ボブ・マーリーのプロフィール

ボブ・マーリーのプロフィール

ボブ・マーリーのプロフィール

名前:ロバート・ネスタ・マーリー
生年月日:1945年2月6日
出身地:ジャマイカ
職業:シンガーソングライター、ミュージシャン

ボブ・マーリーは世界的なシンガーソングライター

ボブ・マーリーは世界的なシンガーソングライター

ボブ・マーリーは1960年代から1980年代にかけて活躍した世界的シンガーソングライター。彼はジャマイカ出身の歌手で、レゲエミュージックの先駆者として人気を集めました。

また、彼の存在からジャマイカの文化や音楽が知られるようになり、その象徴的な存在としても知られています。

Bob marley ”no woman no cry” 1979

出典:YouTube

複雑な家庭環境に育った

複雑な家庭環境に育った

ボブ・マーリーは61歳の白人の父親と16歳のアフリカ系ジャマイカ人の母親との間に生まれ、ほどなくして両親は離婚。一時は母親と暮らしていましたが、その後は父親によって引き取られるもすぐに友人宅に預けられます。

彼の行方を心配した母親はボブ・マーリーを見つけ出し、以降は母親と一緒で生活を送りました。ちなみに父親は早くに亡くなっています。

早くから歌手に憧れていた

早くから歌手に憧れていた

ボブ・マーリーは10代の頃からR&Bやスカといった音楽を聴くようになり、このときはのちのレゲエミュージシャンであるバニー・ウェイラーも一緒に音楽を楽しんでいたのだそうです。

ちなみに当時は読書にもハマっていたようで、とくに聖書に親しんでいたのだそうです。

仕事でのケガから歌手を目指した

仕事でのケガから歌手を目指した

ボブ・マーリーは学校を卒業したあとは一時溶接工の職に就いていましたが、このときは目をケガしてしまい、これにより憧れだった歌手を目指すように。

当時はすでにタレント・ショーに出演して人前で歌も披露していて、無料の音楽教室に通いながら歌手を目指すようになりました。

歌手活動をはじめてすぐに大ブレイクを果たした

歌手活動をはじめてすぐに大ブレイクを果たした

ボブ・マーリーは1962年にレコード店のオーディションを受け、見事合格。その後は曲を数曲ほどリリースし、アメリカへと渡ります。当時は路上生活を送りながら音楽活動を続け、友人たちとともに「ザ・ウェイラーズ」というバンドを結成。

バンド結成後は着実に実績を積み、1963年に「Simmer Down」をリリース。同楽曲は当時のジャマイカ放送などで1位を獲得する人気を集め、ミュージシャンとして順調なスタートを切りました。

ボブ・マーリーの晩年!病気や死因、当時の葬儀と墓も紹介

ボブ・マーリーは「36歳」という若さでこの世を去った

ボブ・マーリーは「36歳」という若さでこの世を去った

ボブ・マーリーは早くに歌手としてブレイクを果たし、世界的なレゲエミュージシャンとなりましたが、その活動自体はとても短く、なんと36歳という若さでこの世を去っています。

音楽活動自体は20年ほどとなっていて、早くに亡くなったものの、数多くの名曲を世に残しています。

ボブ・マーリーの晩年について

ボブ・マーリーの晩年①~アフリカ諸国から勲章を授与

ボブ・マーリーの晩年①~アフリカ諸国から勲章を授与

ボブ・マーリーはその活躍から晩年はアフリカ諸国の国連代表派遣団から第三世界平和勲章を授与されていて、彼の功績はアフリカ諸国にも多大な影響を与えたのだそうです。

また、この頃は彼自身も念願だったアフリカ諸国を訪れていて、自身のルーツに触れる経験をしました。

ボブ・マーリーの晩年②~日本でも公演を行い、慈善活動にも取り組んだ

ボブ・マーリーの晩年②~日本でも公演を行い、慈善活動にも取り組んだ

ボブ・マーリーは1979年に日本をはじめ、オーストラリアやニュージーランドなどでも公演を行います。当時は日本での人気も高く、レゲエミュージックは多くの人に知られることになります。

その後は黒人解放運動を支援するアマンドラ慈善コンサートにも出演し、南アフリカのアパルトヘイトへ強い反対の意思を示すなど、熱心な慈善活動にも取り組みました。

ボブ・マーリーの晩年③~アフリカで初のコンサートを開催

ボブ・マーリーの晩年③~アフリカで初のコンサートを開催

ボブ・マーリーは1980年に西アフリカのガボンを訪れ、このとき自身初となるアフリカでのコンサートを開催。その後は自宅スタジオに支援者やその子供たちを誕生パーティーに招待するなどもしています。

さらにジンバブエの独立式典にも出席し、このときは演奏を披露して集まった聴衆を魅了しました。

ボブ・マーリーの晩年④~ヨーロッパツアーを開催するも体調を崩した

ボブ・マーリーの晩年④~ヨーロッパツアーを開催するも体調を崩した

ボブ・マーリーは1980年5月からヨーロッパツアーを開催。このときは6週間の間に12ヶ国31都市と回るという過密スケジュールで、100万人の動員を記録します。

その後は休養していたマイアミにて体調を崩すも翌月からアメリカツアーも開始。アメリカ各地でコンサートを行っていましたが、再び体調を崩し、休養を取ることになりました。

ボブ・マーリーの晩年⑤~ジョギング中に倒れ、腫瘍が見つかった

ボブ・マーリーの晩年⑤~ジョギング中に倒れ、腫瘍が見つかった

ボブ・マーリーはアメリカツアー中に体調を崩して休養を取った翌日、ニューヨークのセントラルパークにてジョギング中に倒れてしまいます。

その後は病院にて「脳腫瘍」と診断されるもピッツバーグのスタンリー・シアターでラスト・コンサートを決行し、無事にツアーを終えました。

Bob Marley - Redemption Song - Live in Dortmund 1980

出典:YouTube

ボブ・マーリーの晩年⑥~腫瘍発覚後は治療に専念した

ボブ・マーリーの晩年⑥~腫瘍発覚後は治療に専念した

ボブ・マーリーは腫瘍が発覚したあとは治療に専念。当初は放射線治療など、キツイ治療を受けていましたが、その後はドイツへと移って自然治療へと切り替えました。

このときは彼の象徴的なドレッドヘアも切り落とし、集中的な治療を行っていたのだそうです。

ボブ・マーリーの晩年⑦~1981年5月に死去した

ボブ・マーリーの晩年⑦~1981年5月に死去した

ボブ・マーリーは1981年4月にジャマイカにて名誉勲位であるメリット勲位が贈られ、その翌月にはチャーター機でマイアミへと戻ります。このときはマイアミの病院へ入院していましたが、体調が回復することはありませんでした。

そして、同年5月11日に自身の家族に見守れながらその生涯の幕を閉じました。ちなみに彼が息子へ送った最後の言葉は「お金は命を買えない」だったのだそうです。

ボブ・マーリーは何の病気だったの?死因は何?

ボブ・マーリーは何の病気だったの?

ボブ・マーリーは何の病気だったの?

ボブ・マーリーの病気は「がん」。彼は1980年にジョギング中に倒れたことで脳腫瘍が発見され、その後は治療に専念していましたが、彼の体調が回復することはありませんでした。

また、回復しなかったことを考えると、すでに手の施しようが無かったことが伺え、当時の彼の体はかなり弱っていたのだと思われます。

腫瘍は全身に転移していた

腫瘍は全身に転移していた

ボブ・マーリーは脳腫瘍が発見され治療に専念していましたが、じつはこのときはすでに全身のいたるところに腫瘍が転移していたようで、治療を受けながらも手の施しようは無かったのだとか。

当初は放射線治療を行っていましたが、すぐに自然療法に切り替えていて、彼はどんな治療を行ってもすでに無意味であることを知っていたのかもしれません。

亡くなる数年前に皮膚がんが見つかっていた

亡くなる数年前に皮膚がんが見つかっていた

ボブ・マーリーはじつは1977年に一度ツアー中に足の親指を痛め、このとき「メラノーマ」という皮膚がんであることを医師から告げられています。

医師からは親指の切断を勧められるも宗教上の理由からこれを断り、代わりに皮膚移植を受けたのだそうです。

ボブ・マーリーの死因は何だったの?

ボブ・マーリーの死因は何だったの?

ボブ・マーリーの死因については一般的に「脳腫瘍」と「肺に転移した腫瘍」だと言われています。ただ、そのきっかけとなったのは足の親指にできたメラノーマであり、早くにメラノーマを治療していれば未来は少し変わっていたかもしれません。

じつはメラノーマは黒人は滅多にならない

じつはメラノーマは黒人は滅多にならない

ボブ・マーリーはメラノーマになったことで腫瘍が全身に転移してしまいましたが、じつはメラノーマは黒人は滅多にならないことで知られていて、本来は白人の多い病気なんだそうです。

ではなぜ彼がメラノーマになったのかというと、「父親が白人だったから」だと言われているようです。

ボブ・マーリーの葬儀!お墓はどこにあるの?

ボブ・マーリーの葬儀はジャマイカで行われた

ボブ・マーリーの葬儀はジャマイカで行われた

ボブ・マーリーの死去後に行われた葬儀は彼のマイアミに自宅にて執り行われたようで、このときは一緒に追悼式も行われたようです。一通り彼の葬儀が終わったあと、遺体はジャマイカへと戻されたようで、そこで彼の国葬が行われたのだそうです。

彼の国葬には多くのファンが参列し、当時の映像は今もYouTubeなどで見ることができます。

関連するキーワード

関連するまとめ

アヴィーチー(Avicii)の人気曲ランキング22選&アルバム3選【最新版】

スウェーデン出身の音楽プロデューサーのアヴィーチー。高校を卒業した彼は18歳から自身の寝室で曲を書きリミック…

kii428 / 1671 view

フィル・コリンズの現在の仕事や体調は?病気で車椅子の噂も総まとめ

長年ミュージシャンとして活躍し、多くのヒット曲を生み出してきたフィル・コリンズさんですが、現在は病気が原因で…

sumichel / 2795 view

フレディマーキュリーとジムハットンは恋人関係!馴れ初めなど総まとめ

生前のフレディ・マーキュリーさんは、美容師のジム・ハットンさんとの深い恋人関係で結ばれていました。今回は、2…

kent.n / 3605 view

エドワード・ヴァン・ヘイレンの嫁と息子!身長や性格も総まとめ

ロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリストとして絶大な人気を集めたエドワード・ヴァン・ヘイレン。子供(息子…

aquanaut369 / 2424 view

アップテンポな洋楽52選!おすすめランキング【男女別・最新版】

元気になりたい時や思いっきり遊びたい時などは、ノリノリな音楽で開放的な気分になりたいですよね!「日本の音楽じ…

kent.n / 2371 view

ボブ・ディランの生い立ちと家族!父・母・兄弟まとめ

歌手として初のノーベル文学賞を受賞したボブ・ディランさんの音楽は、世界の人々に影響を与え、それと共に論争も巻…

Mrsjunko / 1559 view

カニエウエストの双極性障害と奇行!メンタル崩壊や精神上の噂もまとめ

天才でありながら近年はお騒がせミュージシャンとして知られているカニエウエストさんですが、また奇行が取り沙汰さ…

sumichel / 1497 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ニック・カーターの現在!バックストリート・ボーイズの活動・嫁や弟との関係まとめ

バックストリート・ボーイズのニック・カーターさんについて、現在の活動が注目を集めています。また、ニック・カー…

cyann3 / 3117 view

ブライアン・ジョーンズの結婚&離婚!嫁と子供・孫を総まとめ

イギリスの人気ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のブライアン・ジョーンズは、プレイボーイとして有名で女性…

rirakumama / 2364 view

アクセルローズの現在!元嫁エリンエヴァリーとの子供や離婚原因など総まとめ

ガンズ・アンド・ローゼズのボーカルを務め、1980年代から1990年代にかけて絶大な人気を誇ったアクセルロー…

sumichel / 5162 view

マイケルジャクソンの死因とは~死去の真相や陰謀論まとめ

マイケル・ジャクソンさんは2009年6月25日に亡くなられましたが、現在も陰謀論などが噂されている模様です。…

kent.n / 2801 view

ディープ・パープルの人気曲ランキング25選!名曲・代表曲【最新決定版・動画付き】

『イン・ロック』『マシン・ヘッド』など、ハード・ロックの古典といえる名作を発表してきたディープ・パープル。今…

maru._.wanwan / 1281 view

ジョーイ・ジョーディソンの死因は?身長や素顔・脱退理由・死去した現在を総まとめ【スリ…

ヘヴィメタルバンド『スリップノット』の元メンバーでドラムを務めたジョーイ・ジョーディソンさんですが。2021…

sumichel / 4305 view

バックストリート・ボーイズのアルバム10選!人気おすすめランキング【最新決定版】

バックストリート・ボーイズは、1993年に結成されたアメリカ合衆国の5人組・男性アイドルグループで、CD総売…

maru._.wanwan / 766 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク