アガサ・クリスティーのプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前:アガサ・クリスティー
生年月日:1890年9月15日
出身地:イギリス・デヴォン州トーキー
職業:推理作家
没年月日:1976年1月12日

アガサ・クリスティーの生い立ち

3人兄弟の末っ子として生まれる

3人兄弟の末っ子として生まれる

アガサ・クリスティーさんは実業家ではあるものの商才に乏しかった父親と、少し変わりものの母親のもと、3人兄弟の末っ子としてイギリス南西部のデヴォンシャーに生まれたのです。

しかし兄も姉も10歳くらい年が離れていたため家を出ており、幼少期を一緒に過ごすことはなかったのです。

母の変わったポリシーから学校へ通わせて貰えず

母の変わったポリシーから学校へ通わせて貰えず

そんなアガサ・クリスティーさんは、兄や姉のように正規の学校へ通うことを母親から禁じられると、独学で家で勉強をしたのです。

そして『7歳になるまでは字が書けない方が良い』という母親の独特の教育観により字を教えて貰えなかったアガサ・クリスティーさんは、父がこっそり手紙を書く手伝いをさせてくれるまで満足に字も書けず、その後もほぼ独学で文字を習得したのです。

アガサ・クリスティーの若い頃!結婚や旦那と子供も紹介

こうして文字もまともに書けずに少女期まで過ごしたアガサ・クリスティーさん。ここではアガサ・クリスティーさんの若い頃や結婚した旦那や子供についてご紹介します。

缶詰状態から解放されたアガサ・クリスティー

友達も出来なかった

友達も出来なかった

こうして変わり者の母親により学校へも行かず家に缶詰状態だったアガサ・クリスティーさんは、同年代の友達は勿論できず使用人と遊んだり、空想上の友人と一人遊びをしたりして過ごし、内気な少女に育っていったのです。

その一方、アガサ・クリスティーさんは父の書斎で様々な書籍を読みふけて過ごし、様々な事象に対する幅広い知識を得て、教養を深めていったのです。

10歳頃にパリに引っ越し、学校へ

10歳頃にパリに引っ越し、学校へ

しかし10歳頃に一家でパリへ引っ越したアガサ・クリスティーさんは、やはり普通の学校へは通わせて貰えませんでしたが、礼儀作法や料理、芸術などを学ぶフィニッシングスクールへ通ったのです。

父の死をきっかけに本格的に小説を書き始める

父の死をきっかけに本格的に小説を書き始める

そしてスクールで小説を書き始めたアガサ・クリスティーさんは、1901年の父親の死をきっかけに本格的に小説を書き始めると、その後姉からミステリーなんて書けるわけがないと揶揄され、さらに本気で取り組んだのです。

結婚・出産を経て、小説家としてブレイク

1909年、『砂の雪』を書き上げる

1909年、『砂の雪』を書き上げる

そんなアガサ・クリスティーさんは1909年の19歳の時、初の長編小説『砂の雪』を書き上げると、出版社への採用には至らなかったものの、その後も作家イーデン・フィルポッツの指導を受け、作家としての活動を続けたのです。

1914年、1回目の結婚

1914年、1回目の結婚

その後、1914年の24歳の時にアーチボルド・クリスティ大尉と結婚したアガサ・クリスティーさんは、5年後の1919年には娘ロザリンド・ヒックスにも恵まれたのです。

病院に勤務し、毒薬の知識を習得

病院に勤務し、毒薬の知識を習得

こうして幸せな日々を送っていたアガサ・クリスティーさんは、第一次世界大戦中は推理小説のために病院に勤務し、毒薬の知識を習得したのです。

30歳で小説家デビュー

30歳で小説家デビュー

そしてミステリー『スタイルズ荘の怪事件』を執筆したアガサ・クリスティーさんは、原稿を出版社に送るも6社に断られたのです。

しかしそれでも諦めなかったアガサ・クリスティーさんは、7社目にしてようやく採用され、1920年に名探偵エルキュール・ポアロが登場する、エルキュール・ポアロシリーズ1作目となる『スタイルズ荘の怪事件』でデビューしたのです。

1926年、『アクロイド殺し』でベストセラー作家に

1926年、『アクロイド殺し』でベストセラー作家に

その後、1926年にエルキュール・ポアロシリーズの3作目となる『アクロイド殺し』を発表したアガサ・クリスティーさんは、大胆なトリックと意外な真犯人を巡ってフェアかアンフェアかの大論争がミステリーファンの間で巻き起こり、一躍ベストセラー作家の仲間入りを果たしたのです。

そして同作は映画、テレビドラマ化され、日本では2018年に『黒井戸殺し』として舞台を昭和20年代の日本に置き換えた翻案作品でドラマ化されたのです。

成功するも謎の失踪事件を起こす

1926年、謎の失踪事件を起こす

1926年、謎の失踪事件を起こす

公私共に充実しているかに見えたアガサ・クリスティーさんですが、アクロイド殺しが大ヒットした同年に謎の失踪事件を起こしたのです。

そんなアガサ・クリスティーさんは当時、一人でドライブへ行くと言い残し自宅を出ると、彼女の車が乗り捨てられているのが発見され、社内には有効期限の切れた運転免許証と洋服が残されていたため、人気作家の失踪ということで瞬く間に表沙汰となり話題となったのです。

関連するキーワード

関連するまとめ

アインシュタインの死因!生い立ちや家族・子孫まとめ

かの有名な「相対性理論」の生みの親であり20世紀を代表するドイツの天才物理学者、アルベルト・アインシュタイン…

passpi / 9083 view

ナチス・ドイツの第二次世界大戦の敗因!日本との関係性・ソ連との戦争まとめ

第二次世界大戦時のナチス・ドイツについて、その敗因が注目を集めています。また、日本との関係性、ソ連との戦争に…

cyann3 / 5182 view

ハプスブルク家の顔の特徴は“あごのしゃくれ!カルロス2世やアインシュタイン稲田も総ま…

20世紀初頭までヨーロッパを支配したハプスブルク家ですが、王や王妃の顔の特徴として“あご”がしゃくれているこ…

sumichel / 3596 view

ヨシフ・スターリンと岡田真澄が似てる!2人の関係も総まとめ

ソビエト連邦の最高指揮者として知られるヨシフ・スターリンですが、岡田真澄さんと似てると以前から話題になってい…

sumichel / 6160 view

キング牧師の死因!暗殺理由と犯人・その後のアメリカと世界の反応まとめ

アメリカの公民権運動の指導者であるキング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)について、死因に関する…

cyann3 / 4041 view

ハプスブルク家の紋章は2つ?ライオンと双頭の鷲の意味を総まとめ

ヨーロッパの名門貴族「ハプスブルク家」。彼らは長年に渡ってオーストリアを治め、現在もその影響力は大きいのだと…

aquanaut369 / 2672 view

ハプスブルク家の末裔の現在とは?レーサーの噂・日本人との関係まとめ

11世紀に創設された貴族ハプスブルク家について、末裔の現在が注目されています。また、顎に特徴のある画像やレー…

cyann3 / 6288 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

スターリン大粛清の理由はなぜ?死者や犠牲者の人数・当時の写真・その後や映画化を総まと…

旧ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン。当時「大粛清」と呼ばれる残虐行為を行っていて、その理由や犠牲者の人数に…

aquanaut369 / 3045 view

アレキサンダー大王の生涯と歴史!配偶者の死因やその後・功績まとめ

アレキサンダー大王(アレクサンドロス3世)の生涯と歴史をご紹介します。また、アレキサンダー大王は配偶者の死を…

cyann3 / 4189 view

ヨシフ・スターリンは身長が低い?史上最強の独裁者が抱えていたコンプレックスまとめ

約29年間という長きに渡ってソビエト連邦の最高指導者として君臨し、独裁者として恐れられたヨシフ・スターリンで…

passpi / 7018 view

ナチス・ドイツの第二次世界大戦の敗因!日本との関係性・ソ連との戦争まとめ

第二次世界大戦時のナチス・ドイツについて、その敗因が注目を集めています。また、日本との関係性、ソ連との戦争に…

cyann3 / 5182 view

モナリザの正体と謎9選!値段と怖い理由・解説動画まとめ

イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画「モナ・リザ」について、その謎や正体が話題になっていま…

cyann3 / 8537 view

グレース・ケリーの名言ランキング30選【最新決定版】

グレース・パトリシア・ケリーは、モナコ公国の公妃で、元アメリカ合衆国の女優です。今回はそんなグレース・ケリー…

maru._.wanwan / 1247 view

アインシュタインの舌の写真や身長!舌を出している理由を総まとめ

アルベルト・アインシュタインと言えば、舌を出した写真で有名で名前くらいは誰でも聞いたことがあるのではないでし…

sumichel / 3349 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク