マイケルジャクソンのプロフィール

プロフィール

プロフィール

生年月日: 1958年8月29日
生まれ: アメリカ合衆国 インディアナ州 ゲーリー
子供: パリス・ジャクソン、 プリンス・マイケル・ジャクソン II、 マイケル・ジョセフ・ジャクソン II
死亡: 2009年6月25日, アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス ホルムビー・ヒルズ

全世界でのアルバム&シングルの販売総数は3億5000万枚以上であり「史上最も世界で売れたアーティスト」の1人です。「キング・オブ・ポップ」と称され、『グラミー賞』13回受賞されました。歌唱力を維持するための努力も欠かさず、5秒のパートをレコーディングするのに1時間のウォーミングアップを要し、広い声域を守る為普段から高音で話していたそうです。

ダンスでは、「Smooth Criminal」中に披露される斜め45度に傾くパフォーマンス、ゼロ・グラヴィティでは特許を取得しています。また、パントマイマーとしても知られ、「パントマイムの神様」と称されるマルセル・マルソーは「マイケルは生まれながらのパントマイム・アーティストだ」と評されました。

マイケルジャクソンは肌の病気だった

マイケルジャクソンが患ったのは、皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気で、マイケルの肌がしだいに白くなっていったのは、皮膚の一部の色が抜け落ち、まだらになっているのをメークで塗り隠していたからだそうです。

1986年に医師により尋常性白斑、全身性エリテマトーデスと診断された。マイケルは個人的な選択により、メイクで大きなシミを隠すことにした;病気で苦しむ人の中でマイケルと同じようにする人もいる。マイケルの肌が白くなったのはこの病気による治療のためである。

めずらしい病気と思われがちですが、実は人種を問わず、おおよそ100人に1人程度に起こるそんなに珍しい病気ではないそうです。従来は難治でしたが、近年、治療が進化し、最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」ということだそうです。医療も進化してきていますね。

白斑は決して珍しい病気ではありません。発症頻度に関してはいくつかの研究報告がありますが、おおよそ人口の1%程度に起こるとされています。日本人を含むアジア人では少し頻度が高くなるとの報告もあります。

 また、性別や人種によって発症頻度の大きな差はないのですが、もともと皮膚の色が薄い白人では、白斑になっても目立たない傾向があります。一方、皮膚の色が濃い黒人や黄色人種では目立ちやすいわけです。

白斑(尋常性白斑)について

皮膚の色素が一部や広範囲にわたって抜け落ち、白い斑点や斑紋が現れる皮膚病で、「尋常性白斑」といいますが、昔から俗に「白なまず」とも呼ばれます。

2つのタイプに分類され、「汎発型」は最も多いタイプで、体中いたるところに白斑が現れます。「分節型」は体の右半分だけ・左半分だけといった局所に白斑が現れるタイプだそうです。

分節型は、ある神経の通り道に沿って白斑が出ることが多く、光線療法で治りにくいタイプです。「限局型」という分類もあり体のごく一部に局所的に白斑が現れるタイプで、ほとんどは後に汎発型、1割ほどが分節型だそうです。

病気の原因は?

発症を引き起こす根本原因はいまだに分からないそうで、難治性の病気とされています。皮膚の色が抜け落ちるメカニズム自体はよくあるそうです。

表皮に一定の割合で存在する「メラノサイト(色素細胞)」がなんらかの理由で破壊されたり、機能を失ったりして、色素メラニンをつくれなくなり、その部分の皮膚が白く見えるようになっていきます。

表皮(皮膚のいちばん外側の部分)の基底層に一定の割合で存在する「メラノサイト(色素細胞)」がなんらかの理由で破壊されたり、機能を失ったりして、色素メラニンをつくれなくなり、その部分の皮膚が外側からは白く見えるようになるのです。

発症には遺伝的要因が関与していて、小さな切り傷、やけど、紫外線によるダメージなど、なんらかのきっかけでメラノサイトが傷つけられたとき、免疫細胞がこれを「異物」と見なして、排除しようと攻撃してしまうそうです。免疫細胞が正常なメラノサイトまで攻撃し、白くなってしまうそうです。

痛みやかゆみなどの肉体的苦痛はないものの、外見が損なわれるため、心の痛む病気だそうです。あまり有効な治療法がなく、病院へ行っても「治す方法はありません」と門前払い同然の扱いを受けるそうです。しかし白斑の治療は、かなり高い率で改善できるようになりました。

たとえば、小さな切り傷、やけど、紫外線によるダメージなど、なんらかのきっかけでメラノサイトが傷つけられたとき、免疫細胞がこれを「異物」と見なして、排除しようと攻撃することがある。それだけで済んだら問題ないのですが、免疫細胞が今度は正常なメラノサイトまで攻撃するようになってしまうという説です。

マイケルジャクソンは、「スリラー」の発売頃から肌が白くなり初め、「デンジャラス」の頃完全に白くなりました。1993年のオプラ・ウィンフリー・トークショーで、悲痛な表情を見せながらもマイケル本人が病気によるものであると告白。死後の検死報告で尋常性白斑という名の病気であったということが証明されているそうです。

「スリラー」の発売頃から肌が白くなり初め、「デンジャラス」の頃完全に白くなった。これについては長年真相が語られることはなかったが、ついに1993年のオプラ・ウィンフリー・トークショーで、話題にしたくないと悲痛な表情を見せながらもマイケル本人が病気によるものであると告白した。また死後の検死報告では尋常性白斑という名の病気であったということが証明されている。

マイケルジャクソンの変化について

成長にともなう変化

成長にともなう変化

彼は生涯の間、容姿の変化と健康問題、食事制限によるダイエットについて報道されてきました。1980年初期から半ばまでの思春期と成長による自然な変化でしたが、1980年半ば、米メディアはマイケルの容姿の変化は年を取ることによる単なる自然の変化だけではないことが報道され始めました。

1980年半ば、米メディアはマイケルの容姿の変化は年を取ることによる単なる自然の変化だけではないものだと気付き始めた。肌の色は段々明るくなり始め、鼻と下あごが狭まり、体重が減少した。この変化は20年間急激に続いた。1986年に医師により尋常性白斑、全身性エリテマトーデスと診断された。

整形もしていたマイケルジャクソン

鼻を整形

鼻を整形

きっかけはステージの床に鼻をぶつけ骨折するという事故だったそうです。この事故のため手術をし、「オフ・ザ・ウォール」のジャケットでは鼻が小さくなっています。しかし、医者が不適切な手術を行ったため呼吸困難になり、再手術が行われました。整形を担当していたのはコマーシャル撮影時に負ったやけどを治療した、美容外科医スティーブン・ホフラン医師だったそうです。

整形をし始めたきっかけは1979年のステージの床に鼻をぶつけ骨折するという事故である。この事故のため手術せざるを得ない状況になっていたため手術をし、「オフ・ザ・ウォール」のジャケットでは以前よりも小さくなった鼻を見ることができる。しかし、医者が不適切な手術を行ったため呼吸困難をマイケルは訴え、再手術が行われた。

関連するキーワード

関連するまとめ

ビートルズのアルバム一覧&おすすめランキング20【最新版】

世界のミュージックシーンに多大な影響を与えたビートルズ。現在でも人気が高く衰えることはありません。そこで今回…

マギー / 1751 view

ジョンディーコンの現在!若い頃・結婚や嫁と子供・引退後まとめ

日本でも有名なアーティスト「QUEEN」のベースを担当していた「ジョンディーコン」さんは、映画で再び注目され…

shasser / 6133 view

ジョーイ・ジョーディソンの死因は?身長や素顔・脱退理由・死去した現在を総まとめ【スリ…

ヘヴィメタルバンド『スリップノット』の元メンバーでドラムを務めたジョーイ・ジョーディソンさんですが。2021…

sumichel / 1483 view

バックストリート・ボーイズのアルバム10選!人気おすすめランキング【最新決定版】

バックストリート・ボーイズは、1993年に結成されたアメリカ合衆国の5人組・男性アイドルグループで、CD総売…

maru._.wanwan / 829 view

チャーリープースの彼女と結婚の噂!身長と眉毛・マックミラーとの関係まとめ

歌手として絶大な人気を集めているチャーリープース。2018年に親友のマックミラーが死亡したことでも話題になり…

aquanaut369 / 8580 view

レッドホットチリペッパーズのアルバム人気ランキングTOP11【最新版】

ここでは、そんなレッドホットチリペッパーズ(Red Hot Chili Peppers・レッチリ)の人気アル…

kii428 / 2043 view

ブルーノマーズの人気曲15選&アルバム3選をランキングで紹介【動画付き・最新版】

ここでは、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)の人気曲&アルバムランキングを紹介しています。グラミー賞を…

kii428 / 1741 view

ブライアンメイの現在!結婚や子供・病気に関する情報まとめ

才能が豊かなブライアン・メイさんは、現在もミュージシャンとして活躍しているだけでなく、結婚相手や子供に関する…

shasser / 4643 view

ジョンディーコンとフレディマーキュリーの関係や仲まとめ

日本でも有名な「QUEEN」のメンバーのフレディ・マーキュリーさんとジョン・ディーコンさんは、仲が良かった事…

shasser / 12214 view

デヴィッド・ボウイの死因は?嫁と子供(娘・息子)など家族も総まとめ

伝説のロック歌手と言われていた故・デヴィッドボウイさんについて、嫁と子供、そして本人の死因が注目を集めていま…

cyann3 / 3058 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ボンジョヴィは親日で日本好き~来日エピソードまとめ

日本が好きなアーティストとして有名な「ボンジョヴィ」は、世界中で人気のあるロックバンドです。この記事では、親…

shasser / 5241 view

ポールプレンターの現在!暴露話とその後や死因・経歴やプロフィールまとめ

映画「ボヘミアンラプソディー」で話題になった「ポール・プレンター」さんは、実在した人物です。この記事では、「…

shasser / 55372 view

ハリースタイルズの現在!臭いワキとは?歴代彼女も総まとめ

イギリス人歌手のハリースタイルズさんについて、臭いワキという噂が浮上しています。また、ハリースタイルズさんの…

cyann3 / 2785 view

ポールマッカートニーのアルバム一覧&おすすめランキング18選【最新版】

ビートルズの多くの楽曲を数多く作詞・作曲しており、世界を代表するミュージシャンのポールマッカートニー。今回は…

マギー / 3736 view

ドライブにおすすめの洋楽52選~人気曲ランキング【動画付き・最新版】

ドライブはテンションが上がる曲がいいですよね!洋楽ではテンポがよくて楽しくなる曲がたくさんあります!ここでは…

kii428 / 1030 view

リッチー・サンボラの現在!ボン・ジョヴィ離脱理由など総まとめ

アメリカを代表するロックバンド『ボン・ジョヴィ』の元ギターリストとして知られているリッチー・サンボラさんのボ…

sumichel / 3089 view

ジャスティンビーバーの人気曲!名曲ランキングTOP30【動画付き・最新版】

世界的トップアーティストであり、お騒がせアーティストでもあるジャスティン・ビーバー。ここでは、そんなジャステ…

kii428 / 2484 view

名曲な洋楽100選!歴代おすすめランキング【男性女性別・最新版】

日本の音楽ジャンルのほぼ全ては海外発祥であり、歴代の名曲も日本で有名な洋楽ばかりです。このランキングでは、お…

kent.n / 5586 view

パンクバンド人気ランキング40選~海外・日本別TOP20【最新版】

世界中様々なロックバンドが存在しますが、その中でもくせの強いパンクバンドはコアなファンが多く、日本にも数多く…

aquanaut369 / 11056 view

KiSS(キッス)の人気曲15選&アルバム10選をランキングで紹介【動画付き・最新版…

アメリカン・ハードロック黎明期から、米国東海岸を代表する世界的グループとして知られるKISS(キッス)。ここ…

kii428 / 3521 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク