真珠湾攻撃はなぜ起こった?その原因は?

真珠湾攻撃とは

真珠湾攻撃とは

真珠湾攻撃とは第二次世界大戦中に日本軍がアメリカの真珠湾にあった海軍基地と艦隊に仕掛けた奇襲攻撃のことです。この攻撃によりアメリカ軍の太平洋艦隊は甚大な被害を受け、逆に日本は大きな戦果を得ました。

真珠湾攻撃後は本格的に太平洋戦争へと突入し、アメリカの日本へ対する攻撃はより一層激化することとなります。

真珠湾攻撃はなぜ起こったの?その原因は?

真珠湾攻撃はなぜ起こったのか?

真珠湾攻撃はなぜ起こったのか?

真珠湾攻撃はなぜ起こったのでしょうか?これについてはいくつか原因があることがわかっていますが、その一番の目的は「アメリカに大打撃を与えて戦争を有利に進めるため」です。実際にこの攻撃では大きな戦果を挙げたものの、戦いは有利に進むかと思われましたが、最終的にはアメリカを本気にさせてしまい、日本は第二次世界大戦の敗戦国となりました。

真珠湾攻撃の原因①~アメリカとの対立

真珠湾攻撃の原因①~アメリカとの対立

日本が真珠湾攻撃を仕掛ける原因となったのは「アメリカとの対立」が大きいとされています。当時の日本は日中戦争の真っただ中で、アジア進出を進めていました。

それに対してアメリカは反発。中国などアジアからの撤退を要求していたものの、日本はこれを無視して戦い、アメリカとの溝は深まっていました。

日本は当時日中戦争とは別にフランス領だったインドシナにも軍を進めていて、これは「タイ・フランス領インドシナ紛争」にて日本が仲介役を務めたことが大きいとされています。そのため、日本はインドシナ地域に軍を配備した状態となっていて、アメリカはこれに対しても撤退を要求していました。

真珠湾攻撃の原因②~日本への石油輸出を禁止

真珠湾攻撃の原因②~日本への石油輸出を禁止

アメリカは日本がアジア進出をやめなかったことでアメリカが「日本への石油輸出を禁止」します。当時の日本は石油の約8割をアメリカの輸入に頼っていたため、輸入がストップしてしまうと戦争どころではなくなってしまいます。そのため、石油の備蓄があるうちにアメリカとの戦いを始めようとする動きが軍内部に出てきました。

真珠湾攻撃の原因③~アメリカ真珠湾海軍基地

真珠湾攻撃の原因③~アメリカ真珠湾海軍基地

当時のアメリカはハワイを併合したばかりで、オアフ島に新たに真珠湾海軍基地を設置。これは日本にとって脅威そのもので、まさに鉄壁の要塞と化していました。

そのため、日本が仮にこの海軍基地を攻撃する場合、戦艦からの砲撃や上陸作戦に成功の見込みはなく、対米戦争になった場合は日本近海での戦いが想定されていました。

アメリカにとっては真珠湾は重要拠点だった?真珠湾海軍基地について

アメリカにとって真珠湾は太平洋における重要な軍事拠点

アメリカにとって真珠湾は太平洋における重要な軍事拠点

アメリカは1898年7月にハワイを併合。その後を見据えてオアフ島に軍事拠点となる海軍基地を整備していきます。アメリカは太平洋上での戦略を考え作られたもので、当時からすでに日本のことは意識していたのだとか。

また、オアフ島はアメリカからフィリピンまでの中継地としても利用されていたため、海軍と空軍の統合基地でもありました。

完璧な要塞だった

完璧な要塞だった

アメリカの真珠湾基地は当時としては「完璧な要塞」で、世界中から難攻不落と思われていました。実際に島の防御は高射砲などの設置で厳重になっていて、当時は現地の新聞で「日本はアメリカに攻撃することは不可能」と報じられていたのだとか。

また、この海軍基地は位置的にも非常に理想的で、まさに太平洋はアメリカが手中に収めたような形になっていました。

アメリカは真珠湾基地の建設前から日本のアメリカへの攻撃は想定していたようで、日本という存在が真珠湾基地を建設させたとも言えます。また、アメリカはこの基地建設に巨額の費用を投じていて、それだけ日本を危険視していたことも伺えます。

その一方で防空体制の不備は指摘が多かった

その一方で防空体制の不備は指摘が多かった

ハワイの真珠湾基地はまさに完璧な要塞でしたが、それは海上や陸上での話であり、防空体制は整っていなかったようです。これについてはアメリカ軍内でもたびたび指摘されていたようで、過去には152機の攻撃機を使用した模擬戦も行っていました。この模擬戦ではすべての艦船と地上の航空機を破壊することに成功していて、この模擬戦の結果は日本のホノルル領事館から本国にも伝えられています。

真珠湾基地はこの防空体制の甘さとその完璧な守りがおごりを生み、日本の奇襲作戦に対応できなかったのは明白で、模擬戦は散々な結果になっているものの、とくに対策は取られなかったようです。

アメリカ太平洋艦隊司令長官が解任されていた

アメリカ太平洋艦隊司令長官が解任されていた

模擬戦の結果を受け、当時のアメリカ太平洋艦隊司令長官であるジェームズ・リチャードソン大将はフランクリン・ルーズベルト大統領に対して太平洋艦隊の主力を真珠湾基地に置かないよう進言。

ですが、彼の発言は却下され、さらに太平洋艦隊司令長官を解任。洋上の警戒を強化するにとどまりました。

その後、新たに太平洋艦隊司令長官に就任したハズバンド・キンメル大将も真珠湾基地の危険性を理解していたようで、艦隊に警戒を呼び掛けるも空の警戒はほとんどされなかったのだそうです。

真珠湾攻撃をわかりやすく解説!全体の流れを紹介

真珠湾攻撃をわかりやすく解説①~アメリカとの交渉決裂

真珠湾攻撃をわかりやすく解説①~アメリカとの交渉決裂

日本は当時アメリカを脅威に感じる一方で、日に日に対立は大きくなり、戦争回避のために交渉に入ります。これは「まともにアメリカとやり合っては勝ち目がない」という思いからで、なんとか日中戦争を認めてもらい、石油の輸入を再開してもらおうと画策します。

ですが、アメリカ側の答えは「No」。これにより日本側も「交渉決裂」と受け取り、開戦準備へと突入します。

アメリカは当時日本との交渉で「日中戦争は認めない」、「石油も輸出しない」、「ドイツ・イタリアとの三国同盟から離脱しろ」と要求を重ねていて、一切日本の要求は受け入れられませんでした。

真珠湾攻撃をわかりやすく解説②~ハワイへ向けて出港

真珠湾攻撃をわかりやすく解説②~ハワイへ向けて出港

日本はアメリカとの交渉決裂から開戦を決意。択捉島から日本海軍機動部隊をハワイへ向けて出港させ、見つからないよう北方航路を使用しハワイを目指しました。

機動部隊がハワイへ到着するまでの間、日本本国では開戦へ向けた会議が行われ、真珠湾攻撃の30分前に宣戦布告をすることが決まりました。

日本軍はハワイへ向けて出港しましたが、このときにはすでに真珠湾攻撃は「奇襲」というのが決められていたようで、見つからないようわざわざ困難な北方航路を選択。万が一敵に見つかった場合には強襲を仕掛けることも決められていたのだとか。

真珠湾攻撃をわかりやすく解説③~ニイタカヤマノボレ一二○八

真珠湾攻撃をわかりやすく解説③~ニイタカヤマノボレ一二○八

12月2日17時30分、大本営から出港した機動部隊へ「ニイタカヤマノボレ一二○八」という暗号文が発信されます。これは「12月8日に真珠湾基地を攻撃する」という内容で、作戦決行の合図。日本軍は12月8日午前1時30分、攻撃隊の戦闘機183機が出動し、午前2時45分に第二波としてさらに171機の戦闘機も出動しました。

暗号文にあった「ニイタカヤマ」とは当時の日本領台湾にあった山の名前で、「一二○八」は12月8日を意味するものでした。ちなみに新高山(現・玉山)は富士山よりも高い「3952m」もある山で、当時の日本の最高峰だったのだそうです。

真珠湾攻撃をわかりやすく解説④~トラ・トラ・トラ

真珠湾攻撃をわかりやすく解説④~トラ・トラ・トラ

12月8日3時19分、第一波空中攻撃隊が真珠湾上空へ到着。ここで「全軍突撃」の命令が下され真珠湾基地への攻撃作戦が開始されました。その3分後、奇襲成功の合図である「トラ・トラ・トラ」という暗号文が打電され、大本営はこれを了解。3時25分に急降下爆撃隊の爆撃が開始され、アメリカはなすすべもないまま奇襲を受けてしまいました。

日本軍の「トラ・トラ・トラ」という暗号文の意味は「ワレ奇襲ニ成功セリ」というもので、真珠湾攻撃のためだけに作られた暗号文でした。ちなみに「トラ」というもの事態に意味はなく、たまたま「ト」のあとに「ラ」をつけ、それに対して「奇襲成功」の意味を付けただけだったのだとか。

真珠湾攻撃をわかりやすく解説⑤~帰還

真珠湾攻撃をわかりやすく解説⑤~帰還

日本の真珠湾攻撃はその後、第二波や特殊潜航艇の攻撃もあり、アメリカ側は甚大な被害を受けました。そして、12月2日午前4時45分から8時頃までにすべての攻撃隊が帰投。

そして、午前9時に艦隊は日本へ帰還することとなり、日本では作戦成功が昭和天皇に伝えられました。

真珠湾攻撃 詳細カラー映像

出典:YouTube

関連するキーワード

関連するまとめ

始皇帝の家系図や子孫!母親と兄弟など家族・結婚や嫁と子供も総まとめ

中国を初めて統一した秦の始皇帝。彼は一体どのような家族の元で育ち、子供や子孫たちはどうなったのか注目されてい…

aquanaut369 / 10583 view

アインシュタインの舌の写真や身長!舌を出している理由を総まとめ

アルベルト・アインシュタインと言えば、舌を出した写真で有名で名前くらいは誰でも聞いたことがあるのではないでし…

sumichel / 2071 view

トーマス・エジソンの死因!晩年と最期・葬儀と墓の場所まとめ

トーマス・エジソンさんについて、死因に関する話題が挙がっています。また、トーマス・エジソンさんの晩年エピソー…

cyann3 / 1878 view

セオドア・ルーズベルトは何した?世界史上の功績・日本との関係と評価・死因まとめ

歴代のアメリカ大統領の中でも、今なお多くのアメリカ人から高く評価され、尊敬を集めているセオドア・ルーズベルト…

passpi / 2785 view

マリーアントワネットの身長!靴やドレスなどファッションも徹底分析

1700年代後半に一世を風靡したマリーアントワネットの洗練されたファッションは、現代のファッション界に於いて…

Mrsjunko / 3016 view

ホモサピエンスの歴史!進化の過程・ネアンデルタール人や猿人との違いまとめ

ホモ・サピエンスの歴史・進化の過程について注目を集めています。また、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人、猿…

cyann3 / 1339 view

ロザリア・ロンバルド(少女のミイラ)の現在!父など家族や生前の姿・目の瞬きを総まとめ

‟世界一美しい少女のミイラ”と言われるロザリア・ロンバルドさんですが、今も多くの謎が残っていると言われていま…

sumichel / 9853 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ムッソリーニとヒトラーの関係!2人の共通点と違いを比較まとめ

イタリアの政治家のドイツの政治家ムッソリーニについて、2人の関係性が改めて注目されています。また、ムッソリー…

cyann3 / 1892 view

レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯!本名や結婚・晩年と死因・天才エピソードまとめ

芸術家のレオナルド・ダ・ヴィンチについて、その生涯が注目を集めています。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの本名…

cyann3 / 2022 view

ヨシフ・スターリンと岡田真澄が似てる!2人の関係も総まとめ

ソビエト連邦の最高指揮者として知られるヨシフ・スターリンですが、岡田真澄さんと似てると以前から話題になってい…

sumichel / 5027 view

マリーアントワネットの名言と生涯!子供・子孫・死因エピソードまとめ

フランス王妃のマリーアントワネットについて、名言と生涯に関して注目されています。また、マリーアントワネットの…

cyann3 / 1575 view

ヘレンケラーの死因!三重苦や晩年も総まとめ

『見えない、聞こえない、話せない』という‟三重苦”を抱えながらも、並みならぬ好奇心と努力で学問に励み、障害者…

sumichel / 3155 view

パブロ・ピカソはどんな人?何がすごい?本名と作品の特徴・代表作を総まとめ

世界的な画家として知られているパブロ・ピカソ。彼は画家としては非常に有名ですが、一体どんな人で、何がすごいの…

aquanaut369 / 789 view

アインシュタインの舌の写真や身長!舌を出している理由を総まとめ

アルベルト・アインシュタインと言えば、舌を出した写真で有名で名前くらいは誰でも聞いたことがあるのではないでし…

sumichel / 2071 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク