ディーディー・ブランチャード殺害事件の概要

ディーディーの遺体発見

ディーディーの遺体発見

2015年6月14日、アメリカ合衆国ミズーリ州グリーン郡の郡保安官代理が、ディーディー・ブランチャード(別名クローディンまたはクローディネア・ピトレ)が、スプリングフィールド郊外の自宅寝室で血まみれになって死んでいるところを発見しました。

遺体は数日前に殺されたものと見られており、血の海の中でうつ伏せに倒れていたということ。

ディーディーには難病の娘ジプシーがいた

ディーディーには難病の娘ジプシーがいた

ディーディー・ブランチャードには娘のジプシー・ローズがいて、早産のための知的障害や白血病、喘息 、筋ジストロフィーといった様々な慢性疾患に苦しめられており、近隣住民やフェイスブックなどで同情を集め、支援の輪が広がっていたのです。

事件が発覚する前に近隣住民が、ディーディーのフェイスブックを見て危機感を感じ、警察に通報して事件が発覚しました。しかし、警察が駆け付けた時に病気の娘ジプシーの姿はなく、使用している車椅子と薬が残されたままになっていました。

ジプシーと恋人のゴデジョンを発見

ジプシーと恋人のゴデジョンを発見

そのため、誘拐されたものと推測した警察は捜索を開始。翌日、ジプシーがSNSで知り合った恋人のニコラス・ゴデジョンと、ウィスコンシン州にいたところを発見しました。

ジプシーは障害者でも病気でもなかった!

ジプシーは障害者でも病気でもなかった!

写真でもおわかりのように、発見された時のジプシー・ローズの様子が、車椅子なしでもしっかり歩けていたことや実際には大人であったこと(当時24歳)、母親のディーディー・ブランチャードが主張していた身体的・精神的な疾患に苦しんでいないことが公表されると、それまでディーディーの言葉を信じていた国民は、ジプシーに対しての同情やディーディーへの怒りに変わっていきました。

ディーディーはジプシーの病気を捏造していた

ディーディーはジプシーの病気を捏造していた

その後、ジプシー・ローズを診察した医師たちは、ディーディー・ブランチャーズが主張するような障害をジプシーから見つけることができなかったことが判明。

医師の一人は、ディーディーがジプシーの病気を捏造し、周りから注目を集める精神疾患の「代理ミュンヒハウゼン症候群」ではないかという疑いを見せていたのです。

ディーディーはジプシーを虐待していた

ディーディーはジプシーを虐待していた

ディーディーは、以前にも継母に毒を盛ったと家族から疑われていたため、名前を変えていた事実がありました。

ジプシーの実年齢を隠して子供のように振舞うことを強制し、不必要な手術や投薬治療を受けさせて、虐待していました。

ディーディー・ブランチャード殺害事件の背景

ディーディー・ブランチャードが娘のジプシー・ローズに殺害されるに至る背景や経緯を辿っていきます。ジプシーがどのような心的虐待や身体的虐待を受けていたのでしょうか。あまりにも想像を絶するもので、後に制作された映画やテレビ番組がありましたが、日本では観るに耐えない内容として公開や放送はされませんでした。

ジプシーの幼い頃

ディーディーは幼い頃窃盗を働いた

ディーディーは幼い頃窃盗を働いた

ディーディー・ブランチャードは、ルイジアナ州チャックベイ ガルフコーストの近くで生まれました。出生名はクローディン・ピトレで5人の兄弟姉妹がいます。

幼少期は思い通りにいかないことがあると窃盗を働くことがありました。その後看護助手としての職に就き、1997年には母親に食事を与えず死なせた疑いがもたれていました。

24歳でジプシーを出産

24歳でジプシーを出産

24歳の時に6歳年下のロッド・ブランチャードと結婚し、ジプシーを出産します。しかし、ジプシーが生まれる直前にロッドは、「この結婚は間違いだった」として離婚します。

離婚後ディーディーは、家族の元に帰りジプシーを育てることに。

7~8歳頃から歩行器に縛り付ける

7~8歳頃から歩行器に縛り付ける

ジプシーが生後3か月の頃、ディーディーは我が子が原因不明の染色体異常であると考え始めます。

8歳の頃にジプシーはバイクに乗って小さな事故に遭います。その時は膝に擦り傷程度の怪我を負っただけでしたが、ディーディーは怪我の治療には手術が必要だと主張。

この頃から自分の力で歩けるジプシーを歩行器に縛り付けることとなっています。

義母の食事に除草剤を入れる

義母の食事に除草剤を入れる

ディーディー・ブランチャードはジプシーが非常に重い病気を抱えているという理由で、幼稚園か小学校1、2年の頃から自宅学習に切り替えました。

当時、実家に住んでいたディーディーとジプシーでしたが、継母の食事に除草剤のラウンドアップを入れ、慢性疾患を誘発させたと後に主張していました。

ジプシーや継母の健康を害しているのを疑われて家を出る

ジプシーや継母の健康を害しているのを疑われて家を出る

その頃に父親や継母とディーディーの間で、ジプシーの治療について意見が対立するようになり、ジプシーや継母の健康問題はディーディーにあるのではないかと疑念を持たれるようになります。

その後ディーディーはジプシーを連れてルイジアナ州スライデルに移住します。すると、義母の健康状態も回復したということ。

主張する筋ジストロフィーの兆候はなかった

主張する筋ジストロフィーの兆候はなかった

スライデルではディーディー・ブランチャードが受給している生活保護と、離婚したロッドからの養育費で生活費を賄っていましたが、その殆どはジプシーの病院通いで費やされました。

しかし、ディーディーがジプシーは筋ジストロフィーだと主張するような兆候はどこの病院でも見つからなかったということ。また、ジプシーが数か月ごとに発作を起こすと医師に告げたため、医師は抗てんかん役を処方。

数回に渡る手術と救急救命室通い

数回に渡る手術と救急救命室通い

更にはジプシーに数回に渡る手術を行わせ、自らも疾患があるためジプシーを伴って頻繁に救急救命室に連れて行きました。ジプシーのチューブに繋がれた姿は、残酷というより言葉が出ないのではないでしょうか。

2005年8月のハリケーン・カトリーナで、ディーディー親子が住んでいるアパートが壊されたため、翌月故郷のミズーリ州に移転します。その時にディーディーはジプシーの出生証明書がハリケーンの洪水で流されてしまい失ったと語っていました。ディーディーにとっては幸いの出来事だったと言えます。

思春期のジプシー

ミズーリ州ではマスコミでも取り上げられ有名に

ミズーリ州ではマスコミでも取り上げられ有名に

ミズーリ州に移転したディーディー・ブランチャードとジプシー・ローズは、ハリケーンの被害で住居を移らざるを得なくなった重度の障害者を持つ母親の物語と取りざたされ、地元のマスコミでも取り上げられ有名になりました。

ディーディーに支援の輪が広がる

ディーディーに支援の輪が広がる

ロナルド・マクドナルド・ハウスというチャリティー企業やメイク・ア・ウィッシュなどのボランティア団体からも支援を受けるようになり、ディーディーの元には多額の支援金や住宅、ディズニーランドの無料招待券などが届いたのでした。

父親のロッドにも2人の生活を隠していた

父親のロッドにも2人の生活を隠していた

ジプシーの父親ロッドは、ジプシーの18歳の誕生日にお祝いの電話をかけた際、ディーディーに「ジプシーは自分が14歳だと思っているので困惑するから年齢は言わないで」と口止めされたことを後に語っていました。

また、ロッドと再婚相手はミズーリ州のディーディーたちの自宅を訪問しようと何度か試みますが、様々な理由で予定を変更されたそうです。

父親のロッドを周りに悪く印象付けていた

父親のロッドを周りに悪く印象付けていた

ディーディー・ブランチャードは周囲に、ロッドのことを「ジプシーの父親はアルコール中毒で娘の健康問題にも協力してくれず、養育費も全く送ってくれない」と嘘を語っていたようです。

髪を剃り不要な治療で歯が抜ける

髪を剃り不要な治療で歯が抜ける

そんな中、ディーディーはジプシーをより病人らしく見せようと、化学療法を施した患者によく見られる脱毛に似せるため、定期的に髪の毛を剃って坊主にしていました。

またジプシーの歯はよだれ抑制のため、唾液腺をボトックス治療で完全に摘出し、唾液腺の欠損と抗発作薬の副作用のため、前歯の大部分が虫歯となり抜けてしまいました。

しかしよだれは、ジプシーを医者に診せる前に、ディーディーが表面麻酔薬を使用してわざとよだれを出させていたと後にジプシーが主張しています。

関連するまとめ

ロスチャイルド家の資産!家系図や当主・日本のデヴィ夫人との関係まとめ

ロスチャイルド家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロスチャイルド家の家系図や当主、日本のデヴ…

cyann3 / 3317 view

海外・世界の未解決事件20選!衝撃順にランキング【最新版】

日本でも多くの未解決事件があると思いますが、海外にも同様に未解決事件は多数存在します。今回は海外の未解決事件…

aquanaut369 / 9221 view

ヒンターカイフェック事件の真相~犯人や概要まとめ

ヒンターカイフェック事件とは、1922年にドイツのバイエルンで起きた6人の殺害事件です。未だ犯人の特定には至…

Mrsjunko / 6081 view

【なぜ】ウォーターゲート事件をわかりやすく説明!基の映画も総まとめ

1972年に始まったアメリカの政治スキャンダル「ウォーターゲート事件」は、盗聴に始まりニクソン大統領の辞任ま…

Mrsjunko / 1225 view

グエンの名前・苗字がベトナム人に多い理由!その割合や歴史・漢字もまとめ

ベトナム人の名前について、「グエン」という苗字が1番多いと言われています。また、ベトナム人のグエンの苗字の割…

cyann3 / 355 view

マサイ族の身長と視力!ジャンプ力・寿命や食事・その他の生活習慣まとめ

ケニア南部に住む民族・マサイ族について、身長と視力に関する話題が挙がっています。また、ジャンプ力、寿命や食事…

cyann3 / 2784 view

ロックフェラー家の資産!家系図やアメリカ5大財閥・邸宅を売却の話題まとめ

ロックフェラー家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロックフェラー家の家系図やアメリカ5大財閥…

cyann3 / 3466 view

グアム無差別殺傷事件の被害者にバチェラー野原遥!犯人の現在も総まとめ

日本でも大きなニュースとして報道された「グアム無差別殺傷事件」。この事件は計3人の命が奪われ、10人以上の被…

aquanaut369 / 1938 view

ソニー・ビーン一族事件は嘘?実在?洞窟や死刑を逃れた末裔と真相まとめ

ソニー・ビーンとは、15世紀頃にスコットランドに実在したとされる人物です。48人の一族がいて洞窟に住み、人間…

Mrsjunko / 19458 view

アマンダノックスの現在!事件の真相と真犯人・関連映画まとめ【ペルージャ英国人留学生殺…

2007年11月2日に起こった「ペルージャ英国人留学生殺害事件」の犯人とされたアマンダノックスですが、有罪判…

Mrsjunko / 2494 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ペトロパブロフスク羆事件は嘘?本当?詳細やクマの大きさなど総まとめ

世界3大獣害事件とされる「ペトロパブロフスク羆(ひぐま)事件」について、その詳細が気になる方が多いようです。…

cyann3 / 3491 view

黒人アルビノ狩りや人身売買の実態や対策を総まとめ

先天的にメラニンが欠乏する遺伝子の疾患アルビノ。日本にもアルビノの人はいますが、アフリカに生まれた黒人のアル…

aquanaut369 / 2373 view

ジョン・ゲイシーの生い立ち!事件・絵と映画・世界仰天ニュースまとめ

シリアルキラーのジョン・ゲイシーさんについて、その生い立ちが注目を集めています。また、ジョン・ゲイシー事件内…

cyann3 / 2051 view

サミュエル・リトルの生い立ち!事件の動機や被害者の似顔絵・現在の状況まとめ

アメリカの元ボクサーで連続殺人犯のサミュエル・リトルについて、これまでの生い立ちが話題になっています。事件の…

cyann3 / 2024 view

テッド・バンディの生い立ちと娘!事件詳細と実話映画のネタバレまとめ

テッド・バンディとは、1974年から1978年にかけてアメリカの7つの州でおよそ30人の女性を殺害したシリア…

Mrsjunko / 3155 view

ロックフェラー家とロスチャイルド家を比較!関係性と日本との関わりまとめ

ロックフェラー家とロスチャイルド家についての比較に関して注目が集まっています。また、ロックフェラー家とロスチ…

cyann3 / 2391 view

メラニズムの人間は?病気の症状/原因/確率・日本人/外国人/モデルを総まとめ

メラニズムは身体が漆黒で神秘的な姿がカッコイイと話題で、動物では確認されていますが人間にもいるのでしょうか?…

sumichel / 121 view

アステカの祭壇の心霊写真や場所!生贄や心臓・アンビリバボー・映画の話題まとめ

有名な心霊現象である「アステカの祭壇」について、場所と写真についての話題が挙がっています。また、生贄の心臓、…

cyann3 / 1782 view

リンドバーグ愛児誘拐事件の真相~犯人の冤罪説や事件の裏側まとめ

伝説の飛行士チャールズ・リンドバーグの息子が誘拐されるという「リンドバーグ愛児誘拐事件」。その犯人に冤罪の疑…

Mrsjunko / 2175 view

ANTIFAの意味とは?日本や政治家との関係・立憲民主党の発言まとめ

アメリカで話題になっている政治団体・ANTIFA(アンティファ)の意味、また、日本版や政治家との関係、立憲民…

cyann3 / 609 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク