チャールズ・マンソンの身長やプロフィール

チャールズ・マンソン(Charles Manson)

チャールズ・マンソン(Charles Manson)

フルネーム: チャールズ・ミルズ・マンソン
生誕: 1934年11月12日(11日?)
出身地: 米オハイオ州 シンシナティ
死没: 2017年11月19日(83歳)
身長: 156 cm
職業: カルト指導者
事件名: テート・ラビアンカ殺人事件(1969年)
罪名: 殺人、共謀
刑罰: 終身刑
有罪判決: 殺人罪、共謀罪

チャールズ・マンソンは、1960年代末から1970年代の初めにかけて、カリフォルニア州にて「マンソン・ファミリー」と呼ばれるヒッピーのコミューンを率い、「テート・ラビアンカ殺人事件」などの連続殺人事件を起こしました。

チャールズ・マンソンは、自らの関与を認めず、自分に心酔した信者が勝手に暴走しただけと無罪を主張するも、検察はマンソンが人種間戦争の勃発をもくろんだものと結論付け、1972年に死刑判決が下されました。

今回、そんなチャールズ・マンソンの家族や過酷な生い立ち、彼が作ったカルト集団「マンソン・ファミリー」が起こした殺人事件と逮捕に至った経緯について振り返るとともに、刑務所での晩年と死因、映画化についてまとめました。

チャールズ・マンソンの家族や生い立ちについて

生まれて間もなく育児放棄に…過酷な生い立ちのチャールズ・マンソン

16歳で売春婦をしていた母親に産み落とされたチャールズ・マンソンは、生後間もなく育児放棄をされ、しばらくの間は名前すらない状態だったと言います。

ちなみに、「チャールズ・マンソン」という名前が付けられたのは、なんと生後数ヶ月後のことで、それも母親が気まぐれに「チャールズ」と名付け、その時にたまたま結婚していた男性の姓が「マンソン」だったからに過ぎないのだとか。

また、チャールズ・マンソンの誕生日が11月11日か12日かハッキリしないのは、母親が誕生日を覚えていないからだと言われています。

そんなチャールズ・マンソンが5歳の時、母親とその兄がガソリンスタンドを襲撃して逮捕され、懲役5年の実刑判決を言い渡されるんですよね。

これによって祖父母の家に引き取られたチャールズ・マンソンでしたが、その後は親戚を転々とした挙げ句、結局12歳の時に孤児院に入れられることになります。

それでも、母親が恋しかったチャールズ・マンソンは、母親に会いに行こうと孤児院を脱走するのですが、母親に迷惑がられることに…これにヤケを起こしたマンソンは窃盗事件を起こして逮捕されるんですよね。

その後も脱走しては軽犯罪をして戻される…ってことを繰り返したチャールズ・マンソンは、16歳の時に救護院の他の収容者に重傷を負わせ、少年院に送られました。

1954年、19歳の時に仮釈放されたチャールズ・マンソンは、ウエイトレスと結婚し、子供まで生まれるのですが…自転車泥棒をして逮捕され、その女性とはそのまま離婚したようです。

若い頃のチャールズ・マンソン

若い頃のチャールズ・マンソン

チャールズ・マンソンが作ったカルト集団“マンソン・ファミリー”

出所後に小銭とギターだけを持ってサンフランシスコへ

とうとう刑務所に入れられてしまったチャールズ・マンソンでしたが、そこでセラピーを受け、人を操る才能に磨きをかけるとともに、元ギャングだという囚人からギターを習っていたと言います。

そして、1967年に刑期を終えたチャールズ・マンソンは、いくばくかの小銭とギターだけを持って、バスでサンフランシスコに向かいました。

サンフランシスコの町並み

サンフランシスコの町並み

その当時のサンフランシスコは、ヒッピー文化が隆盛を極めていた時代で、街には長髪の若い男女が溢れ返り、彼らはただベトナム戦争への徴兵を回避することに躍起になっていたと言います。

特に、チャールズ・マンソンが居着いたハイト・アシュベリー地区では、ドラッグを楽しむヒッピー文化が盛んでした。

チャールズ・マンソンは街角で歌いながら、図書館司書の女性と知り合い、すぐに彼女のアパートで同棲を始めました。

さらに、言葉巧みに家出少女などを誘い、ドラッグを与えることで心を掌握し、アパートにはみるみる人が増えていったと言います。

カルトな思想に取り憑かれていった“マンソン・ファミリー”

やがて十数人のファミリーとなったチャールズ・マンソンらは、1968年にロサンゼルスのハリウッドに移り、ドラッグの売買や物乞い、クレジットカード泥棒などで生計を立てていました。

マンソン・ファミリー

マンソン・ファミリー

そんな中、ロックバンド「ザ・ビーチ・ボーイズ」のメンバーであるデニス・ウィルソンは、ヒッチハイク中のファミリーの少女を車に乗せたことで、チャールズ・マンソンと接点を持ちます。

たちまちウィルソンに取り入ったチャールズ・マンソンは、ファミリーごと彼の屋敷に居候することになるんですよね。

しばらくは、ウィルソン宅で悠々自適の生活を送っていたファミリーでしたが、1968年5月、ウィルソンが転居したため、屋敷から出ざるを得なくなってしまいました。

そんなチャールズ・マンソンが次に目をつけたのが、カリフォルニア州チャッツワースにある西部映画撮影用のスパーン牧場でした。

1970年当時のスパーン牧場

1970年当時のスパーン牧場

この牧場のオーナーである盲目の老人に、馬の世話と日々の雑用をすることを条件に、ファミリーが移り住むことを認めさせたチャールズ・マンソン。

ここでのファミリーの暮らしは、量販店から廃棄食糧を調達することくらいで、それ以外のほとんどの時間はドラッグで陶酔するか、セックスをして過ごすという自堕落な生活を送っていたようです。

もともとチャールズ・マンソンは、ヒトラーを崇拝し、最後の審判において自分たちが選民として役割を果たすと信じるサイエントロジーの分派「最後の審判プロセス教会」をより所としていました。

ヒトラーを崇拝していたチャールズ・マンソン

ヒトラーを崇拝していたチャールズ・マンソン

関連するまとめ

リジー・ボーデン事件の真相とその後!自宅・死因・映画作品まとめ

今なお“世界3大未解決事件”の一つに数えられている、19世紀末期のアメリカで起きた猟奇的殺人事件「リジー・ボ…

passpi / 5345 view

9.11アメリカ同時多発テロ事件の真実!陰謀と犯人・日本人生存者や犠牲者も総まとめ

9.11同時多発テロ事件とは、2001年9月11日にアメリカ合衆国で起こったイスラム過激派のテロ組織であるア…

Mrsjunko / 4924 view

ジョンベネ殺害事件の真犯人は?父・母・兄の犯人説/性的被害と霊視などの真相まとめ

1996年12月26日、当時6歳のジョンベネちゃんが自宅の地下室から遺体となって発見された事件は、当時センセ…

Mrsjunko / 4894 view

14歳のディーラー少年の動画!身元と正体・YouTube視聴方法・再現まとめ【検索し…

検索してはいけない言葉「14歳のディーラー少年」について、その動画について話題になっています。また、14歳の…

cyann3 / 7969 view

ロドニーピアーズ(日本人留学生射殺事件犯人)の現在!フリーズプリーズ事件とその後・海…

1992年にアメリカで起きた「日本人留学生射殺事件」はフリーズプリーズ事件としても有名です。この事件では犯人…

aquanaut369 / 5843 view

中村哲医師はアフガニスタンでなぜ殺された?死因と犯人の動機・現在の用水路建設・事件の…

2019年12月、アフガニスタンで日本人医師の中村哲さんが銃撃されて亡くなりました。中村哲さんはなぜ殺された…

Mrsjunko / 1137 view

アマンダノックスの現在!事件の真相と真犯人・関連映画まとめ【ペルージャ英国人留学生殺…

2007年11月2日に起こった「ペルージャ英国人留学生殺害事件」の犯人とされたアマンダノックスですが、有罪判…

Mrsjunko / 2737 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

パリ人肉事件の犯人・佐川一政の生い立ちから現在~身長と家族(父/母/弟)・映画化・死…

1981年に発生した「パリ人肉事件」は、その事件名の通り、犯人は被害者を殺害後、屍姦した後、被害者の肉を食ら…

passpi / 9100 view

ANTIFAはアメリカへの中国のテロの噂!グレタ・蓮舫の発言と関係性まとめ

アメリカの活動家グループANTIFA(アンティファ)について、中国のテロの噂が出てきています。また、グレタさ…

cyann3 / 1174 view

イスラム国の女性の扱いが酷い!性奴隷の実態・服装や難民キャンプを総まとめ

過激なテロ組織として知られているイスラム国。彼らは女性の扱いが酷いとされていて、性奴隷も問題視されいます。今…

aquanaut369 / 1268 view

スープおじさんの意味と死因!画像や動画・ドロドロの原因・解説まとめ

ネットで話題の「検索してはいけない言葉」として、スープおじさんの意味が話題になっています。また、スープおじさ…

cyann3 / 8672 view

リンドバーグ愛児誘拐事件の真相~犯人の冤罪説や事件の裏側まとめ

伝説の飛行士チャールズ・リンドバーグの息子が誘拐されるという「リンドバーグ愛児誘拐事件」。その犯人に冤罪の疑…

Mrsjunko / 9294 view

マクロン大統領とプーチン大統領の仲や関係!絶望し悲壮感漂う画像の真相も紹介

ロシアによるウクライナ侵攻により世界的に孤立を深めているプーチン大統領と、開戦前から頻繁に電話会議を行ってい…

passpi / 1883 view

ルクソール熱気球墜落事故の原因や日本人死者の死因・操縦士のその後まとめ

エジプトの観光地・ルクソールの町並みを空から眺めることができる熱気球でのルクソール遊覧飛行。 2013年2…

passpi / 3531 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);