ルクソール事件の概要

遺跡デイル・エル・バハリで起きたテロ事件

遺跡デイル・エル・バハリで起きたテロ事件

1997年11月17日に起きたルクソール事件は、エジプトのルクソール近郊にある有名な遺跡デイル・エル・バハリで起きたイスラム原理主義者によるテロ事件です。

6人の襲撃者が観光客62人とエジプト人の管理人4人を虐殺

6人の襲撃者が観光客62人とエジプト人の管理人4人を虐殺

目撃証言によりますと、治安部隊に変装した6人の襲撃者が、主に観光客(スイス人36人、日本人9~10人、英国人6人、ドイツ人4人、フランス人1人、コロンビア人1人を含む)62人と、神殿に入っていたエジプト人4人を殺害。

テロリストグループは全員死亡

テロリストグループは全員死亡

寺院を出る際、テロリストグループは検問所で武装した警備員に出くわし、襲撃者の1人が負傷し、他の者は山中に逃走しました。逃走者たちの遺体は洞窟で発見されましたが、その死因については集団自殺で即死したものと思われます。

目的は観光経済に打撃を与えること

目的は観光経済に打撃を与えること

エジプトのイスラム主義組織である、ガマーア・イスラーミーヤによるものとされるこの攻撃は、政府の弾圧を誘発し、現政権反対派への民衆の支持を高めるために、同国の観光経済に損害を与えることを意図していました。

エジプトの観光産業は大きな打撃を受けましたが、テロの効果はテロリストに対する世論の注意を喚起させてしまいます。武装勢力の分裂にもつながり、ガマーア・イスラーミーヤは後に停戦を宣言しました。

ルクソール事件の場所はエジプトのルクソール市

エジプト・ルクソール近郊のデリ・エル・バハリの遺跡

エジプト・ルクソール近郊のデリ・エル・バハリの遺跡

ルクソール事件が起こった場所は、エジプト・ルクソール近郊のデリ・エル・バハリの遺跡内のハトシェプスト女王葬祭殿です。

葬儀神殿の1つハトシェプスト女王葬祭殿

葬儀神殿の1つハトシェプスト女王葬祭殿

上エジプト、テーベの山の壁にあり、寺院と墓で構成される葬儀複合施設で、ルクソール市とカルナック神殿に面したナイル川の左岸、王家の谷のやや南、岩を背に位置しています。

ハトシェプスト女王葬祭殿は、一連のテラスの頂上に位置し、庭園に囲まれた長いスロープで繋がっています。

ルクソール事件の詳細

1997年11月17日200人あまりの観光客がハトシェプスト神殿に訪れる

1997年11月17日200人あまりの観光客がハトシェプスト神殿に訪れる

1997年11月17日の朝、人気の観光地であるハトシェプスト神殿に向かう観光客たちの姿がありました。まさか、この日が最後の人生になるとは思いもよらなかったでしょう。

テロ集団が観光客を狙う準備を

テロ集団が観光客を狙う準備を

一方で、その観光客たちを狙うイスラム原理主義者たちのテロ集団が、カラシニコフ(AK-47、自動小銃)や鋭いナイフを携えて、テロの準備を進めていました。

200人の観光客の中には日本人もいた

200人の観光客の中には日本人もいた

ファラオが紀元前1503年から1482年にかけて建設した壮大なデイル・エル・バハリ神殿群の前には、いつものように観光客を満載したエアコン付きのバスが停まっていました。

襲撃直前の9時には、スイスの旅行会社クオニとイムホルツの2社を含むさまざまなツアーグループ200人余りがすでに神殿の第2テラスに押し寄せていたのです。その中には日本人観光客も含まれていました。

最初の銃撃は入口エリアで起こった

最初の銃撃は入口エリアで起こった

最初の銃声が階下の入り口エリアで鳴り響いたとき、上の階にいた人たちは、襲撃があったとはほとんどわからず、添乗員たちは観光客を落ち着かせてツアーを続けたということ。

寺院を警備していた警察官3人を射殺

寺院を警備していた警察官3人を射殺

しかし、階下ではすでに人々がパニックに陥り、命からがら逃げていました。エジプト治安警察の制服を着た4人の若者が、拳銃を武器にテラス寺院を警備していた警察官3人を射殺。すでに敷地内で待機していた他の武装した男2人も彼らに加わりました。

袋小路に追い詰める罠にかかる

袋小路に追い詰める罠にかかる

テロリストたちは2つのグループに分かれて、第2テラスへのスロープを急上昇し、すぐにそこにいる観光客に向けて発砲を始めました。人々は逃げ場のない袋小路に追い詰められました。後にそれが寺院の構造を熟知した者の致命的な罠であることが判明しました。

逃げ場はなく、隠れる場所もほとんどなく、追い詰められた観光客たちは柱の後ろに隠れて避難しましたが、すぐに見つかることはわかっていました。

死んだふりや殺された人の中に隠れて難を逃れる

死んだふりや殺された人の中に隠れて難を逃れる

そこで、冷静な人は死んだふりをするか、すでに負傷したり殺されたりした人々の中に隠れて難を逃れる手立てを取り、生き延びたのです。また、スイスのツアーグループの1人は、脇の礼拝堂にいたため、犯人に見つからず虐殺を逃れました。テロリストたちは非常に冷静で残酷な仕事を遂行したと、数人の生存者が異口同音に証言していました。

虐殺は20分から45分も続いた

虐殺は20分から45分も続いた

その惨事の正確な時間は誰も言えませんでしたが、虐殺は20分から45分も続いたということ。拷問された者もおり、生存者の記憶によればそれは永遠に続いたように感じたそうです。

助けてくれる人はなく、警察も兵士もいませんでした。犯人たちは2人ずつのグループに分かれていて、一人は発砲し、もう一人は弾倉を交換する役割を担っていたそうです。

女性・子供をいとわず無差別に虐殺

女性・子供をいとわず無差別に虐殺

テロリストたちは男性、女性、子供をいとわず無差別に虐殺しました。目撃者の中には、少女が命乞いをしていてもかまわずに銃撃するのを目撃しました。

日本人旅行者の切り裂かれた腹部に自白の手紙を入れる

日本人旅行者の切り裂かれた腹部に自白の手紙を入れる

そして被害者の一部を切断。特に女性が対象だったということ。さらに、テロリストらは、死亡した日本人旅行者の切り裂かれた腹部に、自白の手紙を入れるという行為をやったのです。

事が終わるとバスやタクシーで逃走

事が終わるとバスやタクシーで逃走

その後テロリストたちは、治安部隊や警察を警戒したのか、神殿を去っていきました。しかし今度は、駐車場でタクシーを占領し、その直後に待機していた観光バスを占領して、運転手に「王家の谷」に向けて走らせるよう強制したということです。

犯人の1人は射殺され残り5人は集団自殺

犯人の1人は射殺され残り5人は集団自殺

王家の谷に向かう途中にも、テロリストたちは殺人を犯します。しかし途中で警察の非常線にかかり、徒歩で山中に逃走を続けました。そのうちの1人は警察の銃弾で負傷し、警察はそのまま彼を射殺しました。

少なくともエジプト当局の説明によれば、残りの5人は洞窟に立てこもり、そこで集団自殺したという。

ルクソール事件犯人の動機はイスラム原理主義「ガマア・イスラム」によるテロ

犯人は地下原理主義運動「ガマア・イスラム」のメンバー

犯人は地下原理主義運動「ガマア・イスラム」のメンバー

ルクソール事件の犯人がイスラム主義者であることは、犯人らが自らを「地下原理主義運動『ガマア・イスラム』(イスラム協会)のメンバーであると」記述した、日本人犠牲者の体内に入れた自白書によって証明されました。

指導者は盲目の聖職者オマル・アブド・アルラフマン

指導者は盲目の聖職者オマル・アブド・アルラフマン

ガマア・イスラムは1970年代に設立され、ムスリム同胞団の政治思想を採用しました。その精神的指導者は、米国でのテロ攻撃により終身刑で服役中の盲目の聖職者オマル・アブド・アルラフマンです。

その目的はカイロ政府を打倒することでした。シャリーアに準拠したイスラム政権がそれに代わるべきであると主張しています。

関連するキーワード

関連するまとめ

イルミナティカードがトランプ暗殺を予言?その真相まとめ

都市伝説業界では有名な「イルミナティカード」は「未来を予言している」と言われていて、そのカードに描かれた絵に…

aquanaut369 / 1432 view

フィレンツェの怪物事件の真相と犯人まとめ~犯行内容などが概要も解説

イタリアのフィレンツェとその周辺で、1970年代から80年代にかけて発生したカップル連続殺人事件「フィレンツ…

Mrsjunko / 3162 view

アン王女の旦那と子供(息子/娘)・スキャンダルや事件まとめ

イギリスのエリザベス女王の娘として知られているアン王女。今回はアン王女の結婚した旦那や子供(息子・娘)、孫、…

aquanaut369 / 1067 view

サラスターン事件の詳細!犯人やその後・現在まで解説

ある日、突然19歳の女性が失踪したことから始まった「サラスターン事件」。アメリカでは「遺体なき殺人」とも呼ば…

aquanaut369 / 1273 view

ロシアのクリミア侵攻はなぜ?理由と期間・死者・制裁と影響・海外の反応もわかりやすく解…

過去にウクライナのクリミア半島で起きたロシアの軍事侵攻。この出来事は世界中に大きな影響を与えましたが、クリミ…

aquanaut369 / 1039 view

モーターサイクル男の顔が怖い!合成で嘘の噂・画像と動画・現在もまとめ【検索してはいけ…

検索してはいけない言葉「モーターサイクル男(モタ男)」について、怖い顔写真の画像・動画の話題が出ています。ま…

cyann3 / 1582 view

ペトロパブロフスク羆事件は嘘?本当?詳細やクマの大きさなど総まとめ

世界3大獣害事件とされる「ペトロパブロフスク羆(ひぐま)事件」について、その詳細が気になる方が多いようです。…

cyann3 / 20836 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

カニバリズムの事件や現在!病気の民族・中国/日本/世界の歴史・有名人や映画など総まと…

カニバリズム(食人)という言葉には嫌悪感を覚えるのではないでしょうか。そんなカニバリズムの世界各国の歴史や有…

Mrsjunko / 907 view

舌盗んだはベネズエラの事件!被害者と犯人・動画を見る方法とその後現在まとめ【検索して…

検索してはいけない言葉「舌盗んだ」ははベネズエラで起こった事件で、その被害者と犯人、画像と動画を見る方法、そ…

cyann3 / 1781 view

リンカーン大統領暗殺事件の真相~犯人とその後も総まとめ

アメリカ合衆国第16代大統領であるエイブラハム・リンカーン大統領は、1865年4月14日に暗殺されました。今…

Mrsjunko / 1326 view

ナイアガラの滝の日本人/徳升彩乃さん転落死亡事故の詳細!場所や行き方も総まとめ

2011年8月14日にカナダで起こった「ナイアガラの滝転落事故」で死亡した、日本人女性の徳升彩乃さんのことが…

Mrsjunko / 2007 view

ジョージフロイドは何をした?犯罪歴(薬物/偽札)や死因・警官の逮捕のいきさつを総まと…

警官の行き過ぎた暴力によって死去したジョージフロイドは何をしたのか?今回はジョージフロイドが亡くなった事件に…

aquanaut369 / 895 view

ピナトゥボ山の現在!火山の噴火・影響と日本の冷夏などその後を総まとめ

1991年にフィリピンのピナトゥボ山で起こった大噴火。その影響はすさまじく、フィリピンだけでなく、日本も「冷…

aquanaut369 / 1265 view

モンキーシュガーがヤバい理由!本物の画像や動画・見る方法と知恵袋サイト・いらすとや情…

モンキーシュガー(検索してはいけない言葉)について、ヤバい理由が注目を集めています。また、モンキーシュガーの…

cyann3 / 1006 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク