ベネディクト16世のプロフィール

ベネディクト16世のプロフィール

ベネディクト16世のプロフィール

名前:ヨーゼフ・アロイス・ラッツィンガー
生年月日:1927年4月16日
出身地:ドイツ
職業:第265代ローマ教皇、名誉教皇

ベネディクト16世は前ローマ教皇

ベネディクト16世は前ローマ教皇

ベネディクト16世はひとつ前のローマ教皇。彼は2005年に新教皇に選出され、以降は2013年まで教皇の職を全うしました。教皇就任後はアメリカやイギリスなど積極的に海外にも足を運び、教皇としては初めてテレビなどのメディア露出をするなど、革新的な部分が多かったことでも知られています。退位後は「名誉教皇」となり、ベネディクト16世の名前で活動を行っています。

かなりのマルチリンガル

かなりのマルチリンガル

ベネディクト16世はマルチリンガルとしても有名で、数多くの言語を話すことができるのだとか。彼は母国語のドイツはもちろんフランス語、ラテン語、イタリア語が堪能で、英語やスペイン語、ポルトガル語も話すことができます。さらに古代ギリシア語と古典ヘブライ語の文献を読むことができるようで、言語に長けていたのは大きな特徴となっています。

ピアノの演奏が得意

ピアノの演奏が得意

ベネディクト16世は昔からピアノが得意なことでも知られていて、ピアノの演奏ではモーツァルトとベートーヴェンの曲を好んでいました。休暇にはピアノを心ゆくまで弾くことが多かったようで、別荘には大きなピアノが運び込まれたこともあったのだとか。ちなみにピアノ以外にギターの演奏も得意だと言われていて、その腕前はプロ級なんだそうです。

Benedict XVI on piano

出典:YouTube

ベネディクト16世の若い頃について

ベネディクト16世の若い頃①~少年時代から司祭に憧れていた

ベネディクト16世の若い頃①~少年時代から司祭に憧れていた

ベネディクト16世は1927年に警察官の父親と食堂手伝いの母親の間に生まれました。彼は少年の頃から司祭に強い憧れを持っていたようで、のちに父親と一緒に司祭職に就いています。

なぜ司祭に憧れを持っていたのかまではわかっていませんが、大人になってから子供の頃の夢を叶え、そのトップにまで上り詰めたのはさすがの一言です。

ベネディクト16世の若い頃②~義務で「ヒトラーユーゲント」に加入

ベネディクト16世の若い頃②~義務で「ヒトラーユーゲント」に加入

ベネディクト16世は第二次世界大戦がはじまったあと、ナチスドイツの青年組織「ヒトラーユーゲント」へ加入しています。じつは同時のドイツでは10~18歳の青年に同組織に加入する義務を課していて、加入する以外のことはできなかったのだとか。

この頃は歩兵としての訓練を受け、「対空防衛補助活動」に駆り出されるなど、若くして戦争を経験することになりました。

ベネディクト16世の若い頃③~戦後から神学校に通い司祭になった

ベネディクト16世の若い頃③~戦後から神学校に通い司祭になった

ベネディクト16世は第二次世界大戦後は一時ドイツのウルムにある収容所に敗戦国の捕虜として収容されていました。解放されたあとは兄と2人で「聖ミカエル神学校」に通い、ここで数年にわたって司祭になるための勉強をはじめます。

神学校を卒業後の1951年6月29日に司祭になり、1953年には神学博士号まで取得し、優秀な司祭として知られることとなりました。

ベネディクト16世の若い頃④~大学教授としても活動

ベネディクト16世の若い頃④~大学教授としても活動

ベネディクト16世は司祭になったあと、1957年に大学教授資格を取得。以降は大学教授としても活動をはじめ、「フライジング哲学神学大学」や「ボン大学」、「ミュンヘン大学」などで教授を務めました。

その後、「レーゲンスブルク大学」で副学長にも任命され、司祭・大学教授の両方で人気を集める存在になります。

ベネディクト16世の若い頃⑤~司教・枢機卿に抜擢

ベネディクト16世の若い頃⑤~司教・枢機卿に抜擢

ベネディクト16世は大学教授として活躍したあと、バチカンのケルン大司教ヨーゼフ・フリングス枢機卿の神学顧問としても活動。その後、1977年に当時のローマ教皇パウロ6世から大司教に任命され、同じ年に枢機卿にも抜擢されました。

これにより彼はバチカンでの活動が増え、教皇選挙である「コンクラーヴェ」にも若くして参加することとなりました。

ベネディクト16世の若い頃⑥~教理省の長官として活躍

ベネディクト16世の若い頃⑥~教理省の長官として活躍

ベネディクト16世は1981年に「教理省(検邪聖省)」の長官に抜擢され、保守派の代表として異端審問を担うなど、カトリックの教義に意を唱える神学者たちに厳しく対処していました。

この頃には「首席枢機卿」にも任命され、「次期ローマ教皇」として周囲からの信頼も厚かったのだそうです。

ベネディクト16世の若い頃⑦~ローマ教皇に就任

ベネディクト16世の若い頃⑦~ローマ教皇に就任

ベネディクト16世は前教皇ヨハネ・パウロ2世の健康状態悪化を受け、後継者として注目を集めます。この時は経済誌の「タイム誌」で「世界でもっとも影響力のある100人」にも選ばれていて、教皇就任前からすでに就任が決まっているような報道も流れました。

そして2005年4月19日に新ローマ教皇に選出され、950年ぶりのドイツ人教皇として話題を集めました。

ベネディクト16世は悪魔崇拝者?退位の理由がやばい!

ベネディクト16世には「悪魔崇拝者」の噂がある

ベネディクト16世には「悪魔崇拝者」の噂がある

ベネディクト16世には以前から「悪魔崇拝者」だという噂が流れていて、これは世界中で大きな話題になっていました。もちろん悪魔崇拝者だという証拠はなく、決定的な根拠があるわけではありません。

ただ、彼は教皇就任前や就任後、そして退任後までこの噂が消えることはなく、過去には批判が殺到したこともありました。

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由について

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由①~

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由①~

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由は2009年に報じられた「カトリック教会の性的虐待事件」とされています。元々は2002年にアメリカで報じられ、2009年になってからアイルランドやドイツでも報じられることに。

これは聖職者が教会や教会が運営する施設で児童に性的虐待を加えたという事件で、元はメディアが報じたものですが、その後はアイルランド政府が報告書を公表するなど一大事件へと発展してしまいます。

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由②~児童性的虐待を組織的に隠ぺいしていた

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由②~児童性的虐待を組織的に隠ぺいしていた

ベネディクト16世がローマ教皇を務めていたときに起こった児童への性的虐待事件はのちに組織的な隠ぺいが行われていたことも判明。これにはベネディクト16世ももみ消しに動いたと報じられ、彼に批判が殺到することになります。

ちなみにこの事件は1930年から80年代にかけて行われたもので、少年少女合わせて2500人以上が被害に遭っていることが報告されました。

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由③~児童虐待への関与を否定

ベネディクト16世が「悪魔崇拝者」と言われる理由③~児童虐待への関与を否定

ベネディクト16世は児童虐待事件が報じられたあと、日曜礼拝で「つまらないゴシップ」と発言。この発言により児童の性的虐待や隠ぺいには関与していないことを明かし、世界中から批判が殺到することに。

さらに教皇に近い司教たちからは「一部の者の過ち」や「陰謀」と語っていて、児童虐待事件の火消しを行っていました。

ベネディクト16世はほんとうに悪魔崇拝者なの?退位の理由がやばかった

ベネディクト16世が退位した理由は何?

ベネディクト16世が退位した理由は何?

ベネディクト16世は2013年2月28日にローマ教皇を退位していて、これは生前退位だったこともあって世界中で話題を呼びました。近年のローマ教皇は「終身制」となっていて、生前に退位するのは異例の事態。

そのため、退位の理由が注目を集めましたが、これに対して彼は「年齢による衰え」だと語っていました。

ローマ法王退位で最後のあいさつ

出典:YouTube

「年齢による衰え」はじつは表向きの理由だった?

「年齢による衰え」はじつは表向きの理由だった?

ベネディクト16世は「年齢による衰え」を理由にローマ教皇を生前退位してしまいましたが、じつはこれは表向きの理由だと言われていて、ほんとうの理由は「児童の虐殺」だと言われています。

彼はローマ教皇を退位する前に児童虐殺に関する報道が流れていて、この事件で彼は起訴され、有罪判決を受けたとされています。

エリザベス女王とともに大量虐殺を行っていた?

エリザベス女王とともに大量虐殺を行っていた?

ベネディクト16世はローマ教皇を退位する前にエリザベス女王とともにカナダで児童の虐殺を行ったとして起訴され、懲役25年の判決を言い渡されたという情報がネットに出回りました。この情報の真偽については定かではありませんが、「同事件によって生前退位したのでは?」という憶測が流れることに。ちなみにこの事件はカナダにいるインディアンの児童5万人が被害者と言われていて、これにエリザベス女王とベネディクト16世が関与していると噂されていました。

ベネディクト16世はほんとうに悪魔崇拝者なのか?

ベネディクト16世はほんとうに悪魔崇拝者なのか?

ベネディクト16世はカトリック教会の児童虐待や児童虐殺などの噂が流れたことで悪魔崇拝者だと言われていますが、ほんとうに悪魔崇拝者なのでしょうか?

これまで紹介した事件はすべて真相がハッキリしておらず、彼が当事者として関わっていたのかどうかは不明です。そのため、悪魔崇拝者だと言い切ることはできず、噂だけがひとり歩きしている状態になっています。

ベネディクト16世はスターウォーズのシス?ラスボス感が半端ない

関連するキーワード

関連するまとめ

メドベージェフ大統領の現在!身長や任期と北方領土問題・失脚と更迭も総まとめ

ロシアの第3代大統領を務めたドミートリー・メドベージェフ大統領の現在にも注目が集まっています。 そこで今回…

sumichel / 3666 view

グレイシー一族の家系図と現在!最強伝説と戦績・実は弱い噂・桜庭和志との対戦まとめ

ブラジル柔術家のグレイシー一族について、家系図に関する話題が挙がっています。また、グレイシー一族の現在の最強…

cyann3 / 6356 view

ジムロジャーズの年収と資産!嫁・子供の画像と自宅プライベート情報まとめ

投資家のジムロジャーズさんについて、年収と資産、そして家族が注目されています。また、ジムロジャーズさんの嫁・…

cyann3 / 5593 view

ノストラダムスの名言&大予言100選!的中ランキング【最新版】

日本では「ノストラダムスの大予言」というタイトルの著書が知られていいますが、彼の残した予言を巡って様々な論争…

maru._.wanwan / 3316 view

アルバート・ブーラ(ファイザーCEO)の両親はユダヤ人?結婚した嫁・子供など家族情報…

アルバート・ブーラ氏と言えば、コロナワクチンで一躍注目が集まったアメリカの大手製薬会社「ファイザー」の会長兼…

passpi / 1172 view

グレタ・トゥーンベリの障害と怖い説!アスペルガー・生い立ちと家族・現在まとめ

環境少女として話題になったグレタ・トゥーンベリさんの生い立ちから現在が注目を集めています。その他、グレタ・ト…

cyann3 / 3536 view

ジャック・ドーシーの現在!年収や資産と生活環境・来日・初ツイート落札まとめ

ツイッター創業者のジャック・ドーシーさんについて、現在に関する話題が挙がっています。また、ジャック・ドーシー…

cyann3 / 1763 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

チャールズ皇太子とカミラ夫人の結婚から離婚原因まで総まとめ

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚生活を破滅に導いたとして非難を浴びていたカミラ夫人。2人の関係はスキャン…

Mrsjunko / 1674 view

チャールズ皇太子の家系図!両親・兄弟・嫁・子供・孫の画像やプロフィールまとめ

エリザベス2世女王の長男として誕生したチャールズ皇太子。今回は、そんなチャールズ皇太子の家系図や親、兄弟、嫁…

rirakumama / 4944 view

ウィリアム王子とハリー王子は仲良し?不仲?関係エピソードまとめ

イギリス王室のウィリアム王子とハリー王子(ヘンリー王子)に不仲説が浮上しています。果たして仲良し、不仲どちら…

cyann3 / 1394 view

レーガン大統領の晩年と死因!病気や国葬も総まとめ

第40代アメリカ大統領を務めたレーガン大統領ですが、2004年に93歳で死去しています。 そこで今回は、レ…

sumichel / 2003 view

オリヴィアパレルモの旦那と子供!結婚式や馴れ初め・現在を総まとめ

ソーシャライトとして活動しているオリヴィア・パレルモの結婚情報について、旦那ヨハネス・ヒューブルとの馴れ初め…

rirakumama / 8354 view

ゼレンスキー大統領の嫁が超美人!結婚と子供・自宅も総まとめ

ウクライナで大統領を務めているゼレンスキー大統領。結婚した嫁が「美人」と評判で、その子供や自宅にも注目が集ま…

aquanaut369 / 3047 view

イーロン・マスクの学歴(出身高校/大学)と経歴!性格もまとめ

テスラのCEOで世界最高の起業家と謳われるイーロン・マスクさん。そこで今回は、イーロン・マスクさんの性格や学…

sumichel / 7330 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);