ニコラス・クリストフのプロフィール

ニコラス・クリストフ

ニコラス・クリストフ

本名:ニコラス・クリストフ
出身地:アメリカ合衆国
生年月日:1959年4月27日
職業:ジャーナリスト、作家、オピニオン・コラムニスト
所属:ニューヨーク・タイムズ紙
配偶者:シェリル・ウーダン

イリノイ州・シカゴ出身のジャーナリスト

イリノイ州・シカゴ出身のジャーナリスト

ニコラス・クリストフさんはアメリカイリノイ州・シカゴ出身のジャーナリストの方になります。

クルーズ船で摩天楼を巡るツアーが人気で、フィールド自然博物館などの観光スポットもあります。

1984年にアメリカ紙「ニューヨーク・タイムズ」に入社

1984年にアメリカ紙「ニューヨーク・タイムズ」に入社

ニコラス・クリストフさんは1984年、アメリカを代表する新聞社「ニューヨーク・タイムズ」に入社しています。

ジャーナリストとしてコラム・ブログなどを執筆、その発言は日本でも知れ渡っていることで有名です。

アダルト動画サイト「Pornhub」で児童虐待などの動画が見つかったと批判

アダルト動画サイト「Pornhub」で児童虐待などの動画が見つかったと批判

ニコラス・クリストフさんはアダルト動画サイト「Pornhub」にて、児童虐待などの動画が見つかったと批判したことが話題になっています。

この発言によってPornhub動画削除や見直しなどが行われており、Pornhubと提携する企業をも動かしています。

ニコラス・クリストフの尖閣発言

日中間で起こっている「尖閣諸島問題」に言及するジャーナリストの1人

日中間で起こっている「尖閣諸島問題」に言及するジャーナリストの1人

ニコラス・クリストフさんは尖閣諸島問題に言及しており、日中間で起こっている騒動に切り込んでいます。

尖閣発言が注目されるジャーナリストとして、ニコラス・クリストフさんの名前はよく挙がります。

2010年9月10日のコラムで「現実的に日米安全保障条約を発動する可能性はゼロだ」と主張

2010年9月10日のコラムで「現実的に日米安全保障条約を発動する可能性はゼロだ」と主張

ニコラス・クリストフさんは「ニューヨークタイムズ」2010年9月10日のコラムにて、「現実的に日米安全保障条約を発動する可能性はゼロだ」と主張しました。

これが日本でも大きく話題になっており、日米安全保障条約に関する関心が高まるニュースとなりました。

尖閣諸島については「中国に分がある」と発言

尖閣諸島については「中国に分がある」と発言

ニコラス・クリストフさんは尖閣諸島について独自に分析、「中国に分がある」と発言をしています。

尖閣諸島について日本と中国の主張がぶつかり合う形で問題が続いています。

中国の公船が尖閣諸島に差し迫る現在、ニコラス・クリストフさんの発言は大きなターニングポイントとなったようです。

2011年1月20日のコラムでも「中国の領有権主張には揺るぎない歴史的根拠がある」と主張

2011年1月20日のコラムでも「中国の領有権主張には揺るぎない歴史的根拠がある」と主張

ニコラス・クリストフさんは2011年1月20日のコラムでも「中国の領有権主張には揺るぎない歴史的根拠がある」と主張しています。

これは中国が主張する尖閣諸島に対する認識と同じであり、反日発言とも取れる内容です。

2012年9月19日のコラムでは「1895年、日本が事実上中国から“戦利品”として島を盗んだことを示す政府文書はとても興味深い」と発言

2012年9月19日のコラムでは「1895年、日本が事実上中国から“戦利品”として島を盗んだことを示す政府文書はとても興味深い」と発言

ニコラス・クリストフさんはさらに「ニューヨーク・タイムズ」2012年9月19日のコラムにて「1895年、日本が事実上中国から“戦利品”として島を盗んだことを示す政府文書はとても興味深い」と発言しています。

これは尖閣諸島が日本領になったのが「日清戦争中」の1895年1月14日で、現在は沖縄県石垣市に属している尖閣諸島に関する言及です。

在ニューヨーク日本総領事館は「歴史的にも国際法上も、尖閣諸島は日本固有の領土」とコメントした

在ニューヨーク日本総領事館は「歴史的にも国際法上も、尖閣諸島は日本固有の領土」とコメントした

ニコラス・クリストフさんの尖閣諸島に対する発言ですが、日本も近年ではそれに反発するコメントを出しています。

在ニューヨーク日本総領事館では、「歴史的にも国際法上も、尖閣諸島は日本固有の領土」とコメントするなどの反応が見られています。

ニコラス・クリストフの日本に対する反日発言

日本のレディースコミックに対して「日本女性が読む野蛮なコミック」(1995年)

日本のレディースコミックに対して「日本女性が読む野蛮なコミック」(1995年)

ニコラス・クリストフさんは尖閣諸島問題だけではなく、日本に対するその他の反日発言も見られています。

一例として1995年、日本のレディースコミックに対して「日本女性が読む野蛮なコミック」という発言がありました。

しかし、この発言は同年に起こった米兵3人による「沖縄米兵少女暴行事件」に反発する形のコメントだったと思われます。

「日本の夫婦には人生の良きときにも悪しきときも愛は不要」(1996年2月)

「日本の夫婦には人生の良きときにも悪しきときも愛は不要」(1996年2月)

ニコラス・クリストフさんの反日発言ですが、1996年2月に「日本の夫婦には人生の良きときにも悪しきときも愛は不要」という発言がありました。

これもニューヨークタイムズに掲載されたコラムですが、日本の夫婦関係のあり方にアメリカ人の視点でメスを入れています。

「日本の運動会では同時に手をつないで同時にゴールインする」(1998年4月)

「日本の運動会では同時に手をつないで同時にゴールインする」(1998年4月)

ニコラス・クリストフさんは1998年4月には「日本の運動会では同時に手をつないで同時にゴールインする」という発言もありました。

こちらは日本の運動会に関するコメントであり、非常にセンシティブな内容であることは間違いありません。

ニコラス・クリストフの中国との関係

1988年に中国系アメリカ人3世のシェリル・ウーダンと結婚

1988年に中国系アメリカ人3世のシェリル・ウーダンと結婚

ニコラス・クリストフさんは1988年、中国系アメリカ人3世のシェリル・ウーダンさんと結婚しました。

その後、3人の子供に恵まれており、またシェリル・ウーダンさんは投資家・資産家であることも分かっています。

中国寄りの発言は1988年以降に起こっており、中国系の妻との結婚が一因と言えそうです。

1989年の中国・天安門事件に関する報道を行っていた

1989年の中国・天安門事件に関する報道を行っていた

ニコラス・クリストフさんは1989年、中国・天安門事件に関する報道を行っていました。

中国系アメリカ人妻との結婚から約1年、中国に関する関心が高まってくる時代だったと言えます。

1989年にピューリッツアー賞(国際報道部門)を受賞

1989年にピューリッツアー賞(国際報道部門)を受賞

ニコラス・クリストフさんは中国・天安門事件の報道により、1989年にピューリッツアー賞(国際報道部門)を受賞しています。

ピューリッツアー賞はアメリカで写真・報道・文学などの功績に対して与えられる賞で、1917年に創設されている歴史の長い賞です。

2013年1月に中国に関する報道で、習近平を「改革者」と評した

2013年1月に中国に関する報道で、習近平を「改革者」と評した

ニコラス・クリストフさんは2013年1月に中国に関する報道では、習近平さんを「改革者」と評しています。

さらに習近平さんが今後に大規模な改革を行うと予想、それが見事に的中しています。

ニコラス・クリストフに関する今後のニュース・発言に注目

ニコラス・クリストフに関する今後のニュース・発言に注目

ニコラス・クリストフさんは過去の尖閣諸島に対する発言、さらに日本に対しても反日発言が出ています。

一方で中国に関する言及は少なく、これは中国系アメリカ人3世の妻に配慮する形だと予想されます。

そんな過去の発言が注目されるニコラス・クリストフさんの今後のニュース・発言にも注目です。

まとめ

ニコラス・クリストフさんの尖閣発言は2010年頃から注目されています。中国との関係は妻が中国系という部分が大きく、日本に対する反日発言が目立っている状況です。ニコラス・クリストフさんの「ニューヨークタイムズ」ジャーナリストとしての発言に今後も注目していきましょう。

関連するまとめ

キャサリン妃とウィリアム王子の子供や結婚式~現在まで総まとめ

キャサリン妃とウィリアム王子は、セント・アンドルーズ大学での学友です。お二人の交際期間は長く、2004年に公…

Mrsjunko / 3637 view

ニコール・リッチーとパリス・ヒルトンの仲!関係やエピソードまとめ

ライオネル・リッチーさんの養女ニコール・リッチーさんと、ヒルトンホテルの創設者コンラッド・ヒルトンさんの曽孫…

Mrsjunko / 1453 view

ヴィクトリア女王の家系図は?夫・子供など家族の画像まとめ

イギリス王室のヴィクトリア女王について、現在までの家系図はどのようになっているのでしょうか。まずは簡単なプロ…

cyann3 / 12541 view

カナダのトルドー首相の嫁と子供~ソフィー夫人や息子・娘を総まとめ【コロナ感染も】

カナダのイケメン首相と有名なジャスティン・トルドー首相には、世界一セクシーなファーストレディと呼ばれる嫁のソ…

Mrsjunko / 1609 view

メーガン妃はブサイク?嫌われる理由や評判について総まとめ

ヘンリー王子の妻で2019年5月に長男を出産し話題となっているメーガン妃。ファンも多いメーガン妃ですが、注目…

rirakumama / 11355 view

ヒラリー・クリントンの若い頃と現在!美人・メガネ姿の画像もまとめ

アメリカの政治家のヒラリークリントンさんについて、若い頃の画像が注目を集めています。また、若い頃の美人・メガ…

cyann3 / 3724 view

セオドア・ルーズベルトがテディベアの由来!理由は熊狩りだった?

世界中で愛されているテディベア。じつはこのクマのぬいぐるみは時のアメリカ大統領セオドア・ルーズベルトが由来に…

aquanaut369 / 918 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ヒトラーは天才?功績や性格・民衆への演説まとめ

ドイツ人は最も優秀な人種だと主張し、一極集中独裁指導体制を築き上げてユダヤ人虐殺である「ホロコースト」を引き…

Mrsjunko / 2830 view

ダイアナ妃の事故の真相は?暗殺?ベンツが原因説も写真付きでまとめ

ダイアナ妃の交通事故による死亡の話題ですが、ベンツが原因なのではという話が出ています。また、ダイアナ妃の死の…

cyann3 / 7502 view

マーク・ザッカーバーグが結婚した嫁”プリシラ・チャン”との馴れ初めや子供まとめ

今や世界最大のSNSに成長した「Facebook(現Meta)」の共同創始者兼CEOであるマーク・ザッカーバ…

passpi / 3716 view

バカンティ教授の現在!STAP細胞事件やハーバード大学教授退任の噂まとめ

小保方晴子のSTAP細胞事件で日本でも有名になったチャールズ・バカンティ。彼はハーバード大学に所属する教授で…

aquanaut369 / 2343 view

ラリー・ペイジの現在!生い立ちと経歴・資産や自宅を総まとめ【Google創業者】

Google創業者として知られているラリー・ペイジ。Googleで行ってきたことは誰もが知るところですが、こ…

aquanaut369 / 2011 view

アガサ・クリスティの小説など作品30選!人気おすすめランキング【最新決定版】

イギリス生まれの推理作家であるアガサ・クリスティはこれまで多くの作品をのこしてきました。そこで今回は、アガサ…

maru._.wanwan / 808 view

WHOテドロス事務局長の経歴!無能や逮捕の噂とは?国籍や年収も総まとめ

世界保健機関(WHO)のトップであるテドロス・アダノム事務局長。現在はコロナウイルスの対応から「無能」と呼ば…

aquanaut369 / 4117 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク