々発言している。

ラブロフ外相とプーチン大統領の関係② 但し、政権の中枢にはいない

ラブロフ外相は、ロシアをとりまく外交問題での容赦のない強行な発言はもちろん、身長188cmの大男であるがゆえに、国際舞台での存在感の大きさでも、ロシア国民の支持を集めているようです。

プーチン大統領(左)とラブロフ外相

プーチン大統領(左)とラブロフ外相

実身長は168cmと言われるプーチン大統領と並ぶとこの身長差!

実際、モスクワの土産物店には、ロシアの英雄である宇宙飛行士ガガーリンやプーチン大統領に並ぶようにして、ラブロフ外相がプリントされたTシャツも売られているのだとか。

しかし、そんなラブロフ外相ですが、実は、プーチン政権の中枢である「サンクトペテルブルク派」には属しておらず、政治的意思決定には大きな役割を担っていないとされています。

ちなみに、「サンクトペテルブルク派」とは、ウラジーミル・プーチン氏が2000年に大統領に就任した後、サンクトペテルブルクKGB時代の同僚を政権に招き入れて形成した、「シロビキ(武闘派)」と称する強硬派最大派閥です。

そして現在、プーチン大統領が最も信頼している側近として挙げられているのが、パトルシェフ安保会議書記、ボルトニコフ連邦保安庁(FSB)長官、ナルイシキン対外情報庁(SVR)長官、ショイグ国防相の4名です。

プーチン大統領を支える4人の最側近

プーチン大統領を支える4人の最側近

この中にラブロフ外相の姿はありません。

プーチン政権において、長年に渡って外務大臣という要職に就いているにもかかわらず、ラブロフ外相が政権の中枢に関わっていない理由について調べてみたところ、次のような説得力ある説明がありました。

「(現在のロシアにおいて)もはや外務省は政府のPR部門でしかありません。外交と軍事と安全保障が密接に関わるようになったせいで、外務省の立場が弱まり、外交官が主導権を握れなくなっています」

どうやら現在のプーチン大統領にとって外務省とは、ロシアをとりまく外交問題を話し合いにより解決する部門ではなく、単に自国のプロパガンダを喧伝するための組織に成り下がってしまっているようですね。

何かと言うと「フェイクニュース」を連発するラブロフ外相

何かと言うと「フェイクニュース」を連発するラブロフ外相

ラブロフ外相はウクライナ開戦前、プーチン大統領に対話継続を提言していた

2013年から4年間、駐モスクワのフランス大使を務めたジャン=モリス・リペール氏は、かつてラブロフ外相について、次のように評しています。

「交渉の仕方が情け容赦ないんです。誰もが震え上がります。でも、その風貌とは裏腹に意外と人情家だったりします」
ラブロフ外相は実は人情家?

ラブロフ外相は実は人情家?

日本の河野太郎元外相と笑顔で写真に収まるラブロフ外相

その言葉通り、実は今回のロシアによるウクライナ侵攻が始まる直前である2022年2月14日、ラブロフ外相はプーチン大統領に対して、次のようにウクライナとの対話継続を提言していたと報じられています。

「可能性は尽きていない」
「対話を続け頻度を増やすことを提案する」

しかし、そんなラブロフ外相の提言が受け入れられることはなく、2022年2月24日、ロシアによるウクライナ侵攻が始まることに…。

ちなみに、プーチン大統領がわざわざラブロフ外相を呼び寄せ、ウクライナとの間の対話による解決の可能性を尋ねたのも、単なる政治パフォーマンスに過ぎなかったとも言われているんですよね。

実際、その時期には既に開戦を見越して、ウクライナ国境付近に展開している陸軍の兵力を増強していたとも…。

ただ、当時はそれ以上に話題になったのが、ラブロフ外相とプーチン大統領の間の距離感でした。

プーチン大統領とラブロフ外相の会談の様子

プーチン大統領とラブロフ外相の会談の様子

左手前がラブロフ外相で、右のずっと奧に座っているのがプーチン大統領。「距離ありすぎ!」「マクロンの時より遠くなっとるやん」と話題に…

ちなみに、フランスのマクロン大統領が、2022年2月7日に戦争回避を訴えるためにクレムリンを訪れ、プーチン大統領と会談した時の様子がこちら。

関連するキーワード

関連するまとめ

ディーディー・ブランチャード殺人事件の犯人!娘ジプシーの現在まとめ

ディーディー・ブランチャード殺害事件とは、2015年アメリカ合衆国ミズーリ州グリーン郡で起きた、娘のジプシー…

Mrsjunko / 13188 view

サミュエル・リトルの生い立ち!事件の動機や被害者の似顔絵・現在の状況まとめ

アメリカの元ボクサーで連続殺人犯のサミュエル・リトルについて、これまでの生い立ちが話題になっています。事件の…

cyann3 / 3941 view

ツール・ド・フランス2021事故と犯人の女の現在!クラッシュの詳細とその後まとめ

ツール・ド・フランス2021の初日で起きた目を疑うような大クラッシュ。事故の原因は看板を持っていた女性で、犯…

aquanaut369 / 13393 view

アマンダノックスの現在!事件の真相と真犯人・関連映画まとめ【ペルージャ英国人留学生殺…

2007年11月2日に起こった「ペルージャ英国人留学生殺害事件」の犯人とされたアマンダノックスですが、有罪判…

Mrsjunko / 3388 view

ディアトロフ峠事件の真相や原因と犯人~被害者の舌が無くなった謎の事象や関連映画まとめ

ディアトロフ峠事件とは、1959年に当時ソ連領のウラル山脈北部で登山をしていた男女9人が、不可解な死を遂げ、…

Mrsjunko / 3805 view

メアリーベルの現在!事件とその後・生い立ちと母親や家族・結婚や孫・映画も総まとめ

11歳にして凄惨な殺人事件を起こしたメアリー・ベル。今回はメアリー・ベル事件の内容、かわいい・美人とも話題の…

aquanaut369 / 5739 view

アルバート・フィッシュの生い立ち/子供/子孫!名言や事件詳細と手紙・関連映画まとめ

アルバート・フィッシュとは、1910年代から1934年にかけて約400人の児童を殺害したという、「「満月の狂…

Mrsjunko / 13583 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ロスチャイルド家の現在!映画やワイン・仮想通貨・国際銀行の支配まとめ

ロスチャイルド家について、現在の活動が注目を集めています。また、ロスチャイルド家の映画やワイン、仮想通貨との…

cyann3 / 3064 view

デーモン・コア事故の原因は?パロ画像の現場猫・被爆した被害者のその後や現在もまとめ

アメリカの秘密研究所「ロスアラモス研究所」で1945年8月と1946年5月の2度に渡って臨界事故を起こしたデ…

passpi / 4293 view

ジョンベネ殺害事件の真犯人は?父・母・兄の犯人説/性的被害と霊視などの真相まとめ

1996年12月26日、当時6歳のジョンベネちゃんが自宅の地下室から遺体となって発見された事件は、当時センセ…

Mrsjunko / 8336 view

中村哲医師の名言ランキング30選!多くの言葉を残す【最新決定版】

中村哲は、日本の医師であり、パキスタンやアフガニスタンで医療活動に従事、2019年に武装勢力に銃撃され死去し…

maru._.wanwan / 6322 view

ペトロパブロフスク羆事件は嘘?本当?詳細やクマの大きさなど総まとめ

世界3大獣害事件とされる「ペトロパブロフスク羆(ひぐま)事件」について、その詳細が気になる方が多いようです。…

cyann3 / 17232 view

ガイルくん死去はなぜ?死因はうつ病?逮捕や行方不明・死の真相まとめ

ゲーム系YoutuberのEtika(エティカ)こと「ガイルくん」の死が注目されており、ガイルくんの逮捕の経…

cyann3 / 5118 view

チャレンジャー号爆発事故まとめ/原因はOリング・責任と乗組員の遺体や生きている可能性…

1986年1月28日、チャレンジャー号打ち上げからわずか73秒後に、空中で分解した爆発事故の原因はOリングだ…

Mrsjunko / 5192 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク