アンドレイ・チカチーロの生い立ちとプロフィール

プロフィール

プロフィール

本名:アンドレイ・ロマノヴィチ・チカチーロ
呼び名:ロストフの殺し屋、赤い切り裂き魔、ロシアの死神、ロシアの食屍鬼
生年月日:1936年10月16日
出身地:ソビエト連邦ウクライナ共和国スムスカヤ州ヤブロチュノア村
没年月日:1994年2月14日(57歳)
没地:ロシア ロストフ・ナ・ドヌ刑務所内
家族:配偶者、娘、息子
犠牲者数:52人
犯行期間:1978年12月22日~1990年11月20日

貧しい集団農作業員の家庭に生まれる

貧しい集団農作業員の家庭に生まれる

アンドレイ・チカチーロは、集団農作業員であった両親の元に生まれました。当時の家族は一部屋しかない小屋に住んでおり、貧しくいつも飢餓状態であったということ。

そのため、12歳までパンを口にしたことがなかったと本人は語っていました。また母親はアンドレイ・チカチーロが幼い頃、「上にはステパンという兄がいたが、4歳の時に飢えた隣人に誘拐され、食料として食べられた」と何度となく話しており、そのことが後々まで頭に残り、人格形成に大きな影響を与えたことを語っていました。

幼少期から若干水頭症だった

幼少期から若干水頭症だった

更に、父親は優しかったが母親は厳格で厳しく、父親が戦争に出兵していた時は毎晩おねしょをし、母親に叱られて叩かれたということ。しかし、全てチカチーロの言葉で、どこまでが真実なのかはわかっていません。

チカチーロの逮捕後に脳の検査を受けた時は、脳波に異常が見られ「若干水頭症」だったことがわかっています。学校に入学すると、憶病な性格と華奢な体型から、他の子供たちからいじめの対象となっていました。そして、栄養不良のため、何度も気を失って倒れていたそうです。

優秀な成績で高校を卒業

優秀な成績で高校を卒業

10代の頃は学校で模範的な生徒で共産主義者となっています。また、成績優秀なため学校新聞の編集者に抜擢され、その後共産党委員会の委員長に任命されています。

共産党機関紙の『プラウダ』を解説する「政治情報宣伝委員」を任されていたことも。自身では記憶力が悪く頭痛もちであることから、勉強をすることが容易ではなかったと語っていましたが、低所得者層の集団農場では唯一、優秀な成績で卒業しています。

女性の抵抗する姿に興奮を覚える

女性の抵抗する姿に興奮を覚える

その後10代後半では、大柄なたくましい青年に成長しましたが、インポテンツであることに気付き、内向的な性格から自己嫌悪に陥ってしまうことに。

学校新聞で知り合ったリリア・バリシェバという女性が初恋の相手でしたが、2人だけになることが怖くてデートに誘うことはありませんでした。

一方で、アンドレイ・チカチーロの11歳の妹の友人を襲って、抑えつけながら相手がもがいている姿を見てマスターベーションをし、射精をするという行為をしています。

その頃には女性とのセックスは無理だと思い込み、異常な自慰行為に耽るようになったと言います。

高校卒業後にモスクワ大学の奨学生に応募しますが、不合格となり大学進学をあきらめてクルクスへ旅行しながら働き、1955年に通信技術者の専門学校に入学。

その後2年間の間に、チカチーロは女性と交際していますが、普通の性行為では上手く勃起しなく、女性が抵抗したりもがいたりすることで勃起することを知ります。

1963年に結婚

1963年に結婚

1957年から1960年にかけて兵役に就き、兵役終了直前の1960年に共産党に入党。その後チカチーロは故郷に戻り、離婚歴のある女性と交際するも、勃起しないことがわかると破局します。そのことで故郷ではチカチーロがインポテンツであることが知れ渡り、故郷から離れることを考えます。

それから数か月後にロストフ・オン・ドンで通信技術者として働きます。1963年に妹の紹介でフェオドシア・オドナチェヴァという女性と結婚。しかし性生活は上手くいかず、子供を作る手段として膣外射精で出した精液を、彼女の膣に押し込んで妊娠させるという手段を取りました。

教職に就いてから異常な性行動に目覚める

教職に就いてから異常な性行動に目覚める

その甲斐あって1965年には娘リュドミラ、1969年には息子ユーリーを儲けています。1964年にロストフ大学の通信制に入学し、1970年にロシア文学と言語学の学位を取得して教師となります。

しかし、この就職がきっかけで彼の異常な性行動が加速していきます。

男女問わず生徒に猥褻行為をするように

男女問わず生徒に猥褻行為をするように

アンドレイ・チカチーロは小学校に教頭職待遇で雇われますが、教師としての資質に欠けており、生徒に教えることが出来なく、ほどなく解任されました。

その後職業訓練校の教職に就きますが、低学年を対象として猥褻行為をし、女子生徒に限らず男子生徒にまで手を出すようになっています。

この噂はたちまち学校中に広がり、生徒から好奇の目で見られ襲われたことがきっかけで、ジャックナイフを携帯するようになりました。このナイフが後の連続殺人で使われることとなります。

アンドレイ・チカチーロの事件詳細

最初の殺害現場メジェビイレーンの26番の廃屋

最初の殺害現場メジェビイレーンの26番の廃屋

1978年12月22日、アンドレ―・チカチーロの最初の殺人事件が起こります。ロストフ・ナ・ドヌ近くの町で炭鉱業専門学校に勤務となったチカチーロは、9歳の少女レーナ・ザコトノワを強姦しようとしますが勃起せず少女の首を絞めて意識を失わせると、再び性行為に及びます。

しかし、少女が息を吹き返したため驚いたチカチーロは、性器をナイフで何度も刺し、殺害に至りました。その行為に興奮したチカチーロはオーガズムに達し射精します。

レーナ・ザコトノワを殺害した現場が写真の廃屋でした。

遺体を遺棄したグルシェフスキー橋

遺体を遺棄したグルシェフスキー橋

同年12月24日にレーナ・ザコトノヴァの遺体がグルシェフスキー橋で発見されました。

この事件ではアレクサンドル・クラフチェンコと言う男性が殺害容疑で逮捕されました。彼にはアリバイがありましたが、警察の厳しい尋問に屈し容疑を認める供述をしました。

その後アレクサンドル・クラフチェンコは、1983年に銃殺刑に処せられています。

1984年までに21人を殺害

1984年までに21人を殺害

最初の殺人から3年間、アンドレイ・チカチーロは事件を起こしていませんでした。しかし1982年から再び犯行が始まり、1983年9月までに3人の女子供を含む4人を殺害。

その後1983年には合計6人を殺害、1984年には15人の殺人を犯していました。この事件の時、アンドレイ・チカチーロは、ロストフネルード国営工場で上級技師として働いていたということ。仕事柄長期出張が多く、チカチーロも様々な地域に出張し、それを理由にあちこちで犯行を繰り返していたとされています。

彼の犯罪で一貫していたのは、犯行時に両目を覆うということでした。その訳は「殺された者は、自分を殺した者をその瞳に焼き付ける」というロシアのことわざにあったようです。

7人目の犠牲者イリーナ・カラベルニコワの記念碑

7人目の犠牲者イリーナ・カラベルニコワの記念碑

この写真は7人目の犠牲者であるイリーナ・カラベルニコワの記念碑(1963年11月8日~1982年9月12日)で、その場所は殺人現場で父親によって建てられました。

アンドレイ・チカチーロは1978年から1985年までの7年間で34人を殺害し、その後1987年5月16日の35人目の犯行までおよそ2年間は静かにしていたようです。

その間、ゴルバチョフ政権の元で推進されていたグラスノスチによる情報公開が成され、連続殺人事件の全容が一般に公表され警察の捜査も一新してKGBが捜査を担当、民間からの情報にも頼るようになったのです。

1987年5月から1990年11月まで19人を殺害

1987年5月から1990年11月まで19人を殺害

そんな中、アンドレイ・チカチーロもボランティアとして捜査に協力していたようでした。しかし同年の5月16日に犯行が再開、ロストフから遠く離れた地域で1990年11月までに男女19人を殺害しています。

アンドレイ・チカチーロの逮捕と裁判

1990年11月20日逮捕

1990年11月20日逮捕

以前から警察ではアンドレイ・チカチーロに目をつけており、1990年11月6日の最後の犠牲者となった22歳のスヴェータ・コロスティックが殺害された時に、顔に返り血を付けたまま歩いているチカチーロを警察が発見。

逮捕された時のチカチーロの自宅

逮捕された時のチカチーロの自宅

警察の調べで犯行日時と出張記録が完全に一致し、11月20日に自宅にいるアンドレイ・チカチーロの逮捕に至ります。この写真はチカチーロが逮捕された自宅です。

警察は犯行を認めさせる作戦に出た

警察は犯行を認めさせる作戦に出た

アンドレイ・チカチーロの取り調べが始まり、KGBのコストイェフ大佐が主に担当しました。チカチーロは逮捕当初指を怪我しており、その怪我は仕事で負ったものと主張していました。

しかし、医療検査官は何者かの噛み傷だと結論付けました。なかなか犯行を認めないチカチーロに、尋問官たちはチカチーロが病気で犯行を繰り返したとする供述に導くように仕向けたのです。

関連するキーワード

関連するまとめ

海外旅行で行ってはいけない危険な国ランキング32選【最新決定版】

世界にはとても危険な国がたくさんあります。ここでは、海外旅行で行ってはいけない危険な国を32か国、ランキング…

Mrsjunko / 1866 view

アルビノのモデル20選~芸能人や有名人を男性女性別で紹介【最新版・画像付き】

アルビノのモデルで知名度の高い芸能人・有名人を厳選して20名をご紹介します。世界のアルビノのモデルさんはどの…

cyann3 / 7647 view

サッカーしようぜ集団の動画の見方!ベネズエラの事件・犯人と被害者・その後現在もまとめ…

検索してはいけない言葉「サッカーしようぜ集団」はベネズエラで起こった事件で、被害者と犯人は誰なのかと話題にな…

cyann3 / 2458 view

ウクライナ21の内容と真相!犯人とその後・殺人動画の話題まとめ

ウクライナで未成年の少年3人によって実行された連続殺人事件「ウクライナ21」について、その内容と真相に注目が…

cyann3 / 27591 view

14歳のディーラー少年の動画!身元と正体・YouTube視聴方法・再現まとめ【検索し…

検索してはいけない言葉「14歳のディーラー少年」について、その動画について話題になっています。また、14歳の…

cyann3 / 5749 view

チェルノブイリ原発事故と福島原発事故を比較!日本への影響まとめ

ソ連(現ウクライナ)で起こったチェルノブイリ原発事故について、福島原発事故との比較が話題になっています。また…

cyann3 / 958 view

ロックフェラー家の資産!家系図やアメリカ5大財閥・邸宅を売却の話題まとめ

ロックフェラー家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロックフェラー家の家系図やアメリカ5大財閥…

cyann3 / 4163 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

タリバンの資金源とは?支援国は意外にも多かった

2021年8月からアフガニスタンで政権を握っているタリバン。彼らはなぜ長年に渡って活動を続けられ、今後どのよ…

aquanaut369 / 961 view

ヒンターカイフェック事件の真相~犯人や概要まとめ

ヒンターカイフェック事件とは、1922年にドイツのバイエルンで起きた6人の殺害事件です。未だ犯人の特定には至…

Mrsjunko / 4445 view

ジョンベネ殺害事件の真犯人は?父・母・兄の犯人説/性的被害と霊視などの真相まとめ

1996年12月26日、当時6歳のジョンベネちゃんが自宅の地下室から遺体となって発見された事件は、当時センセ…

Mrsjunko / 4201 view

海外・世界の未解決事件20選!衝撃順にランキング【最新版】

日本でも多くの未解決事件があると思いますが、海外にも同様に未解決事件は多数存在します。今回は海外の未解決事件…

aquanaut369 / 33190 view

世界の有名な宗教20種類!人口の多い順にランキング【最新決定版】

日本の宗教では仏教や神道などが有名ですが、世界的にはさらに様々な特徴を持った宗教があり、多くの人が信仰してい…

maru._.wanwan / 3033 view

グエンの名前・苗字がベトナム人に多い理由!その割合や歴史・漢字もまとめ

ベトナム人の名前について、「グエン」という苗字が1番多いと言われています。また、ベトナム人のグエンの苗字の割…

cyann3 / 1984 view

レーガン大統領暗殺未遂事件の犯人と現在!死者とSP・裁判判決やその後を総まとめ

1981年3月に暗殺未遂事件に巻き込まれたレーガン大統領。この事件はなぜ起こってしまったのでしょうか?今回は…

aquanaut369 / 1563 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);