ジョージ・フォアマンのプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前:ジョージ・エドワード・フォアマン
生年月日:1949年1月10日
出身地:アメリカ・テキサス州マーシャル
職業:牧師、実業家、元プロボクサー

ジョージ・フォアマンの経歴

貧しい家庭で生まれ育つ

貧しい家庭で生まれ育つ

アメリカ・テキサス州マーシャルの黒人家庭で7人兄弟の5番目として生まれ育ったジョージ・フォアマンさんは、父親が仕事も育児もろくにしなかったため、母親のわずかな収入で貧しい生活を送ったのです。

中学を中退し、荒んだ日々を送る

中学を中退し、荒んだ日々を送る

そんなジョージ・フォアマンさんはいつも空腹だったため中学を中退すると、路上で大人を襲ってお金を巻き上げ、そのお金で食料を購入するなど荒れた日々を送ったのです。

職業部隊でボクシングと出会う

職業部隊でボクシングと出会う

そんな中、テレビCMでNFLのスター選手が‟キミにもセカンドチャンスがある!”と言ったのを聞いたジョージ・フォアマンさんは、16歳で故郷を離れ職業部隊に入隊すると、そこで職業訓練を受けながらボクシングの手解きも受けたのです。

金メダルを獲得し、プロへ転向

金メダルを獲得し、プロへ転向

そしてすぐに頭角を現したジョージ・フォアマンさんは、2年足らずで国内選考会を勝ち抜き1968年のメキシコ五輪の代表選手に選ばれると、わずか19歳で金メダリストに輝き、プロへ転向したのです。

出典:YouTube

無敗で統一世界ヘビー級王座を獲得

無敗で統一世界ヘビー級王座を獲得

そんなジョージ・フォアマンさんはプロへ転向後も圧倒的な強さを見せ1971年に『 北米ヘビー級王座を』を獲得すると、1973年には統一ヘビー級タイトルマッチでチャンピオンのジョー・フレージャーから1Rに3度、2Rにも3度のダウンを奪い、王座を獲得したのです。

こうして当時最強と言われていたフレージャーを叩きのめした試合は『キングストンの惨劇』と呼ばれ、今もボクシング史に語り継がれているのです。

出典:YouTube

モハメド・アリに敗れ、王座から陥落

モハメド・アリに敗れ、王座から陥落

プロへ転向後、破竹の勢いでKOの山を築いてきたジョージ・フォアマンさんですが、1974年に元王者モハメド・アリから指名され対戦すると、ロープに体を預けて防御するアリの戦法『ロープ・ア・ドープ』に見事はまり体力を消耗してしまい、8Rに逆転KOされ王座から陥落したのです。

出典:YouTube

無名選手に敗れ、突如引退

無名選手に敗れ、突如引退

そしてモハメド・アリに喫した初黒星から約15ヶ月後の1976年に再起戦を行い5RKO勝利したジョージ・フォアマンさんは、その後ジョー・フレージャーと再戦し5RTKO勝ちを収めるなど4連勝したのです。

しかし翌1977年に格下で無名のジミー・ヤングと対戦し、最終回にダウンを奪われた末に判定負けしたジョージ・フォアマンさんは、試合後のロッカールームで‟神(イエス・キリスト)”を感じたとして28歳の若さで突如引退し、牧師に転身したのです。

45歳で世界ヘビー級王者に返り咲き

45歳で世界ヘビー級王者に返り咲き

そんなジョージ・フォアマンさんは突然の引退から10年後の1987年、38歳で現役復帰を果たし世界王座を諦めず挑戦を続けた結果、1994年にWBA・IBF世界ヘビー級王者のマイケル・モーラーに逆指名されると、復帰後3度目の世界王座挑戦で奇跡を起こし、45歳9ヵ月と史上最高齢で世界王者となったのです。

出典:YouTube

しかし1997年、WBC世界ヘビー級王者レノックス・ルイスへの挑戦権をかけてシャノン・ブリッグスと対戦したジョージ・フォアマンさんは、12R判定負けすると、正式な引退表明はないものの、以降リングから遠ざかっています。

ジョージ・フォアマンの身長と体重

ジョージ・フォアマンの身長は?

ジョージ・フォアマンの身長は?

ジョージ・フォアマンさんの身長は『192cm』とアメリカ人男性の平均身長と比べるとかなり高身長ですが、ヘビー級選手の平均身長が194cmなため、ヘビー級選手としては普通だったようです。

ジョージ・フォアマンの体重は?

ジョージ・フォアマンの体重は?

そしてジョージ・フォアマンさんの体重ですが、全盛期は100kg前後だったものの、45歳で王者に返り咲いた時は130kg前後あったと言われています。

ジョージ・フォアマンのパンチ力は最強!戦績や名言も紹介

ジョージ・フォアマンの戦績

ジョージ・フォアマンの戦績

28歳で突然引退したジョージ・フォアマンさんですが、通算戦績は81戦76勝(68KO)5敗で、これを復帰前後に分けると以下の通りになります。

【復帰前】
47戦45勝(42KO)2敗 KO率93%

【復帰後】
34戦31勝(26KO)3敗 KO率84%

『象をも倒す!』と称されたパンチ力

重さに特化した最強のパンチ力

重さに特化した最強のパンチ力

こうして素晴らしい戦績を残すジョージ・フォアマンさんは、キレやスピードではなく重さに特価したパンチを誇り、相手がガードしたとしてもその上から相手をダウンさせる破壊力があり『象をも倒す』最強のパンチと言われたのです。

関連するキーワード

関連するまとめ

フェルナンド・アロンソの現在!最強説・身長と年収・資産・車と時計まとめ

F1レーシングドライバーのフェルナンド・アロンソさんについて、現在の活動が注目を集めています。また、フェルナ…

cyann3 / 2820 view

アニマル・ウォリアーの死因は?素顔やステロイド使用の噂・嫁と息子を総まとめ

伝説のタッグ「ロード・ウォリアーズ」として活躍した人気プロレスラーのアニマル・ウォリアー。今回はアニマル・ウ…

aquanaut369 / 4491 view

【MLB】メジャーリーグの人気球団ランキング30~アリーグ・ナリーグ別【最新版】

メジャーリーグと言えば世界でも最高のレベルを誇るプロ野球のリーグ。ア・リーグとナ・リーグ合わせて全30球団が…

aquanaut369 / 24611 view

ファン・ダイクがイケメン!身長と体重・筋肉・髪型を総まとめ

リヴァプール所属でオランダ代表として活躍するファン・ダイクさんですが、イケメンと話題で筋肉や髪型にも注目が集…

sumichel / 260 view

歴代男子トライアスロンのイケメン人気選手ランキング20選~海外・日本別TOP10【最…

水泳・自転車ロードレース・長距離走を1人で行う「トライアスロン」にもイケメンの男子選手は多数存在します。そこ…

aquanaut369 / 2493 view

ヴァンダレイシウバの現在!ステロイド漬け&ドーピングの噂・UFCでの活躍まとめ

総合格闘家のヴァンダレイシウバさんについて、ステロイド漬けだったという噂が挙がっています。また、ドーピング違…

cyann3 / 9501 view

ルカ・モドリッチの身長と体重!髪型やファッションも総まとめ

レアル・マドリード所属でクロアチア代表としても活躍するルカ・モドリッチさんですが、身長などのスタイルや髪型・…

sumichel / 889 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

マジックジョンソンとマイケルジョーダンの比較!関係エピソードも総まとめ

NBAにて「歴代最高のポイントガード」と呼ばれているマジックジョンソン。現役時代に「バスケットボールの神様」…

aquanaut369 / 3357 view

クリスティアーノロナウドの嫁や結婚は?歴代彼女31人も公開

今回は、クリスティアーノ・ロナウドさんの31人と言われている歴代彼女と結婚しているのかについてまとめました。…

kent.n / 21414 view

ロジャー・クレメンスの現在!ステロイド薬物疑惑や引退・落選を総まとめ

元メジャーリーガーで“ロケット”愛称でファンから愛されたロジャー・クレメンスさんは、輝かしい実績と共にステロ…

sumichel / 2124 view

ローマンゴンザレスの強さと戦績!八重樫東や井上尚弥の試合について総まとめ

プロボクシングの軽量級の世界で圧倒的な強さを誇っていたローマンゴンザレス。今回はローマンゴンザレスの強さや戦…

aquanaut369 / 2065 view

パッキャオと井上尚弥の対戦成績と比較まとめ

フィリンピン出身のマニー・パッキャオさんと日本のボクサー井上尚弥さんは、ボクシングファンの中でも比較の対象に…

shasser / 2493 view

マイク・ベルナルドの死因!なぜ自殺?全盛期や身長・ステロイドの噂・引退理由・現在まで…

ボクサーのマイク・ベルナルドさんの全盛期の活躍、また戦績と身長、ステロイドの噂、引退理由、死因の自殺はなぜな…

cyann3 / 7461 view

ゴロフキンの嫁が超美人!国籍や家族・結婚を総まとめ

プロボクサーとして圧倒的な強さを誇っているゲンナジー・ゴロフキン。嫁が「美人」と話題になっていて、家族や国籍…

aquanaut369 / 1044 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク