カート・コバーンについて紹介

プロフィール

プロフィール

本名:カート・ドナルド・コバーン
生年月日:1967年2月20日
出身地:アメリカ合衆国 ワシントン州アバディーン
没年月日:1994年4月5日(27歳没)
没地:アメリカ合衆国 ワシントン州シアトル
職業:ミュージシャン、ソングライター
活動期間:1986年~1994年

両親の離婚が原因で内気で引きこもりがちに

両親の離婚が原因で内気で引きこもりがちに

ビートルズが大好きで、絵の上手な子供でした。8歳の時に両親が離婚したのが大きな精神的負担となり、内向的で引きこもりがちな性格になります。父親に捨てられたという疎外感が強かったと言います。

そのため、学校では友達はいなく殆ど本を読んで過ごしていたということ。高校時代にパンクバンド、メルヴィンズのリーダー、バズ・オズボーンに出会い、パンクロックに興味を持ちます。

高校中退後にクリス・ノヴォセリックと出会い、ニルヴァーナを結成。その後1992年2月にアメリカのミュージシャンであるコートニー・ラブと結婚し、娘のフランシスさんを儲けました。

1994年4月5日に自殺

1994年4月5日に自殺

少年時代からの鬱病に加え、原因不明の胃痛に悩まされたカートは、鎮痛剤の服用がきっかけで薬物依存症になります。その苦しみから一度目の自殺未遂を図り、1994年4月に再びシアトルの自宅で薬物を服用後、ショットガンで頭を打ちぬいて自殺しているのが発見されています。

カート・コバーンの名言・格言TOP25位~21位

25位:たとえコートニーと俺が離婚するようなことがあっても、あの娘の前では二人の間に気まずい空気が流れるような状況には決してしない。その手のことは、子供をダメにしかねないからな。でも、そうなってしまうのは、親があんまり賢くないのが原因なんだ

25位:たとえコートニーと俺が離婚するようなことがあっても、あの娘の前では二人の間に気まずい空気が流れるような状況には決してしない。その手のことは、子供をダメにしかねないからな。でも、そうなってしまうのは、親があんまり賢くないのが原因なんだ

夫婦関係にどんなトラブルがあろうと、それを子供に見せたらダメだという格言でしょう。カート・コバーンも幼少期に、両親の離婚で深く傷ついたという経験からの言葉ではないでしょうか。

24位:コートニーと俺がそんなにいかれていると思わない。ふたりとも、いままでの人生に愛を欠いていて、それをもの凄く欲している。だから、目指すものがあるとすれば、それはできる限りの愛情をフランシスに与えることなんだ。それなら悪いことにならないだろう

24位:コートニーと俺がそんなにいかれていると思わない。ふたりとも、いままでの人生に愛を欠いていて、それをもの凄く欲している。だから、目指すものがあるとすれば、それはできる限りの愛情をフランシスに与えることなんだ。それなら悪いことにならないだろう

コートニー・ラブとカート・コバーンのカップルは、人が思うほどいかれていない。2人とも愛情に飢えているし、その愛情を娘のフランシスに精一杯注ぐことは良いこと、という意味合いではないでしょうか。

1994年のローリングストーン誌より

23位:俺はスターミュージシャンになる。そして自殺して、栄光の炎のなかで消滅するんだ。ジミ・ヘンドリックスのように

23位:俺はスターミュージシャンになる。そして自殺して、栄光の炎のなかで消滅するんだ。ジミ・ヘンドリックスのように

ジミ・ヘンドリックスもカートと同じ27歳で謎の死を遂げています。カートの自殺は、そんなジミ・ヘンドリックスを真似たのでしょうか。

22位:俺が考える最大の罪は、自分を偽り、まるで100%楽しんでるかのようなふりをして、他人をはぐらかすことだ

22位:俺が考える最大の罪は、自分を偽り、まるで100%楽しんでるかのようなふりをして、他人をはぐらかすことだ

もっと自分に正直に生きて欲しいという願望の表れでしょうか。

21位:だから覚えておいてくれ、徐々に色あせていくなら、いっそ燃え尽きたほうがいい ピース、ラブ、エンパシー  カートコバーン

21位:だから覚えておいてくれ、徐々に色あせていくなら、いっそ燃え尽きたほうがいい ピース、ラブ、エンパシー  カートコバーン

カート・コバーンの遺書の一説です。親交のあったニール・ヤングの「ヘイ・ヘイ・マイ・マイ」の歌詞の一部「It's better to burn out than to fade away(だんだん消えていくより今燃え尽きる方がいい)」から引用されています。

カート・コバーンの名言・格言TOP20位~16位

20位:自分だってみんなに嘘をつくの嫌だ。ただの一人も騙したくない。自分が考える最も重い罪とは、100%楽しいのだと嘘をつき、ふりをして、人を騙すこと。時々ステージに出て行く前にタイムカードでも押しているかのような気分にかられていたんだ

20位:自分だってみんなに嘘をつくの嫌だ。ただの一人も騙したくない。自分が考える最も重い罪とは、100%楽しいのだと嘘をつき、ふりをして、人を騙すこと。時々ステージに出て行く前にタイムカードでも押しているかのような気分にかられていたんだ

こちらもカート・コバーンの遺書の一説です。周囲を騙して生きていくことの辛さを語っているようですね。

19位:ファンたちにリクエストがある。もし君らの中に、何らかの形でホモセクシャルや肌の色が違う人、あるいは女性を嫌っている奴がいたら、これだけお願いしたいんだ。俺たちに関わるな!ライブにも来るな、レコードも買うな

19位:ファンたちにリクエストがある。もし君らの中に、何らかの形でホモセクシャルや肌の色が違う人、あるいは女性を嫌っている奴がいたら、これだけお願いしたいんだ。俺たちに関わるな!ライブにも来るな、レコードも買うな

ニルヴァーナの2枚目のアルバム『インセスティサイド』のライナーノーツから引用した歌詞です。ゲイの人権やフェミニズムを掲げるカート・コバーンらしい言葉。

18位:俺が18でニルヴァーナのファンだったら、急にポップ・スターになるのは耐えられないぜ

18位:俺が18でニルヴァーナのファンだったら、急にポップ・スターになるのは耐えられないぜ

人一倍繊細なカート・コバーンの心境。成功からくる重圧が重くのしかかっている様を表しているようです。

17位:俺には女神がいる。夢と共感を勝ち取った妻、そして俺に、昔の俺ってもんを気づかせてくれる、愛情と喜びに満ち溢れた娘が。そしてそれが、どうにもならないくらい俺をおびえさせるんだ

17位:俺には女神がいる。夢と共感を勝ち取った妻、そして俺に、昔の俺ってもんを気づかせてくれる、愛情と喜びに満ち溢れた娘が。そしてそれが、どうにもならないくらい俺をおびえさせるんだ

カート・コバーンの遺書で「Boddahへ」と書かれてあります。ブッダの意味でしょうか。

コートニー・ラブとの結婚や愛する娘フランシスとの愛情あふれる暮らしが、カートにとって不安材料となったのでしょうか。

16位:何でみんな叫ぶんだ?俺たちの中に、みんな何を見ているんだ?

16位:何でみんな叫ぶんだ?俺たちの中に、みんな何を見ているんだ?

ライブなどでファンが熱くなる姿を目の当たりにして、自分たちに何を期待しているのだろうと戸惑っている様子かもしれません。繊細なカートは多分こんなに熱くなるような曲ではないよと言っているとも言えます。

カート・コバーンの名言・格言TOP15位~11位

15位:とにかく速くて、アッという間だった。どう対処していいかわからなかったんだ。ロックスター講座なんてのがあったら、受けたかったよ。役に立ったかもしれない

15位:とにかく速くて、アッという間だった。どう対処していいかわからなかったんだ。ロックスター講座なんてのがあったら、受けたかったよ。役に立ったかもしれない

ニルヴァーナを結成してから、あっという間にスターの座に着いてしまったことに対しての戸惑いのような名言と思われます。あまりにも早い変化についていけない様子が伝わってくるようですね。

14位:(あなたにとってギターとは?)死んだ木

14位:(あなたにとってギターとは?)死んだ木

ギターの素材は「木」。地面から切り取られた木は確かに死んだ木ですよね。感受性の豊かさがにじみ出ている名言ではないでしょうか。

13位:ロックの核心は反体制、反権力だ。成功した俺にもうロックは歌えない。聴衆を誰一人ごまかしたくない

13位:ロックの核心は反体制、反権力だ。成功した俺にもうロックは歌えない。聴衆を誰一人ごまかしたくない

若者の心を揺り動かすロックミュージシャンとしての成功は、カート・コバーンにとっての終わりを意味していたのでしょうか。なんとも悲しい名言。

12位:他の誰かになりたがることは、自分らしさの無駄遣いだ

12位:他の誰かになりたがることは、自分らしさの無駄遣いだ

憧れを抱く者の真似をすることはかまわないが、自分の才能をもっと生かすべきだ、という名言かもしれません。

11位:本当は知性があるのに、最低な人間のように振舞っている奴らのことはそれなりにリスペクトするよ

11位:本当は知性があるのに、最低な人間のように振舞っている奴らのことはそれなりにリスペクトするよ

いわゆる「能ある鷹は爪を隠す」のことわざと似ています。カート・コバーンはこういう人間は尊敬に値すると言っていると思われます。

カート・コバーンの名言・格言TOP10位~6位

10位:俺は多分、独りでないと物事を楽しめないナルシストって奴なんだ。感受性が強すぎるんだよ。かつて子供の頃に持っていた情熱を取り戻すには、もう少し鈍感になる必要がある

10位:俺は多分、独りでないと物事を楽しめないナルシストって奴なんだ。感受性が強すぎるんだよ。かつて子供の頃に持っていた情熱を取り戻すには、もう少し鈍感になる必要がある

カート・コバーンは他人と一緒にいると疲れる性格のようです。他人と上手く接することができない、感受性が強いからこその悩みかもしれません。

9位:人間みんなどこか必ず良いところがある。だから本当に人が好きだ。あまりにも愛しているので悲しくなってしまうんだ

9位:人間みんなどこか必ず良いところがある。だから本当に人が好きだ。あまりにも愛しているので悲しくなってしまうんだ

カート・コバーンの遺書の一説です。人が好き過ぎて悲しくなってしまう。カート独特の表現ですね。だから一人の方が楽なのかもしれません。

関連するキーワード

関連するまとめ

ニック・カーターとパリス・ヒルトンの熱愛から破局まで!破局した原因は?

「バックストリートボーイズ」のメンバーとして活動しているニック・カーター。彼は過去にお騒がせセレブのパリス・…

aquanaut369 / 42 view

ワンダイレクションの現在!メンバー人気順や解散の噂まとめ

全世界で大きな絶大な人気を誇っていたワンダイレクション。2016年には活動休止となり、現在では「解散」と言っ…

aquanaut369 / 3728 view

R&B洋楽男性歌手の人気ランキングTOP50【最新版】

大人な雰囲気を漂わせ、カッコいい音楽ジャンルのひとつである「R&B」は、アメリカが本場で、そのかっこいいサウ…

maru._.wanwan / 4096 view

アダム・レヴィーンが元カノ・シャラポワの性癖を暴露?結婚した嫁と子供も総まとめ

「マルーン5」のシンガーであるアダム・レヴィーンさんが、元カノのテニス選手マリア・シャラポワさんと別れた理由…

Mrsjunko / 1894 view

アップテンポの曲おすすめ50選~洋楽・邦楽別ランキング【動画付き・最新版】

アップテンポな曲は、カラオケやBGMやドライブやテンションを上げる時などに人気があり、邦楽も洋楽も色々なジャ…

shasser / 1198 view

カニエウエストの双極性障害と奇行!メンタル崩壊や精神上の噂もまとめ

天才でありながら近年はお騒がせミュージシャンとして知られているカニエウエストさんですが、また奇行が取り沙汰さ…

sumichel / 338 view

ジョンレノンの暗殺の犯人と最期~暗殺の理由・その後の犯人の行方も徹底解説

ビートルズのリーダーで音楽家、平和運動家として世界的に名声を得ていたジョンレノンさんは、1980年12月8日…

Mrsjunko / 13007 view

ジョン・エントウィッスルの死因~名言や逸話・突然の最期まとめ

「ザ・フー」のベーシスト、ジョン・エントウィッスルさんですが、惜しまれながら2002年6月27日にこの世を去…

Mrsjunko / 1257 view

ジョン・ライドンの現在!若い頃と今の画像・最近の様子まとめ

元セックス・ピストルズのボーカルとして世界中にパンクブームを巻き起こしたジョン・ライドンさん。そこで今回は、…

sumichel / 62 view

エルヴィス・プレスリーの死因は肥満?病気?晩年までの人生を総まとめ

世界中で絶大な人気を集めたエルヴィス・プレスリー。42歳という若さで亡くなり、晩年は肥満や病気に苦しんでいた…

aquanaut369 / 2308 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ジョン・ライドンの現在!若い頃と今の画像・最近の様子まとめ

元セックス・ピストルズのボーカルとして世界中にパンクブームを巻き起こしたジョン・ライドンさん。そこで今回は、…

sumichel / 62 view

クリストファー・クロスの現在!新型コロナ感染と今の病状まとめ

5度のグラミー賞に輝いたシンガーソングライターのクリストファー・クロスさんが、現地時間の2020年4月3日に…

Mrsjunko / 804 view

ブルース・スプリングスティーンの身長&若い頃と現在!結婚・離婚・嫁・子供の情報も総ま…

「The Boss」のニックネームで親しまれており、世界的なミュージシャンのブルース・スプリングスティーンさ…

kent.n / 88 view

ブライアンメイはギターの天才!エピソードまとめ

世界的に有名な「QUEEN」のギタリストとして知られているブライアン・メイさんは、とてもたくさんの才能があり…

shasser / 1081 view

応援ソングのおすすめ曲ランキング50選~洋楽・邦楽別【最新版・動画付き】

気分の落ち込んだ時や悩んでいる時などに人気のある応援ソングは、邦楽も洋楽もたくさんの楽曲があり、国などに関係…

shasser / 1511 view

プリンス(歌手)の死因はエイズ?薬?彼女や結婚情報も総まとめ

アメリカの歌手として有名なプリンスさんについて、歌手としての活動・活躍が再注目されています。また、プリンスさ…

cyann3 / 2269 view

ヴァン・ヘイレンのメンバー変遷と現在まとめ【最新版】

偉大なギタリストであるエドワード・ヴァン・ヘイレンさんがリーダーのロックバンド「ヴァン・ヘイレン」。世界的な…

kent.n / 507 view

エルヴィス・プレスリーの死因は肥満?病気?晩年までの人生を総まとめ

世界中で絶大な人気を集めたエルヴィス・プレスリー。42歳という若さで亡くなり、晩年は肥満や病気に苦しんでいた…

aquanaut369 / 2308 view

ボンジョヴィは親日で日本好き~来日エピソードまとめ

日本が好きなアーティストとして有名な「ボンジョヴィ」は、世界中で人気のあるロックバンドです。この記事では、親…

shasser / 3104 view

ボブ・ディランの歴代の嫁と子供情報~結婚や離婚も総まとめ

『風に吹かれて』や『ハリーケーン』など数々の名曲を世に送ったボブ・ディランさんですが、現在は独身で子供が6人…

Mrsjunko / 2721 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク