タリバンとイスラム国の最新トピックスから見える両者の微妙な関係

2021年8月26日、イスラム国の支部組織が首都カブール空港で自爆テロ

アフガニスタン駐留米軍の2021年8月末までの撤退期限が目前に迫り、欧米のアフガン脱出作戦が展開されていた8月26日、首都カブールの空港外側で2度にわたる自爆テロが発生しました。

これにより米兵20人を含む160人以上が死傷。同日のうちにイスラム過激派組織「イスラム国」の支部組織が、SNS上で犯行を認める声明を出しています。

2021年10月8日、イスラム国がアフガンのシーア派モスクで自爆テロ

さらに、2021年10月8日、アフガニスタン北部クンドゥズ市のモスクで自爆テロが発生。それによる死者数は少なくとも72人にのぼると報じられ、アフガン駐留米軍の撤収後、最悪のテロ事件となりました。

自爆テロで損害を受けたアフガニスタン北部クンドゥズ市のモスクの惨状

自爆テロで損害を受けたアフガニスタン北部クンドゥズ市のモスクの惨状

このテロ事件でも、イスラム過激派組織「イスラム国」が犯行を認める声明を出しています。

なお、このテロの標的となったのは、イスラム教“スンニ派”であるイスラム国とは対立関係にある“シーア派”のモスクで、爆発当時は約300人が集まっていたそうです。

2件の自爆テロに対する米バイデン大統領とタリバンの対応

まず、2021年8月26日に首都カブール空港で発生した自爆テロに対し、米バイデン大統領は語気を荒げてこう言い切りました。

「私たちは決して許さない。決して忘れない。必ず追い詰め、代償を払わせる」

米バイデン大統領

米バイデン大統領

同時に、「このテロを首謀した者(イスラム国傘下の支部組織)の資産や指導者、施設を攻撃する作戦計画を策定するよう指揮官に命じた」と述べました。

一部にこのテロ組織とタリバンが共謀している可能性を指摘する声もある中、バイデン大統領はタリバンを非難する言葉は一切口にしなかったのです。

それどころか、このテロを実行した過激派組織イスラム国傘下の支部組織を、「タリバンの宿敵」と名指ししたと言います。

一方のタリバンも、この危険極まりないイスラム国の支部組織の根絶を最優先課題と位置づけているようで、今回、首都カブールを制圧した際には、早々に刑務所に収容されている同組織の元リーダーを処刑しています。

また、2021年10月8日にイスラム教“シーア派”のモスクで発生した自爆テロに対して、タリバンの報道官は、「凶悪な振る舞いを断固非難する」とTwitterに投稿し、イスラム国に対して報復攻撃を実行する可能性を示唆しています。

タリバン政府の報道官

タリバン政府の報道官

我々日本人にとってみれば、「タリバンもイスラム国も似たようなもの」との印象がありますが、よくよく調べてみれば、組織の目標やテロ行為の特徴、アルカイダとの関係などでハッキリとした違いがあるようなんですよね。

そこで今回、そんなタリバンとイスラム国の成り立ちや関係、そして両者の違いについてわかりやすく総まとめしてみました。

タリバンとアルカイダの違いから見るイスラム国との関係について

イスラム過激派組織「イスラム国」は、中東のシリアとイラクにまたがる広大な地域に樹立を宣言し、勢力を伸ばしてきました。

この「イスラム国」という組織を理解するためには、同じイスラム過激派組織であるタリバンとアルカイダについて知っておく必要があります。

タリバンはアフガニスタン土着の過激派組織

タリバンが誕生したきっかけは、旧ソビエト連邦によるアフガニスタン侵攻でした。

1979年、当時、共産主義政権が危機に瀕していたアフガニスタンの内紛に乗じて、ソ連がアフガニスタンに攻め込んだのです。

ソ連によるアフガニスタン侵攻

ソ連によるアフガニスタン侵攻

ソ連としてはアフガニスタンがアメリカを中心とした自由主義陣営に取り込まれるのを防ぐための侵攻でしたが、ソ連は社会主義国家で、宗教を否定する立場をとっていました。

イスラム教徒の国家に“無神論者”が攻め込んできたわけですから、それに徹底抗戦するのはイスラム教徒にとっての聖戦を意味する「ジハード」です。

「ソ連に侵略されたアフガニスタンを守らなければ!」そんな旗印の下、アラブ諸国を中心にイスラム社会全体から「ムジャヒディン(イスラム聖戦士)」と呼ばれる義勇兵たちがアフガニスタンに集結したんですよね。

この動きがタリバン結成に繋がることになります。

アフガニスタンに集結したムジャヒディンたち

アフガニスタンに集結したムジャヒディンたち

1989年にソ連軍が撤退した後、アフガニスタンでは複数の部族間で小競り合いが始まるのですが、そんな中、1994年11月に結成されたのが「タリバン」というイスラム主義勢力でした。

タリバンは次第に支配地域を拡大していくと、1996年9月にはアフガニスタン全土をほぼ制圧し、政権を樹立しました。

つまり、タリバンはもともとアフガニスタンに住む人々が中心となって結成した土着の過激派組織なんですよね。

ちなみに「タリバン」は、アラビア語で「神学生」を意味する言葉です。と言うのも、タリバンは元々、イスラム神学校で教育・訓練された学生たちを中心に構成された組織だったからです。

関連するキーワード

関連するまとめ

マクマーティン保育園裁判は冤罪事件!犯人と被害者・その後や現在も総まとめ

アメリカ史上最長で最も高価な裁判となったマクマーティン保育園裁判は、1984年から1990年までの6年間に渡…

Mrsjunko / 1458 view

H・H・ホームズの殺人ホテルの現在!生い立ちや家族・結婚・子孫と事件の詳細まとめ

H・H・ホームズは、1891年から1894年にかけて発生した連続殺人事件、および詐欺の犯人として知られていま…

Mrsjunko / 1574 view

プーチン大統領の身長や体重は?筋肉とトレーニングもまとめ

ウクライナに対する軍事侵攻により様々な制裁が科されているロシアのプーチン大統領。 今回、プーチン大統領の身…

passpi / 2748 view

サッカーしようぜ集団の動画の見方!ベネズエラの事件・犯人と被害者・その後現在もまとめ…

検索してはいけない言葉「サッカーしようぜ集団」はベネズエラで起こった事件で、被害者と犯人は誰なのかと話題にな…

cyann3 / 3850 view

ディアトロフ峠事件の真相や原因と犯人~被害者の舌が無くなった謎の事象や関連映画まとめ

ディアトロフ峠事件とは、1959年に当時ソ連領のウラル山脈北部で登山をしていた男女9人が、不可解な死を遂げ、…

Mrsjunko / 3533 view

ベイルート港爆発事故と現在!威力と画像や動画・原因・韓国との関係とその後もまとめ

レバノンで起こったベイルート港爆発事故とその後・現在について気になる方が多いようです。また、ベイルート港爆発…

cyann3 / 2307 view

トンガ王国の場所と地図・人口は?日本人の人数も総まとめ

温暖な気候の南国として知られている「トンガ王国」。2022年には海底火山の噴火で話題になりました。今回はトン…

aquanaut369 / 843 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ワグネルの人数や戦力!意味と給料・日本人・プリゴジンの反乱を総まとめ

ロシアで反乱を起こして話題になった民間軍事会社の「ワグネル」。今回はワグネルの意味や由来、組織の規模と戦力、…

aquanaut369 / 1903 view

中村哲医師とタリバンの関係!幹部の発言やエピソードまとめ

アフガニスタンで国民的英雄と讃えられた日本人医師・中村哲さん。残念ながら2019年12月に武装勢力に銃撃され…

passpi / 1470 view

ハローキティ殺人事件の詳細と犯人!検索してはいけない言葉と言われる理由・幽霊や画像・…

“検索してはいけない言葉”と言われている1999年に香港で起きた残虐極まりない猟奇殺人「ハローキティ殺人事件…

passpi / 23229 view

ダルマ伝説級とは?事件の犯人と被害者・画像や動画・現在まとめ

検索してはいけない言葉「ダルマ伝説級」について、事件が起こった国と犯人、被害者、当時の画像・動画や現在など話…

cyann3 / 6625 view

ロックフェラー家の資産!家系図やアメリカ5大財閥・邸宅を売却の話題まとめ

ロックフェラー家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロックフェラー家の家系図やアメリカ5大財閥…

cyann3 / 4723 view

ジェフリー・ダーマーの生い立ちと家族!父親や兄・事件詳細と関連映画も総まとめ

ジェフリー・ダーマーとは、1978年から1991年にかけて青少年17人を殺害し、屍姦や死体切断をした上にその…

Mrsjunko / 8473 view

リンドバーグ愛児誘拐事件の真相~犯人の冤罪説や事件の裏側まとめ

伝説の飛行士チャールズ・リンドバーグの息子が誘拐されるという「リンドバーグ愛児誘拐事件」。その犯人に冤罪の疑…

Mrsjunko / 9322 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);