ティリクム(シャチ)について

ティリクムのプロフィール

ティリクムのプロフィール

生物:シャチ(Orcinus orca、オルカ)
品種:アイスランド系
性別:オス
生誕:1981年11月
没日:2017年1月6日(35歳)
活動地:太平洋シーランド、フロリダ州オーランドシ―ワールド、シーワールド・サンディエゴ
活動期間:1983年~2017年
体重:12,000ポンド (5,400kg)
体長:22.5フィート(6.9m)

人間に飼育されているシャチの中では最大級

人間に飼育されているシャチの中では最大級

ティリクムの体長は6.9m、体重は5,400kg以上あります。

右の胸びれの端から左の胸びれの端までの長さは2.1mあり、左右の尾びれが下にカールしていて、2mの高さがある背びれは完全に体の左側に倒れているのが特徴。

また、ティリクムは人間に飼育されているシャチの中では最大級です。

ティリクムという名前は、太平洋岸北西部の言語、チヌーク・ジャーゴン(コロンビア川流域の先住民族の言語)で「友だち、関係、部族、国家、庶民」を意味する言葉だということです。

ティリクムは3名の死亡事故に関わっている

ティリクムは3名の死亡事故に関わっている

ティリクムが捕獲され、人間に飼育されるようになってから、収容された水族館で起こった3人の人物の死亡事故に関係しています。

太平洋シーランド時代の調教師1名、フロリダのシーワールド時代の調教師1名、そして、シーワールドの敷地内に不法侵入した男性1名の、計3名の死亡事故に関わっています。

ティリクムの経歴

ティリクムは2歳のときに捕獲される

ティリクムは2歳のときに捕獲される

シャチのティリクム「愛称:ティリー(Tilly)」は、アメリカ合衆国フロリダ州オーランドにあるシーワールドで飼育され、ショーを楽しませてくれたオスのシャチです。

ティリクムは2歳のとき他の2頭の若いシャチとともに、1983年11月にアイスランド東部のベルフィヨルズルで巻き網によって捕獲されました。

ハフナルフィヨルズル海洋動物園で1年飼育される

ハフナルフィヨルズル海洋動物園で1年飼育される

ハフナルフィヨルズル海洋動物園の水槽でほぼ1年間飼育された後、カナダのバンクーバー島ビクトリア市郊外のオークベイにある、太平洋シーランドに移されます。

2頭のメスのシャチからいじめに遭う

2頭のメスのシャチからいじめに遭う

太平洋シーランドでは、ハイダ2世とヌートカ4世という2頭の年上のメスのシャチと一緒に暮らしていましたが、シャチの特性である母系社会構造の結果、ティリクムはハイダ2世とヌートカ4世に虐待されました。

飼育員はティリクムを保護するために、トレーナーが飼育している小さな医療用プールに移すことを余儀なくされました。

1992年1月9日フロリダ州オーランドのシーワールドに移送

1992年1月9日フロリダ州オーランドのシーワールドに移送

ティリクムがフロリダ州オーランドのシーワールドに移されたのは、太平洋シーランドでの死亡事故により、施設が閉鎖された後の1992年1月9日でした。

ティリクムはそこでも2度の死亡事故に関わっています。

2017年1月6日ティリクム死亡

2017年1月6日ティリクム死亡

2010年に起こった3度目の死亡事故の1年後(2011年3月30日)に、ティリクムがショーに復帰します。

同年11月、ティリクムが病気になり欠場。その後2012年4月に再び復帰します。

しかし、2016年になると、ティリクムの健康状態が悪化。シーワールドの話では肺の感染症に罹っていると述べていました。

これに対して「動物の倫理的扱いを求める人々の会(PETA)」では、ティリクムを海に返せと抗議の声が挙がっています。

しかしその声が届かず、2017年1月6日、ティリクムの死亡が発表されました。死因は細菌感染だったということです。

ティリクム・シャチ事件に関する死亡事故について

野生のシャチが人間を襲うことは珍しく、致命的な攻撃は記録されていません。現在、飼育下のシャチとのふれあいが原因で、4人の人間が死亡しています。ティリクムはそのうちの3人の死亡に関わっています。

1度目の死亡事故

1度目の死亡者はカナダの学生ケルティ・リー・バーン

1度目の死亡者はカナダの学生ケルティ・リー・バーン

1度目はカナダの学生であるケルティ・リー・バーンさんが死亡する事故でした。彼女は競泳選手で、小遣いを稼ぐために太平洋シーランドで働いていました。

バーンさんは、足を滑らせてティリクムとハイダ2号、ヌートカ4号のいるプールに落ちてしまいました。その後、3頭のシャチは彼女のまわりをグルグル回り、プールからあがることを妨害していたようです。

ある目撃者によりますと、ティリクムが彼女の脚を掴んで水中に引きずり込んでいることに気付いたそうです。また別の目撃者の話では、バーンさんが「死にたくない」と叫ぶのが聞こえたということ。

他の調教師たちは、バーンさんを助けようと浮き輪をプールに投げ入れましたが、シャチたちはバーンさんを浮き輪から遠ざけていたようです。

彼女は3回目の浮上で悲鳴を上げますが、そのまま亡くなってしまいました。

バーンさんは水中で既に意識を失っており、シャチたちはバーンさんを話そうとしなかったようです。

検死の結果、彼女の死は事故と断定されています。

2度目の死亡事故

2度目の死亡事故は、フロリダ州のシ―ワールドで起きました。亡くなったのはサウスカロライナに住む、27歳のダニエル・P・デュークスさんという男性です。

デュークスさんは無断でティリクムのいるプールに入り、亡くなっています。

当初シーワールド側ではデュークスさんのことを浮浪者と語っていましたが、彼は自然と環境保護を愛する、定住していない旅人として知られ、窃盗や浮浪者としても知られているということ。

デュークスさんの遺体は水中で発見され、シャチによって無惨な姿にされていました。

彼の両親は、デュークスさんの死から2か月後にシーワールドに対して訴訟を起こしていましたが、取り下げられました。

保護活動家、海洋哺乳動物の専門家リック・オバリー氏は、デュークス氏はおそらく何らかの悪意を持ってティリクムの水槽に近づいたのではなく、自然を愛する彼がシャチに魅了され、その水槽を訪れたかったのだと主張しました。

さらに、「シャチはおそらく、デュークス氏を引きずり下ろし、水中に押さえ込んだのだと思います」と主張しています。

3度目の死亡事故

2010年2月24日、3度目の死亡事故が発生しました。相手はベテラントレーナーのドーン・ブランショーさん。彼女はショーの後の日課として、ティリクムをさすっていたところ、結んでいた髪の毛を掴まれて水中に引きずり込まれました。

その場面は十数人の常連客によって目撃され、職員たちはティリクムの気をそらそうと網を使ったり、餌をティリクムに向かって投げたりしました。

最終的に繋がっている他のプールを次々に移動させて、ティリクムを小さな治療用のプールに誘導しました。そのプールはティリクムを落ち着かせやすかったのです。ティリクムは落ち着くとブランショーさんの遺体を口から放しました。

検視結果は、鈍的外傷と溺死によるもの。また、脊髄が切断されており、顎の骨、肋骨、頸椎が骨折していました。さらに、頭皮は頭から完全に剥がされており、左腕は肩の下あたりで切断されていたそうです。

彼女の死は、シャチと一緒に働くことの安全性と、クジラや他の海洋哺乳類を飼育することの倫理をめぐった論争と訴訟問題に発展しました、

関連するキーワード

関連するまとめ

アンドレイ・チカチーロの生い立ちと事件!名言・日本人が脳を買い取る発言・嫁と息子・映…

1978年から1990年にかけておよそ52人を殺害したアンドレイ・チカチーロの生い立ちや事件の詳細、裁判の様…

Mrsjunko / 4397 view

パリ人肉事件の犯人・佐川一政の生い立ちから現在~身長と家族(父/母/弟)・映画化・死…

1981年に発生した「パリ人肉事件」は、その事件名の通り、犯人は被害者を殺害後、屍姦した後、被害者の肉を食ら…

passpi / 4256 view

ケネディ大統領暗殺の真相!夫人が脳みそを拾った?犯人も総まとめ

パレード中に暗殺されたことで知られているケネディ大統領。死の真相は未だハッキリしておらず、その真犯人も謎のま…

aquanaut369 / 3513 view

ルクソール熱気球墜落事故の原因や日本人死者の死因・操縦士のその後まとめ

エジプトの観光地・ルクソールの町並みを空から眺めることができる熱気球でのルクソール遊覧飛行。 2013年2…

passpi / 2043 view

グリーン姉さんの本物の画像!生前と死因・スープおじさんとの比較まとめ

ネットで話題の「検索してはいけない言葉」として、グリーン姉さんの画像が話題になっています。また、グリーン姉さ…

cyann3 / 943 view

パブロ・エスコバルの生涯~家族(母親・嫁・息子)や射殺の最後とドラマや映画まとめ

コロンビア最大の麻薬密売組織の創設者で、麻薬王と呼ばれたパブロ・エスコバル。今回は、パブロ・エスコバルの生涯…

Mrsjunko / 5372 view

ラブロフ外相はプーチン大統領の犬?2人の仲や関係まとめ

ロシアのラブロフ外相と言えば、プーチン政権の下、実に18年以上に渡ってロシアの外務大臣を務め、“プーチンの犬…

passpi / 796 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ストローおじさんは気持ち悪い?画像と動画を見る方法やコピペ・トラウマや検索してはいけ…

ストローおじさんには2つの意味があり、1つは実在する神谷徹さん、もう1つは2ちゃんねるにたてられた「ストロー…

Mrsjunko / 653 view

タリバンの女性差別はなぜ?迫害のような扱いの理由まとめ

アフガニスタンでイスラム法を順守し活動しているタリバンは以前から女性の扱いが差別的だと話題になっていて、なぜ…

aquanaut369 / 1388 view

スープおじさんの意味と死因!画像や動画・ドロドロの原因・解説まとめ

ネットで話題の「検索してはいけない言葉」として、スープおじさんの意味が話題になっています。また、スープおじさ…

cyann3 / 1126 view

コロンビア号空中分解事故まとめ~原因・死者や乗組員の最後の音声・残骸と遺体・その後現…

2003年2月1日に起きたコロンビア号空中分解事故は、ミッションを終えたコロンビア号が帰還する際の大気圏突入…

Mrsjunko / 10074 view

プーチン大統領の身長や体重は?筋肉とトレーニングもまとめ

ウクライナに対する軍事侵攻により様々な制裁が科されているロシアのプーチン大統領。 今回、プーチン大統領の身…

passpi / 1256 view

パブロ・エスコバルの生涯~家族(母親・嫁・息子)や射殺の最後とドラマや映画まとめ

コロンビア最大の麻薬密売組織の創設者で、麻薬王と呼ばれたパブロ・エスコバル。今回は、パブロ・エスコバルの生涯…

Mrsjunko / 5372 view

ロックフェラー家の資産!家系図やアメリカ5大財閥・邸宅を売却の話題まとめ

ロックフェラー家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロックフェラー家の家系図やアメリカ5大財閥…

cyann3 / 2496 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク