しかしボスニア・ヘルツェゴビナはオスマン帝国に独立が認められなかった

しかしボスニア・ヘルツェゴビナはオスマン帝国に独立が認められなかった

「セルビア」「モンテネグロ」「ルーマニア」のようにボスニア・ヘルツェゴビナも独立を目指していました。

しかし、オスマン帝国には独立が認められず、当時はオーストリア=ハンガリー帝国との干渉地と思われていました。

当時「ドイツ VS ロシア帝国」の状態だったバルカン半島

当時「ドイツ VS ロシア帝国」の状態だったバルカン半島

当時は「ドイツ・オーストリア=ハンガリー帝国・オスマン帝国 VS ロシア帝国・イギリス・フランス」というバチバチの状態でした。

広くは「ドイツ VS ロシア帝国」の状態であり、ボスニア・ヘルツェゴビナがルーマニアのように独立をしてロシア領になるのを恐れていたようです。

フランツ・ヨーゼフ1世 (オーストリア皇帝)

フランツ・ヨーゼフ1世 (オーストリア皇帝)

全名:フランツ・ヨーゼフ・カール・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン
呼び名:フランツ・ヨーゼフ1世
出身地:オーストリア帝国ウィーン・シェーンブルン宮殿
生年月日:1830年8月18日
没年月日:1916年11月21日(86歳没)
職業:オーストリア皇帝
家名:ハプスブルク=ロートリンゲン家
配偶者:エリーザベト・フォン・ヴィッテルスバッハ

サラエボ事件当時のオーストリア皇帝

サラエボ事件当時のオーストリア皇帝

フランツ・ヨーゼフ1世はサラエボ事件当時のオーストリア皇帝にあたる方です。

当時のフランツ・ヨーゼフ1世の絵画ですが、非常に凛々しい姿で立っています。

被害者はこの方ではなかったですが、フランツ・ヨーゼフ1世の判断によりサラエボ事件は起きてしまいました。

アレクサンダル1世オブレノヴィッチ (セルビア王)

アレクサンダル1世オブレノヴィッチ (セルビア王)

本名:アレクサンダル1世オブレノヴィッチ
出身地:セルビア公国ベオグラード
生年月日:1876年8月14日
没年月日:1903年6月11日(26歳没)
配偶者:ドラガ・マシン

親オーストラリアだったアレクサンダル1世により、隣国セルビアとは良好な関係を保っていた

親オーストラリアだったアレクサンダル1世により、隣国セルビアとは良好な関係を保っていた

セルビア王のアレクサンダル1世は親オーストラリア派で、当時はセルビアとは良好な関係を保っていました。

しかし、それを良しとしない国によって、その後の関係は壊れてしまうことになります。

1903年、親ロシア派のクーデターによりアレクサンダル1世夫妻は殺害される

1903年、親ロシア派のクーデターによりアレクサンダル1世夫妻は殺害される

1903年6月11日、新ロシア派のクーデターによりアレクサンダル1世夫妻は殺害されてしまいました。

セルビア陸軍士官らにより銃撃されており、夫妻はまだ息がありましたが、宮殿2階の窓から投げ落とされて亡くなっています。

ペータル1世 (セルビア王)

ペータル1世 (セルビア王)

本名:クラリ・ペータル1世・カラジョルジェヴィッチ
呼び名:ペータル1世
出身地:セルビア・ベオグラード
生年月日:1844年6月29日
没年月日:1921年8月16日(77歳没)
職業:セルビア王国の国王
在位:1903年6月11日-1921年8月16日

セルビアのアレクサンダル1世の後継者として、親ロシアはのペータル1世が即位

セルビアのアレクサンダル1世の後継者として、親ロシアはのペータル1世が即位

セルビアではアレクサンダル1世の後継者として、ペータル1世が即位しました。

しかし、ペータル1世は新ロシア派と言われており、ロシアとの関係をその後に深めていきました。

ニコライ2世(ロシア皇帝)

ニコライ2世(ロシア皇帝)

本名:ニコライ・アレクサンドロヴィチ・ロマノフ
呼び名:ニコライ2世
出身地:ロシア帝国サンクトペテルブルク・アレクサンドロフスキー宮殿
生年月日:1868年5月18日
没年月日:1918年7月17日(50歳没)
職業:ロシア皇帝
在位:1894年11月1日-1917年3月15日
配偶者:アレクサンドラ・フョードロヴナ

セルビアはロシアの後ろ盾を得ることになる

セルビアはロシアの後ろ盾を得ることになる

セルビアは当時ニコライ2世がロシア皇帝として君臨し、ロシアの後ろ盾を得ることになります。

セルビアはロシア寄りになり、オーストリア=ハンガリー帝国とは距離を置くようになりました。

当時は貿易摩擦の影響もあり、オーストリアとセルビアに亀裂が入ることになった

当時は貿易摩擦の影響もあり、オーストリアとセルビアに亀裂が入ることになった

当時のヨーロッパは派閥があり、貿易協定「3B政策」や「3C政策」が行われている時代でした。

そのためオーストリアとセルビアには貿易摩擦があり、そこから亀裂が入ることになります。

当時のボスニア・ヘルツェゴビナは国の半分が「セルビア人」だった

当時のボスニア・ヘルツェゴビナは国の半分が「セルビア人」だった

当時のボスニア・ヘルツェゴビナですが、国の半分が「セルビア人」だったと言われています。

これは過去の戦争で民族が混ざりながら、オーストリア=ハンガリー帝国の占領の区切りのやり方の影響もあったと考えられます。

「ボスニア併合のみがセルビアを救う」をスローガンにしていたセルビア

「ボスニア併合のみがセルビアを救う」をスローガンにしていたセルビア

セルビアは当時のスローガンとして、「ボスニア併合のみがセルビアを救う」を影のスローガンに掲げていました。

当時、すでにボスニアはオーストリア=ハンガリー帝国の手にありました。

しかし、ボスニア・ヘルツェゴビナ自体はセルビア人が過半数おり、独立への抵抗はなかったようです。

併合前と併合後のボスニア・ヘルツェゴビナの変化

併合前と併合後のボスニア・ヘルツェゴビナの変化

併合前と併合後のボスニア・ヘルツェゴビナの変化が分かる画像がこちらです。

セルビアとしっかりと面しており、民族ではボスニア地帯に多くのセルビア人が移住していました。

反オーストリア思想が強くなっていったサラエボのあるボスニア・ヘルツェゴビナ地域

反オーストリア思想が強くなっていったサラエボのあるボスニア・ヘルツェゴビナ地域

ボスニア・ヘルツェゴビナ地域はサラエボ事件以前、まだオーストリア=ハンガリー帝国の領土でした。

しかし、反オーストリア思想が強くなっていき、サラエボではある変化が起こるようになります。

サラエボでは民族主義的テロ組織「黒手組」台頭し始める

サラエボでは民族主義的テロ組織「黒手組」台頭し始める

ボスニア地域のサラエボでは、民族主義的テロ組織「黒手組」台頭し始めました。

オーストリア=ハンガリー帝国に反する組織で、心はセルビアにありました。

オーストリア国内でも黒手組による要人を狙う殺人未遂などが出始めていた

オーストリア国内でも黒手組による要人を狙う殺人未遂などが出始めていた

オーストリア国内では黒手組による、要人を狙う殺人未遂などが起こっていました。

あくまで殺人未遂に留まっていましたが、この事件の流れはこのままでは終わりませんでした。

当時のオーストリア皇帝・フランツヨーゼフ1世も黒手組の暗殺未遂にあっていた

当時のオーストリア皇帝・フランツヨーゼフ1世も黒手組の暗殺未遂にあっていた

当時のオーストリア皇帝・フランツヨーゼフ1世も黒手組の暗殺未遂にあっていたことが分かっています。

なんとか事件を防いでいますが、これによりフランツヨーゼフ1世の警戒心を大きく強めるようになります。

フランツ・ヨーゼフ1世は甥にあたるフェルディナント大公に1914年6月のボスニアの軍事演習を視察するよう命じた

フランツ・ヨーゼフ1世は甥にあたるフェルディナント大公に1914年6月のボスニアの軍事演習を視察するよう命じた

フランツ・ヨーゼフ1世は甥にあたるフェルディナント大公にボスニアの軍事演習を視察するように命じました。

1914年6月のことでしたが、ボスニアはまだオーストリア寮であるため、自国であることは変わりありません。

しかし、自身で行くのではなく、甥に行かせたことは理由があったようです。

フェルディナント大公はハプスブルク家として皇位継承からは遠く、自由な思想を持っていた

フェルディナント大公はハプスブルク家として皇位継承からは遠く、自由な思想を持っていた

実はフェルディナント大公はハプスブルク家として皇位継承からは遠い状態にありました。

そのため自由な思想を持っており、また自由な行動ができたといいます。

関連するキーワード

関連するまとめ

ローガン・ポールの現在!今の仕事や結婚も総まとめ【海外YouTuber】

YouTuberとして絶大な人気を集めているローガン・ポール。彼はこれまで何かと話題になっていましたが、現在…

aquanaut369 / 1209 view

マーガレット王女とピーター・タウンゼント大佐の破局原因!馴れ初めから婚約破棄を総まと…

エリザベス女王の妹として知られるマーガレット王女は、かつて若い頃にピーター・タウンゼント大佐と大恋愛するも結…

sumichel / 3408 view

ウォーレン・バフェットの名言・格言ランキングTOP50【最新版】

アメリカ合衆国の投資家ウォーレン・バフェットさんは、今まで素晴らしい名言・格言を残しています。この記事では、…

kent.n / 2412 view

ジョー・バイデンの嫁と子供(息子)やスキャンダルを総まとめ

オバマ政権で2017年まで副大統領を務めたジョー・バイデンの家族やスキャンダル情報が注目されています。バイデ…

Mrsjunko / 1403 view

ヴァージル・アブローの死因はがん!経歴や闘病生活も総まとめ【オフホワイトの創業者】

人気ファッションブランド「オフホワイト」の創業者として知られているヴァージル・アブロー。2021年に突如とし…

aquanaut369 / 807 view

メーガン妃の子供は?お腹に違和感の妊娠時~出産まで総まとめ

出産前から、本当に妊娠しているのか?と噂されていたメーガン妃ことメーガン・マークルさん。2019年5月6日に…

Arisu / 3917 view

リズ・トラスの旦那と子供(娘)!結婚や自宅・家族エピソードまとめ

イギリス元首相のリズ・トラスさんについて、旦那との馴れ初めが話題になっています。また、リズ・トラスさんの結婚…

cyann3 / 1018 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ヒラリー・クリントンの娘はチェルシー!ビル・クリントンの結婚や子供まとめ

大統領選でトランプ現アメリカ大統領に負けたヒラリークリントンさんは、1993年から2002年までのアメリカ大…

Mrsjunko / 1310 view

ゼレンスキー大統領はユダヤ人?父親と母親・兄弟から生い立ちまでを総まとめ

コメディアンから大統領になったウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領。現在はロシアの軍事侵攻問題で日…

aquanaut369 / 4482 view

シャーロット王女とダイアナ妃は似てる?エピソードまとめ

2015年に誕生したイギリスのシャーロット王女が、故ダイアナ妃が似てると世界で話題になっています。外見はあま…

kent.n / 1275 view

ブッシュ大統領の家族!父・嫁・息子・娘の画像とプライベート情報まとめ

アメリカの元大統領のブッシュ大統領について、家族の話題が挙がってきています。ブッシュ大統領の父・嫁・息子・娘…

cyann3 / 1591 view

イヴ・シャンピ(岸惠子の元夫)の死因!結婚と子供・離婚原因・監督作品まとめ

フランス人映画監督として人気を集めたイヴ・シャンピ。彼は日本の女優・岸恵子と結婚したことで知られていて、その…

aquanaut369 / 5875 view

ロジャー・ボイジョリーの現在!チャレンジャー号爆発事故とその後まとめ

チャレンジャー号打ち上げに反対した中心的な人物であるロジャー・ボイジョリー氏。しかし、反対も空しくチャレンジ…

Mrsjunko / 3703 view

ジェフベゾスはユダヤ人?生い立ち・親や家族まとめ【Amazon創始者】

アマゾンの創業者兼CEOで世界一の大富豪のジェフベゾスさん。2019年には離婚を発表し話題となりました。今回…

sumichel / 8024 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);