ザッケローニ監督のプロフィールと経歴

プロフィール

プロフィール

本名:アルベルト・ザッケローニ( alˈbɛrto dzakkeˈroːni)
愛称:ザック
生年月日:1953年4月1日
出身地:北イタリア エミリア=ロマーニャ州メルドラ、チェゼナーティコ
身長:176cm

経歴

経歴

ザッケローニ氏は1953年4月1日、北イタリアの最南端に位置する町メルドラで生まれました。小学校時代は勉強よりもサッカーを優先するサッカー少年だったそうです。

12歳の時、ユヴェントスFC監督エルコーレ・ラビッティの目に止まりますが、不採用となっています。その後、ボローニャFCの入団テストを受ける目的で、デ・クレシェンツィ商業高等技術専門学校に進学。しかし、地元に戻りASレアル・チェゼナーティコに入団しました。

16歳の時に重い風邪に罹り2か月入院し、運動することを禁止されていました。病気が完治して地元のメルドラでサッカー選手を続けますが、怪我や病気などのブランク期間があり、思うようなプレーができないため、20歳の時に選手を断念しました。

その後家業のペンションの手伝いや保険代理店を経営しながら、少年サッカーチームで監督をして、指導者としての経験を積んでいきます。

ザッケローニの主な監督歴

最初は小さなサッカーチームで監督経験を積む

最初は小さなサッカーチームで監督経験を積む

1983-1985:チェゼナーティコ(エミリア・ロマーニャ州チェゼナーティコ)
1985-1987:リッチョーネ(エミリア・ロマーニャ州リミニ)2012年解散
1987-1988:ボカ・サンラッツァーロ(エミリア・ロマーニャ州ボローニャ)2010年解散
1988-1990:バラッカ・ルーゴ(エミリア・ロマーニャ州ルーゴ)2015年解散
1990-1993:ヴェネツィア(ヴェネト州ヴェネツィア)セリエB

イタリアの「ビッグ4」のうち3つの監督に就任

イタリアの「ビッグ4」のうち3つの監督に就任

1993-1994:ボローニャ(エミリア・ロマーニャ州ボローニャ)セリエA
1994-1995:コゼンツァ(カラブリア・コゼンツァ)現コゼンツァ・カルチョ セリエB
1995-1998:ウディネーゼ(イタリア・ウーディネ)セリエA
1998-2001:ミラン(イタリア・ミラノ)セリエA イタリアサッカー選手協会年間最優秀監督賞受賞
2001-2002:ラツィオ(イタリア・ローマ)セリエA
2003-2004:インテル(イタリア・ミラノ)セリエA
2006-2007:トリノ(イタリア・トリノ)セリエA
2010:ユヴェントス(イタリア・トリノ)セリエA

2010年からはイタリアを離れ他国の監督に

2010年からはイタリアを離れ他国の監督に

2010-2014:日本
2016:中華人民共和国の旗 北京国安
2017-2020:アラブ首長国連邦

ザッケローニ監督日本代表時代の試合成績

初のナショナルチームで優勝に導く

初のナショナルチームで優勝に導く

2010年に日本代表の監督になったザッケローニ氏は、ナショナルチームの監督としても初めての経験でした。8月30日に就任し、初の試合となる国際親善試合のアルゼンチン戦で見事勝利を収めました。

その後、2011年に行われた公式大会のAFCアジアカップで優勝し、それから1年間無敗の成績を維持。

北朝鮮の試合で1年間の連勝がストップ

北朝鮮の試合で1年間の連勝がストップ

1年間無敗を誇っていたザックジャパンでしたが、2011年11月15日の北朝鮮戦では、0-1で敗れ、無敗記録は16試合で止まりました。この試合を行った時には、既に2014年ブラジルW杯の予選を通過していたということ。

5勝2分1敗でワールドカップ出場を決める

5勝2分1敗でワールドカップ出場を決める

2013年6月に行われた2014年ブラジルW杯アジア最終予選では、5勝2分1敗の成績を収め、5大会連続となるワールドカップ出場を決めています。

ザッケローニ監督の日本代表解任理由

ブラジルW杯でグループリーグ敗退

ブラジルW杯でグループリーグ敗退

2014年6月、ブラジルW杯の第1戦、コートジボワールとの1戦では、1点リードして折り返しますが、後半に2点を取られてしまい敗退。第2戦ギリシャとの試合では、相手チームの退場で人数的に優位に立つものの、ギリシャの堅い守りを崩せず、スコアレス・ドローに終わります。

第3戦のコロンビア戦ではGL突破をかけて挑みますが、1-4で惨敗に終わり、グループリーグ敗退となりました。

W杯の惨敗が解任の原因

W杯の惨敗が解任の原因

ザッケローニ氏が日本代表監督時代は、素早いパスワークとサイドを基点としたオフェンス強化を掲げてきました。しかし、W杯での惨敗が元で2014年6月26日、日本代表監督の退任を表明しています。

ザッケローニ氏は、「もっと出来ると思っていた。それは選手たちも同様だったと思う」と語っていました。

また、ザッケローニ氏が監督に就任したチームの中で、日本での成績は勝率54.55%と最高の結果だったのです。

ザッケローニ監督の日本への深い愛情と日本好きについて

日本人はスピードや運動量のクオリティが高い

日本人はスピードや運動量のクオリティが高い

2019年9月9日のボローニャの地元紙「コリエレ・ディ・ボローニャ」でのインタビューで、ザッケローニ氏は日本人の特徴と監督時代を振り返っていました。

日本人は仕事に対しての取り組みが素晴らしく、スピードや運動量は他のどの国よりもクオリティが高いということ。また、個人主義ではなくチームプレーに徹していて、勝利を何よりも重んじているとしていました。

日本代表の監督は素晴らしい経験だった

日本代表の監督は素晴らしい経験だった

様々なチームの監督をしてきたザッケローニ氏ですが、「日本代表の監督をした時が一番素晴らしい経験だと言える」と語ってくれました。日本代表の監督を務めた時が一番楽しかったし、この経験はザッケローニ氏にとって、とても貴重なものだったのです。

解任後も人気の衰えないザッケローニ氏

解任後も人気の衰えないザッケローニ氏

2016年6月の退任から5か月後、ザッケローニ氏は再び日本の地に降り立ち、東京で行われたビジネスセミナーに講師として登壇しました。その表情は、日本代表を指揮していた厳しい表情から、温和な表情へと変わっていたということ。

日本代表を解任されてから2016年1月に北京代表の監督に就任するまで、約1年半のプライベートタイムがあったザッケローニ氏は、この期間を利用して大好きな日本に訪れたとみられます。

この時にザッケローニ氏の通訳を務めた矢野大輔氏の著書『通訳日記』では、ザッケローニ氏の知られざる一面を垣間見ることができました。

W杯で最下位の惨敗を残す結果となったザッケローニ氏でしたが、セミナーには約500人が集まり、ザッケローニ氏への関心は衰えを見せていませんでした。退任後も人気が衰えないのは異例のことだと言えます。

何故日本代表の監督を選んだのかわからない

何故日本代表の監督を選んだのかわからない

ワールドカップで惨敗を喫した監督が、何故その後も支持されているのでしょうか。それは、惨敗という結果ではなく、それを越えた人間的な繋がりがあるからだとザッケローニ氏本人は語っていました。

W杯の半年前にザッケローニ氏は、日本代表になった経緯を語ってくれたことがあります。日本人の立ち居振る舞いや、イメージの良さも要因ということでしたが、実際のところは、沢山のオファーがあった中で、何故日本を選んだのかわからないと語っていたようです。

日本の思い出は人間として大切にしたい

日本の思い出は人間として大切にしたい

更に、本能的に日本代表の監督をやりたいと思ったことも明かしてくれました。代表監督から退任した現在も、試合に勝利したときのような笑顔は健在で、どこか懐かしささえ感じさせてくれました。

しかし、プレッシャーを解かれたザッケローニ氏の笑顔は、本心であったのではないでしょうか。「日本に来た思い出を、プロ監督としてだけでなく、人間としても大切にしていきたい」と語り、帰路に就く空港では報道陣に自ら手を差し伸べ握手を交わしていたということでした。

日本に対する愛情が深い

日本に対する愛情が深い

「与えたものよりも受けたものの方が大きかった」と語るザッケローニ氏の謙虚さと、日本に対する愛情が今なお愛され続ける要因ではないでしょうか。

関連するまとめ

ランディ・バースの現在!メジャーと阪神での成績~引退後を総まとめ

ランディバースと言えば阪神タイガースの助っ人外国人として活躍したプロ野球選手です。そんな彼も日本に来る前はメ…

aquanaut369 / 195 view

歴代フェンシング選手の人気有名ランキング20選~女子男子別TOP10【最新版】

素早い剣さばきで相手からポイントを奪うフェンシング。2008年の北京オリンピックでは日本初の銀メダル獲得で一…

aquanaut369 / 88 view

ジョー・モンタナの現在!引退後の活動・ザドライブと名言まとめ

元アメリカンフットボール選手(NFL)のジョー・モンタナさんについて、現在の活動が注目を集めています。また、…

cyann3 / 62 view

歴代男子テニス選手のイケメン30選~人気ランキング【最新版】

最も爽やかなスポーツであるテニス業界には、女性のハートを掴むイケメンたちが大勢活躍してきました。本ランキング…

kent.n / 246 view

マイケルチャンと錦織圭のコーチ関係エピソード!いない時期・涙の理由まとめ

テニスのマイケルチャンコーチと錦織圭選手について、コーチ関係エピソードが注目を集めています。マイケルチャンコ…

cyann3 / 139 view

パウロ・ディバラの現在!彼女や結婚・背番号・コロナ感染まとめ

イタリアの名門ユベントスに所属し、アルゼンチン代表としても活躍しているパウロ・ディバラさんと言えば、現在交際…

sumichel / 79 view

【海外バスケ】NBAチームの人気&強さランキングTOP30~全チームをまとめて紹介【…

アメリカで大きな人気を獲得しているバスケットボールリーグNBA。2019年には日本の八村塁がNBAチームへ入…

aquanaut369 / 1903 view

マイケルチャンの子供(娘2人)と嫁まとめ!アンバーリューとの結婚生活も紹介

元プロテニスプレーヤーで現在は錦織圭のコーチを務めているマイケルチャン。そんな彼には元テニスプレーヤーの嫁と…

aquanaut369 / 91 view

バドミントン男子の歴代イケメン人気ランキング20選~海外・日本別TOP10【最新版】

バドミントン男子と言えば日本では桃田賢斗選手が有名ですが、じつは他にもたくさんのイケメン選手がいて、日本だけ…

aquanaut369 / 110 view

タイガーウッズの現在!伝説や年収・逮捕からの復活・事故まで総まとめ

この記事では、プロゴルファーのタイガー・ウッズさんの数々の伝説と年収、そして逮捕からの復活、自動車事故を起こ…

kent.n / 60 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ウサイン・ボルトの陸上引退理由!サッカー転向の今も総まとめ

人類史上最速と言われた陸上選手のウサインボルトさん。100メートル・200メートルの記録保持者ですが、201…

Mrsjunko / 260 view

マルディーニの嫁と息子!コロナ感染や現在の病状まとめ

元サッカー選手・元イタリア代表のパオロ・マルディーニさんについて、嫁と息子に関する話題が挙がっています。また…

cyann3 / 75 view

バドミントン男子の歴代イケメン人気ランキング20選~海外・日本別TOP10【最新版】

バドミントン男子と言えば日本では桃田賢斗選手が有名ですが、じつは他にもたくさんのイケメン選手がいて、日本だけ…

aquanaut369 / 110 view

ガルベスの現在!巨人での成績・ホームランや乱闘・引退後の今の活動まとめ

元プロ野球選手のバルビーノ・ガルベスさんについて、巨人での成績、ホームランや乱闘、そして引退後の現在の活動に…

cyann3 / 312 view

デニステンと羽生結弦の仲や関係!衝突と妨害騒動・その後まとめ

フィギュアスケート選手の故・デニステンさんについて、羽生結弦選手とは仲良しだったのかについて注目が集まってい…

cyann3 / 60 view

ジェンソンバトンとブリトニーワードの再婚や子供を総まとめ

ジェンソンバトンと言えば世界でもトップクラスのF1レーサーです。そんなジェンソンバトンが日本のモデル道端ジェ…

aquanaut369 / 178 view

歴代アイスホッケー男子のイケメン人気ランキング20選~海外・日本別【最新版】

氷上の格闘技とも言われるアイスホッケー。そのため、屈強な選手たちばかりかと思いきやじつはイケメン選手も多数存…

aquanaut369 / 133 view

ジョコビッチの嫁と子供&結婚情報まとめ~奥さんはエレナ・リスティッチ

現在のテニス界において最強のノバク・ジョコビッチさん。今回はジョコビッチさんの嫁や子供情報など結婚に関するこ…

kent.n / 724 view

ハンクアーロンとバリーボンズの関係!ホームラン数の比較・王貞治との違いまとめ

元メジャーリーガーの故ハンクアーロンさんとバリーボンズさんの関係性が注目を集めています。また、ハンクアーロン…

cyann3 / 75 view

ジェンソン・バトンの身長&体重は?スタイルも総まとめ【イケメン人気F1レーサー】

イケメンの人気F1レーサーであるジェンソンバトンの身長や体重とは?今回は、ジェンソンバトンの身長や体重、ドラ…

rirakumama / 49 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク