タリバンがアフガニスタンの大統領府をアッサリ掌握

首都カブールの大統領府を占拠するタリバン戦闘員

首都カブールの大統領府を占拠するタリバン戦闘員

2021年8月15日、アフガニスタン情勢が急展開しました。

アフガニスタンに駐留する米軍・NATO軍が同国から撤退を開始するや、アフガニスタンの反政府勢力・タリバンが一気に攻勢をしかけ、アッっと言う間に首都カブールを包囲して大統領府を掌握。

これにより、アシュラフ・ガニ大統領は国外に脱出し、政権はアッサリ瓦解したのです。

トランプ前大統領が公約に掲げた米軍撤退をバイデン大統領が実行

そもそも、2020年2月29日に、トランプ政権は同年秋の大統領選挙を控え、タリバンとの間に「和平合意」を締結しました。

米アフガニスタン和平合意

米アフガニスタン和平合意

米特別代表ハリルザド氏とタリバン政治部門責任者バラダル氏

と言うのも、トランプ前大統領は、2016年の大統領選挙において、「自分が当選した暁には、アフガニスタンから米軍を撤退させる」という公約を掲げており、それを守った形なんですよね。

しかし、すったもんだの末に、その合意は履行されないままトランプ政権は退陣に追い込まれてしまうことに…。

しかし、そのあとを引き継いだバイデン大統領が、2021年4月、悪夢の9.11米同時多発テロからちょうど20年を迎える2021年9月11日までに、アメリカ軍の完全撤退を完了すると表明。

ただ、トランプ前大統領の時のように、誰もが「そう簡単にはいくまい」などとタカをくくっていたと言います。しかし、今度は米軍の撤退がすんなりと進むと、NATO軍もほぼ同時に撤退を開始。

その結果が今回のタリバンの一方的勝利に繋がり、アメリカが支えてきたアフガニスタン政府を崩壊させる引き金となってしまったわけです。

アフガニスタン情勢に注目している人たちの大半は、もしも米軍が撤退すれば、こうなることは十分に予想していたことでしょう。しかし、こうまでアッサリと政権が崩壊するとは思わなかったに違いありません。

タリバンとアルカイダの違いをわかりやすく解説

そもそも「タリバン」って何?

そもそも「タリバン」という組織の誕生は、1979年12月25日のソビエト連邦のアフガニスタン侵攻がキッカケでした。

ソ連のアフガニスタン侵攻

ソ連のアフガニスタン侵攻

当時のアフガニスタンは、隣国ソ連と敵対していたわけでも、逆に仲の良い親交国でもありませんでした。

しかし、アフガニスタン国王が病気療養を理由にイタリアへ行っている隙を狙って、国王のいとこがクーデターを起こしたのです。

当時、アフガニスタンは共産主義政権だったのですが、クーデターにより政権は危機に瀕しており、ソ連としては隣国アフガニスタンがアメリカを中心とした自由主義陣営に取り込まれるのをどうしても阻止したかったわけですね。

ちなみにソ連は社会主義国家であり、当然のことながら宗教を否定する立場をとっています。つまり、ソ連によるアフガニスタン侵攻は、イスラム教徒の国に無神論者たちが攻め込んできたことに他なりません。

そうなると、それらの勢力と戦うのはイスラム教徒の義務…つまり、「ジハード(聖戦)」なのです。

「ソ連に侵略されたイスラム教徒の国アフガニスタンを助けなければ!」という旗印の下に、アラブ諸国のイスラム社会全体から「ムジャヒディン(イスラム聖戦士)」と呼ばれる義勇兵たちが続々とアフガニスタンに集結することに…。

そして、そこに目をつけたのがアメリカなんですよね。

ベトナム戦争で、ソ連の支援を受けた南ベトナム民族解放戦線に苦渋をなめさせられた経験のあるアメリカは、「アフガニスタンをソ連にとっての“ベトナム”にしてしまえ!」とばかりに、「ムジャヒディン」たちに大量の資金と武器を与えたのです。

これによりソ連軍は、アメリカの支援を受けて力をつけた「ムジャヒディン」によって、大きな打撃を受け、たちまちアフガニスタンからの撤退を余儀なくされてしまうことに…。

アフガニスタンから撤退するソ連軍

アフガニスタンから撤退するソ連軍

アラブ諸国から応援に駆けつけていた若者たちは、ソ連軍の撤退によりそれぞれの国へ帰っていきました。

しかし、アフガニスタンには、元々様々な民族が共存しており、ソ連軍による危機が去った後は、自分たちの民族が権力を把握しよう企み、やがてそれは内戦に発展していくことになります。

今度は、そこに目をつけたのがパキスタンでした。

アフガニスタンにソ連軍が侵攻してきた際、大勢の難民が隣国パキスタンに逃げ入りました。

そして、パキスタンにいたイスラム原理主義の集団は、難民キャンプの子供たちを集めて神学校をつくり、そこでは極端なイスラム原理主義を教え込んでいたのです。

パキスタンはその学生たちに、ソ連侵攻の際にアメリカからかすめ盗っておいた最新兵器を与え、兵士に仕立て上げたのです。

そして、学生のことをアラビア語で「タリブ」と言い、その複数形が「タリバン」なんですよね。

つまり、「タリバン」はもともとアフガニスタンに住む人々が中心となって形成された集団で、極端なイスラム原理主義の思想を教え込まれた土着の過激派組織なのです。

じゃあ、「アルカイダ」って結局どういう組織なの?

関連するまとめ

ロシアのクリミア侵攻はなぜ?理由と期間・死者・制裁と影響・海外の反応もわかりやすく解…

過去にウクライナのクリミア半島で起きたロシアの軍事侵攻。この出来事は世界中に大きな影響を与えましたが、クリミ…

aquanaut369 / 1409 view

チャールズ・マンソンの死因!身長と生い立ちや家族・事件・晩年や映画化まとめ

「マンソン・ファミリー」と呼ばれるコミューンを率いて連続殺人事件を起こしたチャールズ・マンソン。 今回、チ…

passpi / 3292 view

黒人アルビノ狩りや人身売買の実態や対策を総まとめ

先天的にメラニンが欠乏する遺伝子の疾患アルビノ。日本にもアルビノの人はいますが、アフリカに生まれた黒人のアル…

aquanaut369 / 4196 view

メラニズムの人間は?病気の症状/原因/確率・日本人/外国人/モデルを総まとめ

メラニズムは身体が漆黒で神秘的な姿がカッコイイと話題で、動物では確認されていますが人間にもいるのでしょうか?…

sumichel / 8727 view

プーチン大統領の年収と資産・自宅「プーチン宮殿」まとめ

“世界一豪華な自宅”と揶揄されているロシアのプーチン大統領の自宅別荘「プーチン宮殿」の全貌が暴露され、話題に…

passpi / 1720 view

アメリカの有名な事件36選!ランキングで紹介【最新版】

シリアルキラーや銃乱射事件、テロ事件などの多いアメリカでは、今こうしている間にも考えられないような事件が起き…

Mrsjunko / 24467 view

スープおじさんの意味と死因!画像や動画・ドロドロの原因・解説まとめ

ネットで話題の「検索してはいけない言葉」として、スープおじさんの意味が話題になっています。また、スープおじさ…

cyann3 / 8877 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

舌盗んだはベネズエラの事件!被害者と犯人・動画を見る方法とその後現在まとめ【検索して…

検索してはいけない言葉「舌盗んだ」ははベネズエラで起こった事件で、その被害者と犯人、画像と動画を見る方法、そ…

cyann3 / 3665 view

ノルウェー連続テロ事件の死者と犯人の動機は?生存者が語るウトヤ島銃乱射と映画・犯人の…

2011年7月22日に発生した、単独犯によるノルウェー庁舎爆破事件とウトヤ島銃乱射事件という2つの事件からな…

passpi / 5211 view

アステカの祭壇の心霊写真や場所!生贄や心臓・アンビリバボー・映画の話題まとめ

有名な心霊現象である「アステカの祭壇」について、場所と写真についての話題が挙がっています。また、生贄の心臓、…

cyann3 / 3802 view

ロスチャイルド家の現在!映画やワイン・仮想通貨・国際銀行の支配まとめ

ロスチャイルド家について、現在の活動が注目を集めています。また、ロスチャイルド家の映画やワイン、仮想通貨との…

cyann3 / 1910 view

エド・ゲインの生い立ちと母親!資産や事件・最期と死因・名言と関連映画も総まとめ

50年代のアメリカで殺人を犯し、その遺体を弄んだエド・ゲイン。今回はエド・ゲインの生い立ちと母親など家族、資…

aquanaut369 / 4188 view

中村哲医師の結婚や嫁と子供(息子/娘)の情報!脳腫瘍で亡くなった次男も総まとめ

長年パキスタンやアフガニスタンにて活動していた医師の中村哲。彼が2019年に亡くなったあと、家族も注目を集め…

aquanaut369 / 9207 view

エリサ・ラム事件の犯人と真相!現場のセシル・ホテル/なんJや現在の話題まとめ

アメリカ・ロサンゼルスで起こったエリサ・ラム事件について、話題になっています。また、エリサ・ラム事件の現場の…

cyann3 / 9763 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);