ビルゲイツ氏について紹介

プロフィール

プロフィール

本名:ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世
生年月日:1955年10月28日
出身地:アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
学歴:ハーバード大学途中休学
職業:実業家、慈善活動家、技術者、プログラマー、作家、教育者
肩書:マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長、カスケード・インベストメント共同創業者兼会長、コービス共同創業者兼会長、bgC3共同創業者兼会長

幼少期のIQが160だった

幼少期のIQが160だった

ビルゲイツ氏の幼少期は、ボーイスカウトや会衆派教会の日曜学校に通い、聖歌隊としても活動していました。また成績優秀でIQが160という天才。これは誰もが知っていることではないでしょうか。

13歳でコンピューターの会社を設立

13歳でコンピューターの会社を設立

1968年の13歳の頃に「コンピュータ・センター・コーポレーション(CCC)」というコンピューターの会社を設立しますが、不渡り手形を出してしまい倒産させています。

15歳でCOBOL(プログラミング言語)での給与計算システムの作成を請け負い、開発費を貰う代わりにPDP-10(当時のコンピューターシステム)を使う権利を手に入れました。

1973年にハーバード大学に進学するも途中休学のまま

1973年にハーバード大学に進学するも途中休学のまま

1973年にハーバード大学に入学し、応用数学を専攻しますが成績はあまり良くなかったということ。2年生になるとポーカーゲームに熱中していたそうです。大学の寮では後のマイクロソフトのCEO(ゲイツ氏の後任)となるスティーブ・バルマー氏が入寮していたということ。

1975年にマイクロソフトの最初の製品「Altair BASIC」を開発

1975年にマイクロソフトの最初の製品「Altair BASIC」を開発

最初期のファミリー向けコンピューター「アルテア8800」を開発した会社であるMITS社の社長エド・ロバーツ氏に、BASIC(ベーシック)の開発を請け合い、マイクロソフト社の共同創始者であるポール・アレン氏と共に1975年、「Altair BASIC(アルテア・ベーシック)」を開発。マイクロソフト社の最初の製品となります。

世界一の金持ちに

世界一の金持ちに

その後「MS-DOS」、「Windows」と開発が進み、アメリカの雑誌フォーブスの世界長者番付で、1994年から2006年まで13年連続の世界一となっています。

ビルゲイツ氏が新型コロナウィルスを予言?

戦争よりもウイルス

戦争よりもウイルス

ビルゲイツ氏は5年ほど前に、「戦争よりもウイルス」とパンデミックの発生が来ることをいち早く予言していました。その言葉があだとなったのでしょうか、コロナウイルスが流行した後にネット上では、「ビルゲイツ氏がコロナウイルスをもたらした黒幕では」などと噂されるようになりました。

新型コロナ対策費として一億ドルを寄付

新型コロナ対策費として一億ドルを寄付

ビルゲイツ氏はコロナの第一波が押し寄せた4月にも全米封鎖を求めるよう精力的に政策を打ち出し、提言していました。そして、パンデミックが始まる前の2月には、新型コロナ対策費として一億ドルの寄付を表明しています。

2015年の講演では「今後数十年で一千万人以上が亡くなる事態があるとすれば、戦争より感染性のウイルスが原因だろう。ミサイルより病原菌に備えるべきだ」と警鐘を鳴らしていました。

ネットで拡散されるビルゲイツ氏の人口削減陰謀論とは?

著名者の発言がネット上で歪曲される

著名者の発言がネット上で歪曲される

著名な人が意味深な発言をすると、必ずと言っていいほど悪い意味への解釈となりネット拡散することは必須の世の中です。コロナウイルスへのビルゲイツ氏の発言となれば拡散することは間違いありません。

人口削減の陰謀説の発端となった発言は、「感染が大きく広がるのは、医療設備のない貧しい国」という発言で、貧困問題にも関心を向けているビルゲイツ氏ならではの意見でした。

貧民国でのコロナ感染は甚大

貧民国でのコロナ感染は甚大

エボラ出血熱が流行した時にCDCの幹部と対談したゲイツ氏は、「次の感染はさらに毒性が強くなる可能性が高いが、十分な備えがあれば大惨事は避けることができる」と語っていました。

電気や水道の設備がない貧民国で暮らす子供たちの多くは、栄養失調状態にあります。そんな国の子供たちがコロナに感染すれば、瞬く間に命が奪われてしまいます。そして、貧民国の人口は10億人とも言われています。

新型コロナ感染拡大予防に最大限の尽力をしていた

新型コロナ感染拡大予防に最大限の尽力をしていた

そんな状況を懸念したゲイツ氏は、新型コロナ対策のために多額の資金を投じています。

ビルゲイツ氏の発言や行動からみても、ゲイツ氏は何の陰謀も企てていないですし、新型コロナ感染拡大を防ぐために最大限の尽力を費やしているのがわかるかと思います。

ビルゲイツ氏はワクチン開発のために心血を注いでいた

ゲイツ夫妻は20年に渡って感染症対策に取り組んでいる

ゲイツ夫妻は20年に渡って感染症対策に取り組んでいる

ビルゲイツ氏とその妻であるメリンダゲイツさんが共同議長を務める「ビル&メリンダ・ゲイツ財団」では、過去20年に渡り感染症対策に取り組んでいます。

その中で最も注力を注いでいるのがワクチン開発です。これまでのワクチン開発は、長い年月を費やしてのプロセスが必要でしたが、新型コロナウイルスに関しては一刻を争うとの見解の元で、ゲイツ氏は大胆な行動に出ています。

ワクチン7種類に数十億ドルの投資

ワクチン7種類に数十億ドルの投資

それは、現在開発途中のワクチンの中で、期待されているワクチンが7種類ある中、その7種類すべてのワクチンに投資することを決断したということ。

最終的に使われるのは1つか2つということで、残りのワクチンに対しての投資額は数十億ドルと言われています。

ゲイツ氏曰く、「世界の人口の6000万人以上が亡くなれば、3兆ドルの下落となる。3兆ドルの損失を防ぐために数十億ドル使うことは価値のある事」と、いかにもゲイツ氏らしい考えですね。

ビルゲイツ氏の新型コロナウイルス予言と陰謀説や人口削減説【まとめ】

ビルゲイツ氏はイギリスのエコノミスト誌の特集記事である「コロナ後の世界」に寄稿し、ワクチン開発の大切さを説いていました。先進国でのパンデミックが治まっても、後進国や貧民国では加速する一方で、より深刻な結果をもたらすだろうとコメントしています。何よりも言いたいことは、「ワクチンなしに日常は戻らない」と語っていました。

関連するまとめ

チャールズ皇太子とカミラ夫人の結婚から離婚原因まで総まとめ

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚生活を破滅に導いたとして非難を浴びていたカミラ夫人。2人の関係はスキャン…

Mrsjunko / 2720 view

カルロス・ゴーンの逃亡方法や保釈金まとめ!レバノンの家に逃げ込む

元日産の会長を務めていたカルロス・ゴーンは2018年11月に「金融商品取引法違反」で逮捕され、2019年末に…

aquanaut369 / 519 view

サルビア(インフルエンサー)のインスタが奇抜!経歴やメイク・ファッションまとめ【画像…

世界中で奇抜なメイクやファッションをインスタに公開して話題になっているインフルエンサーのサルビア。彼女がイン…

aquanaut369 / 5845 view

メーガン妃の子供は?お腹に違和感の妊娠時~出産まで総まとめ

出産前から、本当に妊娠しているのか?と噂されていたメーガン妃ことメーガン・マークルさん。2019年5月6日に…

Arisu / 5485 view

メーガンマークル妃の父や母・兄弟の家系図は?生い立ちや画像まとめ

イギリス王室のメーガンマークル妃について、父や母、兄弟の家系図が注目されています。また、メーガンマークル妃の…

cyann3 / 3973 view

ハムダン皇太子が結婚?彼女と嫁や子供の噂・身長や兄弟など家族も総まとめ

ドバイのハムダン皇太子について、身長や家族・兄弟・結婚について注目が集まっています。また、彼女・婚約者、嫁や…

cyann3 / 4423 view

ジェフベゾスはユダヤ人?生い立ち・親や家族まとめ【Amazon創始者】

アマゾンの創業者兼CEOで世界一の大富豪のジェフベゾスさん。2019年には離婚を発表し話題となりました。今回…

sumichel / 1113 view

ミハエル・クルムと伊達公子の現在!子供や離婚原因も総まとめ

日本人の「伊達公子」さんと元レーシングドライバーの「ミハエル・クルム」さんは、離婚した事を発表していました。…

shasser / 7793 view

アンドルー王子の若い頃と現在!エプスタインとの関係やスキャンダルまとめ

エリザベス女王の第三子(次男)であるアンドルー王子の若い頃が注目を集めています。また、アンドルー王子の過去の…

cyann3 / 1950 view

美しいエリザベス女王の若い頃や子供時代まとめ

若い頃かわいかった事でも有名な「エリザベス女王」は、子供時代のエピソードなども人気です。エリザベス女王は、イ…

shasser / 2226 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

シーシェパードの目的は?正体はテロリスト?日本と海外の反応も総まとめ

シーシェパードはその活動内容からただの「海洋環境保護団体」ではありません。彼らの目的や正体は一体どのようなも…

aquanaut369 / 1464 view

マイコラス夫人の現在!ビキニ/水着の画像・旦那や双子の子供まとめ

マイルズ・マイコラスの嫁として「美しすぎる妻」と呼ばれたローレン・マイコラス夫人。彼女は抜群のスタイルを持っ…

aquanaut369 / 3015 view

カナダのトルドー首相がイケメン!ヒゲやタトゥー・ユニークな靴下まで総まとめ

世界初のタトゥーを入れた首相で知られている、カナダのジャスティン・トルドー首相がイケメンと話題になっています…

Mrsjunko / 2486 view

ダイアナ妃のファッション&ドレス画像まとめ

イングランドのチャールズ皇太子と結婚していた事でも知られているダイアナ妃は、現在でもファッションやドレスなど…

shasser / 2042 view

ニコール・リッチーとパリス・ヒルトンの仲!関係やエピソードまとめ

ライオネル・リッチーさんの養女ニコール・リッチーさんと、ヒルトンホテルの創設者コンラッド・ヒルトンさんの曽孫…

Mrsjunko / 1020 view

アンドルー王子の家系図は?嫁と子供の画像&プロフィールまとめ

エリザベス2世女王の第3子で次男のアンドルー王子の家系図はどのようになっているのでしょうか。今回は、アンドル…

rirakumama / 1311 view

キャロル夫人(ゴーン嫁)の年齢や経歴!生い立ちや国籍・逮捕情報など総まとめ

元日産の会長を務め、金融商品取引法違反で逮捕されたカルロス・ゴーンの妻であるキャロル・ゴーン夫人(キャロル・…

aquanaut369 / 1386 view

ハムダン皇太子が結婚?彼女と嫁や子供の噂・身長や兄弟など家族も総まとめ

ドバイのハムダン皇太子について、身長や家族・兄弟・結婚について注目が集まっています。また、彼女・婚約者、嫁や…

cyann3 / 4423 view

ドナルドトランプ大統領の身長や体重~サバ読み疑惑を徹底解剖

アメリカ合衆国大統領のドナルドトランプさん。今回はそんなドナルドトランプさんの身長や体重についてご紹介します…

rirakumama / 5972 view

ウィリアム王子の父・母・兄弟の家系図は?家族の画像まとめ

イギリス王室のウィリアム王子について、父・母・兄弟の家系図が話題となっています。また、ウィリアム王子の父や母…

cyann3 / 2393 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク