ジャンヌ・ダルクとは

プロフィール

プロフィール

出身地 フランス ドレンミ村
生年月日 1412年1月6日
死没日 1431年5月30日(享年19歳)

概要

概要

百年戦争の後半にあらわれ、劣勢のフランス軍を救ったとされるオルレアン解放を実現させた少女です。天の啓示を受けたというジャンヌ・ダルクは1429年、フランス王太子シャルルのもとに参じ、オルレアン奪還を促します。フランス軍の指揮を委ねられたジャンヌは、先頭に立ってオルレアンの解放に成功、さらにシャルルに勧めて、ランスでの戴冠式を実現させ、正式にフランス王シャルル7世として即位させました。しかし1430年、コンピエーニュで反国王のブルゴーニュ派に捕らえられ、1万エキュでイギリス軍に売り渡され、ルーアンで宗教裁判にかけられた結果、異端であるとの判決によって、翌1431年5月31日、ルーアンで火刑に処せらてしまいます。

復権裁判

復権裁判

その後、シャルル7世は態勢を整え、1435年にはブルゴーニュ公と講和してフランスの統一を回復、イギリスに反撃を加えて1453年までにその勢力をほぼフランスから駆逐して百年戦争を終わらせました。それによってジャンヌ・ダルクの復権を求める動きが強まり、1455年から復権裁判が行われ、翌年、異端判決は取り消されキリスト教徒とて復権しました。

聖ジャンヌ=ダルク

聖ジャンヌ=ダルク

近代に入ると、ジャンヌ・ダルクは次第にフランスの国民統合の象徴と見られるようになりました。特にフランスが1870年に普仏戦争に敗れた後には、国民的な救国の英雄として称揚されるようになり、「ジャンヌ列聖(カトリック教会の聖人として認められること)」を求める運動が起こりました。1897年にローマ教皇のもとではじまった審理によって、まず1908年12月に福者と認定され、さらに第一次世界大戦終結後の1920年5月、ローマのサン=ピエトロ聖堂で列聖の式典が行われて聖人に列せられ「聖ジャンヌ=ダルク」となりました。

ジャンヌ・ダルクの名言ランキングTOP21-16

21位:神が戦うとき、剣を握る手が大きいか小さいかは重要とならない。

When God fights, it’s of small consequence whether the hand that holds the sword is big or little.

When God fights, it’s of small consequence whether the hand that holds the sword is big or little.

神が戦うとき、大人、子供、男、女は関係ない。信念を持って、正しいと思った道を突き進むのみであると思わせる名言です。

20位:私たちが戦うからこそ、神様は勝利を与えて下さる。

Because we fight, God gives me a victory.

Because we fight, God gives me a victory.

戦わないものに勝利は訪れない。神は勇敢に戦う者にこそ勝利を与えてくれるという名言です。

19位:私以外にこの国を救える者はいない

The person who can rescue this country besides me isn’t possible.

The person who can rescue this country besides me isn’t possible.

100年近くも続いてきた醜い戦争を終わらせることができるのは自分以外にはあり得ないという名言です。ジャンヌ・ダルクは、この時代に生まれてきたことを運命ととらえていたのでしょう。

18位:神が私に行くように命じたので、私はそうしなければならない。

Since God commanded me to go, I must do it.

Since God commanded me to go, I must do it.

ジャンヌ・ダルクは、自分の行動は、自分自身の意志ではなく、神の意志だとしています。

17位:ひとつの人生は私たちが持つ全てであり、私たちはそれを信じて生きている。しかし、ありのままの自分を犠牲にして信じずに生きることは、死よりも恐ろしい運命である。

One life is all we have and we live it as we believe in living it. But to sacrifice what you are and to live without belief, that is a fate more terrible than dying.

One life is all we have and we live it as we believe in living it. But to sacrifice what you are and to live without belief, that is a fate more terrible than dying.

一度きりの人生が人の持つ全てであり、自分の信念を信じて、目的に向かって生きることが運命だとしています。それができないということは、死よりも恐ろしいという名言です。

16位:神の名において、勇敢に進み続けよう。

 In God’s name let us go on bravely.

In God’s name let us go on bravely.

ジャンヌ・ダルクは、神が望んでいることとし、部下に「勇敢に進み続けよう」と檄を飛ばしていました。この名言は、部下を鼓舞するには十分な名言だったと推察されます。

ジャンヌ・ダルクの名言ランキングTOP15-11

15位:罪になることや神の意志に反することをするくらいなら、むしろ死んだほうがましだ。

I would rather die than do something which I know to be a sin, or to be against God’s will.

I would rather die than do something which I know to be a sin, or to be against God’s will.

ジャンヌ・ダルクは、正義感が強く、心の底から神を信じていたことがうかがえる名言です。自分がやろうとしていることは間違いではなく、それは神が望んでいることだと言いたいのでしょう。

14位:一度だけの人生。それが私たちの持つ人生すべてだ。

A life only of the once. That’s all lives we have.

A life only of the once. That’s all lives we have.

人生は一度きりです。やり直しも、生まれ変わることもできません。その一度きりの人生が人間の持つ全てです。

13位:私は天使の言葉を話すために死ぬのだ。

 I die for speaking the language of the angels.

I die for speaking the language of the angels.

ジャンヌ・ダルクが死ぬ間際に発したとされる名言です。天使となって、平和な世の中を望もうとしていたことがうかがえる名言です。

12位:もし想像力を通さないのなら、神はどのように私に語りかけるというのか?

関連するキーワード

関連するまとめ

ムッソリーニの最期や死刑!死因と晩年の写真・画像まとめ

イタリアの政治家であるムッソリーニについて、最期や死刑に関する話題が挙がっています。また、ムッソリーニの死因…

cyann3 / 12026 view

ヨシフ・スターリンは身長が低い?史上最強の独裁者が抱えていたコンプレックスまとめ

約29年間という長きに渡ってソビエト連邦の最高指導者として君臨し、独裁者として恐れられたヨシフ・スターリンで…

passpi / 8230 view

ヘレンケラーの死因!三重苦や晩年も総まとめ

『見えない、聞こえない、話せない』という‟三重苦”を抱えながらも、並みならぬ好奇心と努力で学問に励み、障害者…

sumichel / 4262 view

ユダヤ人と日本人の関係!日ユ同祖論と君が代・似てる部分や共通点まとめ

ユダヤ人と日本人の関係性が現代になって注目されています。また、日ユ同祖論や君が代について、似てる部分・共通点…

cyann3 / 3458 view

ホモサピエンスの歴史!進化の過程・ネアンデルタール人や猿人との違いまとめ

ホモ・サピエンスの歴史・進化の過程について注目を集めています。また、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人、猿…

cyann3 / 1946 view

ネアンデルタール人の特徴!遺伝子が日本人に近い?身長・交雑・ホモサピエンスとの違いま…

絶滅したとされるネアンデルタール人について、その特徴が注目を集めています。遺伝子が日本人に近い噂や身長・交雑…

cyann3 / 3668 view

キング牧師は女好き!結婚した嫁や子供・子孫まとめ

アメリカの公民権運動の指導者であり、黒人の人種差別の歴史におけるキーパーソンとして、そして「私には夢がある」…

passpi / 4774 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

第二次世界大戦をわかりやすく解説!年表と原因きっかけ・死者総数・日本が参戦した理由・…

第二次世界大戦をわかりやすく解説します。当時の年表と原因きっかけとなった事件、死者総数などをご紹介します。ま…

cyann3 / 3475 view

ネアンデルタール人の絶滅理由!ルーツと生き残り・子孫・ロシアとの関係まとめ

ネアンデルタール人について、「絶滅理由はなぜ?」という話題が挙がっています。また、ネアンデルタール人のルーツ…

cyann3 / 2339 view

ナチス・ドイツの人体実験の内容!女性への対応と収容所・医師の情報まとめ

全体主義国家のナチス・ドイツについて、過去に行った人体実験の内容が注目を集めています。また、女性への対応と収…

cyann3 / 4784 view

スターリンの死因と最期!暗殺説や死の真相まとめ

1924年1月から死去する1953年3月まで、29年間という長きに渡ってソビエト連邦の最高指導者として君臨し…

passpi / 4411 view

パブロ・ピカソはどんな人?何がすごい?本名と作品の特徴・代表作を総まとめ

世界的な画家として知られているパブロ・ピカソ。彼は画家としては非常に有名ですが、一体どんな人で、何がすごいの…

aquanaut369 / 1136 view

即身仏の本物が見れる日本の場所!作り方や失敗例・現在禁止されている理由・山形はなぜ多…

即身仏はミイラと間違われることもありますが、実際即身仏になるまでの過程をたどると全く違うものです。そんな即身…

Mrsjunko / 1657 view

モナリザのモデル「リザ・デル・ジョコンド」の生涯!生い立ちや家族・結婚・死因を総まと…

世界で最も有名な油彩画と言っても過言ではない『モナ・リザ』。そのモデルとなったのがリザ・デル・ジョコンドさん…

sumichel / 3325 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);