ロックフェラー家とは

ロックフェラー家

ロックフェラー家

ロックフェラー家はアメリカを代表する名門一族であり、世界的に有名な財閥でもあります。

ロックフェラー家とはどのような存在なのか、どのような活動をしているのかをご紹介します。

ドイツ南部のプロテスタントに起源を持つ、アメリカの名門一族

ドイツ南部のプロテスタントに起源を持つ、アメリカの名門一族

ロックフェラー家はドイツ南部のプロテスタントに起源を持っている一族で、民族としてはフランス系アメリカ人(ロクフイユ)になります。

ドイツに移住してロッゲンフェルダーとなり、アメリカに移住してロックフェラーとなったようです。

アメリカだけでなく、世界的にも有名な企業を持つ

アメリカだけでなく、世界的にも有名な企業を持つ

ロックフェラー家はアメリカに留まらず、世界的にも有名な企業を持っています。

IBMやペプシなどはロックフェラー家の系列企業で、GMやシティバンクなども含まれています。

ロックフェラー家の資産

アメリカ屈指の財閥と言われるロックフェラー家

アメリカ屈指の財閥と言われるロックフェラー家

アメリカ屈指の財閥と言われるロックフェラー家ですが、資産はどのようになっているのでしょうか。

ロックフェラーセンターなどを持つ、ロックフェラーの資産をご紹介していきます。

ロックフェラー家の資産は「1000兆円ほど」と言われている

ロックフェラー家の資産は「1000兆円ほど」と言われている

気になるロックフェラー家の資産ですが、「1000兆円ほど」と言われています。

ちなみにロスチャイルド家は1京円と言われており、ロスチャイルド家に続く資産を持つことが明らかです。

個人資産が対象の「世界長者番付」には出てこないロックフェラー家

個人資産が対象の「世界長者番付」には出てこないロックフェラー家

世界的に公表される「世界長者番付」ですが、ロックフェラー家の名前は一切出てきません。

これは個人資産が対象となるためであり、ロックフェラー家はそれ以上の資産を持っていることが分かっています。

ロックフェラー家の家系図

ロックフェラー家の家系図

ロックフェラー家の家系図

ロックフェラー家の家系図としては、こちらの画像のものが出てきています。

ジョン・ロックフェラーから始まり、ジェイ・ロックフェラーさんやデイビット・ロックフェラーさんに続きます。

ロックフェラー家の家系図(別.ver)

ロックフェラー家の家系図(別.ver)

別のロックフェラー家の家系図としては、縦にわかりやすい画像も存在しています。

こちらもジョン・ロックフェラーから始まり、ジェイ・ロックフェラーさんへと続いています。

有名なデイビット・ロックフェラーさんはジョン・ロックフェラー3世の5男にあたる方だということが判明しています。

また、ジェイ・ロックフェラーさんは小沢一郎さんと友人であることが分かっており、ロックフェラー家の関係性がよく分かります。

ロックフェラー家とアメリカ5大財閥

ジョン・ロックフェラーから始まる「ロックフェラー家」

ジョン・ロックフェラーから始まる「ロックフェラー家」

ロックフェラー家はジョン・ロックフェラーから始まり、現在に至っています。

アメリカ5大財閥の1つとされるロックフェラー家は、石油トラストであるスタンダード・オイル創始者のジョン・ロックフェラーから始まります。

石油業からさらに軍事産業、金融業などと広げていき、大きな財閥へと発展していきました。

JPモルガンを祖とする「モルガン家」

JPモルガンを祖とする「モルガン家」

アメリカ5大財閥の2つ目として、JPモルガンを祖とする「モルガン家」があります。

JPモルガン(ジョン・ピアポント・モルガン)はモルガン財閥の創始者で、19世紀末に世界最大の銀行家となりました。

その資金で鉄道の経営、さらに海運業や電力・通信事業などにも業界を広げていきました。

アンドリュー・メロンが有名な「メロン財閥」

アンドリュー・メロンが有名な「メロン財閥」

アメリカ5大財閥の3つ目として、アンドリュー・メロンが有名な「メロン財閥」があります。

銀行家トマス・メロンの息子として誕生したアンドリュー・メロンは、石油業や鉄鋼、造船、建設業などを行っていきます。

そして、1890年代までにはジョン・ロックフェラーやヘンリー・フォードと並ぶ富豪になっていきました。

エルテール・イレネー・デュ・ポンから始まる「デュポン財閥」

エルテール・イレネー・デュ・ポンから始まる「デュポン財閥」

アメリカ5大財閥の4つ目として、エルテール・イレネー・デュ・ポンから始まる「デュポン財閥」があります。

エルテール・イレネー・デュ・ポンはフランス革命にて、アメリカに亡命したフランスの思想家になります。

火薬製造工場から始まったデュポン財閥ですが、さらにレイヨンやナイロン、プラスティックなど展開して巨万の富を得ています。

アンドリュー・カーネギーが有名な「カーネギー財閥」

アンドリュー・カーネギーが有名な「カーネギー財閥」

アメリカ5大財閥の5つ目として、アンドリュー・カーネギーが有名な「カーネギー財閥」があります。

アンドリュー・カーネギーはスコットランド生まれの実業家で、カーネギー鉄鋼会社を創設した方になります。

ジョン・ロックフェラーに続く富豪として知られており、カーネギーメロン大学やカーネギー博物館などの設立に資金提供をしています。

ロックフェラー家が邸宅を売却の話題

ニューヨーク州ウエストチェスター郡スリーピーホロウ(1938年完成)

ニューヨーク州ウエストチェスター郡スリーピーホロウ(1938年完成)

ロックフェラー家は邸宅を売却しており、ニューヨーク州ウエストチェスター郡スリーピーホロウの邸宅がありました。

売却価格は「2200万ドル(約24億8000万円)」と言われており、約1054平方メートル(11寝室、12浴室)に加えて広大な庭があります。

メーン州シーハーバー(1972年完成)

メーン州シーハーバー(1972年完成)

ロックフェラー家は他にも、1972年に完成したメーン州シーハーバーの邸宅がありました。

この邸宅も売却をしており、売却価格「1900万ドル(約21億4000万円)」だと判明、約468平方メートル(7寝室、5.5浴室)となっています。

ニューヨーク市マンハッタン(1924年完成)

ニューヨーク市マンハッタン(1924年完成)

ロックフェラー家の邸宅としては、1924年に完成したニューヨーク市マンハッタンの邸宅もありました。

売却価格は「3250万ドル(約36億6800万円)」であり、広さは約908平方メートル(8寝室、8浴室)に及びます。

デイビット・ロックフェラーの死去により手放すことになった邸宅

デイビット・ロックフェラーの死去により手放すことになった邸宅

ロックフェラー家の邸宅を手放す事になった理由として、デイビット・ロックフェラーさんの死去が大きな要因だったようです。

101歳まで生きたデイビット・ロックフェラーさんですが、3つ以上の邸宅をコントロールしていたことは明らかです。

ロックフェラー家の今後のニュースにも注目

ロックフェラー家の今後のニュースにも注目

ロックフェラー家はアメリカで最大級とされる財閥であり、一族として名を馳せています。

今後のロックフェラー家の新たなニュース、事業などにも注目が集まりそうです。

ロックフェラー家の資産や家系図、邸宅売却についてまとめ

・ロックフェラー家はアメリカを代表する名門一族で、世界的に有名な企業を多数系列に持つ財閥。

・ロックフェラー家の資産は「1000兆円ほど」と言われている。

・ロックフェラー家はジョン・ロックフェラーから始まり、アメリカ5大財閥の一つにまで発展した。

・ロックフェラー家はデイビット・ロックフェラーの死去により3つの邸宅を売却した。

ロックフェラー家の資産は1000兆円と言われています。家系図が明らかになっており、アメリカ5大財閥の1つとしても有名です。3つの邸宅を売却の話は本当で、デイビット・ロックフェラーさんの死が関係しています。ロックフェラー家の今後のニュースにも注目していきましょう。

関連するキーワード

関連するまとめ

ムンバイ同時多発テロの犯人と日本人犠牲者!事件の場所と首謀者の動機・その後現在・映画…

2008年11月26日夜からインドで起こったムンバイ同時多発テロは、4日間に渡って10カ所で起こり、襲撃犯9…

Mrsjunko / 1015 view

南京リッパー事件の真相と犯人!被害者の詳細・現在の状況も総まとめ

南京リッパー事件の被害者や犯人と事件の真相を現在まで解説しています。2000個もの切断された遺体で発見された…

Mrsjunko / 2665 view

モンキーシュガーがヤバい理由!本物の画像や動画・見る方法と知恵袋サイト・いらすとや情…

モンキーシュガー(検索してはいけない言葉)について、ヤバい理由が注目を集めています。また、モンキーシュガーの…

cyann3 / 1007 view

9.11アメリカ同時多発テロ事件の真実!陰謀と犯人・日本人生存者や犠牲者も総まとめ

9.11同時多発テロ事件とは、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起こったイスラム過激派のテロ組織であるア…

Mrsjunko / 3870 view

海外旅行で行ってはいけない危険な国ランキング32選【最新決定版】

世界にはとても危険な国がたくさんあります。ここでは、海外旅行で行ってはいけない危険な国を32か国、ランキング…

Mrsjunko / 1326 view

ダッカ日航機ハイジャック事件の犯人は日本赤軍!詳細や人質解放・その後現在まとめ

1977年9月28日にバングラデシュ・ダッカのシャージャラル国際空港で起こった、日本赤軍によるダッカ日航機ハ…

Mrsjunko / 681 view

ゲイリー・リッジウェイの現在!母親や子供時代・事件・映画まとめ

アメリカのシリアルキラー(連続殺人犯)として有名なゲイリー・リッジウェイさんについて、現在の活動が注目を集め…

cyann3 / 2268 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

レーガン大統領暗殺未遂事件の犯人と現在!死者とSP・裁判判決やその後を総まとめ

1981年3月に暗殺未遂事件に巻き込まれたレーガン大統領。この事件はなぜ起こってしまったのでしょうか?今回は…

aquanaut369 / 1379 view

首長族の女性が美人・かわいい!怖い風習と衣食住・男性の画像もまとめ

少数民族の首長族について、女性が美人でかわいいと話題になっています。また、首長族の怖い風習と衣食住、男性の画…

cyann3 / 3363 view

黒人アルビノ狩りや人身売買の実態や対策を総まとめ

先天的にメラニンが欠乏する遺伝子の疾患アルビノ。日本にもアルビノの人はいますが、アフリカに生まれた黒人のアル…

aquanaut369 / 3302 view

1046号室殺人事件の犯人と真相!被害者のローランド・T・オーウェンや真実まとめ【未…

1935年1月5日に、アメリカ合衆国カンザスシティにあるホテル・プレジデントの一室で起こった1046号室殺人…

Mrsjunko / 1143 view

センチネル族の現在!やらせと女好きの噂・ドローン・芸能人と宣教師・ダーウィン賞・コロ…

インド洋東部・北センチネル島に住む先住民族「センチネル族」について、やらせや女好きなどの話題が挙がっています…

cyann3 / 18346 view

ルクソール熱気球墜落事故の原因や日本人死者の死因・操縦士のその後まとめ

エジプトの観光地・ルクソールの町並みを空から眺めることができる熱気球でのルクソール遊覧飛行。 2013年2…

passpi / 2744 view

フィレンツェの怪物事件の真相と犯人まとめ~犯行内容などが概要も解説

イタリアのフィレンツェとその周辺で、1970年代から80年代にかけて発生したカップル連続殺人事件「フィレンツ…

Mrsjunko / 3185 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク