アンドレ・ザ・ジャイアントのプロフィール!身長や若い頃、入場曲を紹介

アンドレ・ザ・ジャイアントのプロフィール

アンドレ・ザ・ジャイアントのプロフィール

名前:アンドレ・ルネ・ルシモフ
生年月日:1946年5月19日
出身地:フランス
職業:プロレスラー

アンドレ・ザ・ジャイアントは巨体のレスラー

アンドレ・ザ・ジャイアントは巨体のレスラー

アンドレ・ザ・ジャイアントは巨体が特徴のレスラーで、日本では「大巨人」と呼ばれ人気を集めました。彼は元々フランスで活動していたプロレスラーで、1970年に国際プロレスで初来日。当時はまだ無名だったものの、その巨体で一躍人気レスラーとなります。

新日本プロレスに参戦した時にはアナウンサーの古舘伊知郎から「大巨人」、「巨大なる人間山脈」、「一人民族大移動」と表現されたのは有名。

日本マット界を熱くした外国人レスラー名鑑 Vol.2 - YouTube

出典:YouTube

【アンドレ・ザ・ジャイアントの得意技】

〇ジャイアント・プレス(ボディプレス)

〇ヒップ・ドロップ

〇エルボー・ドロップ

〇ジャイアント・ボンバー(ラリアット)

〇ツームストーン・パイルドライバー

アンドレ・ザ・ジャイアントの入場曲は?

アンドレ・ザ・ジャイアントの入場曲は?

アンドレ・ザ・ジャイアントが使用していた入場曲は「ジャイアント・プレス」です。同楽曲は新日本プロレス時代に日本で制作されたもので、多くの人から愛された名曲となっています。

彼の入場曲は死後、巨人プロレスラーや格闘家から使用されるなどしていて、WWFの「マシーンズ」の入場曲としても用いられました。

Andre the Giant NJPW theme song - YouTube

出典:YouTube

アンドレ・ザ・ジャイアントの身長は何㎝?先端巨大症だった?

アンドレ・ザ・ジャイアントの身長は何㎝?

アンドレ・ザ・ジャイアントの身長は何㎝?

アンドレ・ザ・ジャイアントと言えば「巨体」が特徴となっていますが、一体身長は何㎝あったのでしょうか?彼の身長は「223㎝」もあったようで、当時はどのレスラーよりも大きく、リングが小さく見えるほどでした。

ちなみに彼の体重は「236㎏」だったようで、身長が高いだけでなく、体重も他のレスラーとは比べ物にならないほどでした。

アンドレ・ザ・ジャイアントは先端巨大症だった?

アンドレ・ザ・ジャイアントは先端巨大症だった?

アンドレ・ザ・ジャイアントはあまりにも巨大すぎることから先端巨大症だったのではないかと見られています。先端巨大症は内臓や手足などの一部が肥大化する病気で、健康を害し、治療しないと死亡する危険性が高くなるとも言われています。ちなみに先端巨大症は体は大きくなる一方で手足の筋肉は固くなり、骨はもろくなってしまうのだとか。

身長が伸び始めたのは15歳の頃から

身長が伸び始めたのは15歳の頃から

アンドレ・ザ・ジャイアントの身長が伸び始めた「15歳」の頃からなんだそうで、それまでもすでに周りと比べると背が高かったのだとか。ですが、15歳を過ぎたあたりから急激に身長が伸び始め、そのあまりの成長具合に家族も心配するほどだったのだそうです。

身長が伸び続けることに悩んでいた

身長が伸び続けることに悩んでいた

アンドレ・ザ・ジャイアントは巨体が特徴のレスラーでしたが、本人は身長が伸び続けることに悩んでいたようで、周囲に悩みを漏らすことも多かったのだとか。

ちなみに彼が来日したときの身長は「218㎝」でしたが、その後も伸び続け、223㎝にまで成長しました。

アンドレ・ザ・ジャイアントの若い頃!プロレスラーの経歴も紹介

アンドレ・ザ・ジャイアントの若い頃①~子供の頃はスポーツ少年だった

アンドレ・ザ・ジャイアントの若い頃①~子供の頃はスポーツ少年だった

アンドレ・ザ・ジャイアントはフランスのグルノーブルという街で生まれ育ち、子供の頃はサッカーやボクシング、レスリングなどに励むスポーツ少年だったようです。

ちなみに当時からすでに周りと比べても身長は高かったようで、高身長であることは彼にとってはコンプレックスでした。

アンドレ・ザ・ジャイアントの若い頃②~家具屋で働いていたところスカウトされた

アンドレ・ザ・ジャイアントの若い頃②~家具屋で働いていたところスカウトされた

アンドレ・ザ・ジャイアントはプロレスラーになる前は家具の運送会社で働いていたようで、当時は地元グルノーブルではなく、パリで暮らしていたのだとか。

そんなときフランス出身のプロレスラーであるエドワード・カーペンティアにスカウトされ、プロレスの道へと進むことになりました。

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴①~若い頃はフランスで活躍した

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴①~若い頃はフランスで活躍した

アンドレ・ザ・ジャイアントはプロレスデビューをしてからはフランスのプロレス界で活躍をしていたようで、当時からすでに巨体で大きな人気を集めていました。フランス時代は「ジェアン・フェレ」や「モンスター・エッフェルタワー」といった名前で活動し、デビュー時は「アンドレ "ザ・ブッチャー" ロシモフ」という名前だったようです。ちなみに彼はフランスデビュー説と南アフリカデビュー説の2つがあるようですが、どちらのデビューが正しいのかはわかっていません。

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴②~1970年に初来日を果たした

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴②~1970年に初来日を果たした

アンドレ・ザ・ジャイアントは1970年に初来日を果たします。来日は国際プロレスの社長・吉原功からスカウトされたことがきっかけとなっていて、当時は「モンスター・ロシモフ」という名前で活動しています。

初来日した際には国際プロレスに参戦していて、「IWA世界タッグ王座決定戦」にマイケル・ネイダーとのコンビで出場。王座を獲得するも翌月行われたサンダー杉山&グレート草津戦に敗れ、すぐに王座陥落となってしまいました。

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴③~アメリカ行きの切符を掴んだ

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴③~アメリカ行きの切符を掴んだ

アンドレ・ザ・ジャイアントは王座を陥落した試合でアメリカのプロレス団体「AWA」のバーン・ガニアに出会い、そこで可能性を見出され1971年からカナダへ拠点を移し、北米での活動をスタートします。

当時は「ジャン・フェレ」という名前で活動し、キラー・コワルスキーやドン・レオ・ジョナサンといった大物プロレスラーとも対戦し、すぐに人気を集めました。

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴④~1973年から現在の名称に変更し、ヒールとして活躍

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴④~1973年から現在の名称に変更し、ヒールとして活躍

アンドレ・ザ・ジャイアントは1973年に現在の名称であるアンドレ・ザ・ジャイアントに改名。その後はWWWF(現WWE)と契約したことでも話題になり、世界各地のプロレス団体に短期参戦するといった活動を始めます。

ここからの10年間は彼の黄金時代であり、日本では新日本プロレスに参戦し、ヒール(悪役)レスラーとして絶大な人気を集めました。

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴⑤~晩年は膝や腰の痛みに悩まされた

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴⑤~晩年は膝や腰の痛みに悩まされた

アンドレ・ザ・ジャイアントは1980年代から徐々に膝や腰の痛みに悩まさえっるようになり、それまで圧倒的な強さを誇っていましたが、徐々に動きのキレが鈍くなっていきました。

1980年代後半には負けを重ねるようになり、WWFの主役として期待されていたものの、1990年に同団体を退団しました。

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴⑥~最後は日本のリングで戦った

アンドレ・ザ・ジャイアントの経歴⑥~最後は日本のリングで戦った

アンドレ・ザ・ジャイアントが最後に活躍したのは日本の全日本プロレス。当時はジャイアント馬場とともに「大巨人コンビ」として活躍し、日本のプロレス人気をけん引しました。

ちなみに彼とジャイアント馬場はプライベートでも親交が深かったようで、一緒に飲みに行くことも多かったのだそうです。

馬場、アンドレ vs ザ・ランドオブ・ジャイアンツ - YouTube

出典:YouTube

アンドレ・ザ・ジャイアントの伝説!お酒や長州力が語った爆笑秘話も紹介

アンドレ・ザ・ジャイアントはとにかく伝説が多い

アンドレ・ザ・ジャイアントはとにかく伝説が多い

アンドレ・ザ・ジャイアントはその巨体ゆえに数多くの伝説を残しているようで、試合だけでなく、プライベートでも逸話が残っています。また、彼の伝説はプロレスラーとして活動する前のものもあり、話題の尽きない人物として現在でもテレビなどで語られることがあります。

アンドレ・ザ・ジャイアントの伝説まとめ

アンドレ・ザ・ジャイアントの伝説①~子供の頃はスポーツ万能

アンドレ・ザ・ジャイアントの伝説①~子供の頃はスポーツ万能

アンドレ・ザ・ジャイアントはあまり知られていませんが、子供の頃はかなり運動神経が良かったようで、なんと100mは11秒台で走っていたのだとか。

ボクシングやレスリングではパワー一辺倒の戦い方ではなかったようで、技術を駆使を戦うテクニシャンだったようです。

アンドレ・ザ・ジャイアントの伝説②~おならが強烈すぎる

アンドレ・ザ・ジャイアントの伝説②~おならが強烈すぎる

アンドレ・ザ・ジャイアントは「おなら」がかなり臭かったことでも有名で、その臭さゆえにおならをするときは合図としていつも左足を上げていたのだとか。過去には一度飛行機の中でおならをしたことがあったようで、出る量があまりにも多いため、飛行機の中はパニックになり、乗客乗員全員が外の空気を求めたのだそうです。ちなみにプロレスのリング上でおならをしたこともあったようで、そのときは選手だけでなく、セコンドやリングサイドの観客たちにまでその臭いが届き、「最臭兵器」だとメディアに報じられたこともあったのだそうです。

関連するキーワード

関連するまとめ

マイク眞木(ハーフ)の家系図!父親/母親/兄弟など家族・先祖を総まとめ

『バラが咲いた』などの名曲でお馴染みのマイク眞木さんはハーフであり、家族や先祖にも注目が集まっています。そこ…

sumichel / 9367 view

ダレノガレ明美は性格悪い?良い?エピソードまとめ

バラエティー番組で辛口コメンとをしたりSNSが炎上するなど話題のダレノガレ明美さん。ネット上で“性格が悪すぎ…

sumichel / 1488 view

森ニーナはフィリピンハーフ!本名と年齢・親や兄弟を総まとめ

人気YouTuberとして活動している森ニーナはフィリピンハーフとして生まれ、一時はフィリピンで生活していた…

aquanaut369 / 997 view

ラウール(SnowMan)はハーフ!本名・父・母・兄弟などの情報まとめ

2020年1月にSixTONESと共にCDデビューを果たしたSnow Manの最年少メンバーであるラウールさ…

kent.n / 5264 view

トリンドル玲奈はハーフ!父親と母親や家族&生い立ちまとめ

日本のファッションモデルでタレントとしても活躍中のトリンドル玲奈さんですが、センスがいいと評判になっています…

Mrsjunko / 2012 view

西川ヘレンはハーフ!生い立ちと家族(父親/母親/兄弟)まとめ

西川きよしさんの妻として有名で、現在は講演会にも引っ張りだこの西川ヘレンさんですが、ハーフでも有名です。今回…

sumichel / 6119 view

ヴィエンナの年齢と国籍や家族!父親・母親・兄弟や本名もまとめ

タイ人でハーフモデルのヴィエンナ(VIENNA)さんは「理想と現実」シリーズが話題です。そんなヴィエンナさん…

Mrsjunko / 1032 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ベイカー茉秋の現在!柔道活動・身長と体重・筋肉・髪型まとめ

柔道家のベイカー茉秋さんについて、現在の活動が注目を集めています。特にベイカー茉秋さんの柔道家としての活動や…

cyann3 / 1958 view

厚切りジェイソンの嫁と子供情報!出会いや結婚・料理の画像まとめ

お笑いタレントの厚切りジェイソンさんについて、結婚した嫁と子供の噂が出てきています。まず、厚切りジェイソンさ…

cyann3 / 4572 view

呂敏(ロビン)はハーフモデル!本名や身長と筋肉&出身高校など総まとめ

ファッションモデルでスポーツ万能、イケメンと現在大注目の呂敏さん。過去には芸能人との熱愛も報じられ話題となり…

sumichel / 3847 view

ジェシー(SixTONES)の英語力!出身小学校・中学・高校も総まとめ

ジャニーズ「SixTONES(ストーンズ)」のメンバーとして活動しているジェシー。小学校時代からジャニーズに…

aquanaut369 / 1413 view

カイヤの子供・娘アンザと息子ザイオンまとめ~息子のブログでの発言が話題に

カイヤと言えば、その個性的なキャラクターと元夫である川崎麻世との結婚や離婚で注目を集めてきたタレントです。今…

aquanaut369 / 6409 view

岡田ロビン翔子の出身高校や大学は?学歴や英語力を総まとめ

声優の山寺宏一さんとの結婚を発表し注目を集めている岡田ロビン翔子さん。今回は、岡田ロビン翔子さんの学歴(小学…

sumichel / 1286 view

白本彩奈の出身大学や高校は?学歴と英語力を総まとめ

女優として活躍するほか、バラエティー番組やワイドナショーでもお馴染みの白本彩奈さんに学歴に注目が集まっていま…

sumichel / 2163 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);