ヒクソン・グレイシーのプロフィールと経歴

プロフィール

プロフィール

本名:ヒクソン・グレイシー(Rickson Gracie)
通称:400戦無敗の男
生年月日:1959年11月21日
出身地:ブラジル リオデジャネイロ州
身長:178cm
配偶者:カシア・グレイシー
子供:クロン・グレイシー
総合格闘技戦績:11戦11勝
獲得タイトル:
VALE TUDO JAPAN OPEN 1994 優勝(1994年)
VALE TUDO JAPAN OPEN 1995 優勝(1995年)

経歴

経歴

18歳の時にグレイシー柔術創設者のエリオ・グレイシーから黒帯を授与されます。1993年のアルティメット・ファイティング・チャンピオンシップ(UFC)に出ることを望むも、実の兄であるホリオンから却下され、弟のホイスが出場し優勝。その時ホイスさんは「兄のヒクソンは私の10倍も強い」と公言したことから注目され始めます。

1994年7月29日には「VALE TUDO JAPAN OPEN 1994」で初来日。1回戦で西良典に、準決勝でダビッド・レビキに、決勝ではバド・スミスに勝利して圧倒的な強さを見せました。

テイクダウンからマウント、そして絞めを狙う戦法のみでしたが、インパクト強く、それまでは打撃重視や組技軽視の傾向があった格闘技の概念を覆す試合となりました。この試合をきっかけに、修斗はグラウンドパンチを徐々に解禁し、その後の興行でもその流れに従いました。

その後様々な功績を納め、2008年に全日本柔術連盟(JJFJ)を設立し、初代会長に就任し、現在まで活動しています。

ヒクソン・グレイシーの強さの秘密について

本人が語った強さの要因

本人が語った強さの要因

ヒクソン・グレイシーさんが過去に自分の強さの要因を語っていた所によりますと、長年の地道なトレーニングを積んで鍛えたということ。

また、一流にとどまらず、超一流の格闘家になれたのは、感情をコントロールする能力やプレッシャーに打ち勝つなどの精神面の強さが大きいとも語っていました。

メンタル面を鍛える秘訣とは

メンタル面を鍛える秘訣とは

ヒクソン・グレイシーさんは強靭なパワーや技術が優れているだけでなく、メンタル面においても一流ということです。そのメンタル面を鍛えるために、どのようなことを行ったのでしょう。

そのことについても語っていました。

ただ「ベストを尽くす」のみだということ。ベストを尽くすことでメンタルが自然に鍛えられるということでした。

いつもベストを尽くすことは容易なことではありません。そんなヒクソンさんがベストを尽くし続けることが出来たのは、一族の名前を守ることや家族を守るという目的があったからだということ。

ヒクソン・グレイシーの戦績や最強と言われる訳とは

総合格闘技の戦績

総合格闘技の戦績

1.1980年4月25日Independent Event:レイ・ズールとの闘いで1R 11:55 チョークスリーパーで勝利。

2.1984年1月1日Independent Event:レイ・ズールとの戦いで 1R チョークスリーパーで勝利

3.1994年7月29日VALE TUDO JAPAN OPEN 1994:西良典との戦いで1R 2:58 チョークスリーパーで勝利

4.1994年7月29日VALE TUDO JAPAN OPEN 1994:ダビッド・レビキとの戦いで1R 2:40 KO(マウントパンチ)で勝利

5.1994年7月29日VALE TUDO JAPAN OPEN 1994:バド・スミスとの戦いで1R 0:39 TKO(マウントパンチ)で勝利

6.1995年4月20日VALE TUDO JAPAN OPEN 1995:山本宜久との戦いで3R 3:49 チョークスリーパーで勝利

7.1995年4月20日VALE TUDO JAPAN OPEN 1995:木村浩一郎との戦いで1R 2:07 チョークスリーパーで勝利

8.1995年4月20日VALE TUDO JAPAN OPEN 1995:中井祐樹との戦いで1R 6:22 チョークスリーパーで勝利

9.1997年10月11日プライド・ワン:高田延彦との戦いで1R 4:47 腕ひしぎ十字固めで勝利

10.1998年10月11日プライド・フォー:高田延彦との戦いで1R 9:30 腕ひしぎ十字固めで勝利

11.2000年5月26日コロシアム2000:船木誠勝との戦いで1R 11:46 チョークスリーパーで勝利

ブラジリアン柔術・グラップリングの戦績

ブラジリアン柔術・グラップリングの戦績

1.1981年AABBでセルジオ・ペーニャと戦い、アームバーで勝利
2.1981年AABBでセルジオ・ペーニャと戦い、チョークで勝利

3.1984年LINJJIでオタビオ・ペイショティーニョと戦い、アームバーで勝利

4.1986年III Copa Companyでヒーガン・マチャドと戦い勝利

5.1986年Copa Cantaoでムリロ・サと戦い、アームバーで勝利

6.1986年Independent promotionでヒーガン・マチャドと戦い、リアネイキドチョークで勝利

7.1988年V Copa Company - Light Heavyweightでジョー・モレイラと戦い、チョークで勝利

8.1988年V Copa Company - Absoluteでジョー・モレイラと戦い、チョークで勝利

最強と言われる所以は?

最強と言われる所以は?

上記のように、ヒクソン・グレイシーさんの戦績は素晴らしいものでした。しかしこの記録だけではなく、ヒクソンさんは喧嘩も負け知らずだったとか。そのため、格闘技界では最強と言われています。

ヒクソン・グレイシーが負けたことはあったのか?

ヒクソン・グレイシーも人間

ヒクソン・グレイシーも人間

「400戦無敗の男」という通称は、マスコミが誇大報道したもので、ヒクソンさん事態が積極的に公言したわけではありませんでした。「ビーチでのストリートファイトも含めると、400試合ぐらい戦っている」とヒクソンさんが佐山聡さんに明かしたところ、それが宣伝文句として使われ続けるようになったということ。

決して負けない男ではないということを、ヒクソン・グレイシーさん自身が語っていました。

柔術を始めたばかりの頃やアメリカのサンボの試合などで負けていたことを、ヒクソンさんは隠すことなく認めています。

ヒクソンさんの父であるエリオさんも、このキャッチフレーズを使用することはあまり望んでいない様子でした。

「彼が『試合した』のは報道されているものだけ。道場での練習やアマチュアの試合を含めたら私は100万回はやっていることになってしまう」

とコメントしていました。ブラジリアン柔術という名前が知られる以前は小規模な大会で、戦績を正確に把握すること自体難しいのではないでしょうか。

ヒクソン・グレイシーの名言20選

名言1. 今までに渡って、私は後ろを振り返って自分のやり遂げた事に満足したりしていない。今でも新しい地平にたどり着くように努力しているんだ。これが人生を美しくエキサイティングなものにする方法だと信じている

名言1. 今までに渡って、私は後ろを振り返って自分のやり遂げた事に満足したりしていない。今でも新しい地平にたどり着くように努力しているんだ。これが人生を美しくエキサイティングなものにする方法だと信じている

自分のやり遂げた功績に対して満足することなく、前を見て今まで以上の努力をすることが人生を美しく刺激的に生きる方法だということを念頭に置いていました。

達成感を味わうことは嬉しいが、その先のことを見つめて更なる努力を惜しまなければ夢は叶うと言っているようです。

関連するキーワード

関連するまとめ

マイクタイソンの身長と体重やパンチ力やトレーニング方法まとめ

たくさんの大会で活躍し、名言なども人気のある元格闘家の「マイク・タイソン」さんは、トレーニングなども注目され…

shasser / 2854 view

野球選手のネックレス26選~おしゃれ順にランキング【日本・海外別最新版】

この記事では、野球選手たちが着用しているネックレスのおしゃれランキングを大公開!海外・日本別でランキングして…

kent.n / 5300 view

クリスリードの死因!薬やコロナの噂・突然死した現在まで総まとめ

フィギュアスケート選手の故・クリスリードさんについて、急死したことが注目を集めています。クリスリードさんの死…

cyann3 / 1597 view

有名な歴代アーチェリー選手の人気ランキング20選~女子・男子TOP10【最新版】

日本でも過去のオリンピックでメダルを獲得したこともあるアーチェリー。海外勢が非常に強いため、日本は苦戦を強い…

aquanaut369 / 1789 view

シェフチェンコの現在!現役時代の凄さ・年俸・背番号・全盛期のプレースタイル・ウイイレ…

ウクライナ出身の元サッカー選手、アンドリー・シェフチェンコさんの全盛期や現在が注目されています。この記事では…

kent.n / 2058 view

カールルイスの今現在!引退理由とその後の活動・陸上競技との関わりまとめ

元陸上競技選手のカールルイスさんについて、今現在の活動が注目を集めています。また、カールルイスさんの引退理由…

cyann3 / 1932 view

ロニーコールマンの筋肉と握力が凄い!身長と体重も公開

ロニーコールマンと言えばボディービル業界では知らぬ者はいないほど有名な存在です。そんな彼は過去に国際大会で8…

aquanaut369 / 3897 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

バドミントン男子の歴代イケメン人気ランキング20選~海外・日本別TOP10【最新版】

バドミントン男子と言えば日本では桃田賢斗選手が有名ですが、じつは他にもたくさんのイケメン選手がいて、日本だけ…

aquanaut369 / 1841 view

ベッカムの嫁や子供情報!結婚から馴れ初めなど総まとめ

元プロサッカー選手で日本でも絶大な人気を誇っていたベッカム。今回はそんなベッカムの嫁や4人の子供、奥さん・ヴ…

rirakumama / 1739 view

レミギウス・モリカビュチスの現在は死去!死因の射殺理由・戦績も総まとめ

総合格闘家でK-1などのキックボクサーとしても活躍したレミギウス・モリカビュチスさんですが、2016年に34…

sumichel / 2695 view

ルイスハミルトンの身長・私服ファッションランキングTOP15【画像付き】

ルイスハミルトンはスティーブニッジ出身のレーシングドライバーで、ファッションがお洒落なことでも話題です。ここ…

kii428 / 2648 view

オシムの死因!脳梗塞や日本代表監督・名言など現在までまとめ

元サッカー選手のイビチャ・オシムさんが2022年5月1日に亡くなられました。死因は心臓発作と報道されています…

cyann3 / 1825 view

ジーコの現在!サッカー引退理由や日本代表監督・今の活動まとめ

元サッカー選手のジーコさんについて、今現在の活動が注目を集めています。また、サッカー引退理由や日本代表監督と…

cyann3 / 1632 view

トッティの現在!引退理由・自伝やローマ買収など近況まとめ

元サッカー選手のトッティさんについて、引退した理由と現在が話題になっています。また、トッティさんの自伝やロー…

cyann3 / 1354 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク