ヘレンケラーのプロフィール

プロフィール

プロフィール

名前:ヘレンケラー
生年月日:1880年6月27日
出身地:アメリカ・アラバマ州タスカンビア
職業:作家
没年月日:1968年6月1日

ヘレンケラーの経歴

裕福な家庭で生まれ、のびのびと育つ

裕福な家庭で生まれ、のびのびと育つ

両親共に名家の出身だったことから裕福な家庭でのびのびと育ったヘレンケラーさんは、生後半年で片言の言葉をしゃべり、1歳の時には歩けるようになっていたのです。

髄膜炎により三重苦に

髄膜炎により三重苦に

しかし1歳7か月の時に原因不明の高熱(現在では猩紅熱)に見舞われ髄膜炎を患ったヘレンケラーさんは、医師と家族の懸命な看病により一命は取り留めたものの、その後遺症で視力と聴力を失ってしまったのです。

そして視力と聴力を失ったヘレンケラーさんは、話すこともさえも困難になり『見えない、聞こえない、話せない』という三重苦に陥ると、両親からのしつけを受けることが出来ないため、相手と意思疎通ができなかったり思うようにいかないと癇癪を起こし、相手をぶったり物を壊したりと非常にわがままに育っていったのです。

アン・サリバンとの出会いが人生を変える

アン・サリバンとの出会いが人生を変える

そんな両親は彼女の行動にお手上げ状態でしたが、諦めずに調べ聴覚障害児の教育を研究していたアレクサンダー・グラハム・ベルを訪れると、彼の紹介でマサチューセッツ州ウォータータウンにあるパーキンス盲学校の校長マイケル・アナグノスを紹介され、手紙で家庭教師の派遣を要請したのです。

そしてヘレンケラーさんが7歳の時に同校を優秀な成績で卒業したアン・サリバン先生が家庭教師として派遣されると、彼女は自身の経験を元にヘレンケラーに教育を施していくのです。

サリバンの奮闘により、指文字や言葉を習得

サリバンの奮闘により、指文字や言葉を習得

そんなヘレンケラーはサリバン先生と出会った頃は気に入らないことがあると癇癪を起し、食事は手でほかの人のお皿から手づかみで食べるなどやりたい放題だったのです。

しかし家族をダイニングから追い出してまでもヘレンケラーに立ち向かい、食事のマナーを始め絵文字や言葉を教ると、彼女は3か月後には食事マナーを始め300もの言葉を覚えるまでに成長したのです。

そんなヘレンケラーと言えば、サリバン先生に井戸に連れて行かれ、水を触れた後に指文字で何度も『ウォーター(water)』と綴られたことで水を理解したことでも有名です。

サリバン先生と二人三脚で学問に励む

サリバン先生と二人三脚で学問に励む

そしてサリバン先生の努力が実り8歳から盲学校に通い始めたヘレンケラーは、生まれてはじめて自分と同年代の盲児と交流し生き甲斐を感じると、9歳でボストンのホレース・マン聾学校で発生法を学び声を発し、14歳の時にニューヨークのライト・ヒューマソン聾学校に入学しさらに発声法を学んだのです。

24歳で大学を卒業

24歳で大学を卒業

その後、1996年の16歳の時にケンブリッジ女学に入学するも、サリバン先生と校長アーサーの教育方針の違いにより同校を退学すると、2人でボストン南郊のレンサムに家を借り、1900年にラドクリフ・カレッジ(現・ハーバード大学)に入学したのです。

そんなヘレンケラーさんは大学でもサリバン先生が横につきサポートすると、2年後から『わたしの生涯』を執筆し作家活動をスタートさせたのです。

そして翌1903年に本を出版したヘレンケラーさんは、1904年の24歳の時に大学を卒業し文学士の称号を得たのです。

大学卒業後はアメリカ社会党に入党

大学卒業後はアメリカ社会党に入党

その後26歳でマサチューセッツ州盲人委員会の委員となったヘレンケラーさんは、アメリカ社会党に入党し多くの政治活動に参加する一方、作家としての活動も続けると、1918年の38歳の時に自叙伝を映画化した『救済』に出演し、1927年には『わたしの宗教』を出版するなど活躍したのです。

ヘレンケラーとサリバン先生の物語が映画化

ヘレンケラーとサリバン先生の物語が映画化

こうしてサリバン先生と二人三脚で歩んできたヘレンケラーさんは、2人の半生が『The Miracle Worker』として舞台化および映画化され、日本でも『奇跡の人』として何度も上演されています。

出典:YouTube

ヘレンケラーの晩年と死因

三重苦を抱えながらも好奇心と向上心でサリバン先生と困難を乗り越えたヘレンケラーさん。ここではヘレンケラーさんの晩年と死因をご紹介します。

サリバンの死をきっかけに訪日

サリバンの死をきっかけに訪日

ヘレンケラーさんは『私の宗教』以降も『中流』や『私の近頃の生活』、『夕暮の平和』や『われら信仰を持たん』など多くの本を出版したのです。

そんなヘレンケラーさんは1936年に半生を共にしたサリバンが死去すると、生前の『日本に行っておあげなさい』というサリバンの遺言通り、翌1937年に 岩橋武夫の要請を受け訪日し、3ヶ月半に渡り日本各地を訪問したのです。

そして1948年と1955年と3回訪日したヘレンケラーさんは、彼女の来日がきっかけで『盲人福祉法』が立案され、のちに『身体障害者福祉法』が制定されるなど日本の福祉制度に大きく貢献したのです。

こうして3度訪日したヘレンケラーさんは、ハチ公の大ファンで初来日した際に‟秋田犬が欲しい”と要望すると、秋田犬保存会から子犬カミカゼがプレゼントされるも渡米後2カ月で病死したため、1939年に改めてプレゼントされた成犬と長年一緒に暮らしたことでも知られています。

社会的活動によりFBIの要調査人物に

社会的活動によりFBIの要調査人物に

さらにヘレンケラーさんは福祉活動のみならず、人種差別や戦争の反対、そして第一次世界大戦の殺戮にも反対など社会的活動も多かったことから、FBIの要調査人物にも挙げられていたのです。

脳卒中により、外界との接触を断つ

脳卒中により、外界との接触を断つ

そんなヘレンケラーさんは75歳を過ぎても世界各国を訪問し活動していましたが、1961年の81歳の時に軽い脳卒中を患うと、徐々に外界との接触が減っていったのです。

1968年、ヘレンケラーが87歳で死去

1968年、ヘレンケラーが87歳で死去

そして1964年にアメリカ政府から大統領自由勲章が贈られたヘレンケラーさんでしたが、1968年6月1日にコネチカット州イーストンの自宅で死去しています。

関連するキーワード

関連するまとめ

ジャンヌ・ダルクの名言21選!格言ランキング【決定版】

イングランドとの100年戦争で危機的状態にあったフランスを救い、悲運な最期を遂げた若き勇敢な少女、ジャンヌ・…

maru._.wanwan / 3343 view

ロザリア・ロンバルド(少女のミイラ)の現在!父など家族や生前の姿・目の瞬きを総まとめ

‟世界一美しい少女のミイラ”と言われるロザリア・ロンバルドさんですが、今も多くの謎が残っていると言われていま…

sumichel / 227 view

アインシュタインの舌の写真や身長!舌を出している理由を総まとめ

アルベルト・アインシュタインと言えば、舌を出した写真で有名で名前くらいは誰でも聞いたことがあるのではないでし…

sumichel / 3347 view

ニーチェの名言・格言ランキング104選【決定版】

現代では実存主義の代表的な思想家の一人として知られるドイツ連邦・プロイセン王国出身の哲学者、古典文献学者のニ…

maru._.wanwan / 4117 view

セオドア・ルーズベルトの名言ランキング28選【最新決定版】

アメリカ合衆国の軍人、政治家、第25代副大統領および第26代大統領として活躍したセオドア・ルーズベルト。今回…

maru._.wanwan / 1105 view

キュリー夫人が結婚した旦那や子供・孫・子孫まとめ

放射能研究のパイオニアとなり、1903年にはノーベル物理学賞、さらに1911年にはノーベル化学賞を受賞した、…

passpi / 4973 view

スターリン大粛清の理由はなぜ?死者や犠牲者の人数・当時の写真・その後や映画化を総まと…

旧ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン。当時「大粛清」と呼ばれる残虐行為を行っていて、その理由や犠牲者の人数に…

aquanaut369 / 3043 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

スターリンの結婚や嫁と子供!息子と娘・孫を総まとめ

旧ソ連の最高指導者ヨシフ・スターリン。彼は生前2度の結婚を経験していて、その嫁や子供(息子、娘)にどのように…

aquanaut369 / 3261 view

グレース・ケリーの名言ランキング30選【最新決定版】

グレース・パトリシア・ケリーは、モナコ公国の公妃で、元アメリカ合衆国の女優です。今回はそんなグレース・ケリー…

maru._.wanwan / 1246 view

キュリー夫人の功績!ノーベル賞と放射能・元素・研究用ノートの話題まとめ

ポーランド出身の物理学者・化学者のキュリー夫人について、過去に行った功績が注目を集めています。また、キュリー…

cyann3 / 1208 view

キング牧師は女好き!結婚した嫁や子供・子孫まとめ

アメリカの公民権運動の指導者であり、黒人の人種差別の歴史におけるキーパーソンとして、そして「私には夢がある」…

passpi / 3958 view

ツタンカーメンの生涯と死因!なぜ有名?呪いや黄金のマスク・墓とミイラ発見も総まとめ

ファラオの中でもとびきり有名なツタンカーメン。黄金のマスクは時価300兆円とも呼ばれ、エジプトの博物館に展示…

aquanaut369 / 1264 view

レオナルド・ダ・ヴィンチの生涯!本名や結婚・晩年と死因・天才エピソードまとめ

芸術家のレオナルド・ダ・ヴィンチについて、その生涯が注目を集めています。また、レオナルド・ダ・ヴィンチの本名…

cyann3 / 3551 view

ハプスブルク家の顔の特徴は“あごのしゃくれ!カルロス2世やアインシュタイン稲田も総ま…

20世紀初頭までヨーロッパを支配したハプスブルク家ですが、王や王妃の顔の特徴として“あご”がしゃくれているこ…

sumichel / 3580 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク