バイデンのプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前:ジョー・バイデン
本名:ジョセフ・ロビネット・“ジョー”・バイデン・ジュニア
生年月日:1942年11月2日
出身地:アメリカ・ペンシルベニア州スクラントン

4人兄弟の長男として生まれたバイデンは、生まれた時に父親が複数の事業に失敗し、貧しい生活を余儀なくされたのです。

しかしその後、父親が中古車のセールスマンになったことで安定した生活を送ることが出来るうようになったそうです。

若い頃は弁護士だった

若い頃は弁護士だった

その後、カトリック系の私立学校、アーキメア・アカデミー・デラウェア大学を卒業後、シラキューズ大学のロースクールへ進学したバイデン全副大統領は、1968年に法務博士号を取得し、卒業後の翌1969年にはデラウェア州弁護士会へ加入し、ウィルミントンで弁護士として開業しています。

1973年から政界で活躍する

1973年から政界で活躍する

若い頃は弁護士として活躍していたバイデンは、1973年から2009年まで連邦上院議員として活躍しています。

そんなバイデンは、民主党中道派を代表する大物政治家として知られ、上院議員としては当選回数7回・議員生活36年を誇っ大ベテランばのです。

8年間、副大統領を務めたバイセン

8年間、副大統領を務めたバイセン

2009年、バラク・オバマの大統領就任に伴い、第47代副大統領に正式に就任したバイデンは、2017年まで8年間務めています。

そんなバイデンは2017年、副大統領としての功労を讃えられ、大統領自由勲章をオバマ大統領より受章しています。

2020年、大統領選挙に出馬

2020年、大統領選挙に出馬

その後2017年6月、新たな政治行動委員会『アメリカの可能性』を設立したバイデンは、2020年の大統領選挙に出馬しています。

ジョー・バイデンは若い頃イケメンだった

若い頃がイケメンと話題

若い頃がイケメンと話題

現在のバイデンは、笑っていると“優しいおじいちゃん”というイメージですが、実は若い頃はとてもイケメンだったのです。

そこでバイデンの若い頃の画像を紹介いたします。

バイデンの若い頃①

バイデンの若い頃①

髪は7:3分けで少し薄くなってきている気もしますが、かっこいいですね。

バイデンの若い頃②

バイデンの若い頃②

こちらはかなり若い頃のバイデンですが、俳優にも劣らないくらいカッコイイです。

バイデンの若い頃③

バイデンの若い頃③

こちらのバイデンは、とても笑顔が素敵です。

女性にモテたのが納得です。

バイデンの現在

大統領選挙時の年齢は77歳

77歳で大統領選挙を戦ったバイデン

77歳で大統領選挙を戦ったバイデン

2020年の大統領選挙に出馬した時のバイデンの年齢は77歳。

そんなバイデンは、もしトランプ大統領に勝って大統領になった場合は1期の終わりで81歳、2期目の終わりで85歳となることも危惧されていました。

。「バイデンが何歳か知っているか?」と、すると、きょとんとしている。知らないのである。77歳であることを教えてやると驚く。「今、77歳だから、もしトランプに勝って、大統領になると、2期やることになるだろう。すると一期目の終わりで81歳、2期目の終わりで85歳となる。

バイデンに認知症疑惑!?

失言や物忘れが酷すぎるバイデン

失言や物忘れが酷すぎるバイデン

バイデンは昔から失言が酷いため、『Gaffe Machine(失言製造機)』とも言われていたそうです。

そんなバイデンですが、最近はあまりの失言や物忘れの多さから『失言のランボルギーニ』だと物議を醸しており、認知症疑惑も浮上しているのです。

前副大統領が軽い認知症かかっているのではないかという指摘だ。というのも、同副大統領は集会やマスコミとのインタビューで「失言」で済まない間違いを起こしているからだ。

最近の例でも、1日に行ったフォックスニュースのマイク・ウォレス氏とのインタビューの終わりに「チャック、ありがとう」と言ってウォレス氏を面食らわせた。「チャック」というのは、ライバル局MSNBCのキャスターのチャック・トッド氏と考えられるからだ。

その翌日テキサス州で開かれた集会でもバイデン前副大統領は「スーパー・チューズデー(火曜日)」を「スーパー・サースデー(木曜日)」と言いかけたり、演説の決定的な部分で引用するはずだった米国の独立宣言の有名な一節「すべての人間は生まれながらにして平等であり、その創造者によって、生命、自由および幸福の追求を含む不可侵の権利を与えられている・・・」を思い出せなかった。

「すべての男性も女性も生まれながらにして・・・・ほらあれだよ。分かるだろう」

こうして失言や物忘れが激しく、認知症では?とまで囁かれたバイデン前副大統領は、『寝ぼけたジョー』とトランプ大統領にからかわれていたのです。

しかし現在のバイデンは目を覚まし、それまでの不調が嘘のような躍進を見せているそうです。

バイデンの失言や認知症の疑惑についてまとめ

・バイデンはバラク・オバマの大統領就任に伴い2017年から8年間副大統領を務めていた。

・バイデンは若い頃、俳優にも劣らないほどのイケメンだった。

・バイデンは昔から失言や物忘れが多く、認知症疑惑も浮上している。

関連するまとめ

バカンティ教授の現在!STAP細胞事件やハーバード大学教授退任の噂まとめ

小保方晴子のSTAP細胞事件で日本でも有名になったチャールズ・バカンティ。彼はハーバード大学に所属する教授で…

aquanaut369 / 2933 view

オバマの嫁や子供(娘)とは?父と母など家族を総まとめ【アメリカ第44代大統領】

アメリカ第44代大統領を務め、日本でも広く知られているバラク・オバマさんですが、父や母についてはあまり知られ…

sumichel / 1950 view

ロジャー・ボイジョリーの現在!チャレンジャー号爆発事故とその後まとめ

チャレンジャー号打ち上げに反対した中心的な人物であるロジャー・ボイジョリー氏。しかし、反対も空しくチャレンジ…

Mrsjunko / 2988 view

ビルゲイツは何した人?年収と資産・時給換算やお金の使い道まとめ

マイクロソフトのビルゲイツさんについて、「何した人?」という話題で注目されています。また、ビルゲイツさんの年…

cyann3 / 5739 view

メラニア夫人とトランプ大統領の結婚式や子供の画像まとめ

メラニア・トランプ夫人とドナルド・トランプ大統領の馴れ初めについて調べてみました。また、メラニアトランプ夫人…

cyann3 / 2717 view

ウィリアム王子の父・母・兄弟の家系図は?家族の画像まとめ

イギリス王室のウィリアム王子について、父・母・兄弟の家系図が話題となっています。また、ウィリアム王子の父や母…

cyann3 / 4066 view

バロントランプの現在!身長や性格・障害・イケメンの画像まとめ

アメリカ大統領子息のバロン・トランプさんのプロフィールや現在までについてご紹介します。また、バロントランプさ…

cyann3 / 6699 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

セオドア・ルーズベルトがテディベアの由来!理由は熊狩りだった?

世界中で愛されているテディベア。じつはこのクマのぬいぐるみは時のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトが由来に…

aquanaut369 / 1124 view

ビルゲイツの若い頃・昔のエピソードまとめ

日本でも有名な「ビル・ゲイツ」さんは、若い頃や昔のエピソードも知られていて、人気です。この記事では、Micr…

shasser / 4500 view

メラニアトランプ夫人の身長や体重&性格やファッションまとめ~ドナルドトランプの3人目…

アメリカ大統領・ドナルドトランプの嫁であるメラニア夫人が、ハプニングで見せた美脚に注目が集まっているようです…

rirakumama / 1917 view

ダイアナ妃の事故の真相は?暗殺?ベンツが原因説も写真付きでまとめ

ダイアナ妃の交通事故による死亡の話題ですが、ベンツが原因なのではという話が出ています。また、ダイアナ妃の死の…

cyann3 / 8820 view

ヒトラーのユダヤ人迫害の理由!少女ローザとの関係と生還者の映画まとめ

ドイツ国の国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者であるアドルフ・ヒトラーについて、ユダヤ人迫害の理由が…

cyann3 / 2096 view

ジャック・マーの名言ランキング50選【最新版】

中国出身の起業家で、阿里巴巴(アリババ)グループを率いてきた大富豪であるジャック・マーですが、ビジネスを成功…

maru._.wanwan / 1202 view

メーガン妃の生い立ち~父親・母親について総まとめ

英国のプリンセスとなり、一躍時の人となったメーガン・マークルさんことメーガン紀。そんなメーガン紀の生い立ち、…

Arisu / 3976 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク