リーマンショックとは?わかりやすく解説

リーマン・ブラザーズ・ホールディングス

リーマン・ブラザーズ・ホールディングス

創設者:ヘンリー・リーマン
設立:1850年、アメリカ合衆国アラバマ州モントゴメリー
本部所在地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク

リーマンショックは「リーマン・ブラザーズ・ホールディングス」の経営破綻がきっかけとなった世界恐慌の1つです。

リーマンショックによりその後の多くの国・企業に影響を与えたとされています。

2008年にアメリカの大手証券会社「リーマン・ブラザーズ・ホールディングス」が経営破綻

2008年にアメリカの大手証券会社「リーマン・ブラザーズ・ホールディングス」が経営破綻

リーマンショックは2008年、アメリカの大手証券会社「リーマン・ブラザーズ・ホールディングス」が経営破綻をしました。

その流れが世界規模で「金融危機」として起こり、この名称は日本独自の呼び方となっています。

ちなみに世界では「the financial crisis of 2007–2008(2007年から2008年の金融恐慌)」と呼ばれているようです。

NYダウはリーマンショックにより「7000ドル(53%)」下落した

NYダウはリーマンショックにより「7000ドル(53%)」下落した

リーマンショックの影響により、NYダウ平均株価は「7000ドル(53%)」下落したとされています。

2008年当時のNYダウは7000ドルまで落ち、2021年現在の32000ドルの1/4以下にあたります。

リーマンショックの発端は「サブプライムローン問題」だと言われている

リーマンショックの発端は「サブプライムローン問題」だと言われている

リーマンショックの発端ですが、「サブプライムローン問題」が原因だと言われています。

リーマン・ブラザーズもこのサブプライム問題に加担しており、これらが景気低迷を招くことになりました。

低所得者層(約15%)向けの住宅ローンとして採用された「サブプライム」

低所得者層(約15%)向けの住宅ローンとして採用された「サブプライム」

サブプライム問題の発端ですが、サブプライムとは低所得者層(約15%)向けの住宅ローンとして採用されました。

焦げ付きのリスクが高いとされるサブプライムですが、リーマン・ブラザーズはこのサブプライムを採用しました。

サブプライムローンの低格付けがCDO(債務担保証券)として高格付けに変身

サブプライムローンの低格付けがCDO(債務担保証券)として高格付けに変身

サブプライムローンの問題点として、低格付けがCDO(債務担保証券)として高格付けに変身したことにありました。

これによりリスクの低い債券だと低所得者層に購入させて、結果として破綻することになってしまいました。

際限のない住宅ローンの証券化が続き、住宅の価値が下がり住宅バブルが崩壊、リーマンショックへと発展した

際限のない住宅ローンの証券化が続き、住宅の価値が下がり住宅バブルが崩壊、リーマンショックへと発展した

サブプライム問題は際限ない住宅ローンの証券化が続き、どんどんと住宅が増えてしまいました。

その結果として住宅の価値が下がって住宅バブルが崩壊、リーマンショックへと発展しています。

低所得者層が狙われる形となり、今回のリーマンショックへと発展しました。

アメリカの証券会社のリーマンショック後の動き

アメリカの証券会社のリーマンショック後の動き

アメリカ証券会社のリーマンショック後の動きがこちらの画像で確認できます。

リーマン・ブラザーズは破綻し、メリルリンチやベアー・スターンズなどの証券会社は救済合併に至っています。

リーマンショックによる経済危機はアメリカだけでなく、日本・新興国・ヨーロッパへと発展した

リーマンショックによる経済危機はアメリカだけでなく、日本・新興国・ヨーロッパへと発展した

リーマンショックによる経済危機ですが、アメリカだけに留まりませんでした。

その影響は日本・新興国・ヨーロッパへと発展し、株価下落や円高、通貨安などの経済危機が起こりました。

リーマンショック後の世界は「ギリシャ経済破綻」「GM破綻」、日本では「派遣切り」などが起こる

リーマンショック後の世界は「ギリシャ経済破綻」「GM破綻」、日本では「派遣切り」などが起こる

リーマンショック後の世界ですが、1番よく取り上げられるのが「ギリシャ経済破綻」になります。

ギリシャ経済破綻はリーマンショック後すぐに起こりましたが、EUやIMFの支援により救済されました。

ですが、GM破綻などは逃れられず、また日本では「派遣切り」「マイナス成長」と少なからずの影響がありました。

リーマンショックはアメリカだけでなく、世界全体に影響を与えた出来事と言えます。

特にリーマンショックから1年は「株価」「景気」「失業率」に大きな影響を与えた

特にリーマンショックから1年は「株価」「景気」「失業率」に大きな影響を与えた

リーマンショックから1年間は特に、「株価」「景気」「失業率」に大きな影響を与えたと言われています。

特に真ん中の「GDP 四半期成長率」が顕著で、アメリカでは最低-6.4%、日本でも最低-3.4%に落ちました。

また、日本と同様にアメリカ・ヨーロッパでも失業率に大きな影響を与えたことも明らかです。

さらに日本での失業率ですが、2008年から2009年にかけてどんどんと失業率が上がっていったことが分かります。

リーマンショックはなぜ起きた? - YouTube

出典:YouTube

「リーマンショックはなぜ起きた」の動画

リーマンショックはいつ何年に起こったのか

リーマンショックが起こったのは「2008年9月15日」

リーマンショックが起こったのは「2008年9月15日」

リーマンショックはいつ何年に起こったのかですが、「2008年9月15日」に起こったとされています。

この日にリーマン・ブラザーズが破綻しており、アメリカ・世界でニュースが飛び交った日でした。

リーマンショック前後のアメリカの動き

リーマンショック前後のアメリカの動き

リーマンショック前後のアメリカの動きにつちえ、いつ頃に何が起こったのかが分かる表になります。

2007年にフランスBNPパリパに動きがあり、参加のファンドを凍結するという動きがありました。

そして、2008年9月15日のリーマン・ブラザーズ破綻から、アメリカ政府がすぐに金融安定化に動いていることが分かります。

リーマンショックの原因

リーマンショックの原因は低所得者向けのサブプライムローンだった

リーマンショックの原因は低所得者向けのサブプライムローンだった

リーマンショックの原因ですが、低所得者向けのサブプライムローンがきっかけとなります。

低所得者層に対する住宅ローンを行った結果として、最終的にリーマンショックがありました。

サブプライムローンで問題となった仕組み

サブプライムローンで問題となった仕組み

サブプライムローンですが、問題となった仕組み・構造がこちらになります。

信用力の低い個人に対して、銀行や住宅ローン会社により住宅ローンが貸し出されました。

しかし、その上には証券会社がおり、さらには投資家によってバランスが崩れた点は否めないようです。

リーマンショックの仕組みが分かる「保険会社」「投資銀行」「投資家」の関係性

リーマンショックの仕組みが分かる「保険会社」「投資銀行」「投資家」の関係性

こちらの画像はリーマンショックの仕組みが分かる「保険会社」「投資銀行」「投資家」の関係性になります。

投資銀行や投資家がリーマン・ブラザーズなどの保険会社をカモにしていたということが分かる構図です。

サブプライムローンの延滞が発生する仕組みの

サブプライムローンの延滞が発生する仕組みの

サブプライムローンの延滞が発生する仕組みが分かる画像がこちらになります。

住宅価格が上昇してく時期は良いのですが、景気が悪くなると住宅価格は下がる傾向にあります。

その際にサブプライムで契約していた低所得者層の方々の場合は返済することができなくなります。

結果として延滞・焦げ付きが起きて、リーマンショックが起きてしまう仕組みです。

当時、韓国産業銀行がリーマンブラザーズの株式を25%取得し、全面的に支援すると申出

当時、韓国産業銀行がリーマンブラザーズの株式を25%取得し、全面的に支援すると申出

リーマンショックの一因としては、当時の韓国産業銀行がリーマン・ブラザーズの株式を取得している問題がありました。

韓国産業銀行はリーマン・ブラザーズの株式を25%取得し、さらに「全面的支援をする」とアメリカに申出をしていたほどです。

ブッシュ大統領とライス国務長官は韓国産業銀行の申出を承認し、リーマン・ブラザーズへの救済策をストップしていた

ブッシュ大統領とライス国務長官は韓国産業銀行の申出を承認し、リーマン・ブラザーズへの救済策をストップしていた

韓国産業銀行の支援の申し出により、ブッシュ大統領とライス国務長官はそれを承認する姿勢を見せました。

そのためリーマン・ブラザーズ救済策をストップしており、韓国任せになっていた状況にありました。

韓国産業銀行によるリーマン・ブラザーズの買収の話が出ていたが、直前に断念された

韓国産業銀行によるリーマン・ブラザーズの買収の話が出ていたが、直前に断念された

韓国産業銀行の支援の申し出ですが、買収の話まで出てきていました。

しかし、直前になってそれが断念されたため、リーマン・ブラザーズに大きな負担となったようです。

リーマン・ブラザーズは結果として45%株価を下落させて、経済破綻となった

リーマン・ブラザーズは結果として45%株価を下落させて、経済破綻となった

リーマン・ブラザーズは結果として、45%の株価を下落させてしまいました。

経済破綻となった原因はもちろんリーマン・ブラザーズにありますが、韓国産業銀行との契約関係も一因であることは間違いありません。

関連するキーワード

関連するまとめ

ヒンターカイフェック事件の真相~犯人や概要まとめ

ヒンターカイフェック事件とは、1922年にドイツのバイエルンで起きた6人の殺害事件です。未だ犯人の特定には至…

Mrsjunko / 4400 view

ブラックマンデーの原因と影響!日本の日経平均株価・為替・チャートなどわかりやすく解説

ブラックマンデーをわかりやすく解説していきます。ブラックマンデーはいつ何年に起きたのか、原因・影響は何だった…

cyann3 / 1227 view

エド・ゲインの本物の作品の写真!遺体で家具や衣服を制作・事件も総まとめ

1900年代半ばにアメリカ合衆国に実在した「プレイン・フィールドの屠殺解体職人」との異名をとる猟奇殺人鬼でる…

passpi / 23479 view

ノルウェー連続テロ事件の死者と犯人の動機は?生存者が語るウトヤ島銃乱射と映画・犯人の…

2011年7月22日に発生した、単独犯によるノルウェー庁舎爆破事件とウトヤ島銃乱射事件という2つの事件からな…

passpi / 1943 view

アステカの祭壇の心霊写真や場所!生贄や心臓・アンビリバボー・映画の話題まとめ

有名な心霊現象である「アステカの祭壇」について、場所と写真についての話題が挙がっています。また、生贄の心臓、…

cyann3 / 2593 view

9.11アメリカ同時多発テロ事件の真実!陰謀と犯人・日本人生存者や犠牲者も総まとめ

9.11同時多発テロ事件とは、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起こったイスラム過激派のテロ組織であるア…

Mrsjunko / 2602 view

ピナトゥボ山の現在!火山の噴火・影響と日本の冷夏などその後を総まとめ

1991年にフィリピンのピナトゥボ山で起こった大噴火。その影響はすさまじく、フィリピンだけでなく、日本も「冷…

aquanaut369 / 944 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ルーシー・ブラックマンさん事件の真実!犯人の織原城二は在日?場所は洞窟やマンション・…

日本で起こった「ルーシー・ブラックマンさん事件」について、その真実が注目を集めています。殺害場所は洞窟・マン…

cyann3 / 5158 view

ベイルート港爆発事故と現在!威力と画像や動画・原因・韓国との関係とその後もまとめ

レバノンで起こったベイルート港爆発事故とその後・現在について気になる方が多いようです。また、ベイルート港爆発…

cyann3 / 1381 view

ラブロフ外相はプーチン大統領の犬?2人の仲や関係まとめ

ロシアのラブロフ外相と言えば、プーチン政権の下、実に18年以上に渡ってロシアの外務大臣を務め、“プーチンの犬…

passpi / 939 view

ゾディアック事件の真相~犯人や暗号・関連映画まとめ

ゾディアック事件とは1968年から1974年にかけて、アメリカで発生した連続殺人事件です。犯行後に犯人から電…

Mrsjunko / 4092 view

イルミナティカードがトランプ暗殺を予言?その真相まとめ

都市伝説業界では有名な「イルミナティカード」は「未来を予言している」と言われていて、そのカードに描かれた絵に…

aquanaut369 / 969 view

メラニズムの動物!犬・猫・ライオン・虎・馬の画像/黒くなる原因や確率もまとめ

アルビノの逆とされるメラニズムについて、「メラニズムの動物とは?」として注目を集めています。また、メラニズム…

cyann3 / 2670 view

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 6684 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク