フリッツル事件の概要

ヨーゼフ・フリッツルの家系

ヨーゼフ・フリッツルの家系

ヨーゼフ・フリッツルは1935年4月9日に生まれました。1956年の21歳の時に17歳のロゼマリアさんと結婚、エリーザベトさんを含む2男5女を儲けます。

エリーザベトさんは1966年に生まれ、ヨーゼフの虐待が始まったのは11歳の頃だったということ。

「ルーム」本予告 - YouTube

出典:YouTube

エリーザベトが17歳で家から逃げるも...

エリーザベトが17歳で家から逃げるも...

エリーザベトさんは15歳で義務教育を終えるとウェートレスの教育を受けますが、1983年1月の17歳になる年に家から逃げ出し仕事仲間と一緒にウィーンに隠れて生活をしていました。

しかし家出から3週間ほどで警察に見つかって家に引き戻されています。その後またウェートレスの訓練を再開し、オーストリア オーバーエスターライヒ州の州都であるリンツ近郊で仕事に就きます。

悪夢のはじまり

悪夢のはじまり

1984年8月29日、ヨーゼフは一緒にドアを運んでくれとエリーザベトさんを地下室に誘い出しました。

エリーザベトさんがドアを支えてヨーゼフがドアをはめ終わると、ヨーゼフはエーテルをしみこませた布を彼女の顔に押し当て、意識がなくなるまで抑えつけ、そのまま地下室に閉じ込めてしまったのです。

そのドアがエリーザベトさんを監禁するための最後のアイテムで、悪夢のはじまりだったと思われます。

無理矢理手紙を書かせる

無理矢理手紙を書かせる

エリーザベトさんがいなくなったことに気付いた母親のロゼマリアさんは、警察に失踪届を出しました。それから1週間後、ヨーゼフがエリーザベトさんに無理矢理手紙を書かせ、それを警察に届けたのです。この手紙はエリーザベトさんが家出した時に住んでいたリンツのブラウナウ・アム・インの消印になっていました。

内容は、家族に嫌気がさし今は友達と一緒だということ。そして両親が自分を探すなら国を出るとも書かれていました。

ヨーゼフはエリーザベトさんが狂信的なカルト集団に入ったかもしれないと語っていたそうです。

監禁後数日間必死の助けを求めた

監禁後数日間必死の助けを求めた

監禁されたエリーザベトさんは、最初天井を引っ掻いたり壁に体当たりして抵抗を試みていました。そのため爪は剥がれ、痛みに苦悶しながら助けを求めていたそうです。

孤独と苦痛に耐え楽しい想像をして

孤独と苦痛に耐え楽しい想像をして

エリーザベトさんは監禁後数日して気持ちを切り替え、休みの日にハイキングしていると思い込もうとし、記憶の中の山を想像しながら頂上に辿りつくまでのことに考えを巡らせていました。

地下室の階段を山の傾斜とし、夜になると電気を消して時間が経つと朝になることを思いながら電気をつけていました。

そして眠りに就く頃はオーストリアの古い賛美歌「Still, Still, Still.」を口ずさみながら寝たと証言していました。

3日に一回訪れ性的虐待を...

3日に一回訪れ性的虐待を...

エリーザベトさんの父親であるヨーゼフは、24年間の監禁の間3日に1回訪れて、食料や日用品を補給し、嫌がるエリーザベトさんに性的虐待を加えていたようです。

更にエリーザベトさんはヨーゼフの子供を7人出産していることも明らかになりました。1人目の出産は生まれて間もなく死亡し、リザ・モニカ・アレクサンダーの3人は幼児期に自宅のドアの前に置かれていたようにヨーゼフが見せかけ、養子としてヨーゼフと母親のロゼマリアさんが育てました。

その間にソーシャルワーカーが何度もヨーゼフ宅に訪れていましたが、ヨーゼフはもっともらしい作り話で納得させたうえ、不満や不自然さが微塵も感じられなかったと当時の担当者は証言していました。

5人目の子供が生まれた時、ヨーゼフはエリーザベトさんと子供のために地下室の拡張工事を行っています。更にテレビやラジオ、ビデオなども買い与えました。

冷蔵庫やホットプレートもあり、食料を保存して調理できる環境も作ったようです。

世界の凶悪事件①フリッツル事件、性犯罪歴ありの父が娘を24年間監禁・自分の子を7人産ませる - YouTube

出典:YouTube

ヨーゼフが与えた罰

ヨーゼフが与えた罰

エリーザベトさんは生まれた3人の子供たちに読み書きを教えていたそうです。しかしヨーゼフの意にそぐわない行動などをすると、何日も部屋の電気を消したり食料の供給を断つこともありました。

エリーザベトさんと子供たちが脱出を企てた時は、ガスで殺すつもりだったと供述していました。しかし地下室にガスは引いておらず、ただの脅迫である可能性が高かったようです。

また、ドアに近づくと電気ショックで死ぬと脅しており、逃げられないように洗脳していたことも明らかになっています。

地下室に行くことは誰も許されなかった

地下室に行くことは誰も許されなかった

ヨーゼフは毎朝9時になると、機械の図面を書く仕事をするために地下室に行ったそうです。しかし妻のロゼマリアさんがコーヒーを持って行くことも許されていなかったということ。

家の1階を12年間借りていた人がいましたが、地下室から声が聞こえると訴えると、ヨーゼフは暖房の機械音だと誤魔化していました。

ヨーゼフの逮捕とエリーザベトや子供たちの発見

長女のケルスティンが重い病気に

長女のケルスティンが重い病気に

2008年4月19日、エリーザベトさんの長女であるケルスティンさんが意識不明になり、ヨーゼフに医者に連れて行くことを懇願しました。ヨーゼフはそれを認め、ケルスティンさんを運ぶのを手伝ったエリーザベトさんは24年ぶりに外の景色を眺めました。

しかしエリーザベトさんはすぐに地下室に連れ戻され、ケルスティンさんは救急車で病院に向かいます。診断の結果ケルスティンさんは命に関わる重篤な腎不全とされ、入院を余儀なくされました。

医師が警察に通報

医師が警察に通報

その後ヨーデルがエリーザベトさんが書いたとされるノートを持って病院へ到着します。ケルスティンの病状やノートについてアルベルト・ライター医師とヨーデルが話し合いました。

しかし医師はヨーデルの説明に矛盾を感じ、4月21日に警察に通報しました。

ヨーゼフがエリーザベトと息子たちも解放

ヨーゼフがエリーザベトと息子たちも解放

アルベルト・ライター医師はその後メディアを通してエリーザベトさん行方不明に関する情報の呼びかけをし、ケルスティンさんの病歴に関する情報も呼びかけます。

警察でもエリーザベトさんの失踪事件の捜査を再開。この事に対してヨーゼフは、エリーザベトさんはカルト宗教の狂信者であり、彼女からの手紙はケマテンから投函されたものだと証言します。

警察ではこの証言に基づいてカルト教団と噂される団体を調べますが、事実とは異なっており、手紙の内容も自身で書いたものではなく、書かされているような内容であることが判明。

一方このニュースを地下室で見ていたエリーザベトさんは、ヨーゼフに病院に行かせてくれるよう頼み込み、ケルスティンさんが入院してから1週間後の4月26日に、残された2人の息子シュテファンとフェリックスと共に地下室から解放しました。

ヨーゼフとエリーザベトが警察に連行

ヨーゼフとエリーザベトが警察に連行

地下室からエリーザベトさんたちを解放したヨーゼフは、妻にエリーザベトさんが自宅に帰ることを決意したようだと話しました。その後ヨーゼフとエリーザベトさんが病院に向かいます。

アルベルト・ライター医師は、エリーザベトさんとヨーゼフが病院にいることを警察に知らせました。それを受けた警察は2人を拘束し尋問を受けさせるために警察に連行しています。

エリーザベトは2時間で24年間の監禁生活を語る

エリーザベトは2時間で24年間の監禁生活を語る

尋問を受けたエリーザベトさんは、トラウマを抱え最初は尋問に応じませんでした。その後警察が「父親とは二度と会うことはない」と約束し、初めて重い口を開きました。

彼女は2時間で、まるで押し殺していた感情が一気に噴き出したかのように、24年間の監禁生活の全てを語ったのです。

その後ヨーゼフは、家族に対する不法監禁、近親相姦等、強姦、過失致死などの重罪の疑いで逮捕されることになりました。

関連するキーワード

関連するまとめ

センチネル族の現在!やらせと女好きの噂・ドローン・芸能人と宣教師・ダーウィン賞・コロ…

インド洋東部・北センチネル島に住む先住民族「センチネル族」について、やらせや女好きなどの話題が挙がっています…

cyann3 / 8687 view

長木谷麻美の死因と犯人は?事件やカーニバル関連のテレビ出演もまとめ

日本人女性の長木谷麻美さんについて、事件に関する話題が挙がっています。テレビ出演したカーニバル美女の話題と死…

cyann3 / 257 view

アマンダノックスの現在!事件の真相と真犯人・関連映画まとめ【ペルージャ英国人留学生殺…

2007年11月2日に起こった「ペルージャ英国人留学生殺害事件」の犯人とされたアマンダノックスですが、有罪判…

Mrsjunko / 2494 view

メラニズムの人間は?病気の症状/原因/確率・日本人/外国人/モデルを総まとめ

メラニズムは身体が漆黒で神秘的な姿がカッコイイと話題で、動物では確認されていますが人間にもいるのでしょうか?…

sumichel / 121 view

ブラック・ダリア事件の真相~犯人や関連映画まとめ

1947年にアメリカで起きた殺人事件「ブラック・ダリア事件」は、当時22歳のエリザベス・ショートという女性が…

Mrsjunko / 6099 view

ANTIFAはアメリカへの中国のテロの噂!グレタ・蓮舫の発言と関係性まとめ

アメリカの活動家グループANTIFA(アンティファ)について、中国のテロの噂が出てきています。また、グレタさ…

cyann3 / 559 view

ガイルくん死去はなぜ?死因はうつ病?逮捕や行方不明・死の真相まとめ

ゲーム系YoutuberのEtika(エティカ)こと「ガイルくん」の死が注目されており、ガイルくんの逮捕の経…

cyann3 / 1665 view

ディーディー・ブランチャード殺人事件の犯人!娘ジプシーの現在まとめ

ディーディー・ブランチャード殺害事件とは、2015年アメリカ合衆国ミズーリ州グリーン郡で起きた、娘のジプシー…

Mrsjunko / 5850 view

ビアンカ・デヴィンズ殺害事件の犯人!インスタの遺体写真も総まとめ

2019年7月13日、ニューヨーク州ユーティカの高校を卒業したばかりのビアンカ・デヴィンズさん(当時17歳)…

Mrsjunko / 24513 view

ルーシー・ブラックマンさん事件の真実!犯人の織原城二は在日?場所は洞窟やマンション・…

日本で起こった「ルーシー・ブラックマンさん事件」について、その真実が注目を集めています。殺害場所は洞窟・マン…

cyann3 / 659 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 4662 view

アメリカの大学の人気ランキングTOP50【最新決定版】

今回は、アメリカの大学の人気ランキングTOP50を紹介していきます。グローバル社会が根付いている現代において…

maru._.wanwan / 753 view

ソニー・ビーン一族事件は嘘?実在?洞窟や死刑を逃れた末裔と真相まとめ

ソニー・ビーンとは、15世紀頃にスコットランドに実在したとされる人物です。48人の一族がいて洞窟に住み、人間…

Mrsjunko / 19464 view

テッド・バンディの生い立ちと娘!事件詳細と実話映画のネタバレまとめ

テッド・バンディとは、1974年から1978年にかけてアメリカの7つの州でおよそ30人の女性を殺害したシリア…

Mrsjunko / 3155 view

チャレンジャー号爆発事故まとめ/原因はOリング・責任と乗組員の遺体や生きている可能性…

1986年1月28日、チャレンジャー号打ち上げからわずか73秒後に、空中で分解した爆発事故の原因はOリングだ…

Mrsjunko / 2517 view

ロスチャイルド家の資産!家系図や当主・日本のデヴィ夫人との関係まとめ

ロスチャイルド家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロスチャイルド家の家系図や当主、日本のデヴ…

cyann3 / 3318 view

ジョージフロイドは何をした?犯罪歴(薬物/偽札)や死因・警官の逮捕のいきさつを総まと…

警官の行き過ぎた暴力によって死去したジョージフロイドは何をしたのか?今回はジョージフロイドが亡くなった事件に…

aquanaut369 / 783 view

ロックフェラー家とロスチャイルド家を比較!関係性と日本との関わりまとめ

ロックフェラー家とロスチャイルド家についての比較に関して注目が集まっています。また、ロックフェラー家とロスチ…

cyann3 / 2391 view

センチネル族の現在!やらせと女好きの噂・ドローン・芸能人と宣教師・ダーウィン賞・コロ…

インド洋東部・北センチネル島に住む先住民族「センチネル族」について、やらせや女好きなどの話題が挙がっています…

cyann3 / 8687 view

グアム無差別殺傷事件の被害者にバチェラー野原遥!犯人の現在も総まとめ

日本でも大きなニュースとして報道された「グアム無差別殺傷事件」。この事件は計3人の命が奪われ、10人以上の被…

aquanaut369 / 1939 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク