ナワリヌイ氏のプロフィール

本名:アレクセイ・アナトリエヴィチ・ナワリヌイ
生年月日:1976年6月4日
出生地:ロシア・ソビエト連邦社会主義共和国 モスクワ州
没年月日: 2024年2月16日(47歳没)
没地:ロシア ヤマロ・ネネツ自治管区 ハルプ
配偶者:ユリア・ナヴァルナヤ (2000年~2024年)
子女:ダーシャ・ナヴァルナヤ
学歴:ロシア諸民族友好大学、ロシア連邦政府付属財政大学、イェール大学(ワールドフェロー)
前職:弁護士
所属政党:未来のロシア

ロシアの野党指導者で弁護士・汚職撲滅活動家

ロシアの野党指導者で弁護士・汚職撲滅活動家

ナワリヌイ氏は、1976年6月4日から2024年2月16日まで、ロシアの野党指導者で弁護士、汚職撲滅活動家でした。ロシアでは政治犯として記録されています。

反政府デモを組織し、ロシアの汚職とプーチン大統領とその政府に対する改革を主張するために立候補。また、反汚職財団(FBK)の創設者でもありました。

2013年のモスクワ市長選挙に立候補・2018年大統領選挙への出馬は禁止

2013年のモスクワ市長選挙に立候補・2018年大統領選挙への出馬は禁止

ナワリヌイ氏と彼のチームは、ソーシャルメディアを通じてロシアの汚職に関する資料を公開し、政治デモを組織し、彼の選挙運動を宣伝しました。

ナワリヌイ氏は2013年と2014年に2度、横領の罪で執行猶予付きの判決を受けました。政府側の立場では、どちらの刑事事件も将来の選挙への出馬を禁止することが目的だったと考えられています。彼は2013年のモスクワ市長選挙に立候補し、得票率27%で2位になりましたが、2018年の大統領選挙への出馬は禁止されてしまいます。

2020年8月20日旅客機内で毒物混入事件

2020年8月20日旅客機内で毒物混入事件

2020年8月20日、ナワリヌイ氏は旅客機内で毒物の混入による体調不良となり、ドイツの病院で治療を行いました。2021年1月17日に回復して、ロシアに帰国するも、モスクワのシェレメーチエヴォ国際空港で当局に収監され、その後釈放されることはなく、2024年2月16日に死去しました。

ナワリヌイ氏が北極圏の刑務所で死亡したとロシア当局が発表

北極圏の刑務所・通称「北極の狼」で死亡

北極圏の刑務所・通称「北極の狼」で死亡

ナワリヌイ氏が北極圏の刑務所で死亡したと刑務所当局が発表。彼は政治的動機があると広く見られていた過激主義の罪で、19年間服役していました。

ナワリヌイ氏は2023年末、ロシアで最も厳しい流刑地の、通称「北極の狼」と呼ばれる刑務所に移送されました。彼の妻であるユリア・ナヴァルナヤさんは、国際社会に「この政権を懲らしめるよう協力する」よう訴えました。

反汚職財団のイワン・ジダノフ氏:「これは殺人事件だ」

反汚職財団のイワン・ジダノフ氏:「これは殺人事件だ」

ナワリヌイ氏の最も近い同盟者の一人で、反汚職財団のイワン・ジダノフ氏は、ナワリヌイ氏が暗殺された可能性が非常に高いとし、「これは殺人事件だ」と述べています。

刑務所側:「気分が悪くなり、ほぼ即座に意識を失った」

刑務所側:「気分が悪くなり、ほぼ即座に意識を失った」

ナワリヌイ氏が収監されている刑務所によりますと、彼が金曜日の散歩後に「気分が悪くなり、ほぼ即座に意識を失った」と述べ、すぐに救急医療チームを呼んで蘇生を試みたが、成功しなかったと付け加え、「死因は調査中である」ことを語っていました。

KGBの本拠地で市民の献花に警察の圧力

KGBの本拠地で市民の献花に警察の圧力

数時間後には、かつてロシアの悪名高いKGBの本拠地だった、ルビャンカの向かいにある政治的弾圧の犠牲者を追悼する記念碑に、続々とモスクワ市民が献花する光景が見られました。。

政府は大規模な抗議活動に参加しないよう警告し、その後数名が拘束されたということ。

ナワリヌイ氏最後の姿

ナワリヌイ氏最後の姿

ナワリヌイ氏の姿が最後に確認されたのは死ぬ前の日で、ビデオを通じて法廷審理中に元気そうに笑っている姿を公開。妻のユリアさんは涙を流しながらミュンヘン安全保障会議に登壇し、このニュースは信頼性の低い国家情報源からのみ提供されたものであると警告していました。

「しかし、もしそれが本当なら、プーチン大統領、彼の同盟者全員、友人たち、政府全体が、自分たちがやったことの責任を問われることを知っている…そしてその日はあなたが思っているよりも早く来るだろう。」

ナワリヌイ氏暗殺未遂事件で毒殺されかけた治療直後にも再び連行される

2020年8月20日フライト中毒殺未遂事件が

2020年8月20日フライト中毒殺未遂事件が

ナワリヌイ氏は、死亡する3年ほど前の2020年8月20日、トムスクからモスクワへのフライト中に病気になり、オムスクの緊急都市臨床病院No. 1に入院しました。

彼の容態の変化は突然で激しく、ビデオ映像には彼が大声で叫びながら、乗務員が彼に向かって急いで駆けつける様子が映っていたのです。後にナワリヌイ氏は、痛みから悲鳴を上げているのではなく、死が近づいているという認識から叫んでいたと語っていたということ。

原因は神経剤ノビチョク中毒

原因は神経剤ノビチョク中毒

その後ナワリヌイ氏は、病院での検査で神経剤ノビチョク中毒に罹り、昏睡状態で人工呼吸器を装着。その1か月後に退院します。ナワリヌイ氏はプーチン大統領が自身の毒殺の犯人であると非難し、捜査には連邦保安局の職員が関与していることが判明しました。

闘病後の帰国直後に再び逮捕拘留

闘病後の帰国直後に再び逮捕拘留

2021年1月、ナワリヌイ氏はロシアに帰国し、仮釈放条件違反の容疑で即拘留されました。彼の逮捕後、ロシア全土で大規模な抗議活動が行われるも、2021年2月、執行猶予付きの判決から懲役2年以上の刑に変更されます。

過激主義容疑で懲役19年の判決

過激主義容疑で懲役19年の判決

2022年3月、ナワリヌイ氏はアムネスティ・インターナショナルによってインチキと評された新たな裁判で横領と法廷侮辱罪で有罪判決を受け、さらに懲役9年の判決を受けます。彼の訴えは却下され、6月に厳重警備の刑務所、通称「北極の狼」に移送。2023年8月、ナワリヌイ氏は過激主義容疑でさらに懲役19年の判決を受けました。

ナワリヌイ氏の健康状態は刑務所内で悪化した

投獄されてからナワリヌイ氏の状態が悪化

投獄されてからナワリヌイ氏の状態が悪化

ナワリヌイ氏が投獄されてから数か月間、彼の同盟者や弁護士からは、彼の状態が悪化し、重篤な状態にある、または行方不明であるなど、様々な情報が入ってきました。

ドイツでの退院後、ナワリヌイ氏の身体的な回復は万全とは言い難く、休養する必要があったにもかかわらず、過酷な環境の刑務所に収監されてしまったわけです。

背中の痛み・発熱・足のしびれ&睡眠不足

背中の痛み・発熱・足のしびれ&睡眠不足

彼は刑務所内でひどい背中の痛み、発熱、足のしびれを訴えました。また、警備員が毎時間ごとにナワリヌイ氏の目に懐中電灯を当てて検査し、その行為による睡眠不足について語り、神経剤ノビチョクによる深刻な影響から完全には回復していなかったと語りました。

ナワリヌイ氏の死因は「突然死症候群」

散歩中に倒れ意識が戻らなかった

散歩中に倒れ意識が戻らなかった

ロシアの説明によりますと、2024年2月16日にナワリヌイ氏は、西シベリアのヤマロネネツにある刑務所の外で少し散歩をしていたところ、気分が悪くなったと言い、その後倒れてそのまま意識が戻らなかったということ。

ナワリヌイ氏の家族は、倒れたとされる翌日の2月17日に政治活動家が2月16日金曜日の現地時間14時17分に死亡したことを確認しました。

刑務所側の見解は「突然死症候群」

刑務所側の見解は「突然死症候群」

ナワリヌイ氏が拘留されていた刑務所当局は、彼が「突然死症候群」を患っていたと発表したことを報告。ナワリヌイ氏の遺体の解剖がまだ行われたかどうかは明らかではありませんでした。

母親のリュドミラさんも息子の遺体と対面できず

母親のリュドミラさんも息子の遺体と対面できず

ナワリヌイ氏の遺体がどこにあるのかも明らかにされていない土曜日に、現地に到着したナワリヌイ氏の母親リュドミラさんは、現在刑務所近くのサレハルド町にある遺体安置所にナワリヌイ氏の遺体は収容されたと告げられました。

ロシア委員会による調査は無期限に延長

ロシア委員会による調査は無期限に延長

その後、リュドミラさんは施設内への立ち入りが許可されず、息子の弁護士が建物から追い出されたと述べていました。さらに、死亡に関するロシア委員会による調査は無期限に延長されたということ。

そして、この手続きが完了するまでナワリヌイ氏の遺体は引き渡されないと告げられていたのです。その後の報道では、捜査当局がリュドミラさんに対し、「化学分析」を行う間の2週間は遺体を引き渡さないことを伝えたと語っていました。

死亡する前日は健康状態が良好だった

関連するキーワード

関連するまとめ

イスラム国の現在!思想と目的・対立国との関係・縮小した理由と今の勢力図まとめ

イスラム国(ISIL)の現在について話題となっています。また、イスラム国はどんな思想・目的を持つ国なのか、対…

cyann3 / 1750 view

ナワリヌイの結婚した嫁と子供・父親と母親など家族も総まとめ

ロシア人の政治活動家として知られているアレクセイ・アナトリエヴィチ・ナワリヌイ。彼は2024年に死去したこと…

aquanaut369 / 318 view

中村哲医師はアフガンでなぜ殺された?犯人と殺害の動機・過去の功績や現在の状況まとめ

2019年12月4日、アフガニスタン東部のジャララバードで武装勢力に襲撃され殺害された医師の中村哲さんはなぜ…

passpi / 6074 view

ティリクム・シャチ事件と現在!死亡事故の原因・動画や映画も総まとめ

アメリカ合衆国フロリダ州オーランドのシーワールドで飼育され、ショーの人気者だったシャチのティリクムが3名の死…

Mrsjunko / 3740 view

カナダ古川夏好さん殺害事件と犯人の現在!ウィリアム・シュナイダーの犯行動機・死因とそ…

2016年9月28日、カナダのバンクーバーに留学していた古川夏好さんが、廃屋で遺体となって発見された事件。犯…

Mrsjunko / 5372 view

フリッツル事件の子供のその後・現在!概要や犯人の動機なども総まとめ

映画『ルーム』で再現されたフリッツル事件は、エリーザベト・フリッツルさんが父親ヨーゼフから24年間自宅に監禁…

Mrsjunko / 87236 view

アメリカの有名な事件36選!ランキングで紹介【最新版】

シリアルキラーや銃乱射事件、テロ事件などの多いアメリカでは、今こうしている間にも考えられないような事件が起き…

Mrsjunko / 20695 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

センチネル族の現在!やらせと女好きの噂・ドローン・芸能人と宣教師・ダーウィン賞・コロ…

インド洋東部・北センチネル島に住む先住民族「センチネル族」について、やらせや女好きなどの話題が挙がっています…

cyann3 / 20233 view

チェルノブイリ原発事故の場所と原因・象の足・被爆者の症状と被害人数・死者やその後の影…

今世紀最大の人的災害であるチェルノブイリ原発事故は、長期的に健康被害が懸念されている事故で、現在も物議を醸し…

Mrsjunko / 959 view

ソニー・ビーン一族事件は嘘?実在?洞窟や死刑を逃れた末裔と真相まとめ

ソニー・ビーンとは、15世紀頃にスコットランドに実在したとされる人物です。48人の一族がいて洞窟に住み、人間…

Mrsjunko / 19175 view

ジョージフロイドは何をした?犯罪歴(薬物/偽札)や死因・警官の逮捕のいきさつを総まと…

警官の行き過ぎた暴力によって死去したジョージフロイドは何をしたのか?今回はジョージフロイドが亡くなった事件に…

aquanaut369 / 1080 view

カニバリズムの事件や現在!病気の民族・中国/日本/世界の歴史・有名人や映画など総まと…

カニバリズム(食人)という言葉には嫌悪感を覚えるのではないでしょうか。そんなカニバリズムの世界各国の歴史や有…

Mrsjunko / 1291 view

ゼレンスキー大統領は無能?暗殺の危険性と支持率の推移から無能の理由まとめ

2022年2月、ロシアによるウクライナ侵攻で話題のウクライナのゼレンスキー大統領。西側メディアはこぞって彼を…

passpi / 1481 view

マクマーティン保育園裁判は冤罪事件!犯人と被害者・その後や現在も総まとめ

アメリカ史上最長で最も高価な裁判となったマクマーティン保育園裁判は、1984年から1990年までの6年間に渡…

Mrsjunko / 1200 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);