サラエボ事件とは(起こった場所・被害者)

1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国で起こった暗殺事件「サラエボ事件」

1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国で起こった暗殺事件「サラエボ事件」

サラエボ事件とは1914年6月28日にオーストリア=ハンガリー帝国で起こった暗殺事件になります。

オーストリア=ハンガリー帝国の皇太子が暗殺をされて、第一次世界大戦が勃発する1つのきっかけとなりました。

サラエボ事件が起こった場所や被害者、その他の犯人などをわかりやすく解説していきます。

1人のセルビア人青年によってオーストリア大公夫妻が殺害された事件

1人のセルビア人青年によってオーストリア大公夫妻が殺害された事件

サラエボ事件では1人のセルビア人青年によって事件が起こされました。

オーストリア=ハンガリー帝国の大公夫妻が殺害された事件で、当時のオーストリアでは一大事件でした。

出典:YouTube

サラエボ事件の解説動画

サラエボ事件の年(1914年)時点でのヨーロッパの地図

サラエボ事件の年(1914年)時点でのヨーロッパの地図

サラエボ事件が起こった年は1914年ですが、当時のヨーロッパの地図はこちらになります。

当時はオーストリアがハンガリー帝国を抑えており、さらにヨーロッパは「ドイツ」「ロシア」が対立関係にあり、オーストリアはドイツ側となっていました。

サラエボ事件はオーストリア=ハンガリー帝国とセルビアの間で起こった歴史的事件だった

サラエボ事件はオーストリア=ハンガリー帝国とセルビアの間で起こった歴史的事件だった

サラエボ事件はオーストリア=ハンガリー帝国とセルビアの間で起こった歴史的事件でした。

上記の図は第一次世界大戦が起きる前のバルカン半島であり、サラエボはオーストリア・ハンガリー帝国の南に位置します。

以前はボスニア・ヘルツェゴビナの占領地でしたが、1914年時点では併合されていた形となります。

オーストリア=ハンガリー帝国(1867年-1918年)

オーストリア=ハンガリー帝国(1867年-1918年)

オーストリア=ハンガリー帝国はハプスブルク家により、1867年に成立しました。

第一次世界大戦後の1918年まで続いた帝国で、サラエボ事件が分岐点となります。

出典:YouTube

オーストリア=ハンガリー帝国の解説動画

1218年から続く血族・ハプスブルク家の統治国家だった

1218年から続く血族・ハプスブルク家の統治国家だった

ハプスブルク家は中世以来、神聖ローマ皇帝位を継承する神聖な家系にあたります。

オーストリアでは1218年から続く血族であり、華麗なる歴史を持つ血族です。

日本では宝塚歌劇団が舞台化するなど、ハプスブルク家の歴史と血族へのこだわりは凄まじいものがあります。

サラエボ(現:ボスニア・ヘルツェゴビナ領)は当時、オーストリア領だった

サラエボ(現:ボスニア・ヘルツェゴビナ領)は当時、オーストリア領だった

サラエボ(現:ボスニア・ヘルツェゴビナ領)は当時、オーストリア領となっていました。

その近くにセルビアが位置しており、陸続きで領土がすぐに変わる緊迫した関係にありました。

過去の様々な戦争でも領土が変わりますが、サラエボ事件も例外ではありませんでした。

被害者①:オーストリア大公フランツ・フェルディナント

被害者①:オーストリア大公フランツ・フェルディナント

本名:フランツ・フェルディナント・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン
出身地:オーストリア帝国グラーツ
生年月日:1863年12月18日
没年月日:1914年6月28日(50歳没)
職業:オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者、エスターライヒ=エステ大公
配偶者:ゾフィー・ホテク

被害者②ゾフィー・ホテク

被害者②ゾフィー・ホテク

本名:ゾフィー・ホテク
称号:ホーエンベルク公爵夫人
出身地:ヴュルテンベルク王国シュトゥットガルト
生年月日:1868年3月1日
没年月日:1914年6月28日(46歳没)
職業:オーストリア=ハンガリー帝国の皇位継承者の妻
配偶者:フランツ・フェルディナント大公
血族:ホテク伯爵ボフスラフ(父親)

サラエボ事件が起こった場所「ラテン橋」

サラエボ事件が起こった場所「ラテン橋」

サラエボ事件が起こった場所とされるのが「ラテン橋」になります。

サテン橋すぐ先の場所でサラエボ事件が起こり、この場所は現在では観光スポットの1つとなっています。

ラテン橋のすぐ先の角が殺害現場となった

ラテン橋のすぐ先の角が殺害現場となった

サラエボ事件の現場となったラテン橋ですが、すぐ先の角が殺害現場となりました。

川沿いのすぐ先にあるドクロマーク部分の現場ですが、非常に人の通りが多い場所で事件が引き起こされました。

サラエボ事件が起こった背景・原因とは(事件前の出来事)

かつてオスマン帝国の領土だったバルカン半島の国々

かつてオスマン帝国の領土だったバルカン半島の国々

サラエボ事件が起こったオーストリア=ハンガリー帝国を含め、この一帯はバルカン半島と呼ばれる島の国々です。

かつてはオスマン帝国(テュルク系トルコ人の領土)でしたが、徐々に力を弱めていきました。

度々の戦争により疲弊した形となり、各国々が独立をしていく流れとなっています。

バルカン半島は民族が混ざり合い「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれるようになった

バルカン半島は民族が混ざり合い「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれるようになった

バルカン半島はオスマン帝国の占領や度重なる戦争から、多くの民族が混ざり合う場所となりました。

さらに宗教での対立なども含まれることから「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれるようになりました。

現在でもこの名残がありますが、第一次世界大戦直前の当時は特に厳しい時代だったといいます。

第一次世界大戦直前のヨーロッパ・同盟国の関係図

第一次世界大戦直前のヨーロッパ・同盟国の関係図

サラエボ事件は第一次世界大戦は同年であり、結果として大きな戦争を引き起こすきっかけとなりました。

当時のヨーロッパの関係は上記の図のような形で、「ドイツ・オーストリア・イタリア」と「イギリス・フランス・ロシア」という対立関係にありました。

日本は日英同盟と日露密約などを結んでいますが、第一次世界大戦ではあくまで主役はヨーロッパ各国となります。

1912年まではボスニア・ヘルツェゴビナの領土だったサラエボ

1912年まではボスニア・ヘルツェゴビナの領土だったサラエボ

サラエボ事件の現場となったサラエボは、1912年まではボスニア・ヘルツェゴビナの領土だったことが判明しています。

この時期は第一次バルカン戦争勃発時で、オーストリア=ハンガリー帝国が占領する前の状態でした。

オスマン帝国国境がまだ近くにある形で、ある意味バランスが取れていた状態とも言えます。

第1次・第2次バルカン戦争後にオーストリア=ハンガリー帝国が拡大し、サラエボ部分を占領

第1次・第2次バルカン戦争後にオーストリア=ハンガリー帝国が拡大し、サラエボ部分を占領

1912年から1913年にかけて、第1次・第2次バルカン戦争が勃発しました。

この戦争ではアスマン帝国に対抗するため、バルカン半島の各国が戦争する形となりました。

後にオーストリア=ハンガリー帝国が拡大し、サラエボ部分を占領することになります。

出典:YouTube

バルカン戦争に関する解説動画

サラエボ事件は当時のバルカン半島の複雑な領土・民族問題で引き起こされた事件だった

サラエボ事件は当時のバルカン半島の複雑な領土・民族問題で引き起こされた事件だった

サラエボ事件の発端ですが、当時のバルカン半島の複雑な領土・民族問題が関係していました。

特にオーストリア=ハンガリー帝国とセルビアで起こった問題ではありますが、領土・民族問題が重なったことは間違いありません。

では、どのような流れで事件が起こり、それが第一次世界大戦へと発展していったのでしょうか。

サラエボ事件をわかりやすく解説(事件の流れ・詳細)

かつてはオスマン帝国の領土だった「セルビア」「モンテネグロ」「ルーマニア」が1878年までに独立

かつてはオスマン帝国の領土だった「セルビア」「モンテネグロ」「ルーマニア」が1878年までに独立

サラエボ事件をわかりやすく解説すると、以下のような流れから始まります。

かつてはオスマン帝国の領土だった「セルビア」「モンテネグロ」「ルーマニア」が独立をしました。

これは1878年までに起こったことで、バルカン半島の流れを変えていきます。

関連するまとめ

アウンサンスーチーの家族!父と母・夫と子供(息子)など総まとめ【画像付き】

ミャンマーの指導者のアウンサンスーチーさんについて、家族に関する話題が挙がっています。アウンサンスーチーさん…

cyann3 / 5921 view

ヴィクトリア女王の死因や血友病に関する情報まとめ

日本でも有名なイギリスの「ヴィクトリア女王」は、インドの女帝になった事でも知られている人物です。この記事では…

shasser / 3659 view

美しいエリザベス女王の若い頃や子供時代まとめ

若い頃かわいかった事でも有名な「エリザベス女王」は、子供時代のエピソードなども人気です。この記事では、エリザ…

shasser / 1631 view

サンナ・マリン首相の不適切写真とは?パーティでのダンスやスキャンダルを総まとめ

フィンランドで首相を務めているサンナ・マリン。彼女は非常に人気が高い一方でスキャンダルが多く、過去には不適切…

aquanaut369 / 1071 view

ドナルドトランプの年収や資産は?生い立ち~経歴も総まとめ

アメリカ大統領のドナルドトランプの年収や資産はいくらなのか気になりますよね。そんな気になるドナルドトランプ大…

rirakumama / 2546 view

マーガレット王女の若い頃が美人!身長や昔の写真も総まとめ

エリザベス女王の妹として知られているマーガレット王女ですが、若い頃が美人と話題です。 そこで今回は、マーガ…

sumichel / 3278 view

メルケル元首相(ドイツ)の若い頃が美人!結婚した夫や子供も総まとめ

16年にわたりドイツの首相として活躍してきたメルケル氏の若い頃はとても美人だったようで、ネットで話題になって…

aquanaut369 / 6236 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

イーロン・マスクは映画「アイアンマン」モデルの噂!映画への出演&ハワード・ヒューズが…

テスラCEOのイーロン・マスクさんですが、映画「アイアンマン」モデルという噂が注目されています。また、出演作…

cyann3 / 1657 view

チャールズ皇太子とカミラ夫人の結婚から離婚原因まで総まとめ

チャールズ皇太子と故ダイアナ妃の結婚生活を破滅に導いたとして非難を浴びていたカミラ夫人。2人の関係はスキャン…

Mrsjunko / 1502 view

チャールズ皇太子とダイアナ妃の結婚式や馴れ初めまとめ

日本でもファッションなどが注目されていたダイアナ妃は、元夫のチャールズ皇太子との馴れ初めなどもを話題になって…

shasser / 1246 view

ダイアナ妃のファッション&ドレス画像まとめ

イングランドのチャールズ皇太子と結婚していた事でも知られているダイアナ妃は、現在でもファッションやドレスなど…

shasser / 1554 view

リンカーン大統領はどんな人?名言や功績・演説動画と子孫まとめ

元アメリカ大統領であるリンカーン大統領について「どんな人?」という話題が挙がっています。また、過去の功績や逸…

cyann3 / 1594 view

ベネディクト16世の若い頃と現在!スターウォーズのシスやラスボス感のある画像・悪魔崇…

第265代ローマ教皇として活動していたベネディクト16世。ネットで「悪魔崇拝」「スターウォーズのシスに似てる…

aquanaut369 / 3495 view

チャールズ皇太子の身長や若い頃のファッションまとめ

チャールズ皇太子は、ダイアナ妃と結婚していた事でも知られているプリンスで、普段の活動だけでなく、ファッション…

shasser / 5122 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);