セオドア・ルーズベルトのプロフィール

セオドア・ルーズベルト

セオドア・ルーズベルト

英語表記: Theodore "Teddy" Roosevelt
肩書: アメリカ合衆国 第26代 大統領
任期 : 1901年9月14日 - 1909年3月4日
生誕: 1858年10月27日
出身地: アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク
死去 : 1919年1月6日(60歳)
死没地: アメリカ合衆国ニューヨーク州オイスター・ベイ
出身校 : ハーバード・カレッジ、 コロンビア大学職業 : 政治家、作家、歴史家、探検家、環境保護活動家、公務員
政党 : 共和党 (1897-1912)、進歩党 (1912-1916)
受賞 :
 ・ ノーベル平和賞(1906年)
 ・ 名誉勲章(死後の2001年に授与)

セオドア・ルーズベルトと言えば、アメリカ大統領史において、国内の問題のみならず、国外の問題についても積極的に関与した最初の大統領であり、その後、アメリカ合衆国が“世界の警察”たる地位を確立する礎を築いたと言われる人物です。

歴代のアメリカ大統領の中でも、その精力的な活動と類い稀なるリーダーシップに基づく「カウボーイ」的な“男らしさ”から、今なお多くのアメリカ人から高く評価され、尊敬を集めているようです。

ちなみに、「セオドア(Theodore)」の愛称である「テディ(Teddy)」は、あの有名な人形「テディ・ベア」の名前の由来にもなっているんですよね。

「テディ・ベア」の名前の由来にも

「テディ・ベア」の名前の由来にも

今回は、そんなセオドア・ルーズベルトの生い立ちや経歴を振り返るとともに、彼が世界史に残した功績や日本との関係と評価、そして最期まで活動的だったと言われるセオドア・ルーズベルトの死因についてまとめてみました。

セオドア・ルーズベルトの生い立ちと大統領に就任するまでの経歴

1858年、ニューヨーク州でガラス輸入商社を営む裕福な家庭に生まれたセオドア・ルーズベルトは、幼少期は重い喘息に苦しむも、博物学や自然が大好きで、好奇心旺盛な子供だったそうです。

ハーバード大学進学を機に、次第に海軍へ関心を抱くようになったセオドア・ルーズベルトは、同大学卒業後、ニューヨーク州選出の下院議員に選ばれました。

20歳の頃のセオドア・ルーズベルト

20歳の頃のセオドア・ルーズベルト

さらに1882年には、後に名著として名を残すことになる、1812年の米英戦争におけるアメリカ海軍の戦術や作戦を詳細に分析した「The Naval War of 1812」を出版し、その軍事的分析力が高く評価されています。

ところが、1884年には母親と出産直後の妻を相次いで亡くしたセオドア・ルーズベルトは、その後、数年間は失意の中で牧場経営に携わることになります。

やがて心の傷が癒え、ニューヨークに戻ったセオドア・ルーズベルトは、ニューヨーク市警の腐敗追及に尽力し、多くの市民から支持を獲得していきました。

その後、その実績から海軍省に入省し、海軍次官として活躍していた折に勃発したのが、米西戦争だったんですよね。

若い頃のセオドア・ルーズベルト

若い頃のセオドア・ルーズベルト

セオドア・ルーズベルトは、直ちに職を辞し、陸軍士官として小さな連隊を率いてキューバで奮戦。やがてその名は国民的英雄として語られていくことになります。

そして、米西戦争後の1989年には、ニューヨーク州知事選で勝利すると、それまでの精力的な活躍と功績から、なんとその約2年後の1901年3月4日には、ウィリアム・マッキンリー政権の副大統領に抜擢されることに…。

セオドア・ルーズベルトは何した?世界史に残した功績について

セオドア・ルーズベルトは史上最年少で大統領に就任

ところが、そのたった半年後の1901年9月14日、ウィリアム・マッキンリー大統領が暗殺されてしまうんですよね。

ウィリアム・マッキンリー大統領暗殺事件

ウィリアム・マッキンリー大統領暗殺事件

これによりセオドア・ルーズベルトが副大統領から大統領に昇格し、わずか42歳という若さでアメリカ合衆国史上最年少の大統領となりました。

セオドア・ルーズベルトの功績① 企業の独占を厳しく取り締まる

当時、近代産業化が急速に進んだアメリカ国内においては、北部の主要都市を中心として人口の爆発的増加が続いていました。

その陰で成功を収めた一定の企業に権力と利益が集中し、単純な自由主義経済の下では、政府による制御が困難で、市場は独占状態に陥っていました。

セオドア・ルーズベルトは、このような状況は国民の経済機会を奪うのみならず、ひいては政治腐敗に繋がると懸念し、これまでの自由放任主義からの脱却を積極的に図りました。

具体的には、これらの国内の課題を説明するために「スクエア・ディール(Square Deal:「公正な扱い」の意味)」という政策を打ち出し、その下では、一般市民が正当な分け前を得ることができると強調したのです。

中でも、セオドア・ルーズベルトの大きな功績とされているのが、複数の鉄道会社が共同して運営していた「ノーザン証券会社告発事件」です。

ノーザン証券会社は、鉄道運賃を恣意的に操って実質的な独占状態を創り出し、長年に渡って競合鉄道会社を圧倒していたんですよね。

このセオドア・ルーズベルトの告発に対して、最高裁は大統領を支持し、ノーザン証券会社による独占状態を不公正と判断。これにより、セオドア・ルーズベルトが目指していた「独占を禁止する政策」が大きく前進することになります。

その後、セオドア・ルーズベルトは、大統領在任中に、実に54件もの独占禁止訴訟を起こしています。

セオドア・ルーズベルトの功績② “棍棒外交”でアメリカの権威を世界に示す

以上のように、アメリカ国内の政策で顕著な功績を残したセオドア・ルーズベルトですが、外交面でもそれまでの歴代大統領がなし得なかった数々の功績を残しています。

「Speak softly and carry a big stick. 」

これは、セオドア・ルーズベルトが世界の檜舞台で用いたスローガンで、俗に“棍棒(こんぼう)外交”と呼ばれています。

関連するキーワード

関連するまとめ

キュリー夫人の名言ランキング22選【最新決定版】

世界で初めてノーベル化学賞を受賞し、史上最も世界に影響を与えた女性の第1位にも選ばれたことがある、放射能研究…

maru._.wanwan / 1230 view

ヨシフ・スターリンと岡田真澄が似てる!2人の関係も総まとめ

ソビエト連邦の最高指揮者として知られるヨシフ・スターリンですが、岡田真澄さんと似てると以前から話題になってい…

sumichel / 6160 view

キュリー夫人の功績!ノーベル賞と放射能・元素・研究用ノートの話題まとめ

ポーランド出身の物理学者・化学者のキュリー夫人について、過去に行った功績が注目を集めています。また、キュリー…

cyann3 / 1209 view

キュリー夫人が結婚した旦那や子供・孫・子孫まとめ

放射能研究のパイオニアとなり、1903年にはノーベル物理学賞、さらに1911年にはノーベル化学賞を受賞した、…

passpi / 4979 view

スターリン大粛清の理由はなぜ?死者や犠牲者の人数・当時の写真・その後や映画化を総まと…

旧ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン。当時「大粛清」と呼ばれる残虐行為を行っていて、その理由や犠牲者の人数に…

aquanaut369 / 3045 view

レオナルド・ダ・ヴィンチの名言48選!格言ランキング【最新決定版】

レオナルド・ダ・ヴィンチは、フィレンツェ共和国(現在のイタリア)のルネサンス期を代表する芸術家で、様々な分野…

maru._.wanwan / 2151 view

ローマ教皇の歴史と今現在!歴代・怖い理由・法王との違い・日本との関係もまとめ

イタリアのローマ教皇について、その歴史が注目を集めています。また、歴代のローマ教皇、ローマ教皇とローマ法王の…

cyann3 / 2275 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

世界の偉人ランキング100人!歴史上の有名人物【最新版】

地球が誕生して2000年を超えますが、現代に至るまで世界ではさまざまな偉人が、後世に多大な影響を及ぼしてきま…

maru._.wanwan / 30144 view

ラストサムライのモデルは実在!西郷隆盛やジュール・ブリュネと土方歳三の関係性まとめ

2003年に公開されたハリウッド映画「ラストサムライ」のモデルが実在しており、ジュール・ブリュネという方だと…

cyann3 / 9479 view

ハプスブルク家の家系図と呪いの歴史!現在の子孫や末裔も総まとめ

中央ヨーロッパを中心に強大な勢力を誇った王家の一族・ハプスブルク家の栄枯盛衰と“呪い”とも称される終焉を迎え…

passpi / 9251 view

アルベルト・アインシュタインの名言ランキング35選【最新決定版】

ドイツ生まれの理論物理学者で、それまでの物理学の認識を根本から変え、「20世紀最高の物理学者」とも評されたア…

maru._.wanwan / 1601 view

スターリン大粛清の理由はなぜ?死者や犠牲者の人数・当時の写真・その後や映画化を総まと…

旧ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン。当時「大粛清」と呼ばれる残虐行為を行っていて、その理由や犠牲者の人数に…

aquanaut369 / 3045 view

ジャンヌ・ダルクは世界史で実在?生涯や魔女狩り処刑・心臓の逸話・名言まとめ

世界史で登場する人物「ジャンヌ・ダルク」について、実在する人物なのかが注目されています。また、年齢と生い立ち…

cyann3 / 7047 view

ジャンヌ・ダルクの名言21選!格言ランキング【決定版】

イングランドとの100年戦争で危機的状態にあったフランスを救い、悲運な最期を遂げた若き勇敢な少女、ジャンヌ・…

maru._.wanwan / 3354 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク