クリストファー・クロスについて紹介

プロフィール

プロフィール

本名:クリストファー・ゲペルト・クロス
生年月日:1951年5月3日
出身地:アメリカ合衆国 テキサス州サンアントニオ
職業:シンガーソングライター
活動期間:1979年~現在

経歴

経歴

1979年にアルバム『Christopher Cross』でデビューしますが、当初はコンサートも開催せず素顔を公開していなかったそうです。

高音がきれいな天使のようなハイトーンボイスで、AOR(アルバム・オリエンテッド・ロック、アダルト・オリエンテッド・ロック)を代表するシンガーとなっています。

同曲とシングルの『セイリング(Sailing)』は、1981年のグラミー賞の主要5部門を独占受賞。

5歳から9歳にかけて、軍医であった父親の仕事の関係で東京の代々木に住んでいました。またその影響からか、1980年からの日本公演を3年おきぐらいに行っており、2004年からは毎年来日して公演を行っているようです。

日本で発売された代表的な作品

日本で発売された代表的な作品

1980年『風立ちぬ(Ride Like The Wind)』
1980年『セイリング』
1980年『セイ・ユール・ビー・マイン』
1980年『マリー・アン』
1981年『ニューヨーク・シティ・セレナーデ(Arthur's Theme (Best That You Can Do))』三菱自動車のトレディアのCMソング
1983年『オール・ライト』
1983年『悲しきメモリー(No Time for Talk)』
1983年『忘れじのローラ(Think of Laura)』
1984年『チャンス・フォー・ヘヴン』
1985年『チャーム・ザ・スネイク』Music Video[2]
1985年『ターン・オブ・ザ・ワールド(Every Turn of the World)』

1985年『ラヴ・イズ・ラヴ』
1986年『ラヴィング・ストレンジャーズ』
1988年『流されて(Swept Away)』
1988年『アイ・ウィル』
1991年『瞳のきらめき(In The Blink Of An Eye)』
1992年『イズ・ゼア・サムシング』
1994年『ウィッシング・ウェル』
1994年『オープン・アップ・マイ・ウインドウ』

クリストファー・クロスが新型コロナウィルス陽性を発表!

自身のフェイスブックでコロナ感染を公表

自身のフェイスブックでコロナ感染を公表

クリストファー・クロスさんはアメリカの現地時間2020年4月3日に、新型コロナウィルスに感染したことを、自身のフェイスブックで発表しました。

「COVID-19ウィルスの陽性反応が出た、数が増え続けているアメリカ人の一人であることを報告しなければならないことを残念に思います」と綴って投稿。

コロナは山火事のように世界中を駆け巡っている

コロナは山火事のように世界中を駆け巡っている

このウィルスは、自分が感染した中で最悪なウィルスであることも綴っていました。

また、このウィルスを信じていない人やデマや陰謀だと唱えている一部の人達へ向けて、山火事が世界中で起きているような、死に至る恐ろしいウィルスであることを理解するよう訴えていました。

親愛なる友人たち、私はCOVID-19ウイルスに陽性反応を示したアメリカ人の増加の一員であることを報告して申し訳ありません。 私はソーシャルメディアで医療問題について話し合う習慣はありませんが、そうすることで、この病気がどれほど深刻で伝染性であるかを他の人々が理解できるようになることを願っています。 私は家で介護できるほど幸運ですが、これはおそらくこれまでで最悪の病気です。 COVID-19ウイルスが本物であるとまだ信じていないあなたのために...

クリストファー・クロスのコロナ症状は?

検査を受けるまでにかかる時間が長かった

検査を受けるまでにかかる時間が長かった

クリストファー・クロスさんは、コロナの症状が出て検査を受けるまでに、かなりの長い時間がかかり、検査を受けた頃には既に症状は軽減していたということ。

幸いにも呼吸器の合併症には至らなかったそうで、数週間に至った症状は緩やかに回復していったようです。

筋力低下で歩行困難に

筋力低下で歩行困難に

しかし、コロナウィルスには呼吸器疾患の症状の他にも様々な症状があるようです。

クリストファー・クロスさんの場合は、重度の筋力低下が起こり、一時的に足が麻痺して歩行ができなくなるという状態に陥ったということ。

本日は#DoctorsDayです。これらの最も困難な時代においても、愛する人を健康に保つために、患者のニーズを自分のものよりも優先してくれた医療関係者に感謝します。あなたは私たちのヒーローです。(素晴らしいアート
EwNewYorker
)

出典:Twitter

クリストファー・クロスの現在

理学療法

理学療法

クリストファー・クロスさんは、理学療法を受けていたようです。歩行困難という合併症を発し、歩けなくなるのでは、という不安もあったことでしょう。

しかし、担当の医師からは問題なく回復できると言われているということです。現在の自身の状態を世界中の人達に知ってもらい、コロナウィルスの恐ろしさを理解して欲しいと語っていたクリストファー・クロスさん。

この状況を乗り越えて、デビュー40周年ツアーをスタートさせるのが待ち遠しいと語ってくれました。

追記:10月にも病状を語る

追記:10月にも病状を語る

クリストファー・クロスさんは2020年10月にもインタビューに答える形で、コロナ感染について詳細を明かしています。歩くことはおろか動くこともままならなくなり、新型コロナに感染したことが原因で神経疾患の「ギラン・バレー症候群」を発症していたようです。

「これまでの人生で最悪の10日間だった」と語っているクリストファーさん。言語能力や記憶力にも影響を受け完全回復には至っていないようですが、車いす生活から杖を使って歩行できるまでには回復しているとのことです。

ホームステイと手洗いを促しコロナに対しての注意喚起を

ホームステイと手洗いを促しコロナに対しての注意喚起を

クリストファーさんはこの病気を真剣に受け止め、ホームステイと手洗いを行い、政府機関の指示に従うよう注意喚起していました。

世界中のどこにいても優しさを持って他人と接することや、今自分ができることに協力することで、コロナウィルスに打ち勝つことができる、と啓蒙を促しています。

アメリカの「小田和正」と言われているクリストファー・クロスさん。一日も早く回復して、またあの美しい歌声を披露してもらいたいものですね。

クリストファー・クロスの現在や新型コロナウィルス陽性【まとめ】

・シンガーソングライターのクリストファー・クロスは2020年4月に新型コロナウイルスに感染したことをフェイスブックで公表した。

・クリストファー・クロスは検査を受けるまでに時間がかかり検査を受けた頃には症状が軽減していたが、重度の筋力低下が起こり一時的に足が麻痺して歩行ができなくなるという状態に陥っていた。

・クリストファー・クロスは回復には向かっているが、2020年10月現在も療養中である。

関連するキーワード

関連するまとめ

人気ギタリストのランキング60選!海外・日本人別【最新版】

世界中には数多くのギタリストがおり、素晴らしい腕前で観衆を魅了する人気ギタリストも多数存在します。そこで今回…

maru._.wanwan / 5318 view

エドシーランの映画「イエスタデイ」での演技力!特別な主題歌も紹介

映画「イエスタデイ」に本人役で出演したエドシーランはこの映画で主題歌を書き下ろしていて、その演技力にも注目が…

aquanaut369 / 714 view

ショーン・レノンの現在!彼女や結婚・日本語・旭日旗との関係まとめ

ジョン・レノンさんとオノ・ヨーコさんの息子であるショーン・レノンさんについて、現在の活動が注目を集めています…

cyann3 / 5362 view

ゼインマリクの歴代彼女!ペリーエドワーズやジジハディッドとの関係まとめ

歌手のゼインマリクさんについて、性格と歴代彼女が注目を集めています。ゼインマリクさんと交際の噂があったペリー…

cyann3 / 3789 view

エドシーランが結婚!彼女で嫁のチェリーと子供・家族エピソードまとめ

イギリス人歌手のエドシーランさんについて、結婚した彼女・チェリーさんが注目を集めています。また、エドシーラン…

cyann3 / 12578 view

アヴィーチー(Avicii)の彼女や結婚&家族情報まとめ

EDM界において多大な影響を与え、現在は伝説のミュージシャンとして世界中に愛されているアヴィーチー(Avic…

kent.n / 1591 view

ブライアンメイと本田美奈子の関係は?エピソードまとめ

映画「ボヘミアンラプソディー」でも人気の「ブライアン・メイ」さんは、日本の女優「本田美奈子」さんとの交流があ…

shasser / 3675 view

歌唱力の高い洋楽男性歌手ランキングTOP40【歌の動画付き】

世界的アーティストと言われる洋楽アーティストですが、歌が上手い人が多いと言われています。ここでは歌唱力の高い…

kii428 / 10674 view

バックストリート・ボーイズの人気曲ランキング35選【最新決定版・動画付き】

世界的なモンスター・グループとして知られるバックストリート・ボーイズの人気曲ランキング35選を紹介します。バ…

maru._.wanwan / 1156 view

オースティンマホーンとブルゾンちえみの関係やエピソードまとめ

アメリカの歌手のオースティンマホーンさんは、曲がブルゾンちえみさんのネタのBGMとして使われたことでも有名に…

sumichel / 868 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ビートルズのアルバム一覧&おすすめランキング20【最新版】

世界のミュージックシーンに多大な影響を与えたビートルズ。現在でも人気が高く衰えることはありません。そこで今回…

マギー / 1368 view

レッドツェッペリンのメンバー4人の現在!プロフィール付きで紹介【最新版】

世界的なロックバンド「レッドツェッペリン」のメンバーとして、世界に名を刻んだ4人の偉大なミュージシャンたち。…

kent.n / 3564 view

カニエウエストの双極性障害と奇行!メンタル崩壊や精神上の噂もまとめ

天才でありながら近年はお騒がせミュージシャンとして知られているカニエウエストさんですが、また奇行が取り沙汰さ…

sumichel / 849 view

ジョンレノン愛用のメガネやサングラスのブランド~彼の名前を冠したメガネフレームも紹介

ジョンレノンのトレードマークと言えば丸メガネ。そんな彼が愛用したメガネ、サングラスブランドをまとめてみました…

aquanaut369 / 2578 view

ブライアンメイの現在!結婚や子供・病気に関する情報まとめ

才能が豊かなブライアン・メイさんは、現在もミュージシャンとして活躍しているだけでなく、結婚相手や子供に関する…

shasser / 3886 view

アヴィーチー(Avicii)の人気曲ランキング22選&アルバム3選【最新版】

スウェーデン出身の音楽プロデューサーのアヴィーチー。高校を卒業した彼は18歳から自身の寝室で曲を書きリミック…

kii428 / 1566 view

リッチー・サンボラの現在!ボン・ジョヴィ離脱理由など総まとめ

アメリカを代表するロックバンド『ボン・ジョヴィ』の元ギターリストとして知られているリッチー・サンボラさんのボ…

sumichel / 2605 view

ジョンディーコンの現在!若い頃・結婚や嫁と子供・引退後まとめ

日本でも有名なアーティスト「QUEEN」のベースを担当していた「ジョンディーコン」さんは、映画で再び注目され…

shasser / 5279 view

エドシーランは日本好き!来日や親日エピソードまとめ

世界的シンガーソングライターのエドシーランは日本好きで知られていて、これまで何度も来日して日本を満喫している…

aquanaut369 / 5252 view

エアロスミスのアルバム一覧&おすすめランキング20【最新版】

2001年に「ロックの殿堂」入りを果たしたエアロスミス(英: Aerosmith)。ミュージック界に多大な影…

マギー / 2864 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク