アメリカの歴代大統領人気ランキング(45位~41位)

【第45位】ジョー・バイデン(第46代大統領)

【第45位】ジョー・バイデン(第46代大統領)

本名:ジョセフ・ロビネット・バイデン・ジュニア
生年月日:1942年11月20日
出身地:アメリカ合衆国ペンシルベニア州スクラントン
任期:2021年1月20日~現職
副大統領:カマラ・ハリス

アメリカ合衆国の現大統領です。選挙ではトランプ大統領の勝利を確信する声が多く、バイデン氏の当選には賛否両論あったようですが、2021年1月20日に無事就任へ至りました。
就任時の年齢は78歳ということで、アメリカ合衆国史上最高齢の大統領となっています。

【第44位】ドナルド・トランプ(第45代大統領)

【第44位】ドナルド・トランプ(第45代大統領)

本名:ドナルド・ジョン・トランプ
生年月日:1946年6月14日
出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区
任期:2017年1月20日~2021年1月20日
副大統領:マイク・ペンス

不動産王と呼ばれる実業家でもある人物。その過激な発言で物議を醸し、何かと話題になります。大統領選ではヒラリー・クリントンと一騎打ちを演じ、見事選挙で勝利しました。ちなみにアメリカ史上初めて政治経験ゼロの大統領です。

SNSなどでも精力的に発信していたことから、若者の支持率も非常に高かったですね。

【第43位】ジェームズ・ブキャナン(第15代大統領)

【第43位】ジェームズ・ブキャナン(第15代大統領)

本名:ジェームズ・ブキャナン・ジュニア
生年月日:1791年4月23日
出身地:アメリカ合衆国 ペンシルベニア州ケーブ・ギャップ
任期:1857年3月4日~1861年3月4日
副大統領:ジョン・ブレッキンリッジ

歴代アメリカ大統領の中で唯一結婚しなかった人物。弁護士として大きな成功を収めたのちに政治家へと転向。優秀な政治家として大統領に就任。北部の議員でしたが奴隷制には賛成していました。

ただ、南北の平和には尽力したもののその甲斐もなく、アメリカは南北戦争へと突入してしまいました。国の内戦には消極的な姿勢で、最悪の大統領の一人として挙げられています。

【第42位】ウィリアム・ハリソン(第9代大統領)

【第42位】ウィリアム・ハリソン(第9代大統領)

本名:ウィリアム・ヘンリー・ハリソン
生年月日:1773年2月9日
出身地:イギリス領北米植民地、バージニア植民地チャールズシティ郡
任期:1841年3月4日~1841年4月4日
副大統領:ジョン・タイラー

大統領就任後わずか1ヶ月で亡くなってしまったアメリカ大統領。元々は軍人で68歳という高齢で大統領に就任したことでも知られています。大統領就任からすぐに風邪で体調を崩し、その後肺炎を発症したことで亡くなってしまいました。

【第41位】フランクリン・ピアース(第14代大統領)

【第41位】フランクリン・ピアース(第14代大統領)

本名:フランクリン・ピアース
生年月日:1804年11月23日
出身地:アメリカ合衆国 ニューハンプシャー州ヒルズボロー
任期:1853年3月4日~1857年3月4日
副大統領:ウィリアム・キング

米国史上最悪の大統領の一人とも呼ばれていて、奴隷制度推進派と半奴隷制度派のバランスを保っていた「ミズーリ協定」を廃止し、奴隷制度を拡大させました。また、かなりの酒好きでアルコール依存に陥ってしまい、最後は肝硬変で亡くなりました。

アメリカの歴代大統領人気ランキング(40位~31位)

【第40位】ミラード・フィルモア(第13代大統領)

【第40位】ミラード・フィルモア(第13代大統領)

本名:ミラード・フィルモア
生年月日:1800年1月7日
出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州モラヴィア
任期:1850年7月9日~1853年3月4日
副大統領:不在

第12代大統領であるザカリー・テイラーがコレラで死んだことを受け、副大統領から昇格して大統領になった人物。ネイティブアメリカンであるインディアンを迫害し、奴隷制度の撤廃に反対しました。南北戦争時にはリンカーン大統領に反対しました。

また、日本との貿易を考えていたため、当時はまだ江戸幕府が治めていた日本にペリーを派遣したことでも知られています。

【第39位】ウォレン・ハーディング(第29代大統領)

【第39位】ウォレン・ハーディング(第29代大統領)

本名:ウォレン・ガマリエル・ハーディング
生年月日:1865年11月2日
出身地:アメリカ合衆国 オハイオ州コルシカ
任期:1921年3月4日 – 1923年8月2日
副大統領:カルビン・クーリッジ

在職中に死去したアメリカ大統領。富裕層への税金を優遇し、代わりに輸入品には現在では有り得ないほどの関税をかけたと言われています。外交では「ワシントン会議」を開いて日英同盟を破棄させ、日本の軍事力が大きくなり過ぎないようにしました。

その後、「ティーポット・ドーム事件」というアメリカ一大スキャンダルが起き、彼が国有油田を賄賂や不正な融資の見返りに民間企業に貸したことが判明。大統領でありながら刑務所に収監されてしまいました。

【第38位】アンドリュー・ジョンソン(第17代大統領)

【第38位】アンドリュー・ジョンソン(第17代大統領)

本名:アンドリュー・ジョンソン
生年月日:1808年12月29日
出身地:アメリカ合衆国 ノースカロライナ州ローリー
任期:1865年4月15日~1869年3月4日
副大統領:不在

エイブラハム・リンカーンの副大統領も務め、彼の政策を後押ししたことでも知られる大統領。リンカーンの死後、大統領に就任して南北戦争後のアメリカ再建に尽力しました。

とくに奴隷制のあった南部には寛大な対応を示したおかげで共和党急進派とは対立し、陸軍長官スタントンを罷免したことから弾劾裁判にかけられたものの退任するまで大統領の座を保持することができました。

【第37位】ジョン・タイラー(第10代大統領)

【第37位】ジョン・タイラー(第10代大統領)

本名:ジョン・タイラー
生年月日:1790年3月29日
出身地:アメリカ合衆国バージニア州チャールズシティ
任期:1841年4月4日 – ~

前大統領の死によって初めて副大統領から昇格して大統領に就いた人物。独断専行で政策を進めたことで議会からの大きな反感買い、副大統領就任時に支持してくれたホイッグ党から「タイラー降ろし」の圧力をかけられました。大きな功績としてテキサス共和国をアメリカ合衆国の州に併合したことが挙げられます。

【第36位】ハーバート・フーヴァー(第31代大統領)

【第36位】ハーバート・フーヴァー(第31代大統領)

本名:ハーバート・クラーク・フーヴァー
生年月日:1874年8月10日
出身地:アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ニューヨーク
任期:1929年3月4日~1933年3月4日
副大統領:チャールズ・カーティス

世界恐慌時代に大統領として過ごし、様々な金融政策を用いるもどれも上手くいくことはありませんでした。この頃アメリカの景気はドンドン悪化しています。また、この頃にアメリカの国歌である「The Star-Spangled Banner」が決まったことでも知られています。

【第35位】ジェームズ・ガーフィールド(第20代大統領)

【第35位】ジェームズ・ガーフィールド(第20代大統領)

本名:ジェームズ・エイブラム・ガーフィールド
生年月日:1831年11月19日
出身地:アメリカ合衆国 オハイオ州モアランド・ヒルズ
任期:1881年3月4日~1881年9月19日
副大統領:チェスター・A・アーサー

1881年7月2日にワシントンの駅で銃殺されてしまったアメリカの大統領。片手でラテン語、もう一方の手でギリシャ語を書くという特技を持っていたことでも知られています。大統領としての任期は非常に短いため、これといった功績はありませんが、南北戦争時代には少々として奴隷制度と南部諸州の連邦離脱に反対しました。

【第34位】ザカリー・テイラー(第12代大統領)

【第34位】ザカリー・テイラー(第12代大統領)

本名:ザカリー・テイラー
生年月日:1784年11月24日
出身地:アメリカ合衆国 バージニア州バーバーズビル
任期:1849年3月4日~1850年7月9日
副大統領:ミラード・フィルモア

関連するキーワード

関連するまとめ

ライアンカジ君の父親は日本人!母親など家族まとめ【YouTuber】

世界で最も稼ぐ子供として有名なYouTuberのライアン・カジ君。そんなライアン・カジ君の家族である父親のシ…

Mrsjunko / 117 view

ライアンカジ君の年収と人気の理由!30億円YouTuberまとめ

世界的に大きな人気を獲得しているYouTuberのライアン・カジ(Ryan Kaji)。2019年と2020…

aquanaut369 / 134 view

ダイアナ妃の家系図は?親・姉・旦那・息子・姪について総まとめ

イギリス王室のダイアナ妃の家系図はどのようになっているのでしょうか。ダイアナ妃の家系図や家族についてご紹介し…

rirakumama / 297 view

エリザベス女王の私服ファッション50選~おしゃれ順にランキング【最新版】

エリザベス2世は、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国を含む、16か国の主権国家の君主であり、王室属領…

kii428 / 244 view

ジェフベゾスはユダヤ人?生い立ち・親や家族まとめ【Amazon創始者】

アマゾンの創業者兼CEOで世界一の大富豪のジェフベゾスさん。2019年には離婚を発表し話題となりました。今回…

sumichel / 558 view

ジョンソン首相の現在!コロナ感染の容態と年齢・喫煙や持病の有無も総まとめ

新型コロナウイルスの陽性反応が出て、一時は集中治療室で治療を受けていたイギリスのジョンソン首相。現在は容体も…

aquanaut369 / 61 view

アウンサンスーチーの若い頃と今現在!なぜ軟禁?ミャンマー・中国関係も総まとめ

ミャンマー(ビルマ)のアウンサンスーチーさんについて、若い頃が美人だと話題になっています。また、アウンサンス…

cyann3 / 116 view

グレイシー一族の家系図と現在!最強伝説と戦績・実は弱い噂・桜庭和志との対戦まとめ

ブラジル柔術家のグレイシー一族について、家系図に関する話題が挙がっています。また、グレイシー一族の現在の最強…

cyann3 / 397 view

ジョー・バイデンの嫁と子供(息子)やスキャンダルを総まとめ

オバマ政権で2017年まで副大統領を務めたジョー・バイデンの家族やスキャンダル情報が注目されています。バイデ…

Mrsjunko / 113 view

ブッシュ大統領の家族!父・嫁・息子・娘の画像とプライベート情報まとめ

アメリカの元大統領のブッシュ大統領について、家族の話題が挙がってきています。ブッシュ大統領の父・嫁・息子・娘…

cyann3 / 106 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ジョンソン首相の現在!コロナ感染の容態と年齢・喫煙や持病の有無も総まとめ

新型コロナウイルスの陽性反応が出て、一時は集中治療室で治療を受けていたイギリスのジョンソン首相。現在は容体も…

aquanaut369 / 61 view

WHOテドロス事務局長の経歴!無能や逮捕の噂とは?国籍や年収も総まとめ

世界保健機関(WHO)のトップであるテドロス・アダノム事務局長。現在はコロナウイルスの対応から「無能」と呼ば…

aquanaut369 / 151 view

アンドルー王子の若い頃と現在!エプスタインとの関係やスキャンダルまとめ

エリザベス女王の第三子(次男)であるアンドルー王子の若い頃が注目を集めています。また、アンドルー王子の過去の…

cyann3 / 265 view

エプスタインの資産と家族~嫁と子供もまとめ

アメリカの実業家・投資家で、富豪のジェフリー・エプスタインですが、性的人身売買と児童買春などの容疑で逮捕され…

Mrsjunko / 154 view

ヴィクトリア女王の死因や血友病に関する情報まとめ

日本でも有名なイギリスの「ヴィクトリア女王」は、インドの女帝になった事でも知られている人物です。この記事では…

shasser / 108 view

ケナディちゃんの現在!結婚式や映画出演・インスタまとめ

1100gという小さな体で生まれ、「お人形のような女の子」と言われたケナディちゃん。今回はケナディちゃんがウ…

aquanaut369 / 354 view

カルロス・ゴーンの逃亡方法や保釈金まとめ!レバノンの家に逃げ込む

元日産の会長を務めていたカルロス・ゴーンは2018年11月に「金融商品取引法違反」で逮捕され、2019年末に…

aquanaut369 / 44 view

ビルゲイツは何した人?年収と資産・時給換算やお金の使い道まとめ

マイクロソフトのビルゲイツさんについて、「何した人?」という話題で注目されています。また、ビルゲイツさんの年…

cyann3 / 329 view

オノヨーコの生い立ちや若い頃!家系図と実家・家族なども総まとめ

ビートルズのメンバーであるジョン・レノンさんの妻でアメリカの前衛芸術家、音楽家、平和運動活動家として活躍して…

Mrsjunko / 508 view

ヘンリー王子の父や母・兄弟の家系図は?家族の画像まとめ

イギリス王室のヘンリー王子について、父や母、兄弟の家系図が注目を集めています。また、ヘンリー王子の父、母、兄…

cyann3 / 213 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク