ピザ配達人爆死事件について

ピザ配達人爆死事件とは…

ピザ配達人爆死事件とは…

事件発生日: 2003年8月28日
場所: アメリカ合衆国 ペンシルベニア州 エリー
死者: 1名(ブライアン・ウェルズ)
死因: 爆死
容疑者: マージョリー・ディール=アームストロング、ケネス・バーンズ他

ピザ配達人爆死事件はFBI史上有数の複雑怪奇な犯罪の一つ

ピザ配達人爆死事件は、2003年8月28日にアメリカ・ペンシルベニア州エリーで起きた、ピザ配達人のブライアン・ウェルズが、銀行強盗を行った直後に首に装着された時限爆弾が爆発し、殺害された事件です。

捜査当局は、事件の被害者であるブライアン・ウェルズは、銀行強盗を共謀した犯人グループの1人で、他の共犯者からの裏切りにあった結果、殺害されたものと結論付けました。

但し、ブライアン・ウェルズの遺族は、そんあ捜査当局の見解に真っ向から異議を唱えており、死亡した現在もなお、彼の無実を主張しているようです。

ブライアン・ウェルズ

ブライアン・ウェルズ

また、捜査当局が掴んだ事件の全貌は、それぞれ別の事件で逮捕された共犯者たちの、司法取引により得られた情報により浮上したもので、この事件は「FBI史上でも有数の、極めて複雑怪奇な犯罪の1つ」と評されています。

まずは、ピザ配達人爆死事件の概要について、簡単にみておくことにしましょう。

ピザ配達人爆死事件の概要

ブライアン・ウェルズが犯人グループから銀行強盗を指示されるまで

ペンシルベニア州エリーにある「ママ・ミーアズ・ピッツェリア」のピザ配達人として10年以上も真面目に働いていたブライアン・ウェルズは、2003年8月28日、店から数マイル離れた“場所”に2枚のピザを配達する注文を受けました。

ブライアン・ウェルズが長年勤めていた「ママ・ミーアズ・ピッツェリア」

ブライアン・ウェルズが長年勤めていた「ママ・ミーアズ・ピッツェリア」

その“場所”は、未舗装道路の突き当たりにあるWSEE-TVのテレビ塔で、ブライアン・ウェルズが現地に到着するや、ケネス・バーンズらの集団に拉致されることに…

銃で脅され、抵抗できないブライアン・ウェルズの首には、手際よく時限爆弾が仕掛けられ、さらに杖の形をした手作りのショットガンと、計9ページにわたる手書きの指示書が手渡され、銀行強盗の実行を指示されたのです。

ブライアン・ウェルズが手渡された杖型の手作りショットガン

ブライアン・ウェルズが手渡された杖型の手作りショットガン

ブライアン・ウェルズに渡された指示書には、首に仕掛けられた時限爆弾の起爆を遅らせることができる、いくつかの「鍵」を入手するための課題が時間制限付きで列挙されていました。

それらを一つ一つクリアすることで、最終的に時限爆弾を解除することができると言うものです。

さらに、「絶えず監視下に置かれており、通報しようとすれば直ちに爆発を引き起こす」との警告とともに、指示書の最後には次のような一文が…。

「考える前に行動しろ、さもなければ死ぬぞ(”ACT NOW, THINK LATER OR YOU WILL DIE!”)」

ブライアン・ウェルズが銀行強盗を実行してから爆死するまで

指示書に書かれていた最初の課題は、ピーチストリート沿いのPNC銀行への銀行強盗でした。

ピザ配達人爆死事件における主要場所の位置関係

ピザ配達人爆死事件における主要場所の位置関係

PNC銀行に“静かに”入店した後、指示書に添付されていた25万ドルを要求するメモを窓口係に手渡すこと。協力しない場合は杖型のショットガンを使用することなどと書かれていたと言います。

ブライアン・ウェルズは指示通り、午後2時30分頃にPNC銀行に入り、メモを窓口係に手渡しました。

PNC銀行の窓口の前に立つブライアン・ウェルズ

PNC銀行の窓口の前に立つブライアン・ウェルズ

そのメモには、「15分で爆弾が起爆する。その間に25万ドル全額を引き渡さなければならない」と書かれていましたが、地方の銀行にそんな短時間で要求額を用意することは不可能でした。

窓口係は自身が扱える限度額である 8,702ドル が入った袋を渡すと、ブライアン・ウェルズはそれを受け取って銀行を後にしました。

銀行の出口に向かって歩いているブライアン・ウェルズの防犯カメラの映像

銀行の出口に向かって歩いているブライアン・ウェルズの防犯カメラの映像

しかし、その約15分後には、駆けつけた警官に確保され、手錠をかけられたブライアン・ウェルズは、駐車場の地面に直接座らされました。

ブライアン・ウェルズは警察官に対し、「面識のない3人の黒人に脅され、銀行強盗を指示された」「俺は被害者なんだ!」と説明。

さらにブライアン・ウェルズはこう続けました。

「俺の首輪がついているだろ。この首輪に爆弾がついている!もうすぐ爆発する!」

この時のブライアン・ウェルズの再現映像

あまりに荒唐無稽な展開に、警察官たちは唖然としながらも、まずは万が一に備えて現場周辺から一般人を避難させ、爆発物処理班を手配したのは、ブライアン・ウェルズを逮捕してから約10分が経過した午後3時4分でした。

テレビ各局は、この事件を速報で伝えると、たちまち現場にはテレビ局のクルーが終結し、地面にへたり込みながら大声で叫び続ける“首輪爆弾男”を撮影し始めたのです。

関連するまとめ

マサイ族の身長と視力!ジャンプ力・寿命や食事・その他の生活習慣まとめ

ケニア南部に住む民族・マサイ族について、身長と視力に関する話題が挙がっています。また、ジャンプ力、寿命や食事…

cyann3 / 8380 view

ノルウェー連続テロ事件の死者と犯人の動機は?生存者が語るウトヤ島銃乱射と映画・犯人の…

2011年7月22日に発生した、単独犯によるノルウェー庁舎爆破事件とウトヤ島銃乱射事件という2つの事件からな…

passpi / 3774 view

バリ島爆弾テロ事件の犯人と日本人犠牲者!歴代テロ事件やその後現在まとめ

2002年10月12日に起きたバリ島爆弾テロ事件は、202人の死者を出した衝撃的なテロ事件となりました。その…

Mrsjunko / 724 view

サラスターン事件の詳細!犯人やその後・現在まで解説

ある日、突然19歳の女性が失踪したことから始まった「サラスターン事件」。アメリカでは「遺体なき殺人」とも呼ば…

aquanaut369 / 1249 view

ペトロパブロフスク羆事件は嘘?本当?詳細やクマの大きさなど総まとめ

世界3大獣害事件とされる「ペトロパブロフスク羆(ひぐま)事件」について、その詳細が気になる方が多いようです。…

cyann3 / 20623 view

デーモン・コア事故の原因は?パロ画像の現場猫・被爆した被害者のその後や現在もまとめ

アメリカの秘密研究所「ロスアラモス研究所」で1945年8月と1946年5月の2度に渡って臨界事故を起こしたデ…

passpi / 3743 view

国別の女性平均身長ランキングTOP90【最新決定版】

昔に比べて世界的にも女性の身長は伸び続けており、今や男性よりも大きな女性は珍しくはありません。ではいったいど…

maru._.wanwan / 1695 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ロシアのクリミア侵攻はなぜ?理由と期間・死者・制裁と影響・海外の反応もわかりやすく解…

過去にウクライナのクリミア半島で起きたロシアの軍事侵攻。この出来事は世界中に大きな影響を与えましたが、クリミ…

aquanaut369 / 997 view

ヒンターカイフェック事件の真相~犯人や概要まとめ

ヒンターカイフェック事件とは、1922年にドイツのバイエルンで起きた6人の殺害事件です。未だ犯人の特定には至…

Mrsjunko / 3981 view

スープおじさんの意味と死因!画像や動画・ドロドロの原因・解説まとめ

ネットで話題の「検索してはいけない言葉」として、スープおじさんの意味が話題になっています。また、スープおじさ…

cyann3 / 4299 view

アステカの祭壇の心霊写真や場所!生贄や心臓・アンビリバボー・映画の話題まとめ

有名な心霊現象である「アステカの祭壇」について、場所と写真についての話題が挙がっています。また、生贄の心臓、…

cyann3 / 2979 view

アメリカの大学の人気ランキングTOP50【最新決定版】

今回は、アメリカの大学の人気ランキングTOP50を紹介していきます。グローバル社会が根付いている現代において…

maru._.wanwan / 1081 view

ヤノマミ族の現在!出産と子供殺し・コロナ感染も総まとめ【写真付き】

ヤノマミ族とは、アマゾン川流域からオリノコ川にかけて、広く分布している南アメリカ大陸の先住民部族です。そんな…

Mrsjunko / 6108 view

ラブロフ外相はプーチン大統領の犬?2人の仲や関係まとめ

ロシアのラブロフ外相と言えば、プーチン政権の下、実に18年以上に渡ってロシアの外務大臣を務め、“プーチンの犬…

passpi / 1182 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク