エボラ出血熱とは

1976年に南スーダンで初めて流行

1976年に南スーダンで初めて流行

エボラウィルスとは、フィロウィルス科というひも状やU型など様々な形態をしたウィルスの一種で、80~800nm(ナノメートル)という大きさの急性ウィルス性感染症です。因みに、1ナノメートルは10億分の1メートルということ。

初めてエボラ出血熱が確認されたのは1976年6月で、南スーダンの西エクアトリア州にあるヌザラという町でした。倉庫番の仕事をしていた男性が、39度の熱を発症し、腹部や頭の痛みを訴えて入院。

感染者数284人中151人が死亡

感染者数284人中151人が死亡

その後消化器や鼻から大量の出血をして死に至っています。更に、その男性と接触した2人も同じ症状を訴えて感染し、それらの血や医療器具などを通して感染が拡大しました。

ヌザラでの最終的な被害は、感染者数284人中151人が死亡するという結果に終わりました。

初感染者の出身地のエボラ川が名前の由来

初感染者の出身地のエボラ川が名前の由来

エボラの名前の由来は、最初に感染した男性の出身地付近を流れるザイール(現コンゴ民主共和国)のエボラ川に因んで「エボラ出血熱」と名付けられました。

エボラ出血熱は、予兆もなく突然やってくる細菌で、アフリカだけで10回流行しています。そのため、治療や発見が遅れ、致死率は50%から90%と非常に高い確率で死に至らしめます。

バイオセーフティレベル4の最も危険なウィルス

バイオセーフティレベル4の最も危険なウィルス

他のウィルスと異なるところは、体内に入ると免疫系統をかき乱して生体の防御システムをすり抜けるため、感染を爆発的に拡大させる要因となっています。

また、体内のたんぱく質を分解して強い毒性を放ち、免疫系統を操作して血管を攻撃するため、体内の臓器を融解して機能不全に陥らせ、死に至らしめます。

そのため、WHO(世界保健機構)では、リスクグループをバイオセイフティレベル(BSL)を一番危険なレベル4と指定しています。

エボラ出血熱の流行とは?現在も世界ではまだ終息していない

1976年6月:スーダン ヌザラ、マリディ 感染者284人 死者151人 致死率53%

1976年8月:ザイール(現コンゴ民主共和国) 感染者318人 死者280人 致死率88%

1979年:スーダン ヤンピオ 感染者34人 死者22人 致死率67%

1995年:ザイール キクウィット 感染者315人 死者250人 致死率79%

2000年~2001年:ウガンダとスーダンの国境グル 感染者425人 死者225人 致死率53%

2001年~2002年:ガボン・コンゴ共和国 感染者97人 死者73人 致死率75%

2007年:カサイ・オクシデンタル 感染者264人 死者187人 致死率70%

2008年:コンゴ民主共和国 感染者32人 死者14人 致死率43%

2011年~2012年:ウガンダ 感染者32人 死者22人 致死率69%

2014年2月~:ギニア・シエラレオネ・リベリア・ナイジェリア・セネガル・アメリカなど複数国 感染者28512人 死者11313人 致死率40%

2018年:コンゴ民主共和国 感染者211人 死者135人 致死率64%

コンゴ民主共和国では、2018年8月にアウトブレイク宣言が出されていますが、いまだに終息宣言は出されていません。そして2020年時点で合計「3392例」のエボラ出血熱の症例が報告されています。

この内、「2235例」が死亡し、致死率は「66パーセント」にも到達。現在もアウトブレイクと呼ばれる状態が続いています。

エボラ出血熱に対する日本の措置や現在とは

2014年の西アフリカエボラ出血熱流行の時の対応

2014年の西アフリカエボラ出血熱流行の時の対応

2014年の西アフリカエボラ出血熱流行の時は、日本もWHOアフリカ地域事務局の情報を元に、公にエボラの大流行を発表しました。また、成田国際空港でもエボラの知識を書いたパンフレットを置いたり、サーモグラフィーで入国者の検査を実施したりするなどの対処を行っていました。

また、8月8日に外務省では、ギニア、リベリア、シエラレオネなどの感染者の致死率が高い国に対して、「渡航延期勧告」と「退避検討勧告」を出しています。

感染が終息するまで予断を許さなかった状況でしたが、幸いにも日本国内でのエボラ出血熱の感染はありませんでした。

東京2020に備えての日本の体制とは

東京2020に備えての日本の体制とは

現在世界で流行しているコロナウィルスの影響により、国際オリンピック委員会ではオリンピックの延期の話が出ている状況ですが、どうなるのか不安ですね。

エボラ出血熱に対しての日本での対策は、危険性が高いとされる感染症の発生を抑えるため、海外の研究機関から「エボラ出血熱」「クリミア・コンゴ出血熱」「南米出血熱」「マールブルグ病」「ラッサ熱」の病原体を輸入。

保管することが許されている国内で唯一の施設、村山庁舎に保管するとしていました。しかし、現在はコロナウィルスの感染拡大を防ぐことの方がより重要となっているようですね。

エボラ出血熱の原因

サルを食べる習慣から感染

サルを食べる習慣から感染

エボラ出血熱は主にアフリカ中央部や南アフリカ、西アフリカなどを中心に流行しています。また、フィリピンでも豚とコウモリからエボラウィルスが検出されました。

宿主の特定には未だに至っていませんが、コウモリが有力視されています。エボラ出血熱が流行した現地では、サルの燻製を食べる習慣があるということ。

コウモリが自然宿主

コウモリが自然宿主

サルがエボラウィルスの宿主であるということは言われていませんが、エボラに罹ったサルを食べることで人間が感染したと報道されていました。

ガボンのフランスヴィル国際医学研究センターのチームが、ネイチャー誌に発表した論文では、オオコウモリ科のウマヅラコウモリやフランケオナシケンショウコウモリ、コクビワフルーツコウモリなどがエボラウィルスの自然宿主とされているようです。

空気感染はしない

空気感染はしない

エボラウィルスは空気感染しないため、患者の血液や体液などに直接触れることがなければ感染はないとしています。

エボラ出血熱の症状

関連するキーワード

関連するまとめ

エリザベス・ホームズの現在!生い立ちと父親など家族・経歴や美人画像・小保方晴子との関…

「女版ジョブズ」と呼ばれた実業家のエリザベス・ホームズは詐欺事件での逮捕が話題になりました。今回はエリザベス…

aquanaut369 / 1457 view

ゾディアック事件の真相~犯人や暗号・関連映画まとめ

ゾディアック事件とは1968年から1974年にかけて、アメリカで発生した連続殺人事件です。犯行後に犯人から電…

Mrsjunko / 2477 view

フリッツル事件の子供のその後・現在!概要や犯人の動機なども総まとめ

映画『ルーム』で再現されたフリッツル事件は、エリーザベト・フリッツルさんが父親ヨーゼフから24年間自宅に監禁…

Mrsjunko / 80393 view

中村哲医師の結婚や嫁と子供(息子/娘)の情報!脳腫瘍で亡くなった次男も総まとめ

長年パキスタンやアフガニスタンにて活動していた医師の中村哲。彼が2019年に亡くなったあと、家族も注目を集め…

aquanaut369 / 7643 view

タイヤネックレスの動画がヤバい!南アフリカと見る方法・漫画イラストと知恵袋・生き残り…

検索してはいけない言葉「タイヤネックレス」について、画像や動画がヤバいとして注目を集めています。また、タイヤ…

cyann3 / 740 view

ハワイ山火事の陰謀と犯人!場所や原因と死者・行方不明者・鎮火や現在の様子も総まとめ

ハワイ・マウイ島で2023年8月8日に発生した山火事は、死者100人、行方不明者4人を出す米国での山火事の犠…

Mrsjunko / 546 view

チェルノブイリ原発事故の現在!当時から今までの変化まとめ

ソビエト連邦(現ウクライナ)で起こった「チェルノブイリ原発事故」について、現在の様子が注目を集めています。ま…

cyann3 / 690 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

長木谷麻美の死因と犯人は?事件やカーニバル関連のテレビ出演もまとめ

日本人女性の長木谷麻美さんについて、事件に関する話題が挙がっています。テレビ出演したカーニバル美女の話題と死…

cyann3 / 3576 view

黒崎愛海さん不明事件の犯人と現在!ニコラス・セペダの犯行動機・フランス移送や判決まと…

2016年12月4日、当時筑波大学3年でフランスに留学中の黒崎愛海(なるみ)さんが行方不明になった事件で、元…

Mrsjunko / 2898 view

ティリクム・シャチ事件と現在!死亡事故の原因・動画や映画も総まとめ

アメリカ合衆国フロリダ州オーランドのシーワールドで飼育され、ショーの人気者だったシャチのティリクムが3名の死…

Mrsjunko / 2372 view

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 15185 view

コソボ紛争の原因や現在!NATOと空爆・地雷・画像と動画・映画もわかりやすく解説

ヨーロッパ南東部・バルカン半島で起こったコソボ紛争について、わかりやすく解説してみました。コソボ紛争について…

cyann3 / 4539 view

イラク戦争の原因や死者数!間違いによる侵略でアメリカに責任?日本の対応・株価への影響…

多くの犠牲者を出したイラク戦争。この戦争はアメリカの強硬な姿勢も原因となっていて、最終的には「間違い」による…

aquanaut369 / 1211 view

アビーとブリタニー(結合双生児)の現在!今の年齢と家族・結婚まとめ【ヘンゼル姉妹】

アビーとブリタニーのヘンゼル姉妹について、結合双生児の原因が注目を集めています。また、アビーとブリタニーの年…

cyann3 / 1165 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク