テリー・ファンクのプロフィール

テリー・ファンク

テリー・ファンク

本名: テレンス・ファンク
リングネーム: テリー・ファンク、テリブル" テリー・ファンク、チェーンソー・チャーリー
ニックネーム: テキサス・ブロンコ、テキサスの荒馬、リビング・レジェンド
誕生日: 1944年6月30日
出身地: アメリカ合衆国インディアナ州レイク郡ハモンド
身長: 188cm
体重: 118kg(全盛時)
職業: 元プロレスラー、元俳優
トレーナー: ドリー・ファンク・シニア、ドリー・ファンク・ジュニア
デビュー: 1965年12月9日
引退: 2017年

テリー・ファンクはアイドル的人気を誇った外国人プロレスラー

テリー・ファンクの転機は1971年のBI砲からのインタータッグ王座奪取

テリー・ファンクが1970年に初来日した時には、現役NWAチャンピオンだった兄・ドリー・ファンク・ジュニアの影に隠れた一介の新人レスラーに過ぎませんでした。

ブレイク前のテリー・ファンク

ブレイク前のテリー・ファンク

その後もしばらくの間は、兄・ドリー・ファンク・ジュニア、父・ドリー・ファンク・シニアの添え物のように扱われていたテリー・ファンクでしたが、そんな彼に転機が訪れたのは1971年12月7日のことでした。

この日、テリー・ファンクは兄・ドリーとタッグ「ファンクス」を組み、インターナショナルタッグ王者「BI砲」こと、ジャイアント馬場とアントニオ猪木と対戦。

このマッチでテリー・ファンクは、ジャイアント馬場を華麗な人間風車でフィニッシュを決め、見事、インターナショナル王座を奪取し、多くのプロレスファンに存在感を示したのです。

その後、1972年の全日本プロレス旗揚げでは、兄ドリー・ファンク・ジュニアとのタッグ「ザ・ファンクス」として参戦し、やがてエース外国人レスラーに登りつめることになります

テリー・ファンクがアイドル的人気を獲得するきっかけ

そんなテリー・ファンクが、国民的人気を獲得するきっかけとなったのは、1977年12月15日、「世界オープン・タッグ選手権」最終日に行われた「ザ・ファンクス vs. ブッチャー&シーク」の因縁マッチでした。

この試合に勝った方が優勝という状況の中、前半はザ・ファンクスが優位に試合を進めるも、老獪なブッチャー&シーク組が隠し持っていた凶器攻撃で応酬し、乱戦に持ち込む…といういつもの流れだったのですが…この日のブッチャーはぶっ飛んでいました。

なんと隠し持っていたフォークで、テリー・ファンクの右腕をめった刺しにしたのです。溢れ出す大量の血に、場内は悲鳴と怒号に包まれ、失神者が続出したとも言われています。

このブッチャーのとんでもない反則攻撃に、さすがのテリー・ファンクも戦闘不能状態となりますが、包帯代わりのバンテージを腕にぐるぐると巻き付けるとリング上に復帰。

2人がかりで兄・ドリーをいたぶっていたブッチャーとシークを、怒りのナックルパンチで蹴散らし、見事、兄を救出したのです。

結局この試合は、テリー・ファンクの思わぬ反撃に混乱したブッチャー&シーク・コンビが、レフリーに苦し紛れの暴行を加えて反則負けとなり、ザ・ファンクスが「世界オープン・タッグ選手権」の覇者となりました。

この試合でテリー・ファンクが見せた、どんなに痛めつけられても諦めない不屈の闘志と、身体を張って兄を助けにいく兄弟愛が、プロレスファンの心を鷲づかみにし、これまでプロレス会場にはほとんどいなかった若い女子のファンが急増したんですよね。

やがて“テリー親衛隊”なるものまで登場し、プロレス会場で揃いのチアガール衣装を身につけた女の子たちが、ポンポンを持って応援する姿まで見られました。

プロレス会場に出現したテリー・ファンクの親衛隊

プロレス会場に出現したテリー・ファンクの親衛隊

近年のプロレスでも、俗に言う“プ女子”と呼ばれる女性ファンが急増していますが、このようにアイドル的人気を誇ったプロレスラーは、後にも先にもテリー・ファンクだけだと言われています。

テリー・ファンクの必殺技はローリング・クレイドル

テリー・ファンクの必殺技と言えば、当時の全日本プロレス中継のリングアナだった倉持隆夫アナが、よく「ファンク一家の伝家の宝刀“スピニング・トーホールド”」と連呼していたため、“スピニング・トーホールド”との印象が強いようです。

兄・ドリーと“スピニング・トーホールド”の競演を見せるテリー・ファンク

兄・ドリーと“スピニング・トーホールド”の競演を見せるテリー・ファンク

“スピニング・トーホールド”はテリー・ファンクの得意技と言うよりも、父・ドリー・ファンク・シニアを含めたファンク一家の伝家の宝刀でした。

確かに、テリー・ファンクは若手の頃は、ファンク一家のお家芸とも言われる“スピニング・トーホールド”、さらにはテキサス・スープレックスやシュミット式バックブリーカーを得意技にしていました。

しかし、全盛期のテリー・ファンクの必殺技と言えば、高度なテクニックが要求される“ローリング・クレイドル”だと言われています。

テリー・ファンクの必殺技「ローリング・クレイドル」

テリー・ファンクの必殺技「ローリング・クレイドル」

リング狭しとローリングを繰り返し、この体勢でフォールを奪う!テリー・ファンクはこの技「ローリング・クレイドル」で何度も防衛戦を制しました。

この技は、スタンド状態から相手の左足に自分の左足をフックし、両手で相手の右足をホールドして後ろに倒れ込み、相手の肩をマットにつけてフォール狙ったり、股裂きでギブアップを狙う「オクラホマ・ヘイライド」という古典的な技に、テリー・ファンクが改良を加えたものなんですよね。

「オクラホマ・ヘイライド」の体勢からローリングを何度も繰り返すことで、相手の三半規管を狂わせ、ピンフォールを奪ったり、より股裂きを決めやすくするという、テリー・ファンクオリジナルの技が「ローリング・クレイドル」です。

テリー・ファンクが人気絶頂の中、膝のケガを理由に39歳で引退

そんなテリー・ファンクは、人気絶頂だった1983年、ヒザの故障を理由に引退を宣言しました。引退に際して、テリー・ファンクは次のような言葉を残しています。

関連するキーワード

関連するまとめ

デルピエロは親日!プロレスや藤波辰巳など日本にまつわるエピソードを総まとめ

甘いマスクと華麗なるサッカーテクニックで世界中のファンを虜にしたデル・ピエロさんは、大の親日家としても知られ…

sumichel / 3654 view

K-1歴代最強選手ランキングTOP40【最新版人気】

K-1と言えば迫力のある格闘技として90年代から高い人気を集めてきました。今回はK-1の歴代最強の選手をラン…

aquanaut369 / 12350 view

マイケルジョーダンの伝説や年収&資産を総まとめ【動画付き】

「バスケットの神様」と称されるマイケルジョーダンは、シカゴブルズのスーパースターであり「ドリームチーム」のア…

Mrsjunko / 1506 view

野球選手の私服・ファッション30選~おしゃれランキング【日本海外別・最新版】

ユニフォーム姿も素敵ですが、野球選手たちはイケメンが多いため、私服姿もファンから注目を集めています。この記事…

kent.n / 10837 view

ピーター・アーツの現在!身長・戦績と全盛期の試合・引退説や最近の活動まとめ

オランダ出身・キックボクサーのピーター・アーツさんの身長、戦績と全盛期の試合、そして現在の活動・引退説なども…

cyann3 / 3677 view

歴代男子テニス選手のイケメン30選~人気ランキング【最新版】

最も爽やかなスポーツであるテニス業界には、女性のハートを掴むイケメンたちが大勢活躍してきました。本ランキング…

kent.n / 9453 view

ラーズ・ヌートバーの日本代表はなぜ?国籍や家族(父親/母親)・日本語と海外の反応を総…

2023年のWBCで日本代表に選ばれたラーズ・ヌートバーはなぜ日本代表に選ばれたのでしょうか?今回はラーズ・…

aquanaut369 / 995 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

スポーツ選手のイケメン100選!世界・日本別のランキングで紹介【最新版】

鍛えられた筋肉に爽やかなルックス、そして何より競技に対して真剣に取り組んでいる時の表情など、スポーツ選手はイ…

kent.n / 10324 view

ルイスハミルトンの身長・私服ファッションランキングTOP15【画像付き】

ルイスハミルトンはスティーブニッジ出身のレーシングドライバーで、ファッションがお洒落なことでも話題です。ここ…

kii428 / 2192 view

トミージョン手術の成功者と失敗者・海外と日本人別!復帰や球速も総まとめ

野球のピッチャーが行うトミージョン手術の手術の内容・費用、そしてトミージョン手術を行った野球選手の成功者と失…

cyann3 / 12678 view

キリアン・エムバペの歴代彼女と結婚の噂を総まとめ

世界的なサッカー選手として人気が高いキリアン・エムバペ。彼はかなりのモテ男としても知られていて、これまでに数…

aquanaut369 / 3134 view

ニコライ・モロゾフの現在!安藤美姫や高橋大輔との関係まとめ【コーチ/振付師】

日本の高橋大輔や安藤美姫のコーチを務めたことでも知られているニコライ・モロゾフ。コーチ兼振付師としては非常に…

aquanaut369 / 7135 view

歴代人気テコンドーの有名選手ランキング18選~海外・日本別【最新版】

韓国発祥の国技とされ、認知度も年々上がってきているテコンドー。海外や日本、男女合わせて7000万人以上の競技…

aquanaut369 / 4558 view

マラドーナの神の手!全盛期の凄さや天才プレースタイルまとめ

現役時代に伝説的な結果を残したディエゴ・マラドーナさんは、現在もサッカーを愛する人たちにとってヒーローです。…

kent.n / 1492 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);