ジーターのプロフィール

デレク・ジーター

デレク・ジーター

本名:デレク・サンダーソン・ジーター
略称:デレク・ジーター
出身地:アメリカ合衆国ニュージャージー州ペカノック
生年月日:1974年6月26日
身長:190.5cm
職業:元プロ野球選手
投球・打席:右投右打
ポジション:遊撃手(ショート)

現役時代をニューヨーク・ヤンキース1本で在籍していた(1995年-2014年)

現役時代をニューヨーク・ヤンキース1本で在籍していた(1995年-2014年)

元プロ野球選手のジーターさんですが、現役時代をニューヨーク・ヤンキース1本に絞って在籍していました。

マイナーリーグの3年間で実力をつけて1995年にメジャー入り、2014年までに20年間の活躍が見られています。

非常に高感度が高い選手としても有名で、ヤンキースファンからは「ザ・キャプテン」と呼ばれていました。

松井秀喜やイチローの元チームメイトとしても有名

松井秀喜やイチローの元チームメイトとしても有名

ジーターさんはニューヨーク・ヤンキースに野球人生を注ぎ、野球ファンだけでなくチームメイトからも信頼の厚い選手です。

松井秀喜さんは2003年から2009年、イチロー選手は2012年から2014年に在籍で元チームメイトでした。

【MLB】ヤンキースの英雄デレク・ジーター - YouTube

出典:YouTube

ジーターのプレー動画

ジーターのヤンキース時代の成績

現役20年間で14回も「MLBオールスターゲーム」に選出される

現役20年間で14回も「MLBオールスターゲーム」に選出される

メジャーリーグで毎年7月に行われる「MLBオールスターゲーム」はファン投票などで人気選手が選ばれて一晩限りのドリームチームを結成する催しです。

そこに人気者であるジーターさんは何度も選ばれており、過去20年間で14回もの選出がありました。

5回の「ワールドシリーズ優勝」を経験

5回の「ワールドシリーズ優勝」を経験

ジーターさんはメジャーリーグの「ワールドシリーズ(優勝決定戦)」にて、5度の優勝を経験しています。

競争率の高いメジャーリーグで5度の優勝、キャプテンとして大きな貢献を見せてくれていました。

ヤンキース史上初の「3000本安打」を記録

ヤンキース史上初の「3000本安打」を記録

ジーターさんはヤンキース史上初の「3000本安打」を記録した選手で、最終的には「3465安打」となりました。

この記録はメジャーリーグで歴代6位を記録したもので、1位には4256安打のピート・ローズさんなどが存在します。

ジーターさんの生涯打率は「.310」、ホームランは「260本」、打点は「1311」、OPSは「.817」を記録しています。ショートというポジションを考えると、中距離打者として素晴らしい成績を残したと言えるでしょう。

また、ジーターさんは打撃だけではなく、ショートの守備にも定評がありました。ゴールドグラブ賞を5回受賞しています。

ジーターの年俸推移について

ジーターのプロ1年目(1995年)の年俸は「1090万円」だった

ジーターのプロ1年目(1995年)の年俸は「1090万円」だった

ジーターさんの気になる年収推移ですが、メジャー・プロ1年目の1995年の年俸は「1090万円」でした。

ジーターさんの最初の評価は低い状態で、当時の年俸としても決して高いものとは言えませんでした。

しかし、ここからジーターさんは人一倍の努力を重ね、年俸としても結果がついてくることになります。

1998年の200本安打の活躍から、1999年には年俸が一気に「5億円」となった

1998年の200本安打の活躍から、1999年には年俸が一気に「5億円」となった

ジーターさんはデビューから4年目の1998年、「打率.324、203安打」と打率3割以上で200本安打の大台を突破しました。

これにより1998年には7500万円だった年俸ですが、1999年には一気に年俸「5億円」に跳ね上がりました。

毎年コンスタントに安打数・打率・打点などを記録し、2010年には過去最高年俸である「22億6000万円」を記録

毎年コンスタントに安打数・打率・打点などを記録し、2010年には過去最高年俸である「22億6000万円」を記録

ジーターさんは2000年には年俸が10億円を突破しており、その後はコンスタントに安打数・打率・打点などを記録していきました。

ほぼ毎年3割近い打率をキープ、打率も200本安打に迫る記録を積み重ね、少しずつ年俸を上げていきました。

そして、2010年には過去最高年俸である「22億6000万円」を記録しており、大きな記録として今も残っています。

20年間の現役生活、引退までに稼いだ年俸は「265億2690万円」だった

20年間の現役生活、引退までに稼いだ年俸は「265億2690万円」だった

ジーターさんは20年間の現役生活の中、引退までに稼いだ年俸は「265億2690万円」でした。

平均13億円の年俸を稼ぎ、いかにジーターさんがヤンキースで必要な存在だったかが良く分かります。

ジーターの引退理由について

2014年(40歳)に引退をしたジーター

2014年(40歳)に引退をしたジーター

ジーターさんは2014年9月、40歳の頃に引退をして話題を集めました。

当時はイチローさんが在籍をしており、最後の試合でもタイムリーヒットを打って大活躍。

多くのファンに親しまれながら涙をこらえ、引退試合を無事に終えています。

「第2の人生を歩みたかった」という理由での引退だった

「第2の人生を歩みたかった」という理由での引退だった

ジーターさんの引退理由についてですが、決して体の不調などではなかったようです。

しかし、引退後のコメントにて「第2の人生を歩みたかった」としており、その後の人生を見越しての引退となりました。

ジーターの現在の活動

2016年にモデルのハンナ・デービスと結婚

2016年にモデルのハンナ・デービスと結婚

ジーターさんは現役生活中、さらに引退時(40歳)まで独身の状態でした。

しかし、引退から2年後の2016年にはモデルのハンナ・デービスさんと結婚式を挙げています。

2人は2012年から交際をしており、4年間の交際期間を経て結婚に至ったようです。

2017年5月、背番号2が永久欠番として登録された

2017年5月、背番号2が永久欠番として登録された

ジーターさんは現役時代、ヤンキースにとって欠かせない存在でした。

その功績が評価され2017年5月、背番号2が「永久欠番」として登録されています。

2017年8月に第一子の女の子であるベラ・レインが誕生

2017年8月に第一子の女の子であるベラ・レインが誕生

ジーターさんと妻となったモデルのハンナ・デービスさんですが、2人の間に子供が誕生しています。

2017年8月には第一子となる女の子が誕生、名前はベラ・レインさんという方になります。

非常に可愛らしいベビーカー姿がパパラッチされており、将来の美人さや職業が注目される方の1人です。

2017年にマイアミ・マーリンズを買収、CEOに就任した

2017年にマイアミ・マーリンズを買収、CEOに就任した

ジーターさんは2017年に実業家のブルース・シャーマンさんと共同でマイアミ・マーリンズを買収しました。

さらに同年10月には最高経営責任者(CEO)にも就任しており、マイアミ・マーリンズの今後の活躍が注目されます。

2020年に殿堂入り資格1年目に「野球界殿堂入り」を果たした

2020年に殿堂入り資格1年目に「野球界殿堂入り」を果たした

ジーターさんは2020年に殿堂入り資格を得て、その年にいきなり「野球界殿堂入り」を果たしました。

有権者からの投票で得られる殿堂入りですが、「得票率99.75%」という驚異的な支持を得ています。

いかにジーターさんが偉大な選手だったかが分かるデータで、ジーターさんの活躍は多くの方に評価されています。

ジーターの成績と年俸推移・引退についてまとめ

・ジーターはヤンキース史上初の「3000本安打」を達成し、生涯打率「.310」、ホームラン「260本」、打点「1311」、OPS「.817」という成績を残している。

・ジーターはプロ1年目の1995年の年俸は1090万円だったが、1999年に5億円、2010年には過去最高年俸である22億6000万円を記録し、20年間の現役生活で265億2690万円を獲得している。

・ジーターは2014年40歳の時に第2の人生を歩むために引退し2020年に野球界殿堂入りをはたしている。

・ジ―タ―は2016年にモデルのハンナ・デービスと結婚し2017年に女の子をもうけている。

・ジ―タ―は2017年にマイアミ・マーリンズを買収しCEOに就任している。

関連するキーワード

関連するまとめ

ベッカム次男・ロメオの現在!身長や彼女など総まとめ

幼い頃から『イケメン』と注目を集めていたベッカム家の次男「ロメオ・ベッカム」。そんなベッカム次男・ロメオの現…

rirakumama / 2848 view

野球選手の私服・ファッション30選~おしゃれランキング【日本海外別・最新版】

ユニフォーム姿も素敵ですが、野球選手たちはイケメンが多いため、私服姿もファンから注目を集めています。この記事…

kent.n / 10879 view

ザッケローニ監督の現在!解任理由や日本好きエピソードも総まとめ

2010年にサッカー日本代表に就任したザッケローニ監督は、就任後のAFCアジアカップで日本初の優勝へ導き、そ…

Mrsjunko / 2165 view

ショーン・ホワイトはイケメン!身長と体重などプロフィールもまとめ

トリノオリンピック、バンクーバーオリンピック、平昌オリンピックの金メダリストであるショーン・ホワイトさん。こ…

kent.n / 1255 view

歴代フェンシング選手の人気有名ランキング20選~女子男子別TOP10【最新版】

素早い剣さばきで相手からポイントを奪うフェンシング。2008年の北京オリンピックでは日本初の銀メダル獲得で一…

aquanaut369 / 2465 view

キリアン・エムバペは親日or反日?日本語や日本にまつわるエピソードを総まとめ

パリ・サンジェルマン所属でフランス代表として大活躍するキリアン・エムバペさんですが、親日か反日かで話題となっ…

sumichel / 2917 view

アンディフグの嫁と息子~藤原紀香との関係や結婚情報を総まとめ

白血病により35歳という若さでこの世を去った格闘家のアンディフグ。今回は、そんなアンディフグの嫁と息子、さら…

rirakumama / 9329 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ティジャニ・ババンギダの現在!全盛期やウイイレでの能力・結婚や引退後の活動を総まとめ

かつては世界最高のスピードを持つウインガーとして知られたナイジェリア代表のティジャニ・ババンギダさんですが、…

sumichel / 2423 view

マイクタイソンの戦績と全盛期の活躍・伝説や名言も総まとめ

世界的に有名な伝説のプロボクサーであるマイクタイソン。一体どれほどすごいプロボクサーだったのでしょうか気にな…

aquanaut369 / 5802 view

ゴロフキンの握力と筋肉がすごい!身長と体重・トレーニングも総まとめ

プロボクシングのWBA・IBF世界ミドル級王者でボクシング界ではレジェンド的存在のゲンナジー・ゴロフキンさん…

sumichel / 5250 view

アンドレ・アガシの髪の毛はカツラ?若い頃から現在までの変化・画像まとめ

元男子プロテニス選手のアンドレ・アガシさんについて、髪の毛はカツラという話題が挙がっています。また、若い頃か…

cyann3 / 6658 view

ブーマー・ウェルズの現在!阪急時代の成績・その後まとめ

阪急ブレーブス時代に素晴らしい活躍を見せた元プロ野球選手のブーマー・ウェールズ。彼の残した選手としては素晴ら…

aquanaut369 / 1902 view

ピーター・アーツの現在!身長・戦績と全盛期の試合・引退説や最近の活動まとめ

オランダ出身・キックボクサーのピーター・アーツさんの身長、戦績と全盛期の試合、そして現在の活動・引退説なども…

cyann3 / 3724 view

アニマル・ウォリアーの死因は?素顔やステロイド使用の噂・嫁と息子を総まとめ

伝説のタッグ「ロード・ウォリアーズ」として活躍した人気プロレスラーのアニマル・ウォリアー。今回はアニマル・ウ…

aquanaut369 / 3786 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);