ジョンレノン暗殺の概要

殺害現場となったダコタハウス

殺害現場となったダコタハウス

1980年12月8日、ニューヨークの高級集合住宅「ダコタハウス」の入り口で、ジョンレノンさんはマークチャップマンによって暗殺されました。

ジョンレノンさんはニューヨーク市内のルーズヴェルト病院に搬送されましたが、到着後すぐに死亡宣告されています。当時40歳という若さでした。

その後ニューヨーク州ウエストチェスター郡のファーンクリフ墓地で火葬され、遺灰は妻であるオノヨーコさんに渡されています。葬儀は執り行われなかった模様。

暗殺当日のジョンの出来事

ジョンレノン最後となった写真

ジョンレノン最後となった写真

アニー・ライボヴィッツさんはジョンレノンさんの写真を撮るために、12月8日の朝ダコタハウスの自宅に訪れました。その時に撮られたのが「ローリングストーン誌」の表紙を飾った有名な写真です。

裸のジョンレノンさんが着衣したオノヨーコさんに絡みついている姿です。この写真を撮影するのに2時間かかったそうです。ローリングストーン誌では、過去40年間の表紙の中で最高の表紙に選ばれています。

この撮影現場では、最初ジョンレノンさんだけを撮る予定でしたが、ジョンレノンさんはオノヨーコさんと一緒の写真を望んだということ。アニーさんはオノヨーコさんを入れることを望んでいなかったと言います。

しかしジョンレノンさんはアニーさんに「あなたは私たちの関係を正確に捉えました」と言ったそうです。

デーヴ・ショリンのインタビュー

デーヴ・ショリンのインタビュー

写真撮影が終わった15時30分に「RKOラジオ・ネットワーク」の放送予定のためのインタビューを受けるため、最後のインタビューに応じています。この時のインタビュアーはサンフランシスコのDJ、デーヴ・ショリンさんでした。

そのインタビューの最後にジョンレノンさんはこう語っています。

”Certain times during the interview,” Sholin says, ”he would look at her and she would look at him, and it was pretty clear what they were saying, just with their eyes. … I’m glad we captured everything. I just wish there was another ending.”

「私はまだ愛、平和を信じています。私はまだ前向きな考えを信じています…そして私は死んで埋められるまで私の仕事は終わらないと思います」
「Walking on Thin Ice」のミキシング作業のためスタジオへ

「Walking on Thin Ice」のミキシング作業のためスタジオへ

インタビューが終わった17時40分に、迎えのリムジンが到着。「Walking on Thin Ice(英語版)」のミキシング作業を行うためオノヨーコさんとレコード・プラント・スタジオに向かいました。

ジョンレノン暗殺時の犯人の動き

マーク・チャップマンのプロフィール

マーク・チャップマンのプロフィール

生誕:1955年5月10日(64歳)
出生地:アメリカ合衆国 テキサス州フォートワース
現況:ウェンデ刑務所で服役
職業:被収容者
罪名:第二級謀殺
刑罰:無期懲役
配偶者:グロリア・ヒロコ・チャップマン

12月6日にニューヨークに到着

12月6日にニューヨークに到着

マークチャップマンは12月6日にニューヨークに到着し、セントラルパークウエストのすぐそばにあるYMCAの部屋にチェックインしました。ジョンレノンさんのいるダコタハウスまでは9ブロックの距離です。

夜になると同性愛者の声が聞こえ、マークチャップマンは怒りを覚えて持っていた銃で殺害することを考えたと言います。しかし思いとどまり、翌日は7th Avenue 53rd Streetのシェラトンセンターホテルへと移動しています。

話をしたいとコールガールに

話をしたいとコールガールに

その夜マークチャップマンはコールガールを呼びましたが、話をしたいと言い、行為には及ばずに190ドル支払っています。

今日でなければならない

今日でなければならない

12月8日、10時30分に目を覚ましたマークチャップマンは、「今日でなければならない」という声を聞いたと語っています。

ヨハネの後に「レノン」

ヨハネの後に「レノン」

聖書の「ヨハネの福音書」の冒頭まで開いて、「ヨハネ」の後に「レノン」と書いています。その後ホテルを後にすると、「ダブルファンタジー」のアルバムを購入。そして、拳銃をポケットに忍ばせたときにそれとわからなくするためにカバーするアイテムも購入しました。そしてダコタハウスへと向かいました。

犯行当日ジョンレノンのサインをもらう

犯行当日ジョンレノンのサインをもらう

ジョンレノンさんがRKOラジオ・ネットワークのスタジオに向かうためリムジンに向かう際にサインを求める人たちが近づいてきました。その中にマークチャップマンがいたようです。

マークチャップマンはジョンレノンさんに「ダブルファンタジー」を無言で差し出しサインを求めると、ジョンレノンさんは快く応じています。サインを書き終えたジョンレノンさんはチャップマンに「あなたが望むのはそれだけですか」と尋ね、チャップマンは笑顔で頷いたと言います。

ダコタハウスの玄関アーチに潜む

ダコタハウスの玄関アーチに潜む

ダコタハウスのドアマンで、元CIAのエージェントのホセ・サンヘニス・ペルドモと近くにいたタクシーの運転手は、マークチャップマンがダコタハウスの玄関アーチに潜んでいるところを目撃していました。

スタジオから帰ったジョンレノンさん夫妻は、いつもダコタハウスのより安全な中庭でリムジンを停車して降りますが、その日は手前の72丁目でリムジンを降り、歩いてダコタハウスの玄関を通っています。

運命のすれ違い

運命のすれ違い

ジョンレノンさんは潜んでいたマークチャップマンとすれ違う際、チャップマンの顔をすれ違いざまに一瞥しています。多分前に会ったことがあると思ったのでしょう。

背中を5発銃撃

背中を5発銃撃

ジョンレノンさんとマークチャップマンがすれ違って間もなく、チャップマンは「レノンさん」と呼びかけ、ジョンレノンさんの背中目がけてチャーター・アームズ社製の38スペシャル弾用回転式拳銃で、ホローポイント弾を5発立て続けに発射しました。その距離はおよそ3mという至近距離だったようです。

「撃たれた、撃たれた」!

「撃たれた、撃たれた」!

1発目の銃弾はジョンレノンさんの頭をかすめてダコタハウスの窓に当たっています。2発目はジョンレノンさんの背中左側に命中、3発目と4発目はジョンレノンさんの左肩を貫通しています。

ジョンレノンさんは「撃たれた、撃たれた」と言い、ダコタハウスの受付の階段を5段ほど登り床に崩れ落ちました。

マークチャップマンは抵抗せず逮捕

マークチャップマンは抵抗せず逮捕

ドアマンのホセ・サンヘニス・ペルドモさんは、マークチャップマンの銃を手から振りほどいて離させ、銃を歩道へと蹴り飛ばしました。その後チャップマンは自分の帽子とコートを掴み、凶器を持っていないことをアピールすると、歩道に座り込み、警察を待っているように動かず体制をとっていました。

ペルドモさんはチャップマンに「自分が何をしたのか分かっているのか?」と問いかけると、チャップマンは「ええ、ジョンレノンを撃ったんです」と静かに答えたと言います。

逮捕覚悟も

逮捕覚悟も

警察が到着してもチャップマンは歩道に静かに座っていて、「ライ麦畑でつかまえて」のペーパーバックを読んでいたということです。

警官はチャップマンにすぐさま手錠をかけ、パトカーの後部座席に押し込んだ時も、チャップマンに抵抗する様子は見られませんでした。

銃撃に遭った後のジョンレノン

救急車を待たずにパトカーで病院へ

救急車を待たずにパトカーで病院へ

マークチャップマンが逮捕されて数分後に到着した巡査チームは、ジョンレノンさんの傷が酷いことを見極めると、救急車を待っていたら間に合わないことを判断して、パトカーでルーズヴェルト病院に搬送することを決めました。

23時15分死亡

23時15分死亡

車内で巡査が「あなたはジョンレノンですか?」と問いかけると、ジョンレノンさんはかすかに頷き、声を出そうとしましたが、ゴロゴロという音しか出すことが出来ず、その後気を失ったそうです。

パトカーから降ろし台車付きの担架に乗せて救急救命室に搬送する途中で、ジョンレノンさんはすでに脈拍がなく呼吸も停止していました。

15~20分かけてジョンレノンさんの蘇生処置を施しましたが、心臓周辺の血管の損傷が激しく、23時15分に死亡宣告されました。

心臓と肺の損傷が激しく出血性ショック

心臓と肺の損傷が激しく出血性ショック

ジョンレノンさんの遺体は1番街520の遺体安置所に運ばれ、検死解剖されました。死因は胸部と大動脈弓を貫通している複数の銃傷で、体内の血液の約80%を失ったことによる出血性ショックであることが報告されています。

ジョンレノンさんへ向けて発砲された銃弾は、4発中3発が胸部から貫通して残りの一発は心臓の大動脈にあたり止まっていました。そのため銃傷は全部で7箇所に及んでいました。

関連するキーワード

関連するまとめ

トニー・ベネットとレディー・ガガの仲や関係!デュオでの活動や曲を総まとめ

長年活動し、伝説的歌手として絶大な人気を集めたトニー・ベネットさんとレディー・ガガさんの仲や関係について注目…

sumichel / 129 view

ボンジョヴィは親日で日本好き~来日エピソードまとめ

日本が好きなアーティストとして有名な「ボンジョヴィ」は、世界中で人気のあるロックバンドです。この記事では、親…

shasser / 500 view

2パック(ラッパー)の人気曲ランキング30選!ヒット曲・名曲【最新決定版・動画付き】

ラッパーの2パックさのんについて、ヒット曲・名曲が話題になっています。そこでラッパー・2パックさんのヒット曲…

cyann3 / 59 view

アヴィーチー(Avicii)の彼女や結婚&家族情報まとめ

EDM界において多大な影響を与え、現在は伝説のミュージシャンとして世界中に愛されているアヴィーチー(Avic…

kent.n / 166 view

パンクバンド人気ランキング40選~海外・日本別TOP20【最新版】

世界中様々なロックバンドが存在しますが、その中でもくせの強いパンクバンドはコアなファンが多く、日本にも数多く…

aquanaut369 / 326 view

DMX(ラッパー)の死因&現在まで!オーバードーズで死亡・追悼の声もまとめ

アメリカのラッパーのDMXさんについて、オーバードーズで死亡したというニュースが出てきています。また、DMX…

cyann3 / 89 view

ジョン・ライドンと嫁ノラ・フォスターの結婚と子供!介護の話題もまとめ

イギリスの歌手ジョン・ライドンさんについて、嫁ノラ・フォスターさんとの馴れ初めが話題になっています。ジョン・…

cyann3 / 179 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

アクセルローズの若い頃と現在!元嫁・息子とのエピソードもまとめ

ミュージシャンのアクセルローズさんについて、若い頃がイケメンだと話題になっています。また、現在の活動や元嫁・…

cyann3 / 635 view

洋楽アルバムのおすすめランキングTOP100【最新決定版】

洋楽が以前に増して世界的に流行っており、洋楽を聞く方がかなり増えていると言われています。そこで今回は、おすす…

risa / 98 view

ジャスティン・ティンバーレイクとブリトニー・スピアーズの熱愛関係!破局原因の浮気・そ…

歌手のジャスティン・ティンバーレイクさんとブリトニー・スピアーズさんの熱愛の話題が挙がりました。また、破局原…

cyann3 / 71 view

ビートルズの人気曲!名曲ランキングTOP50【動画付き・最新版】

ビートルズは1960年代から1970年にかけて活動したイギリス・リヴァプール出身のロックバンドです。ここでは…

kii428 / 83 view

ノエルギャラガーの天才的な名言!日本の福岡や牛丼に対する名言も紹介

元「オアシス」のメンバーで天才と称されるノエルギャラガー。同バンドで曲作りも担当していて、彼の持つ感性は世界…

aquanaut369 / 450 view

チャーリー・ワッツは愛妻家!結婚した嫁と子供(娘)・孫を総まとめ【ローリングストーン…

世界的ロックバンド「ローリングストーンズ」のドラマーとして人気が高いチャーリー・ワッツ。彼はかなりの愛妻家と…

aquanaut369 / 126 view

リル・ナズ・Xは日本に対して親日?反日?来日時のエピソードも総まとめ

世界的な人気を集めているラッパーのリル・ナズ・X。彼は2022年にプライベートで来日していて、そのときの様子…

aquanaut369 / 133 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);