ヘンリー王子のプロフィール

ヘンリー (サセックス公)

ヘンリー (サセックス公)

全名:ヘンリー・チャールズ・アルバート・デイビッド
続柄:ウェールズ公チャールズ第2男子(エリザベス2世孫)
身位:プリンス(王子)
称号:サセックス公爵、ダンバートン伯爵、キルキール男爵
敬称:His Royal Highness(殿下)
愛称:Prince Harry(ハリー王子)
出生地:イギリス、イングランド、パディントン、聖メアリー病院
生年月日:1984年9月15日

マークル・メーガン妃と結婚

マークル・メーガン妃と結婚

ヘンリー王子は2017年11月にアメリカ人の女優のメーガン・マークルさんと結婚をしました。

2018年5月19日にはウィンザー城・聖ジョージ礼拝堂で結婚式を行い、2019年5月6日には第一子の男の子が誕生しています。

ヘンリー王子の父や母、兄弟の家系図

ヘンリー王子の家系図

ヘンリー王子の家系図

ヘンリー王子は父にチャールズ皇太子、母にダイアナ元妃、兄弟として兄のウィリアム王子がいます。

イギリス王室では以前(2011年10月27日より前)は「男子優先」だったようですが、現在は「直系子孫」「長子先継」となっています。

ですので、祖母にはエリザベス女王がおり、その長男であるチャールズ皇太子が直系となり、ヘンリー王子まで選ばれています。

イギリス全盛期と言われるヴィクトリア朝

イギリス全盛期と言われるヴィクトリア朝

イギリス王室の始まりは中世イングランド王国のノルマン朝(1066年から1154年)だと言われています。

しかし、イギリスの家系図はヴィクトリア女王が即位したヴィクトリア朝(1837年から1901年)を中心に語られます。

現在の王位継承者はステュアート朝(1371年から1714年)の血を引いている者が選ばれます。

ヘンリー王子の家系図から分かる有名な先祖

女王ヴィクトリア(在位:1837-1901年)

女王ヴィクトリア(在位:1837-1901年)

女王ヴィクトリアはイギリス・ハノーヴァー朝第6代女王で、現在のイギリス女王・エリザベス2世の高祖母の方です。

世界各国を「植民地化」「半植民地化」させ、大英帝国を反映させた時代の女王になります。

在位は63年7ヶ月という歴代2位の記録であり、その期間を「ヴィクトリア朝」と呼びます。

国王エドワード7世(在位:1901-1910年)

国王エドワード7世(在位:1901-1910年)

1841年11月9日に女王ヴィクトリアの第2子(長男)として誕生し、同年に「プリンス・オブ・ウェールズ(王太子)」の称号を持ちます。

在位中は「エドワード朝」と呼ばれ、この時期に「日英同盟」が結ばれました。

他にもフランス、ロシアとの関係強化に貢献し「ピースメーカー」と呼ばれています。

国王ジョージ5世(在位:1910-1936年)

国王ジョージ5世(在位:1910-1936年)

アルバート・エドワード(エドワード7世)とアレクサンドラ王太子妃の次男として誕生します。

1910年5月6日にエドワード7世が死去し、「ジョージ5世」として王位を継承しました。

1914年の第一次世界大戦中に即位した国王で、従兄であるドイツ皇帝ヴィルヘルム2世と戦いました。

国王エドワード8世(在位:1936年)

国王エドワード8世(在位:1936年)

ジョージ5世とメアリー妃の長男として生まれ、独身で「エドワード8世」を継承しました。

アメリカ人女性ウォリス・シンプソン(人妻)に恋をしており、当時の王室としては考えられない事だったため、ウォリスとの結婚のために退位を決意しました。

その後は弟のヨーク公が「ジョージ6世」を継承しています。

国王ジョージ6世(在位:1936-1952年)

国王ジョージ6世(在位:1936-1952年)

ジョージ5世と王妃メアリーの次男として生まれ、兄であるエドワード8世に代わって「国王ジョージ6世」となりました。

1923年にエリザベス・ボーズ=ライアンと結婚、エリザベスとマーガレットが誕生します。

当時の首相であるウィンストン・チャーチルと連携し、第2次世界大戦に参戦しています。

女王エリザベス2世(在位:1952年-)

女王エリザベス2世(在位:1952年-)

エリザベス2世はイギリスを含む全16ヶ国主権国家の君主で、ウィンザー朝の第4代女王となります。

ヴィクトリア女王を抜き、イギリス王室の最高齢の君主、最長在位の君主となっています。

1947年7月9日にフィリップ王子と結婚し、第一子となるチャールズ王子、(長男)、第二子にアン王女(長女)が誕生しました。

エリザベス2世の若い頃

エリザベス2世の若い頃

2019年現在は93歳となるエリザベス2世ですが、若い頃から綺麗だった事が分かります。

ウェルシュ・コーギーという犬種が好きで、「30匹以上」を飼っていたと言われています。

1年間に7万通もの手紙を受け取ると言われている、多くの国民に愛される女王です。

ヘンリー王子と家族(父、母、兄弟)の画像

父・チャールズ皇太子

父・チャールズ皇太子

エリザベス2世とフィリップ王配の長男として誕生し、第21代の「プリンス・オブ・ウェールズ」となります。

1981年2月6日にウィンザー城でダイアナに結婚を求め、1981年7月29日にセント・ポール大聖堂で結婚式が行われました。

しかし、ダイアナ妃は王室に馴染めず、2人は1996年2月28日に離婚をしています。

母・ダイアナ妃

母・ダイアナ妃

イギリス貴族「スペンサー伯爵」のご令嬢として生まれます。

1981年にチャールズ皇太子と結婚し、ウィリアム王子とヘンリー王子の2人が誕生しました。

その後は王室のしきたりや趣味が災いとなり、チャールズ皇太子と別居状態となり、1996年に離婚をしています。

翌年、1997年にフランス・パリで交通事故により亡くなっています。

兄・ウィリアム王子

兄・ウィリアム王子

チャールズ皇太子とダイアナ妃の長男として1982年6月21日に生まれます。

ロンドン西部の幼稚園、バークシャー・ルドグローブ小学校に通い、歴代初となる小学校に通学した方です。

その後は名門イートン校(中学・高校)で良い成績を収め、スコットランド・セント・アンドルーズ大学で美術、地理学を学んでいます。

2014年には10週間ケンブリッジ大学で農業経営を学び、2015年には日本を公式訪問し、東日本大震災の被災者らと交流しました。

弟・ヘンリー王子

弟・ヘンリー王子

チャールズ皇太子とダイアナ妃の次男として1984年9月15日に誕生しました。

兄と同じくイートン校を卒業し、2005年にサンドハースト王立陸軍士官学校に入学、2006年に卒業しています。

その後はイギリスの近衛騎兵連隊「ブルーズ・アンド・ロイヤルズ」に配属、2007年末にはアフガニスタン・タリバンに対する「前線航空管制官」に任命されています。

2015年6月19日に除隊し、王室関係者に贈られるロイヤル・ヴィクトリア勲章(ナイト・コマンダー)が受賞されました。

ヘンリー王子の家族エピソード

ダイアナ妃に「リトルスペンサー」と呼ばれていた

ダイアナ妃に「リトルスペンサー」と呼ばれていた

ヘンリー王子はダイアナ妃に似た「カーリーヘア(パーマ)」の持ち主です。

また、性格も「わんぱく」「いたずらっ子」な部分が似ているとダイアナ妃は語ります。

その事からダイアナ妃はヘンリー王子を自分が継承するスペンサー家にちなんで「リトルスペンサー」と呼んでいました。

メーガン妃には元夫がいた

メーガン妃には元夫がいた

アメリカ人であるメーガン妃は元人妻で結婚していた事が分かっています。

お相手は2004年から出会った映画プロデューサーのトレヴァー・エンゲルソンさんで、2011年に結婚し、2年後の2013年に離婚をしています。

離婚原因は女優としての成功後「もはや正しいものではない」として、メーガン妃の友人は語っています。

2017年にメーガン・マークルと結婚

2017年にメーガン・マークルと結婚

2017年11月27日にヘンリー王子と結婚し、交際期間は約1年半となりました。

2018年5月19日に結婚式(ウィンザー城・聖ジョージ礼拝堂)が行われ、父・チャールズ皇太子がメーガン妃をエスコートしています。

2019年に第一子の男の子が誕生

2019年に第一子の男の子が誕生

2019年5月6日に第一子となる男の子「アーチー」が誕生しています。

お披露目会見では「プライバシーを優先したい」というメーガン妃の意向から、簡易的な会見となりました。

また、ヘンリー王子の配慮から終始、子供を抱きかかえる姿が印象的です。

大家族は望まないヘンリー王子

大家族は望まないヘンリー王子

メーガン妃の出産前、アイルランドのファンから「私は5人の子宝に恵まれましたが、いつから始めますか?」と言われた時、ヘンリー王子は「5人?多すぎるな」と語っています。

大家族を望んでいないとされるヘンリー王子ですが、今後何人の子宝に恵まれるかに注目です。

ヘンリー王子の家系についてまとめ

・ヘンリー王子は2017年にアメリカ人女優のメーガン・マークルと結婚し2019年に男児をもうけている。

・ヘンリー王子は祖母にエリザベス女王、父にチャールズ皇太子、母にダイアナ元妃、兄にウィリアム王子をもつ。

関連するキーワード

関連するまとめ

プーチン大統領の不老不死と影武者説の真相!年齢不詳で怖い?

見た目の若さから「年齢不詳で怖い」と言われるロシアのプーチン大統領ですが、不老不死説が囁かれていて、生まれる…

aquanaut369 / 6531 view

バンクシーの作品一覧!落書きとして消された幻の作品も紹介

イギリスのロンドンを中心に、世界中で活動するストリート・アーティストで、本名や顔、年齢などその実態が謎に包ま…

passpi / 2744 view

メリンダ(ビル・ゲイツ元嫁)の昔と若い頃!生い立ちや学歴・経歴も総まとめ

2021年5月にマイクロソフト創業者であるビル・ゲイツさんとの離婚を発表し話題となったメリンダ・ゲイツさん。…

sumichel / 1587 view

ヴァージル・アブローの死因はがん!経歴や闘病生活も総まとめ【オフホワイトの創業者】

人気ファッションブランド「オフホワイト」の創業者として知られているヴァージル・アブロー。2021年に突如とし…

aquanaut369 / 938 view

ボルソナロ(ブラジル大統領)が日本人は小さいと差別?来日歴や反日の噂・海外の反応も総…

第38代ブラジル大統領のジャイール・メシアス・ボルソナーロ氏が「日本人は小さい」と差別的発言をしたことで話題…

村中智仁 / 1733 view

カマラ・ハリスの結婚や夫と子供・生い立ちと若い頃を総まとめ

アメリカ副大統領として話題になっているカマラ・ハリス。今回はカマラ・ハリスの生い立ちから経歴、結婚した旦那ダ…

aquanaut369 / 1277 view

ゼレンスキー大統領はユダヤ人?父親と母親・兄弟から生い立ちまでを総まとめ

コメディアンから大統領になったウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領。現在はロシアの軍事侵攻問題で日…

aquanaut369 / 2770 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

メルケル元首相(ドイツ)の体の震えは病気?コロナ感染の真相や対応もまとめ

ドイツのメルケル元首相は過去に体の震えが確認されて「病気なのでは?」と世界中で大きな話題になりました。また、…

aquanaut369 / 1345 view

ナスチャ・クマロヴァの現在!身長や年齢・彼氏と目・日本アニメのコスプレなど総まとめ

アルビノのモデル・ナスチャクマロヴァさんの身長・年齢などプロフィール、そして現在について調べてみました。また…

cyann3 / 9219 view

チャールズ皇太子とカミラ夫人の結婚から離婚原因まで総まとめ

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚生活を破滅に導いたとして非難を浴びていたカミラ夫人。2人の関係はスキャン…

Mrsjunko / 3482 view

真鍋淑郎の国籍はアメリカ人!日本に帰らない理由と反日の噂・日本人へのメッセージまとめ

2021年にノーベル物理学賞を受賞した真鍋淑郎(まなべしゅくろう)さんについて、国籍はアメリカ人に関する話題…

cyann3 / 1049 view

ロスチャイルド家に日本人女性?麻生太郎の娘との関係まとめ

都市伝説業界では何かと陰謀論が囁かれているロスチャイルド家。そんなロスチャイルド家には「日本人女性がいる」と…

aquanaut369 / 20870 view

ジョー・バイデンの若い頃と現在!失言や認知症の疑惑も総まとめ

オバマ政権で2017年まで副大統領を務めたジョー・バイデンですが、現在は失言や物忘れが激しいことから認知症で…

sumichel / 2475 view

カルロス・ゴーンの逃亡方法や保釈金まとめ!レバノンの家に逃げ込む

元日産の会長を務めていたカルロス・ゴーンは2018年11月に「金融商品取引法違反」で逮捕され、2019年末に…

aquanaut369 / 715 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク