ダイアナ妃のプロフィール

ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

ダイアナ (プリンセス・オブ・ウェールズ)

全名:ダイアナ・フランセス・スペンサー
旧姓:ダイアナ・スペンサー
続柄:エドワード・スペンサー第3女子
称号:ウェールズ公妃 ロスシー公爵夫人(離婚前)
出生地:イギリス、イングランド、ノーフォーク、サンドリンガム、パークハウス
生年月日:1961年7月1日
配偶者:ウェールズ公チャールズ王太子(1981年-1996年)
子女:ウィリアム、ヘンリー

1981年にチャールズ皇太子と結婚

1981年にチャールズ皇太子と結婚

ダイアナ妃はイギリスの名門貴族であるスペンサー伯爵家の令嬢として誕生しました。

そして、1981年にはチャールズ皇太子と結婚し、そこからダイアナ妃としてイギリス王室に迎えられました。

しかし、その後に2人の関係が悪化して別居、1996年に離婚することとなりました。

ウィリアム王子とヘンリー王子の2人の王子が誕生

ウィリアム王子とヘンリー王子の2人の王子が誕生

ダイアナ妃といえば、ウィリアム王子とヘンリー王子の母親として有名な方でもあります。

長男であるウィリアム王子は1982年に誕生、次男であるヘンリー王子は1984年に誕生しています。

ダイアナ妃が亡くなったのが1997年ですので、まだ2人の王子が10代の頃に亡くなったこととなります。

ダイアナ妃の交通事故は「ベンツが原因?」という話題について

1997年、フランス・パリで交通事故によって亡くなったダイアナ妃(36歳没)

1997年、フランス・パリで交通事故によって亡くなったダイアナ妃(36歳没)

ダイアナ妃は1996年にチャールズ皇太子と離婚、そのわずか1年後の1997年8月31日に交通事故によって死亡したというニュースが世界中で注目されました。

原因はフランス・パリでの交通事故で、36歳という若さで亡くなっています。

ダイアナ妃が乗っていたベンツの事故車

ダイアナ妃が乗っていたベンツの事故車

ダイアナ妃が乗っていたとされる車は、ドイツのベンツ車であることが発覚しています。

見事にベンツ車は大破しており、交通事故での衝撃がいかに大きかったかが伝わってきます。

乗車していたのは当時の恋人を含めた4人

乗車していたのは当時の恋人を含めた4人

ダイアナ妃が亡くなったベンツ車に乗っていたのは4人と言われており、1人は当時交際していたエジプト人の映画プロデューサーのドディ・アルファイドさんという方です。

他の2人はドディ・アルファイドさんのボディ・ガードと運転手で、交通事故で助かったのはボディ・ガード1人だけだったそうです。

当時交際していたエジプト人のドディ・アルファイドの画像

当時交際していたエジプト人のドディ・アルファイドの画像

ダイアナ妃と交際していたエジプト人のドディ・アルファイドさんですが、当時の画像も流出しています。

若かりし頃のダイアナ妃がパパラッチされており、ドディ・アルファイドさんはパパラッチを敬遠している1枚と言えそうです。

ダイアナ妃は当時、すでにチャールズ皇太子と離婚をしていた

ダイアナ妃は当時、すでにチャールズ皇太子と離婚をしていた

ダイアナ妃は事故が起こった1997年に当時、すでにチャールズ皇太子と離婚をしている状態でした。

これが理由となったかは定かではありませんが、ダイアナ妃の離婚と交通事故の期間が非常に短かったことは間違いありません。

パパラッチから逃れるために走行、その後トンネル内での交通事故で「激しい内臓の損傷」を患った

パパラッチから逃れるために走行、その後トンネル内での交通事故で「激しい内臓の損傷」を患った

ダイアナ妃は1997年の交通事故当初、パパラッチから逃れる生活を強いられていたそうです。

そして、ベンツの運転手はパパラッチから逃れるために急いで走行、それが原因となりトンネル内でトラックに正面衝突をして交通事故に至っています。

この時、ダイアナ妃は激しい内臓の損傷を患い、動けなくなってしまったと言います。

事故後すぐはダイアナ妃は生存、パパラッチが目撃をしている

事故後すぐはダイアナ妃は生存、パパラッチが目撃をしている

ダイアナ妃の交通事故の様子として、すぐに亡くなったというわけではなかったようです。

事故直後のダイアナ妃はまだ生存をしており、駆けつけた1人のパパラッチが救急車を呼んで、病院に搬送されたと言います。

その後、病院に搬送されて死去、最期の言葉は「Oh,my god!」だった

その後、病院に搬送されて死去、最期の言葉は「Oh,my god!」だった

ダイアナ妃は事故直後、「Oh,my god!」と何度も繰り返していたことがパパラッチの証言によって発覚しています。

しかし、病院に搬送後には亡くなっており、「Oh,my god!」という言葉が最期の言葉となってしまいました。

自動車事故の後、すぐに葬儀が行われた

自動車事故の後、すぐに葬儀が行われた

ダイアナ妃は1997年8月31日に交通事故により死去、その後すぐにダイアナ妃の葬儀が行われました。

非常に悲しそうな子供であるウィリアム王子、ヘンリー王子の様子が写真として確かに残っています。

公式には死因は「運転手の過失による事故」と発表

公式には死因は「運転手の過失による事故」と発表

ダイアナ妃の死去に関して、公式の死因としては「運転手の過失による事故」と発表しました。

これはフランスが出したものですが、イギリス王室もこれに反論するには至っていません。

ダイアナ妃の死の真相と暗殺の噂

ダイアナ妃の当時の恋人ドディの父親モハメド・アルファイドが「陰謀説」を語っている

ダイアナ妃の当時の恋人ドディの父親モハメド・アルファイドが「陰謀説」を語っている

ダイアナ妃の死について、当時恋人だったドディ・アルファイドさんの父親モハメド・アルファイドさんが異を唱えました。

エジプトの億万長者であるモハメド・アルファイドさんですが、息子であるドディ・アルファイドさんを亡くしたことに、イギリス王室が交通事故を仕向けたのではという「陰謀説」を提唱しています。

また、ダイアナ妃がアルファイド一族に嫁いで情報が漏れるのを防いだのではと分析しています。

イギリス政府は特にダイアナ妃の交通事故に対しての反論はない

イギリス政府は特にダイアナ妃の交通事故に対しての反論はない

一方でダイアナ妃が過ごしたイギリス王室では、特に交通事故に対しての反論は出てこなかったようです。

ちなみにダイアナ妃の墓はスペンサー伯爵の領地・オルソープに埋葬されています。

ダイアナ妃の人生を追ったティナ・ブラウンは著書で運転手が「法的規則を超過した量のアルコールを摂取していた」と指摘

ダイアナ妃の人生を追ったティナ・ブラウンは著書で運転手が「法的規則を超過した量のアルコールを摂取していた」と指摘

ダイアナ元妃の人生を追った著書「The Diana Chronicles」の作者であるティナ・ブラウンさんは、ダイアナ妃の死に対して恋人だったドディさんの父親モハメド・アルファイドさんの責任を指摘しています。

具体的には「スタッフ達が法的規則を超過した量のアルコールを摂取した運転手の車に乗せていた」と話しています。

運転手のアルコール摂取が交通事故の原因だったとして、こちらも異を唱えています。

事故があったフランス当局は最終的に「偶発的な事故」と結論

事故があったフランス当局は最終的に「偶発的な事故」と結論

交通事故が起こったフランス当局では、最終的に結果は変わらず「偶発的な事故」と結論づけました。

陰謀論やアルコール摂取は事故原因としては認められなかったようです。

息子のヘンリー王子はダイアナ妃の死に対して、「最も折り合いをつけるのが難しかったことの1つ」とコメント

息子のヘンリー王子はダイアナ妃の死に対して、「最も折り合いをつけるのが難しかったことの1つ」とコメント

ダイアナ妃の息子であるヘンリー王子は、ダイアナ妃の死に対して「最も折り合いをつけるのが難しかったことの1つ」とコメントを残しています。

メーガン妃と結婚し、息子であるアーチーさんが誕生したヘンリー王子も特にダイアナ妃の死に対しては踏み込んだコメントを控えています。

イギリス国民の間には根強く「ダイアナ妃 陰謀論」が今も残っている

イギリス国民の間には根強く「ダイアナ妃 陰謀論」が今も残っている

ダイアナ妃の死に対しての結論は事故として処理されましたが、当のイギリス国民はこれに納得はしていないようです。

大人気だったダイアナ妃の死に不明確な所が多いため、イギリス国民の一部で今も「ダイアナ妃 陰謀論」が残っていると言います。

ダイアナ妃の新たなニュース、死の証言にも注目

ダイアナ妃の新たなニュース、死の証言にも注目

ダイアナ妃の死去に対しては、ベンツ車による交通事故という形で処理されています。

しかし、陰謀論として「イギリス王室の画策」や「運転手の飲酒運転」なども囁かれていることは間違いありません。

ダイアナ妃の死に関して今後の新たなニュース、死の証言が出てくるのかに注目が集まります。

ダイアナ妃の事故の真相についてまとめ

・ダイアナ妃はイギリスの名門貴族であるスペンサー伯爵家の令嬢として生まれ、1981年にチャールズ皇太子と結婚しウィリアム王子とヘンリー王子をもうけた。

・ダイアナ妃はチャールズ皇太子との離婚から1年後の1997年36歳の時にパリで交通事故に遭い死亡した。

・事故当時、ダイアナ妃は交際していたエジプト人の映画プロデューサーら4人とベンツに乗車しており、パパラッチから逃れるために運転手が急いで走行した結果トンネル内でトラックに正面衝突をしている。

・事故に関しては、イギリス王室の陰謀説や運転手の飲酒運転説も出ているが、フランス当局は偶発的な事故と結論づけている。

ダイアナ妃の交通事故はベンツが原因で、乗車していた4人のうち運転手1人だけが助かっています。死の真相は定かではありませんが、暗殺の噂などの陰謀説も今も飛び交っています。ダイアナ妃の今後の新たなニュースにも注目していきましょう。

関連するキーワード

関連するまとめ

エヴァブラウンはヒトラーの愛人!結婚と子供・死因が自殺の理由まとめ

ヒトラーの愛人と言われたエヴァブラウンさんについての話題が挙がっています。エヴァブラウンさんとヒトラーの結婚…

cyann3 / 6853 view

オノヨーコの生い立ちや若い頃!家系図と実家・家族なども総まとめ

ビートルズのメンバーであるジョン・レノンさんの妻でアメリカの前衛芸術家、音楽家、平和運動活動家として活躍して…

Mrsjunko / 8708 view

ヒルトン一族の家系図と資産!繁栄の始まりから現在について

スーパーセレブ一族として知られている「ヒルトン一族」。彼らは名門ホテルである「ヒルトンホテル」の創業者一族で…

aquanaut369 / 5618 view

アガサ・クリスティの小説など作品30選!人気おすすめランキング【最新決定版】

イギリス生まれの推理作家であるアガサ・クリスティはこれまで多くの作品をのこしてきました。そこで今回は、アガサ…

maru._.wanwan / 986 view

サンナ・マリン首相がかわいい!身長と体重・胸カップサイズ・セクシーファッションも総ま…

フィンランドの美人首相サンナ・マリンはその容姿端麗な姿から「かわいい」と絶賛されていて、スタイルの良さにも注…

aquanaut369 / 887 view

ヒトラーの最後と死因!死後・病気と生存説の噂・政治的遺言書まとめ

ドイツ国の元首相・国家元首のアドルフ・ヒトラーについて、最後の姿が話題となっています。また、死因や死後・病気…

cyann3 / 6632 view

カルロス・ゴーンの逃亡方法や保釈金まとめ!レバノンの家に逃げ込む

元日産の会長を務めていたカルロス・ゴーンは2018年11月に「金融商品取引法違反」で逮捕され、2019年末に…

aquanaut369 / 962 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

キャサリン妃の身長と体重&産後ダイエット方法!スタイル抜群と話題

ウィリアム王子と結婚したキャサリン妃はスタイルも良くてとても綺麗ですよね。キャサリン妃は驚異的なスピードで2…

kii428 / 16496 view

ジャンヌ・カルマン(長寿世界一)の死因!配偶者や娘と孫・年齢122歳の嘘の疑惑・チョ…

世界一の長寿として知られているジャンヌ・カルマン。非常に長生きでしたが、大量のチョコレートを食べ、タバコも吸…

aquanaut369 / 1713 view

キャサリン妃とウィリアム王子の子供や結婚式~現在まで総まとめ

キャサリン妃とウィリアム王子は、セント・アンドルーズ大学での学友です。お二人の交際期間は長く、2004年に公…

Mrsjunko / 4235 view

ロジャー・ボイジョリーの現在!チャレンジャー号爆発事故とその後まとめ

チャレンジャー号打ち上げに反対した中心的な人物であるロジャー・ボイジョリー氏。しかし、反対も空しくチャレンジ…

Mrsjunko / 2988 view

スティーブン・スピルバーグの嫁と子供(息子/娘)の情報!結婚歴と離婚歴まとめ

世界的監督の第一人者であるスティーブン・スピルバーグ監督は、歴史に残る名作映画を数多く作り上げています。そん…

Mrsjunko / 2563 view

ジョージフロイドの弟&元嫁や子供とは?生い立ちと家族を総まとめ

警官からの行き過ぎた暴力によって亡くなってしまったジョージフロイド。彼の死後、残された家族は悲痛な訴えを起こ…

aquanaut369 / 1253 view

ビルゲイツの若い頃・昔のエピソードまとめ

日本でも有名な「ビル・ゲイツ」さんは、若い頃や昔のエピソードも知られていて、人気です。この記事では、Micr…

shasser / 4499 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク