タリバンって何?

タリバンは「イスラム強硬派組織」

タリバンは「イスラム強硬派組織」

タリバンはイスラム教の法律である「イスラム法」の厳格な法解釈を施行している「イスラム強硬派組織」で、以前にアフガニスタンで政権を持っていたときには公開処刑を実施し、女性に教育を受けさせないなどして欧米諸国から非難を集めていました。彼らはイスラム法が絶対で、その法律を完璧に順守するためならどんな手段もいとわない活動で知られています。

国際的には危険な組織

国際的には危険な組織

タリバンは国際的には危険な組織として認知されていて、「軍事組織」や「テロ組織」という見方が一般的です。実際に彼らはアフガニスタンで何度も軍事活動やテロ行為を行っていて、それらはすべてイスラム法で国を統治するために行われています。彼らは民間人の虐殺や土地を焼き払うなど、過激な行為が多く、1500年前からあった有名な仏像を破壊したこともありました。

タリバンの始まりは?

タリバンの始まりは?

タリバンは元々パシュトー語で「学生」をあらわし、19779~1989年に行われたソ連のアフガニスタン侵攻に抵抗したムジャヒディンという人たちが起源となっています。その後、イスラムの教えを説くムハマド・オマルによって立ち上げられ、イスラムの進学校で学んだ若者たちがメンバーに参加し、組織は規模を大きくしていきました。

タリバンの活動拠点は?

タリバンの活動拠点は?

タリバンの活動拠点は「アフガニスタン」で、全土に渡って大きな影響力を持っています。彼らは自ら「アフガニスタン・イスラム首長国」だと主張していて、一般的には「タリバン政権」と呼ばれています。

90年代に政権を奪取した

90年代に政権を奪取した

タリバンはソ連がアフガニスタンから撤退したあと、内部で対立が絶えず、組織で争いを行います。その後、「アフガニスタンの安定」を訴え国民の支持を得て1996年にアフガニスタンの政権を奪取。タリバンによる政権は2001年まで続き、当時はアフガニスタンの4分の3の地域を掌握していました。

アルカイダを匿い、アメリカによって政権が崩壊した

アルカイダを匿い、アメリカによって政権が崩壊した

タリバンは2001年に起こったアメリカ同時多発テロで首謀者とされたテロ組織「アルカイダ」を匿ったとしてアメリカ軍から攻撃を受けることになります。これによってそれまであったタリバン政権は崩壊となり、以降は国内で軍事活動が活発になっていきます。その後はアフガニスタンの情勢はより一層不安定になり、避難民が続出しました。

2021年にアメリカ軍は完全撤退した

2021年にアメリカ軍は完全撤退した

アフガニスタンは2001年から長きにわたってアメリカ軍とタリバンとの戦争が続いていましたが、2021年8月、ついにアメリカ軍が完全撤退となりました。アメリカ軍はアルカイダへの報復でアフガニスタンへ侵攻し、以降は国の民主化や治安状況の改善を図ってきました。ですが、一向に状況は改善せず、ついに撤退することとなりました。

米国や国際社会が支援しても、アフガンの民主化や治安状況の改善は一向に進まない。バイデン氏はそんな状況に強い疑問を持ち、10年以上前から米軍の撤退を考えていた。

【中継】アフガンから米軍撤退 史上最長の戦争終結 - YouTube

出典:YouTube

アフガニスタンは今後どうなる?

アフガニスタンは今後どうなる?

アフガニスタンは現在アメリカ軍が撤退したことでタリバン政権が再び力を強めていると思われ、タリバン政権がアフガニスタンの舵取りを行うものと見られています。2021年8月19日には再び「アフガニスタン・イスラム首長国」の建国が宣言されていて、今後の動向は世界中から注目を集めています。

タリバンはなぜ女性の扱いが酷いのか?差別や迫害について

タリバンは女性の扱いが酷い

タリバンは女性の扱いが酷い

タリバンは女性の扱いが酷いことで有名で、その扱いには「なぜ?」と疑問に感じる人が大勢います。アフガニスタンで暮らしている女性の多くは全身をベールで覆い隠し、体を見せないようにしています。また、教育や仕事をすることも許されず、なんとこれを違反すると最悪の場合に死刑になることもあるのだとか。

なぜ女性は差別的な扱いを受けるのか?

なぜ女性は差別的な扱いを受けるのか?

タリバンは女性に対して差別的なまでの扱いで知られていますが、なぜそのような扱いになるのでしょうか?その理由は彼らがもっとも大切にしているイスラム法「シャリア」が挙げられます。シャリアは神が定めたものとされ、その神が定めた教えを予言者ムハンマドが世に伝えたとされています。

タリバンはこのシャリアを最重要視していて、アフガニスタンの女性はタリバンが定めた基準を守ることを強いられています。

イスラム法「シャリア」では殺人などの犯罪も禁止されている

イスラム法「シャリア」では殺人などの犯罪も禁止されている

タリバンは女性たちに「シャリア」の教えを強要していますが、じつはシャリアは殺人などの犯罪も禁じています。ですが、タリバンは武装勢力として殺人もいとわない集団で、シャリアの教えに背く行動を取っています。

これについてはおそらく「国を守る」という大義名分のためだと思われ、「解釈の違い」から自身の活動を容認しているものとみられます。

タリバンの女性に対する差別や現在の対応のついて

女性の権利は「イスラム法の範囲内」で尊重される

女性の権利は「イスラム法の範囲内」で尊重される

タリバンはアフガニスタンの女性について「権利はイスラム法の範囲内で尊重される」としていて、基本的にタリバンのイスラム法学者の判断がすべてとされています。そのため、彼らの法解釈次第でその権利はどうにでもなり、女性が男性と同等の権利を得られるのかについては国内でも大きな議論となっています。

アフガニスタンの女性はタリバンに不信感を募らせている

アフガニスタンの女性はタリバンに不信感を募らせている

アフガニスタンの女性には「タリバンが女性の権利を奪う」と心配している人が多く、これは彼の女性に対する扱いが要因となっています。過去にはタリバンの主張で「女性が社会で活躍すべきだ」というものがありましたが、いまのところそれは形になっていないのだとか。

「飯がまずい」というだけで火あぶりに遭った女性も

「飯がまずい」というだけで火あぶりに遭った女性も

タリバンは近年でも女性への扱いが変わっておらず、北部の町では「飯がまずい」というだけでタリバンの戦闘員から火をつけられ、調理人の女性が殺害されたこともありました。

この行いは明らかな女性軽視であり、シャリアで禁止されている殺人行為以外の何物でもありません。

英メディアによると、北部の町ではタリバン戦闘員が「食事がまずい」と調理人の女性に火をつけて殺した。
女性の外出禁止や学校閉鎖が相次いでいる

女性の外出禁止や学校閉鎖が相次いでいる

アフガニスタンでは国内の女子学校の閉鎖が相次いでいるようで、すでに地方にある学校は軒並み閉鎖になっています。さらにタリバンは女性の外出までも禁止していたようで、働く女性にも同様に外出禁止を通達しました。タリバンはこれについて「安全ではないから」としていて、女性を尊重するような発言をしていました。

タリバンは「女性を尊重する」と発言している

タリバンは「女性を尊重する」と発言している

タリバンはこれまでに女性への差別的な扱いを行ってきましたが、アメリカ軍が撤退し、アフガニスタンを制圧したあと、「女性を尊重する」と発言しています。彼らは女性が仕事に就くことや教育を受ける権利について「保障する」とも語っていて、これからのアフガニスタンは女性が社会進出することを示しました。

タリバンの報道担当者は新体制ではイスラム法の枠内で女性が医療分野などで働くことが可能になり、学ぶ権利も保障するとした。
アフガニスタンでは女性によるデモが行われている

アフガニスタンでは女性によるデモが行われている

アフガニスタンではタリバンが「女性を尊重する」と語りながらもまだまだ女性が軽視されていることに対し、多くの女性がデモを起こし話題になりました。彼女たちは「教育、就業、安全」と書かれたプラカードを持って行進を行い、自分たちの権利を訴えました。ただ、デモを行った彼女たちも「タリバンの支持には従う」としていて、その中で自分たちが望む権利を主張しました。

現在は女性への対応が穏やかになっている?

現在は女性への対応が穏やかになっている?

タリバンは長年女性の扱いが問題視されてきましたが、現在はそれも少しずつ変わってきているのだとか。禁止されているなか外出している女性を見つけても無理やり家に帰したり、攻撃することはなく、ただ「嫌な顔」を見せるだけだと言われています。もちろんすべての地域ではないと思われますが、タリバンも内部から変化が起きているのは間違いありません。

「意を決して職場に戻った医師や看護師といった女性たちの中には、タリバンからばかにされていると訴える人もいる」と説明。「タリバンは彼女たちに視線を向けたり、話しかけたりしない。怒った顔を見せるだけだ」と語った。

今後アフガニスタンはどうなっていくのか?

関連するキーワード

関連するまとめ

ガイルくん死去はなぜ?死因はうつ病?逮捕や行方不明・死の真相まとめ

ゲーム系YoutuberのEtika(エティカ)こと「ガイルくん」の死が注目されており、ガイルくんの逮捕の経…

cyann3 / 3709 view

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 17414 view

サラスターン事件の詳細!犯人やその後・現在まで解説

ある日、突然19歳の女性が失踪したことから始まった「サラスターン事件」。アメリカでは「遺体なき殺人」とも呼ば…

aquanaut369 / 1448 view

イスラム国の現在!思想と目的・対立国との関係・縮小した理由と今の勢力図まとめ

イスラム国(ISIL)の現在について話題となっています。また、イスラム国はどんな思想・目的を持つ国なのか、対…

cyann3 / 1770 view

ウクライナ21の内容と真相!犯人とその後・殺人動画の話題まとめ

ウクライナで未成年の少年3人によって実行された連続殺人事件「ウクライナ21」について、その内容と真相に注目が…

cyann3 / 27788 view

オズワルドのケネディ暗殺の真実~生い立ちや子供の現在も総まとめ

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディを暗殺した犯人とされるリー・ハーヴェイ・オズワルド。このペー…

Mrsjunko / 5991 view

ロックフェラー家とロスチャイルド家を比較!関係性と日本との関わりまとめ

ロックフェラー家とロスチャイルド家についての比較に関して注目が集まっています。また、ロックフェラー家とロスチ…

cyann3 / 4778 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ANTIFAの意味とは?日本や政治家との関係・立憲民主党の発言まとめ

アメリカで話題になっている政治団体・ANTIFA(アンティファ)の意味、また、日本版や政治家との関係、立憲民…

cyann3 / 1734 view

ロスチャイルド家の資産!家系図や当主・日本のデヴィ夫人との関係まとめ

ロスチャイルド家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロスチャイルド家の家系図や当主、日本のデヴ…

cyann3 / 6165 view

フィレンツェの怪物事件の真相と犯人まとめ~犯行内容などが概要も解説

イタリアのフィレンツェとその周辺で、1970年代から80年代にかけて発生したカップル連続殺人事件「フィレンツ…

Mrsjunko / 3756 view

O・J・シンプソン事件の真実と真犯人!嫁と子供など現在まで総まとめ

元フットボール選手で俳優としても活躍していたO・J・シンプソンですが、元妻とその恋人の殺害犯としても知られて…

Mrsjunko / 3974 view

センチネル族の現在!やらせと女好きの噂・ドローン・芸能人と宣教師・ダーウィン賞・コロ…

インド洋東部・北センチネル島に住む先住民族「センチネル族」について、やらせや女好きなどの話題が挙がっています…

cyann3 / 20335 view

海外旅行で行ってはいけない危険な国ランキング32選【最新決定版】

世界にはとても危険な国がたくさんあります。ここでは、海外旅行で行ってはいけない危険な国を32か国、ランキング…

Mrsjunko / 1906 view

オズワルドのケネディ暗殺の真実~生い立ちや子供の現在も総まとめ

第35代アメリカ合衆国大統領ジョン・F・ケネディを暗殺した犯人とされるリー・ハーヴェイ・オズワルド。このペー…

Mrsjunko / 5991 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);