テッド・バンディのプロフィールと生い立ち

プロフィール

プロフィール

本名:セオドア・ロバート・バンディ
生年月日:1946年11月24日
出身地:アメリカ合衆国バーモント州バーリントン
没年月日:1989年1月24日(42歳没)
犯行期間:1974年~1978年
犠牲者:30人以上
没地:アメリカ合衆国フロリダ州来フォード刑務所
死因:電気椅子による処刑での電気ショック

1946年11月24日に私生児として生まれる

1946年11月24日に私生児として生まれる

テッド・バンディは1946年11月24日にバーモント州バーリントンで、当時21歳のルイーズ・コーウェルの元に生まれました。

未婚女性のためのホームであるエリザベス・ランド・ホームでテッドを産んだルイーズは、自分の両親(テッドにとっては祖父母)をテッドの親とし、ルイーズは年の離れた姉として育てました。

祖父母を両親と偽って育てられた

祖父母を両親と偽って育てられた

当時のアメリカでは、婚外子は不名誉なことだとされていたため、テッドが後ろ指をさされないように環境を整えたということ。

父親とされた祖父のサム・コーウェルはテッドを可愛がりましたが、祖母や小動物に対して虐待を行っていたということです。

自分は私生児だと知る

自分は私生児だと知る

そのようなことで、テッドは可愛がってくれた祖父を父親として愛していました。しかしそんな嘘も従兄弟から「お前は父無し子だ」と言われ、出生証明書を見せられて、10歳になったテッドの知ることとなります。

テッドが4歳の時に「姉」であった母親がジョン・バンディという男性と結婚し、テッド自身もバンディの姓を名乗ることの意味がようやく理解できたのでした。その頃からテッド・バンディは自分を私生児として産み、祖父母を両親と偽っていた母親を憎むようになっています。

小学校では成績優秀だったが凶暴だった

小学校では成績優秀だったが凶暴だった

テッド・バンディはIQが高く、小学校に入学すると優秀な成績を収めていましたが、それが必ずしも教師たちに良い印象を与えたとは言えませんでした。テッドの通知表には毎回凶暴な性格だということが指摘され、その性格を直すように注意を受けていたのです。

普段は温厚な態度でしたが、一旦キレると何をするかわからなくなる位凶暴性が表面化したということ。

高校生頃から精神崩壊が始まる

高校生頃から精神崩壊が始まる

高校時代は目立たなくおとなしい性格で、ガールフレンドもいたのですが極端に恥ずかしがり屋で、手を握ることさえ出来なかったと言います。しかしその表面とは裏腹に、夜になると家を抜け出して女子寮を覗き見して自慰に耽っているような陰湿な少年でした。

また盗難癖があり、母親の収入では到底買えないような高価なものを盗んでいました。テッド・バンディには理想像があり、自分で自画像を想像していました。

それは当時の生活では叶うことのない裕福で上品で賢く、人気者の自分だったのです。それはまるで、自分が私生児であることを認めたくないという願望の表れではなかったでしょうか。

そして現実と虚構の狭間でもがき苦しみ、自分の力を巨大化させるために想像を現実化させるべく精神崩壊が始まるのでした。

テッド・バンディが唯一愛した女性

テッド・バンディが唯一愛した女性

高校を卒業したテッド・バンディは、ピュージェットサウンド大学に1年間在籍し、その後中国語を学ぶためにワシントン大学に転学します。ワシントン大学を中退してからは、大統領選や州知事選などのスタッフとして働きます。

その間に女性との交際が始まりますが、1969年に離婚歴があり娘がいるエリザベス・クレプファーと出会い、激しい恋に落ちます。2人の関係はテッド・バンディが1976年にユタ州で初めて投獄されても続いていました。

テッドにとって最初で最後の恋愛だったかもしれません。

映画になったテッド・バンディの恋愛

映画になったテッド・バンディの恋愛

2人の関係を描いた映画が、ザック・エフロン主演の『テッド・バンディ』です。後程詳しく紹介していきますが、シリアルキラーの顔とはまるで異なるテッド・バンディのもう一つの顔が描かれています。

テッド・バンディをシリアルキラーにさせた要因とは?

ステファニー・ブルックスとの出会い

ステファニー・ブルックスとの出会い

話が前後しますが、テッド・バンディは1965年のワシントン大学在学中に、背が高く長い黒髪の美人ステファニー・ブルックスと恋に落ちます。彼女はサンフランシスコの裕福な家庭の子女で、学歴・容姿などテッドにとって理想とする女性でした。

失恋のショックに大学を退学

失恋のショックに大学を退学

しかし、付き合ってからほどなくステファニー・ブルックスは、テッド・バンディの本性を見抜きます。子供っぽく粗野で幼稚なテッドに嫌気が差したステファニーは、テッドを見限ってカリフォルニア州の実家に帰ってしまったのです。

その後テッド・バンディはショックのあまり学業も手に就かなくなり、大学中退を余儀なくされています。

人格形成上の転機が訪れる

人格形成上の転機が訪れる

おそらくテッド・バンディにとって、この出来事が「彼の人格形成上の転機」だと精神科医のドロシー・ルイスが指摘しています。テッド・バンディの虚構の上に築かれた恋愛は、砂の城のように崩れてしまったことにより、テッドの次なる目標が姿を現します。

その後のテッド・バンディの行動には、必ず「長い髪の女」が登場するようになります。

2人の再会

2人の再会

1973年にテッド・バンディはステファニー・ブルックスと再会します。当時のテッド・バンディはワシントン州の共和党員となっており、マナーや服装、そして勤勉で社交的な姿へと変貌を遂げたテッドに感銘を受けた彼女は、一目で彼の虜となりました。

テッド・バンディの計画

テッド・バンディの計画

2人は婚約してしばらく交際が続きました。しかし1974年1月、テッドは突然彼女との連絡を絶ってしまいます。彼女が連絡を入れても返そうとせず手紙が送られても返信しませんでした。

ようやく連絡がついたとき、何故連絡をくれないのかと問いただすステファニーに対して、返した言葉が「何のことだかわからない」と言って電話を切っています。それが彼女との最後の会話になりました。

テッド・バンディはこの事を回想し「彼女と結婚することもできたと自分に証明したかった」と語っていました。正しくステファニーが自分をふったことに対しての復讐だったのです。

テッド・バンディ事件の詳細

テッド・バンディの犯行が始まった時期は諸説あります。1969年にフィラデルフィアで2人殺したと言ってみたり、1971年のシアトルの事件が初めてと言ったりということも。

諸説ではテッドは14歳で初めての殺人を犯しただろうとも言われていますが、おそらくステファニー・ブルックスに復讐を果たした1974年を皮切りに、テッド・バンディの蛮行が始まっていったと思われます。

関連するキーワード

関連するまとめ

ルーシー・ブラックマン事件の真実!犯人の織原城二は在日?場所は洞窟やマンション・判決…

日本で起こった「ルーシー・ブラックマンさん事件」について、その真実が注目を集めています。殺害場所は洞窟・マン…

cyann3 / 22350 view

サッカーしようぜ集団の動画の見方!ベネズエラの事件・犯人と被害者・その後現在もまとめ…

検索してはいけない言葉「サッカーしようぜ集団」はベネズエラで起こった事件で、被害者と犯人は誰なのかと話題にな…

cyann3 / 3938 view

サラスターン事件の詳細!犯人やその後・現在まで解説

ある日、突然19歳の女性が失踪したことから始まった「サラスターン事件」。アメリカでは「遺体なき殺人」とも呼ば…

aquanaut369 / 1668 view

ディアトロフ峠事件の真相や原因と犯人~被害者の舌が無くなった謎の事象や関連映画まとめ

ディアトロフ峠事件とは、1959年に当時ソ連領のウラル山脈北部で登山をしていた男女9人が、不可解な死を遂げ、…

Mrsjunko / 3559 view

ビアンカ・デヴィンズ殺害事件の犯人!インスタの遺体写真も総まとめ

2019年7月13日、ニューヨーク州ユーティカの高校を卒業したばかりのビアンカ・デヴィンズさん(当時17歳)…

Mrsjunko / 17459 view

ティリクム・シャチ事件と現在!死亡事故の原因・動画や映画も総まとめ

アメリカ合衆国フロリダ州オーランドのシーワールドで飼育され、ショーの人気者だったシャチのティリクムが3名の死…

Mrsjunko / 7741 view

アルバート・フィッシュの生い立ち/子供/子孫!名言や事件詳細と手紙・関連映画まとめ

アルバート・フィッシュとは、1910年代から1934年にかけて約400人の児童を殺害したという、「「満月の狂…

Mrsjunko / 8684 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ロックフェラー家の資産!家系図やアメリカ5大財閥・邸宅を売却の話題まとめ

ロックフェラー家について、資産に関する話題が挙がっています。また、ロックフェラー家の家系図やアメリカ5大財閥…

cyann3 / 4770 view

フリッツル事件の子供のその後・現在!概要や犯人の動機なども総まとめ

映画『ルーム』で再現されたフリッツル事件は、エリーザベト・フリッツルさんが父親ヨーゼフから24年間自宅に監禁…

Mrsjunko / 92506 view

グエンの名前・苗字がベトナム人に多い理由!その割合や歴史・漢字もまとめ

ベトナム人の名前について、「グエン」という苗字が1番多いと言われています。また、ベトナム人のグエンの苗字の割…

cyann3 / 2344 view

メアリーベルの現在!事件とその後・生い立ちと母親や家族・結婚や孫・映画も総まとめ

11歳にして凄惨な殺人事件を起こしたメアリー・ベル。今回はメアリー・ベル事件の内容、かわいい・美人とも話題の…

aquanaut369 / 15511 view

ワグネルの人数や戦力!意味と給料・日本人・プリゴジンの反乱を総まとめ

ロシアで反乱を起こして話題になった民間軍事会社の「ワグネル」。今回はワグネルの意味や由来、組織の規模と戦力、…

aquanaut369 / 1915 view

トンガ王国の場所と地図・人口は?日本人の人数も総まとめ

温暖な気候の南国として知られている「トンガ王国」。2022年には海底火山の噴火で話題になりました。今回はトン…

aquanaut369 / 852 view

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真と骨格・首輪なし画像と外すタイミングまとめ

タイの少数民族・首長族について、「首輪はなぜ?」という話題があがっています。また、レントゲン写真・骨格、首輪…

cyann3 / 19842 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);