シャロン・テートのプロフィール!生い立ちや経歴を紹介

シャロン・テートのプロフィール

シャロン・テートのプロフィール

名前:シャロン・マリー・テート
生年月日:1943年1月24日
出身地:アメリカ合衆国
身長:168㎝
職業:女優、モデル

シャロン・テートは1960年代に活躍した人気女優

シャロン・テートは1960年代に活躍した人気女優

シャロン・テートは1960年代に活躍した人気の女優で、当時は美人ということもあり、多くの男性ファンを抱えていました。彼女の名を世に知らしめたのは1962年のテレビシリーズ「じゃじゃ馬億万長者」で、このドラマをきっかけに女優として大ブレイク。

1966年には映画「Eye of the Devil」で本格的なスクリーンデビューを飾り、以降は毎年のように映画出演を果たし、大成功を収めました。

シャロン・テートの生い立ちは?

シャロン・テートの生い立ちは?

シャロン・テートは幼少期の頃に世界各地を転々とする暮らしを続けていて、10代の頃にイタリアに居住。この頃から彼女は女優としての活動を始めていて、当時は現地の映画やテレビCMに出演していました。

他にもスタイルの良さを活かしてモデルとしても活動し、高校生ながらそれなりに人気は高かったのだそうです。

ブルース・リー監修の元アクションに挑戦したことも

ブルース・リー監修の元アクションに挑戦したことも

シャロン・テートは1968年に映画「サイレンサー/破壊部隊」に出演。同作品はアクションをブルース・リーが監修していたようで、このときは彼から直接アクションを学んだのだとか。

その後、2人は意気投合し、プライベートでもともに過ごすことが増え、仲の良い友人関係だったことで知られています。

人気絶頂だった26歳のときに死去

人気絶頂だった26歳のときに死去

シャロン・テートはドラマや映画の出演で早くから人気を集めていましたが、1969年8月9日に26歳の若さで死去しました。彼女は当時狂信的なカルト指導者チャールズ・マンソンの信奉者達の手によって殺害され、このときは一緒にいた友人たちも殺害。

女優として人気絶頂だっただけに彼女の死は瞬く間に大きなニュースとなり、日本でも話題となりました。

シャロン・テートの家族!結婚した旦那や子供も紹介

シャロン・テートの家族について

シャロン・テートの家族について

シャロン・テートの家族構成は父親と母親、そして下に2人の妹がいる5人家族でした。彼女の父親は当時アメリカ陸軍に所属する軍人だったようで、幼少期の頃に世界中を転々としていたのは父親が軍人だったことが要因となっています。

次女のデブラは9歳下、三女のパトリシアは14歳下で、妹たちとはかなり年が離れていたこともわかっています。

結婚した旦那は映画監督のロマン・ポランスキー

結婚した旦那は映画監督のロマン・ポランスキー

シャロン・テートは死去する前年の1968年に映画監督として活動していたロマン・ポランスキーと結婚しました。2人は1967年のホラー映画「吸血鬼」で共演を果たし、これを機に交際に発展。

結婚後はロサンゼルス・ハリウッドにある豪邸で生活を送り、夫婦生活は順風満帆でした。

ロマン・ポランスキーのプロフィール

ロマン・ポランスキーのプロフィール

名前:ロマン・ポランスキー
生年月日:1933年8月18日
出身地:フランス
職業:映画監督

亡くなる前には子供を妊娠していた

亡くなる前には子供を妊娠していた

シャロン・テートは亡くなる前に子供を妊娠していたことがわかっていて、彼女の死去とともに子供も亡くなっています。当時の彼女は妊娠8ヶ月だったようで、出産間近でした。

子供の妊娠がわかったのはブルース・リーからアクションを教わった映画「サイレンサー第4弾/破壊部隊」が公開された頃で、結婚後すぐということもあり、夫婦揃って幸せな日々を送っていたのだそうです。

シャロン・テート事件について

シャロン・テートは殺害事件の被害者

シャロン・テートは殺害事件の被害者

シャロン・テートは1989年8月9日にハリウッドにある自宅にて殺害され、その生涯を終えました。この事件で彼女は自身だけでなく、お腹の中の子供まで殺害され、なんと16箇所も刺されていたのだとか。

さらに一緒にいた友人3人とたまたま通りかかって犯行グループに声をかけた1人も殺害されていて、凄惨な事件として話題を集めました。

シャロン・テート事件について

シャロン・テート事件①~ハリウッドの高級住宅街で殺人事件が発生

シャロン・テート事件①~ハリウッドの高級住宅街で殺人事件が発生

1969年8月9日、ハリウッドにある高級住宅街にて殺人事件が起きました。被害者は女優のシャロン・テートと他4人。彼女は背中と胸を16箇所刺されていて、お腹の中にいた子供も死亡。

自宅の玄関にはシャロン・テートの血で「Pig(豚)」と書かれており、これは黒人が白人を呼ぶときの隠語に使われる単語で、当初は犯人は黒人だと思われました。

シャロン・テート事件②~翌日にも同様の手口で殺人事件が発生

シャロン・テート事件②~翌日にも同様の手口で殺人事件が発生

シャロン・テートが殺害された事件の翌日に同様の手口でロサンゼルスに暮らすラビアンカ夫妻が残忍な手口で殺害される事件が発生しました。このときは現場に血で「Death to pigs(ブタに死を)」と書かれていて、犯人は同一人物だと予想されました。

ちなみにラビアンカ夫妻はロサンゼルスでスーパーマーケットを営んでいて、金銭目的の犯行だと思われました。

シャロン・テート事件③~2ヶ月後に犯人が逮捕

シャロン・テート事件③~2ヶ月後に犯人が逮捕

シャロン・テート事件は解決につながるような証拠が見つからず、捜査が難航していましたが、事件から2ヶ月後の1969年10月に犯人が逮捕されました。

その犯人は狂信的なカルト集団のボスとして君臨していたチャールズ・マンソンとそのメンバーたちで、事件は解決となりました。

事件の犯人はマンソン・ファミリー!現場の血文字や首謀者について

事件の犯人はマンソン・ファミリー

事件の犯人はマンソン・ファミリー

シャロン・テート事件を起こしたのは狂信的カルト集団で知られた「マンソン・ファミリー」によるもの。この集団はチャールズ・マンソン率いる「ヒッピーコミューン」で、メンバーはみなチャールズ・マンソンに心酔し、彼の意図で次々と事件を起こしていました。

チャールズ・マンソンのプロフィール

チャールズ・マンソンのプロフィール

名前:チャールズ・ミルズ・マンソン
生年月日:1934年11月12日
出身地:アメリカ合衆国
職業:マンソン・ファミリー指導者

首謀者チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴について

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴①~幼少期の頃は親戚の家や孤児院で過ごした

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴①~幼少期の頃は親戚の家や孤児院で過ごした

チャールズ・マンソンはオハイオ州に生まれ、5歳のときに母親とその兄がガソリンスタンドを襲撃して逮捕。その後は祖父母の家に預けられるも、すぐに他の親戚の家へ移され、親戚たちの間でたらいまわしにされてしまいます。

最終的に彼は12歳の頃に孤児院に入れられ、孤独を感じながら幼少期を送りました。

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴②~10代の頃は犯罪を繰り返した

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴②~10代の頃は犯罪を繰り返した

チャールズ・マンソンは孤児院に入れられたあとは犯罪を繰り返すようになり、施設の出入りを繰り返すように。16歳で救護院に入ることになり、模範囚を務めていたものの、他の収容者に怪我を負わせて少年院送りになってしまいます。

19歳のときに仮釈放となり、ウエイトレスの女性と結婚して子供が生まれるも自動車泥棒で逮捕され、2人は別れることとなりました。

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴③~刑務所で10年以上を過ごした

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴③~刑務所で10年以上を過ごした

チャールズ・マンソンは自動車泥棒で逮捕されたあと、刑務所でセラピーを受け、そこで人を操る能力に磨きをかけます。さらに彼は受刑者の元ギャングからギターを教わり、密かにミュージシャンとしての夢を抱くようになります。

彼が刑務所から出所したのは10年以上が経った1967年で、このときは小銭とギターだけを持ってサンフランシスコへと移りました。

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴④~言葉巧みに若者たちを集めた

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴④~言葉巧みに若者たちを集めた

出所後、チャールズ・マンソンはサンフランシスコへと移りました。当時のサンフランシスコではヒッピー文化が浸透していて、若者たちはコカインやLSDなどドラッグに夢中になっていました。そこに目をつけたチャールズ・マンソンは若者たちを言葉巧みに誘い、ドラッグを与えて彼らの心を掴むように。いつしか彼の周りには彼を慕う若者で溢れるようになり、みんなで拠点をハリウッドへ移すことにしました。

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴⑤~マンソン・ファミリーを使って悪だくみ

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴⑤~マンソン・ファミリーを使って悪だくみ

チャールズ・マンソンはサンフランシスコで集めた若者たち(マンソン・ファミリー)と一緒にハリウッドへ移り、そこでドラッグの売買やクレジットカード泥棒といった悪だくみを始めます。これらはすべてチャールズ・マンソンの命令によるもので、彼自身は手を汚さなかったのだとか。

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴⑥~歌手デビューの予定だった

チャールズ・マンソンの生い立ちと経歴⑥~歌手デビューの予定だった

チャールズ・マンソンはその後、ミュージシャンでプロデューサーをしていたテリー・メルチャーと出会い意気投合。夢だったシンガーソングライターとしてのデビューが決まり、何曲かレコーディングを行うことに。ですが、最終的にプロデューサーのテリー・メルチャーは彼との約束を守らず。チャールズ・マンソンのデビューは無くなってしまいました。

関連するまとめ

ナイアガラの滝の日本人/徳升彩乃さん転落死亡事故の詳細!場所や行き方も総まとめ

2011年8月14日にカナダで起こった「ナイアガラの滝転落事故」で死亡した、日本人女性の徳升彩乃さんのことが…

Mrsjunko / 213 view

ヤノマミ族の現在!出産と子供殺し・コロナ感染も総まとめ【写真付き】

ヤノマミ族とは、アマゾン川流域からオリノコ川にかけて、広く分布している南アメリカ大陸の先住民部族です。そんな…

Mrsjunko / 162 view

ベイルート港爆発事故と現在!威力と画像や動画・原因・韓国との関係とその後もまとめ

レバノンで起こったベイルート港爆発事故とその後・現在について気になる方が多いようです。また、ベイルート港爆発…

cyann3 / 75 view

ロスチャイルド家の資産!家系図や当主・日本のデヴィ夫人との関係まとめ

ロスチャイルド家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロスチャイルド家の家系図や当主、日本のデヴ…

cyann3 / 178 view

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 651 view

リンカーン大統領暗殺事件の真相~犯人とその後も総まとめ

アメリカ合衆国第16代大統領であるエイブラハム・リンカーン大統領は、1865年4月14日に暗殺されました。今…

Mrsjunko / 67 view

アンドレイ・チカチーロの生い立ちと事件!名言・日本人が脳を買い取る発言・嫁と息子・映…

1978年から1990年にかけておよそ52人を殺害したアンドレイ・チカチーロの生い立ちや事件の詳細、裁判の様…

Mrsjunko / 406 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

チャールズ・ポンジ(詐欺師)の生涯と死因!本名や家族・晩年を総まとめ【ポンジ・スキー…

詐欺手法「ポンジ・スキーム」の由来ともなった詐欺師のチャールズ・ポンジ。彼は伝説的な存在として今日まで語られ…

aquanaut369 / 93 view

黒崎愛海さん不明事件の犯人と現在!ニコラス・セペダの犯行動機・フランス移送や判決まと…

2016年12月4日、当時筑波大学3年でフランスに留学中の黒崎愛海(なるみ)さんが行方不明になった事件で、元…

Mrsjunko / 117 view

メラニズムの人間は?病気の症状/原因/確率・日本人/外国人/モデルを総まとめ

メラニズムは身体が漆黒で神秘的な姿がカッコイイと話題で、動物では確認されていますが人間にもいるのでしょうか?…

sumichel / 233 view

エリザベス・ホームズの現在!生い立ちと父親など家族・経歴や美人画像・小保方晴子との関…

「女版ジョブズ」と呼ばれた実業家のエリザベス・ホームズは詐欺事件での逮捕が話題になりました。今回はエリザベス…

aquanaut369 / 59 view

中村哲医師の生い立ち&実家の家族!高校や大学など学歴も総まとめ

長年に渡りアフガニスタンで医療や人道支援に尽力してきた中村哲医師ですが、2019年12月に何者かに銃撃され亡…

sumichel / 121 view

チャレンジャー号爆発事故まとめ/原因はOリング・責任と乗組員の遺体や生きている可能性…

1986年1月28日、チャレンジャー号打ち上げからわずか73秒後に、空中で分解した爆発事故の原因はOリングだ…

Mrsjunko / 80 view

チェルノブイリ原発事故と福島原発事故を比較!日本への影響まとめ

ソ連(現ウクライナ)で起こったチェルノブイリ原発事故について、福島原発事故との比較が話題になっています。また…

cyann3 / 51 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);