マイケルジャクソンのプロフィール

プロフィール

プロフィール

生年月日: 1958年8月29日
生まれ: アメリカ合衆国 インディアナ州 ゲーリー
子供: パリス・ジャクソン、 プリンス・マイケル・ジャクソン II、 マイケル・ジョセフ・ジャクソン II
死亡: 2009年6月25日, アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス ホルムビー・ヒルズ

全世界でのアルバム&シングルの販売総数は3億5000万枚以上であり「史上最も世界で売れたアーティスト」の1人です。「キング・オブ・ポップ」と称され、『グラミー賞』13回受賞されました。歌唱力を維持するための努力も欠かさず、5秒のパートをレコーディングするのに1時間のウォーミングアップを要し、広い声域を守る為普段から高音で話していたそうです。

ダンスでは、「Smooth Criminal」中に披露される斜め45度に傾くパフォーマンス、ゼロ・グラヴィティでは特許を取得しています。また、パントマイマーとしても知られ、「パントマイムの神様」と称されるマルセル・マルソーは「マイケルは生まれながらのパントマイム・アーティストだ」と評されました。

マイケルジャクソンは肌の病気だった

マイケルジャクソンが患ったのは、皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気、白斑(尋常性白斑)。マイケル・ジャクソンもこの病気で、マイケルの肌がしだいに白くなっていったのは、皮膚の一部の色が抜け落ち、まだらになっているのをメークで塗り隠していたからだそうです。

1986年に医師により尋常性白斑、全身性エリテマトーデスと診断された。マイケルは個人的な選択により、メイクで大きなシミを隠すことにした;病気で苦しむ人の中でマイケルと同じようにする人もいる。マイケルの肌が白くなったのはこの病気による治療のためである。

めずらしい病気と思われがちですが、実は人種を問わず、おおよそ100人に1人程度に起こるそんなに珍しい病気ではないそうです。従来は難治でしたが、近年、治療が進化し、最先端の治療に取り組み、「8割以上の白斑は改善可能と考えている」ということだそうです。医療も進化してきていますね。

白斑は決して珍しい病気ではありません。発症頻度に関してはいくつかの研究報告がありますが、おおよそ人口の1%程度に起こるとされています。日本人を含むアジア人では少し頻度が高くなるとの報告もあります。

 また、性別や人種によって発症頻度の大きな差はないのですが、もともと皮膚の色が薄い白人では、白斑になっても目立たない傾向があります。一方、皮膚の色が濃い黒人や黄色人種では目立ちやすいわけです。

白斑(尋常性白斑)について

皮膚の色素が一部や広範囲にわたって抜け落ち、白い斑点や斑紋が現れる皮膚病で、「尋常性白斑」といいますが、昔から俗に「白なまず」とも呼ばれます。

2つのタイプに分類され、「汎発型」は最も多いタイプで、体中いたるところに白斑が現れます。「分節型」は体の右半分だけ・左半分だけといった局所に白斑が現れるタイプだそうです。

分節型は、ある神経の通り道に沿って白斑が出ることが多く、光線療法で治りにくいタイプです。「限局型」という分類もあり体のごく一部に局所的に白斑が現れるタイプで、ほとんどは後に汎発型、1割ほどが分節型だそうです。

病気の原因は?

発症を引き起こす根本原因はいまだに分からないそうで、難治性の病気とされています。皮膚の色が抜け落ちるメカニズム自体はよくあるそうです。

表皮に一定の割合で存在する「メラノサイト(色素細胞)」がなんらかの理由で破壊されたり、機能を失ったりして、色素メラニンをつくれなくなり、その部分の皮膚が白く見えるようになっていきます。

表皮(皮膚のいちばん外側の部分)の基底層に一定の割合で存在する「メラノサイト(色素細胞)」がなんらかの理由で破壊されたり、機能を失ったりして、色素メラニンをつくれなくなり、その部分の皮膚が外側からは白く見えるようになるのです。

発症には遺伝的要因が関与していて、小さな切り傷、やけど、紫外線によるダメージなど、なんらかのきっかけでメラノサイトが傷つけられたとき、免疫細胞がこれを「異物」と見なして、排除しようと攻撃してしまうそうです。免疫細胞が正常なメラノサイトまで攻撃し、白くなってしまうそうです。

痛みやかゆみなどの肉体的苦痛はないものの、外見が損なわれるため、心の痛む病気だそうです。あまり有効な治療法がなく、病院へ行っても「治す方法はありません」と門前払い同然の扱いを受けるそうです。しかし白斑の治療は、かなり高い率で改善できるようになりました。

たとえば、小さな切り傷、やけど、紫外線によるダメージなど、なんらかのきっかけでメラノサイトが傷つけられたとき、免疫細胞がこれを「異物」と見なして、排除しようと攻撃することがある。それだけで済んだら問題ないのですが、免疫細胞が今度は正常なメラノサイトまで攻撃するようになってしまうという説です。

マイケルジャクソンは、「スリラー」の発売頃から肌が白くなり初め、「デンジャラス」の頃完全に白くなりました。1993年のオプラ・ウィンフリー・トークショーで、悲痛な表情を見せながらもマイケル本人が病気によるものであると告白。死後の検死報告で尋常性白斑という名の病気であったということが証明されているそうです。

「スリラー」の発売頃から肌が白くなり初め、「デンジャラス」の頃完全に白くなった。これについては長年真相が語られることはなかったが、ついに1993年のオプラ・ウィンフリー・トークショーで、話題にしたくないと悲痛な表情を見せながらもマイケル本人が病気によるものであると告白した。また死後の検死報告では尋常性白斑という名の病気であったということが証明されている。

マイケルジャクソンの変化について

成長にともなう変化

成長にともなう変化

彼は生涯の間、容姿の変化と健康問題、食事制限によるダイエットについて報道されてきました。1980年初期から半ばまでの思春期と成長による自然な変化でしたが、1980年半ば、米メディアはマイケルの容姿の変化は年を取ることによる単なる自然の変化だけではないことが報道され始めました。

1980年半ば、米メディアはマイケルの容姿の変化は年を取ることによる単なる自然の変化だけではないものだと気付き始めた。肌の色は段々明るくなり始め、鼻と下あごが狭まり、体重が減少した。この変化は20年間急激に続いた。1986年に医師により尋常性白斑、全身性エリテマトーデスと診断された。

整形もしていたマイケルジャクソン

鼻を整形

鼻を整形

きっかけはステージの床に鼻をぶつけ骨折するという事故だったそうです。この事故のため手術をし、「オフ・ザ・ウォール」のジャケットでは鼻が小さくなっています。しかし、医者が不適切な手術を行ったため呼吸困難になり、再手術が行われました。整形を担当していたのはコマーシャル撮影時に負ったやけどを治療した、美容外科医スティーブン・ホフラン医師だったそうです。

整形をし始めたきっかけは1979年のステージの床に鼻をぶつけ骨折するという事故である。この事故のため手術せざるを得ない状況になっていたため手術をし、「オフ・ザ・ウォール」のジャケットでは以前よりも小さくなった鼻を見ることができる。しかし、医者が不適切な手術を行ったため呼吸困難をマイケルは訴え、再手術が行われた。

外観を修正するために整形を繰り返し、「スリラー」の頃には鼻が細くなり、「バッド」の頃には顎に中裂が入り、鼻先が上を向くようになり、鼻筋がどんどん細く、不自然に見える形となっていきました。メディアにも多く取り上げられていました。

関連するキーワード

関連するまとめ

ローリングストーンズの現在!メンバーの脱退と今の様子を紹介

世界的ロックバンドの「ローリングストーンズ」。今回はローリングストーンズの脱退したメンバーと現在のメンバーに…

aquanaut369 / 4496 view

オースティン・マホーンの人気曲10選!名曲ランキング【最新版・動画あり】

世界中のファンに愛され、日本においても熱狂的な人気を獲得しているイケメンシンガーのオースティン・マホーンさん…

kent.n / 1579 view

ドレイクとリアーナの熱愛から破局原因までを総まとめ

くっついたり離れたりと忙しいドレイクさんとリアーナさんの熱愛は、ずいぶん長年に渡って注目されていましたが、現…

Mrsjunko / 1765 view

YBNコーデー(ラッパー)はハーフ?身長と年収・中指や逮捕の話題・家族まとめ

ラッパーのYBNコーデーさんについて、ハーフ疑惑が上がっており国籍が気になる人が多いようです。また、YBNコ…

cyann3 / 3422 view

ボブ・マーリーの結婚した嫁と子供・息子や孫を総まとめ

レゲエの神様と称され、今もなお世界中の人々の心を掴んで離さないボブ・マーリーさんですが、プライベートでは恋多…

sumichel / 7224 view

サム・スミスの人気曲19選&アルバム2選をランキングで紹介【動画付き・最新版】

ここでは、サム・スミス(Sam Smith)の人気曲&アルバムランキングを紹介しています。サム・スミスは数々…

kii428 / 1860 view

アーロン・カーターの顔面タトゥー!リアーナやメラニーの入れ墨まとめ

バックストリート・ボーイズのニック・カーターさんの弟で、歌手やモデルとして活動していたアーロン・カーターさん…

Mrsjunko / 2034 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

アクセルローズの現在!元嫁エリンエヴァリーとの子供や離婚原因など総まとめ

ガンズ・アンド・ローゼズのボーカルを務め、1980年代から1990年代にかけて絶大な人気を誇ったアクセルロー…

sumichel / 6977 view

プリンス(歌手)の死因はエイズ?薬?彼女や結婚情報も総まとめ

アメリカの歌手として有名なプリンスさんについて、歌手としての活動・活躍が再注目されています。また、プリンスさ…

cyann3 / 5454 view

アダム・レヴィーンが元カノ・シャラポワの性癖を暴露?結婚した嫁と子供も総まとめ

「マルーン5」のシンガーであるアダム・レヴィーンさんが、元カノのテニス選手マリア・シャラポワさんと別れた理由…

Mrsjunko / 3143 view

アーロンカーターの歴代彼女!結婚を考えた彼女も紹介

ティーン達のアイドル的な存在として人気を集めたアーロンカーターですが、2022年に34歳の若さで急逝していま…

aquanaut369 / 3539 view

フレディマーキュリーの足の切断の真相と原因まとめ

Queenのボーカリストを務めたフレディ・マーキュリーさんは、生前に足を切断していたとの噂があります。今回の…

kent.n / 3763 view

エドシーランが結婚!彼女で嫁のチェリーと子供・家族エピソードまとめ

イギリス人歌手のエドシーランさんについて、結婚したチェリーさんが注目を集めています。エドシーランさんの結婚し…

cyann3 / 10460 view

アンドレアボチェッリの結婚と離婚!嫁と子供(息子/娘)の情報も総まとめ

オペラ界のスーパースターであるテノール歌手のアンドレアボチェッリさんには離婚歴がありますそこで今回は、アンド…

sumichel / 9641 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);