オズワルドのプロフィールと生い立ち

プロフィール

プロフィール

本名:リー・ハーヴェイ・オズワルド
生年月日:1939年10月18日
没年月日:1963年11月24日(24歳没)
出身地:アメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ
没地:アメリカ合衆国テキサス州ダラス

オズワルドの幼少期から海兵隊時代まで

小さい頃はスパイ映画が好きでロシアの新聞を読んでいた

小さい頃はスパイ映画が好きでロシアの新聞を読んでいた

オズワルドの父親は、オズワルドが生まれる前に亡くなっており、叔父のチャールズ・マレットから、思春期まで生活の面倒を見てもらいました。マレットはカルロス・マルセロというマフィアのボスの組織に入っていました。

小さい頃からスパイドラマが好きで、兄のロバートが海兵隊に入隊した時、オズワルドは空軍専門の教育を受ける民間航空パトロールに参加していたそうです。また、この頃からロシアの新聞を読み始めていたということ。

17歳で海兵隊に入隊するも同僚殺害で軍法会議に

17歳で海兵隊に入隊するも同僚殺害で軍法会議に

17歳になると海兵隊に入隊し、ロシア語を専門的に勉強しています。1957年から翌58年にかけて、厚木基地(海軍厚木航空施設)に勤務し、航空管制官を務めました。

この時に同僚殺害の容疑をかけられ、更に銃の不法所持と発射の罪状で軍法会議に掛けられて有罪となっています。

オズワルドのソ連亡命時代

海兵隊除隊後のソ連旅行でそのまま亡命

海兵隊除隊後のソ連旅行でそのまま亡命

オズワルドは厚木基地勤務時代にロシア語を学んでいたことから、1959年の海兵隊除隊後、ソ連に旅行しました。そして、そのまま亡命したのです。当時オズワルドはアメリカのスパイとして疑われていたようで、追放を逃れるために自殺を試みたという話もあります。

ロッキードU2の機密情報をソ連に提供した?

ロッキードU2の機密情報をソ連に提供した?

ソ連への亡命時にオズワルドは、厚木基地勤務時代に得た「ロッキードU2偵察機」の機密情報をソ連当局に提供したことで、1960年5月1日にソ連上空を偵察飛行していたロッキードU2偵察機が撃墜される「U-2撃墜事件」が起きたのではないかと言われているようです。

ソ連の移住許可が下り結婚して2人の娘が生まれた

ソ連の移住許可が下り結婚して2人の娘が生まれた

その後、ソ連当局はオズワルドのミンスクでの移住を許可しています。オズワルドはテレビ工場に勤務し、ソ連の女性であるマリーナ・ニコラーイェフナ・プルサコワさんと結婚。

1962年2月15日、2人の間にジューン・リー・オズワルドが生まれ、1963年10月20日にオードリー・マリーナ・レイチェル・オズワルドが生まれます。

諜報活動のためにマルクス主義を装っていた説もある

諜報活動のためにマルクス主義を装っていた説もある

オズワルドはアメリカ大使館に出向き、パスポートを返却してアメリカ市民権を放棄しようと試みたことがあります。その行為に対して大使館側は、オズワルドを説得し帰したということ。

ソ連側ではこの事を受けて、マルクス主義を装って国家機密を盗み出すためのCIAの工作ではないかと疑いがかけられていました。また諜報活動のために共産主義を装っていたとも言われていたそうです。

オズワルドのアメリカ帰国以降

1962年にアメリカに帰国

1962年にアメリカに帰国

オズワルドは1962年、妻のマリーナさんと娘たちを連れてアメリカに帰国することに。しかし入国許可が下りるまで半年ほどかかりました。その後アメリカ当局は、軍事機密を暴露した亡命者であるオズワルドの入国を許可しました。

米軍側はこれを受けて、コールサイン(呼出符号)や周波数等を大金をかけて変更し、機密事項漏洩対策をとっていたようです。

カルカノのカービン銃を偽名で購入

カルカノのカービン銃を偽名で購入

帰国したオズワルドの家族は、ダラス近くのフォートワースに居住し、当初はコーヒー会社で働いていました。そして1963年からは、叔父のダッツ・マレットが経営する競馬賭博で掛け金の徴収人として務め、カルカノのカービン銃を、A・ハイデルという偽名で購入。

反共産主義者のエドウィン・ウォーカー将軍を狙撃

反共産主義者のエドウィン・ウォーカー将軍を狙撃

その1か月後、反共産主義者として知られていたエドウィン・ウォーカー将軍を狙撃したと言われています。その後ニューオーリンズに移住し、フィデル・カストロの支援団体である「キューバ公平委員会」に参加し、ビラ配布をして逮捕されました。

1963年9月27日にはメキシコに赴いて、KGBの工作員とされるソ連大使館員と面会しています。また、この頃には結婚生活は殆ど破綻していたようで、妻のマリーナとは別居状態でした。

ケネディ大統領暗殺事件の概要

1963年10月にテキサス州ダラスの教科書倉庫に就職

1963年10月にテキサス州ダラスの教科書倉庫に就職

1963年10月、オズワルドはテキサス教科書倉庫に就職し、その1か月後の11月22日に、ケネディ大統領が遊説のためにダラスに訪れていました。

この日は晴天のためオープンリムジンでのパレードでしたが、警護スタッフは防弾のためにカバーを装着することを強く薦めていたということ。しかしケネディ大統領は国民へのイメージを重視してバブルトップを外してのパレードとなったのでした。

暗殺は1963年11月22日午後12時30分頃

暗殺は1963年11月22日午後12時30分頃

ケネディ大統領暗殺事件の調査委員会であるウォーレン委員会によりますと、1963年11月22日午後12時30分頃に、パレードの車列がディーリー・プラザに進入し、教科書倉庫ビルの前を左折しました。

そのタイミングでオズワルドが教科書倉庫ビル6階の窓からケネディ大統領を狙撃し暗殺に至ったと報告されているそうです。

3発発射され1発が大統領の頭部に

3発発射され1発が大統領の頭部に

大統領に向けて発射された3発の銃弾は、全てテキサス教科書倉庫ビルの6階から発射されたもので、1発は大統領の背中から胸へ抜け、前方に座っていたコナリー知事の胸や手首、左の太ももを傷つけ、もう1発は大統領の頭部に命中して致命傷となり、残りの1発は命中しなかったと発表されていました。

テキサス劇場の前でオズワルドを逮捕

テキサス劇場の前でオズワルドを逮捕

事件が発生した直後には、オズワルドが教科書倉庫ビルの2階食堂で昼食を摂っているところをビルの従業員に目撃されていました。更に、巡回中の警察官の確認もとれていたということ。

ビルの管理人に警察官がオズワルドのことを訪ね、管理人は「ここで働いている」と答えました。その後、オズワルドがビルの外に出た時に、職務質問をしようとした警察官のJ・D・ティピットさんを殺害しました。そして、オズワルドはテキサス劇場の前で、警察官殺害容疑で逮捕されました。

オズワルドの逮捕と銃撃について

暗殺から逮捕まで

オズワルドの逃走

オズワルドの逃走

ダラス市警とFBIは直ちに周りのビルを封鎖し、不審尋問を始めました。そして、教科書倉庫ビルに第一の容疑がかかり、数人の警官がビル内を捜索。その時2階の食堂にはまだオズワルドがいました。

警官はそのまま6階に上がり、段ボールが積んである部屋からライフル銃1丁と弾丸の薬莢3個を発見しました。すぐに従業員の点検が行われ、オズワルドだけがいないことに気づいたのでした。

テキサス劇場に慌てて入り逮捕

テキサス劇場に慌てて入り逮捕

オズワルドは12時33分にビルを出てバスに乗りますが、事件の混乱でバスが進まず、タクシーに乗り換えてアパートに着いたのが13時頃でした。急いで着替えをすると、そのままテキサス劇場にチケットを買わずに入っていきます。

その逃走経路の途中で職務質問に遭いJ・D・ティピット巡査を殺害しています。チケットも買わずに慌てて館内に入ったのを不審に思った切符売り場の女性が通報し、警官に逮捕されました。

逮捕直後から銃撃まで

逮捕後「嵌められた」「身代わりだ」と主張

逮捕後「嵌められた」「身代わりだ」と主張

オズワルドは逮捕されるとすぐ、記者団の前で「過去の亡命につけこまれた」「自分は嵌められた」「身代わりだ」と答え、弁護士が付かないことを不服としていました。

オズワルド逮捕時の写真では顔に複数の傷がありますが、この傷は取り調べで警官に殴られたと主張していました。11月22日13時40分に逮捕されてから深夜までオズワルドの取り調べは休みなく続いていたと言います。

そして、23時30分に大統領暗殺容疑で告発されました。しかしオズワルドはケネディ大統領殺害もJ・D・ティピット巡査殺害も強固に否定していました。

関連するキーワード

関連するまとめ

ブラック・ダリア事件の真相~犯人や関連映画まとめ

1947年にアメリカで起きた殺人事件「ブラック・ダリア事件」は、当時22歳のエリザベス・ショートという女性が…

Mrsjunko / 166 view

ケネディ大統領暗殺の真相!夫人が脳みそを拾った?犯人も総まとめ

パレード中に暗殺されたことで知られているケネディ大統領。死の真相は未だハッキリしておらず、その真犯人も謎のま…

aquanaut369 / 65 view

チェルノブイリ原発事故と福島原発事故を比較!日本への影響まとめ

ソ連(現ウクライナ)で起こったチェルノブイリ原発事故について、福島原発事故との比較が話題になっています。また…

cyann3 / 51 view

【なぜ】ウォーターゲート事件をわかりやすく説明!基の映画も総まとめ

1972年に始まったアメリカの政治スキャンダル「ウォーターゲート事件」は、盗聴に始まりニクソン大統領の辞任ま…

Mrsjunko / 189 view

ゾディアック事件の真相~犯人や暗号・関連映画まとめ

ゾディアック事件とは1968年から1974年にかけて、アメリカで発生した連続殺人事件です。犯行後に犯人から電…

Mrsjunko / 79 view

ダルマ伝説級とは?事件の犯人と被害者・画像や動画・現在まとめ

検索してはいけない言葉「ダルマ伝説級」について、事件が起こった国と犯人、被害者、当時の画像・動画や現在など話…

cyann3 / 306 view

国別の女性平均身長ランキングTOP90【最新決定版】

昔に比べて世界的にも女性の身長は伸び続けており、今や男性よりも大きな女性は珍しくはありません。ではいったいど…

maru._.wanwan / 79 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

メキシコカッターの動画がヤバい!被害者と犯人と画像・見る方法・その後や現在まとめ【検…

メキシコカッター(検索してはいけない言葉)について、そのヤバさが注目を集めています。また、メキシコカッターの…

cyann3 / 122 view

ラブロフ外相はプーチン大統領の犬?2人の仲や関係まとめ

ロシアのラブロフ外相と言えば、プーチン政権の下、実に18年以上に渡ってロシアの外務大臣を務め、“プーチンの犬…

passpi / 54 view

タリバンの資金源とは?支援国は意外にも多かった

2021年8月からアフガニスタンで政権を握っているタリバン。彼らはなぜ長年に渡って活動を続けられ、今後どのよ…

aquanaut369 / 36 view

ブラックマンデーの原因と影響!日本の日経平均株価・為替・チャートなどわかりやすく解説

ブラックマンデーをわかりやすく解説していきます。ブラックマンデーはいつ何年に起きたのか、原因・影響は何だった…

cyann3 / 82 view

グエンの名前・苗字がベトナム人に多い理由!その割合や歴史・漢字もまとめ

ベトナム人の名前について、「グエン」という苗字が1番多いと言われています。また、ベトナム人のグエンの苗字の割…

cyann3 / 55 view

マクロン大統領とプーチン大統領の仲や関係!絶望し悲壮感漂う画像の真相も紹介

ロシアによるウクライナ侵攻により世界的に孤立を深めているプーチン大統領と、開戦前から頻繁に電話会議を行ってい…

passpi / 80 view

エボラ出血熱の現在!日本での最新情報・基礎知識まとめ

エボラ出血熱はアフリカが発生源と言われ、初期の段階では助かる確率が高いですが、治療が遅れると50%から90%…

Mrsjunko / 60 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);