フィレンツェの怪物事件の概要

少なくともカップル14人が犠牲に

少なくともカップル14人が犠牲に

フィレンツェの怪物事件とは、1974年9月14日から1985年9月8日にかけて、フィレンツェとその近郊で起こった殺人事件です。被害者は少なくとも14人で、一組を除いては男女のカップルでした。

犯罪学上最も不可解な事件の一つ

犯罪学上最も不可解な事件の一つ

この事件は40年以上に渡って調査されており、犯罪学上最も不可解な事件の一つとして知られています。イタリア政府はこの事件を受けて、世界中から専門の捜査官、犯罪学者、心理学者、社会学者の助けを求めていましたが、結局真犯人はわからず、事件は未解決のまま40年以上が経過しています。

フィレンツェの怪物事件の犯行内容と真相

犯罪は1年に1回から2回、更に長い時では7年もの歳月を経て起きており、シリアルキラーによくある「犯行が加速する」という傾向は全く見られていませんでした。そのため、犯行の時期を予測することが不可能という点からも犯人を特定することが難しい事件となっています。

犯人は、周到に計画を練って忍耐強く犯行時期を待ち、暗い時間帯で若いカップルへの電撃的な攻撃に至るという、とても特徴的な犯行に及んでしました。

第一期の犯行

1974年9月14日土曜日の夜

1974年9月14日土曜日の夜

フィレンツェ郊外のムジェロ地区にあるブドウ畑近くに停められた車の中からパスクアーレ・ジェンティルコア(19歳)の遺体を発見。次いで車の後ろの芝生の上に横たわっているステファニア・ペッティーニ(18歳)の遺体を発見しました。

パスクアーレは銃により即死。ステファニアの方は96か所の刺し傷と、性器にはブドウの蔓が差し込まれた状態でした。

その後ステファニアの財布が、森の中で見つかっています。しかし、中身はそのままの状態だったということ。

それから7年もの間犯行はなかったため、この事件を第一期の犯行としています。

第二期の犯行

1981年6月6日土曜日の夜

1981年6月6日土曜日の夜

フィレンツェ郊外のスカンディッチ地区にある未舗装の道路に止めてあった車の中から、ジョバンニ・ファッジ(30歳)の遺体を発見。次いで車から6メートルほど離れた場所でカルメラ・デヌッチョ(21歳)の遺体を発見しました。

ジョバンニは銃で撃たれ死亡しており、カルメラも銃で撃たれた上に性器を切り取られていました。

また、カルメラの財布の中身が空の状態で、車のまわりに散らばっていたということ。ジョバンニの財布は触られていませんでした。

このカップルは結婚を控えており、その買い物に出た時に殺害されました。この時期、カーセックスをターゲットにした覗きが横行しており、この日も覗き魔の一人が犯人として逮捕されていました。

1981年10月22日木曜日の夜

1981年10月22日木曜日の夜

フィレンツェ郊外のカレンツァーノにある田舎道に駐車した車の中から、ステファノ・バルディさん(26歳)が射殺体で発見。その後、車から離れたところでスザンナ・カンビさん(24歳)が発見されました。

スザンナさんは銃で殺害後、性器を切り取られており、6月6日の事件と酷似していることがわかっています。

警察では、6月の事件の時に犯人を拘留していることから、捜査が振り出しに戻ったためパニックとなりました。

1982年6月19日土曜日の夜

1982年6月19日土曜日の夜

フィレンツェの南、モネスペトリの国道脇で、パオロ・マイナルディさん(22歳)とアントネッラ・ミリオリーニさん(19歳)が銃撃を受けました。

パオロさんは銃撃を受けながらも車を発進させようとしましたが、瀕死の状態に、アントネッラさんも逃げようと試みますが車が脱輪し、2人とも搬送先の病院で息を引き取りました。

この事件では被害者が抵抗を試みたため、女性が体を切り刻まれるということはなかったようです。

1983年9月9日金曜日の夜

1983年9月9日金曜日の夜

フィレンツェの住宅街ギャルッツォで、ドイツ人観光客のウウェ・ラッシュさん(24歳)とホルスト・マイヤーさん(24歳)が襲われました。

これまでと違うのは、このカップルは男性2人だったのです。おそらく長髪にしているホルスト・マイヤーさんを女性と見間違えたのではないかと言われています。

1984年7月29日日曜日の夜

1984年7月29日日曜日の夜

フィレンツェ近くのヴィッキオの森の中で、ピア・ロンティーニさん(18歳)とクラウディオ・ステファナッチさん(21歳)が車を駐車していたところを襲われました。

女性のピアさんは、左胸を切り取られていたということ。

この時、現場近くで50代の不審な男性が目撃されていましたが、事件とは関係なかったそうです。

1985年9月8日日曜日の夜

1985年9月8日日曜日の夜

フィレンツェ郊外の町、サンカッシアーノ近くの森でテントで眠っていたカップルの、ナディーン・モーリオさん(36歳)とジャン・ミシェルクラベチビリさん(25歳)が、襲われ死亡しました。

ナディーンさんは乳房を切り取られ、犯人は警察をあざ笑うかのように、その乳房を送り付けてきました。

手口の類似している犯行

1968年8月21日の深夜の水曜日の夜

1968年8月21日の深夜の水曜日の夜

フィレンツェ郊外シーニャの林近くに止めていた車の中から、バーバラ・ロッチさん(31歳)とアントニオ・ロ・ビアンコさん(29歳)の遺体が発見されました。この2人は既婚者で不倫の最中だったとのこと。

車中にはバーバラさんの子供が乗っていましたが、熟睡していたため犯人に気づかれず、無事でした。

しかし、このカップルの犯人はバーバラさんの夫であるとして、懲役刑を受け収監されました。似ている事件ですが、上記の事件との関連性は低いとされています。

フィレンツェの怪物事件の一連の犯行の共通点と容疑者逮捕

カップルを狙った犯行でカルト教団が関係していると推測

カップルを狙った犯行でカルト教団が関係していると推測

この事件の共通する点は、殆どが深夜にカップルでカーデートを楽しんでいる人物が標的にされていること。また、女性には特に固執していて、性器や胸を切除して持ち帰っていることです。

当初警察では、女性の体の一部を切断して持ち去っていることから、犯人はカルト教団の信者で、儀式に用いるために調達を目的とした一連の犯行と推測していました。

地元のギャングを容疑者として逮捕

地元のギャングを容疑者として逮捕

警察では最終的に地元のギャングであるピエトロ・パッチャーニ、マリオ・ヴァンニ、ジャン・カルロ・ロッティ、ステファノ・メロの4人を逮捕。しかし、ステファノが無罪であると主張し、他の3人が真犯人であると自供しました。

警察側はそれを信用し、ステファノは釈放され3人の逮捕を確実にしました。その後、パッチャーニは再審を待たずに1998年に心臓発作で他界、ジャン・カルロ・ロッティも服役4年目に刑務所内で他界しました。

写真は容疑者のピエトロ・パッチャーニです。

結局真相は謎のまま

結局真相は謎のまま

結局残されたステファノ・メロも真犯人であるとは、未だに断定できませんでした。

写真はジャン・カルロ・ロッティです。

「フィレンツェの怪物事件」の真相と犯人【まとめ】

関連するキーワード

関連するまとめ

イルミナティカードがトランプ暗殺を予言?その真相まとめ

都市伝説業界では有名な「イルミナティカード」は「未来を予言している」と言われていて、そのカードに描かれた絵に…

aquanaut369 / 852 view

首長族の女性が美人・かわいい!怖い風習と衣食住・男性の画像もまとめ

少数民族の首長族について、女性が美人でかわいいと話題になっています。また、首長族の怖い風習と衣食住、男性の画…

cyann3 / 1530 view

コロンビア号空中分解事故まとめ~原因・死者や乗組員の最後の音声・残骸と遺体・その後現…

2003年2月1日に起きたコロンビア号空中分解事故は、ミッションを終えたコロンビア号が帰還する際の大気圏突入…

Mrsjunko / 3009 view

ANTIFAはアメリカへの中国のテロの噂!グレタ・蓮舫の発言と関係性まとめ

アメリカの活動家グループANTIFA(アンティファ)について、中国のテロの噂が出てきています。また、グレタさ…

cyann3 / 337 view

ANTIFAの意味とは?日本や政治家との関係・立憲民主党の発言まとめ

アメリカで話題になっている政治団体・ANTIFA(アンティファ)の意味、また、日本版や政治家との関係、立憲民…

cyann3 / 356 view

レプティリアンの正体や真実!特徴と見分け方など総まとめ

「ヒト型爬虫類」とも言われ、多くの人の想像をかきたてている未知の存在である「レプティリアン」。この記事では、…

kent.n / 2372 view

テッド・バンディの生い立ちと娘!事件詳細と実話映画のネタバレまとめ

テッド・バンディとは、1974年から1978年にかけてアメリカの7つの州でおよそ30人の女性を殺害したシリア…

Mrsjunko / 1865 view

ロックフェラー家とロスチャイルド家を比較!関係性と日本との関わりまとめ

ロックフェラー家とロスチャイルド家についての比較に関して注目が集まっています。また、ロックフェラー家とロスチ…

cyann3 / 1394 view

アルバート・フィッシュの生い立ち/子供/子孫!名言や事件詳細と手紙・関連映画まとめ

アルバート・フィッシュとは、1910年代から1934年にかけて約400人の児童を殺害したという、「「満月の狂…

Mrsjunko / 2201 view

パブロ・エスコバルの生涯~家族(母親・嫁・息子)や射殺の最後とドラマや映画まとめ

コロンビア最大の麻薬密売組織の創設者で、麻薬王と呼ばれたパブロ・エスコバル。今回は、パブロ・エスコバルの生涯…

Mrsjunko / 4790 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

アノニマスの意味や仮面の正体!日本との関係・現在の活動もまとめ

インターネット上の国際ネットワーク集団「アノニマス」について、その意味などが注目を集めています。また、アノニ…

cyann3 / 514 view

テッド・バンディの生い立ちと娘!事件詳細と実話映画のネタバレまとめ

テッド・バンディとは、1974年から1978年にかけてアメリカの7つの州でおよそ30人の女性を殺害したシリア…

Mrsjunko / 1865 view

フリッツル事件の子供のその後・現在!概要や犯人の動機なども総まとめ

映画『ルーム』で再現されたフリッツル事件は、エリーザベト・フリッツルさんが父親ヨーゼフから24年間自宅に監禁…

Mrsjunko / 5330 view

ペトロパブロフスク羆事件は嘘?本当?詳細やクマの大きさなど総まとめ

世界3大獣害事件とされる「ペトロパブロフスク羆(ひぐま)事件」について、その詳細が気になる方が多いようです。…

cyann3 / 1311 view

カナダ古川夏好さん殺害事件と犯人の現在!ウィリアム・シュナイダーの犯行動機・死因とそ…

2016年9月28日、カナダのバンクーバーに留学していた古川夏好さんが、廃屋で遺体となって発見された事件。犯…

Mrsjunko / 1720 view

ケネディ大統領暗殺の真相!夫人が脳みそを拾った?犯人も総まとめ

パレード中に暗殺されたことで知られているケネディ大統領。死の真相は未だハッキリしておらず、その真犯人も謎のま…

aquanaut369 / 1737 view

ロックフェラー家とロスチャイルド家を比較!関係性と日本との関わりまとめ

ロックフェラー家とロスチャイルド家についての比較に関して注目が集まっています。また、ロックフェラー家とロスチ…

cyann3 / 1394 view

9.11アメリカ同時多発テロ事件の真実!陰謀と犯人・日本人生存者や犠牲者も総まとめ

9.11同時多発テロ事件とは、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起こったイスラム過激派のテロ組織であるア…

Mrsjunko / 1030 view

レプティリアンの正体や真実!特徴と見分け方など総まとめ

「ヒト型爬虫類」とも言われ、多くの人の想像をかきたてている未知の存在である「レプティリアン」。この記事では、…

kent.n / 2372 view

ジョンベネ殺害事件の真犯人は?父・母・兄の犯人説/性的被害と霊視などの真相まとめ

1996年12月26日、当時6歳のジョンベネちゃんが自宅の地下室から遺体となって発見された事件は、当時センセ…

Mrsjunko / 2884 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク