ロザリア・ロンバルドとは

プロフィール

プロフィール

名前:ロザリア・ロンバルド
生年月日:1918年12月13日
没年月日:2020年12月6日

ロザリア・ロンバルドの生涯と家族

ロザリア・ロンバルドは将軍の娘

ロザリア・ロンバルドは将軍の娘

ロザリア・ロンバルドさんは1918年12月、イタリアの将校である父親マリオ・ロンバルドと母親マリア・ディ・カラのもと、待望の第一子として誕生しています。

2歳目前で死去

2歳目前で死去

そんなロザリア・ロンバルドさんは父親と母親の家族3人でとても幸せな日々を送っていましたが、1920年12月6日にわずか1歳11ヶ月でこの世を去ったのです。

死因はスペイン風邪

死因はスペイン風邪

こうしてわずか1歳11ヶ月という若さでこの世を去ったロザリア・ロンバルドさんの死因は、当時世界中で猛威を振るっていたスペイン風邪(現:インフルエンザA型)で、高熱に襲われ肺炎により亡くなっています。

生前の姿は残っていない

生前の姿は残っていない

そんなロザリア・ロンバルドさんは日本で言う大正時代に生まれたことや、わずか1歳11ヶ月で亡くなったことなどから、残念ながら生前の姿は一切残っていません。

父親の意思により‟世界一美しい少女のミイラ”に

父親の希望によりミイラ化されたロザリア・ロンバルド

父親の希望によりミイラ化されたロザリア・ロンバルド

待望の第一子を授かるもわずか1歳11ヶ月で娘を失った父親マリオは、幼い娘の死に酷く嘆き悲しむと、生前の娘の写真などもなかったことなどから、永遠に娘を保存したいと考えたのです。

そして遺体保存専門家でエンバーマーとしても有名な医師でもあるアルフレード・サラフィアの元を訪ねた父親は、彼の世界トップクラスの技術で、娘をミイラ化させることに成功したのです。

生前のままの姿を保つロザリア・ロンバルド

生前のままの姿を保つロザリア・ロンバルド

そんなロザリア・ロンバルドさんは亡くなってから100年以上が経っても、生前と変わらない姿を保っていることから、『世界一美しい少女のミイラ』と呼ばれ、長年その遺体保存方法は謎に包まれていたのです。

あまりの美しさに深い悲しみを覚えた父親

あまりの美しさに深い悲しみを覚えた父親

こうして父親の希望により世界一美しいミイラ化としたロザリア・ロンバルドさんは、当初は父親も毎日のように娘の元を訪れていましたが、次第に決して変わることのない娘の姿により深い悲しみを覚えるようになり、娘の元を訪れることをやめてしまったと言われています。

2009年、具体的な保存方法が明らかに

16世紀頃から富裕層の死後のステータスとしてミイラが埋葬されるようになり、ほとんどの遺体が白骨化していくなか、生前の姿を保ったままのロザリア・ロンバルドさんは、遺体保存方法は永年に亘り不明とされていましが、2009年にイタリアの生物人類学者ダリオ・ピオンビーノ=マスカリ氏の調査により、防腐処理を行った医師の親族を発見したのです。

そして子孫の元に残されていたカルテから、ロザリア・ロンバルドさんはホルマリン・塩化亜鉛・アルコール・サリチル酸・グリセリン・パラフィンを用いて保存処置が行われたことが明らかとなったのです。

ホルマリンは、殺菌力を持つホルムアルデヒドの水溶液である。ホルマリンを用いた死体の防腐処理は、いまでこそ広く行われているが、それを初めて行った人物の1人がサラフィア氏である。アルコールは、湿度が極端に低い地下墓地内で、ロザリアの遺体を乾燥させミイラ化する役割を果たしたとみられる。グリセリンは逆に、遺体が極度に乾燥するのを防ぎ、サリチル酸は、菌類の繁殖を防いだと考えられる(注)。

そんなロザリア・ロンバルドさんはブロンドの髪は未だに艶やかな状態を保っており、検査と分析の結果、内臓が現在も無傷で脳は元の大きさの50%にしか縮小していないことが判明したのです。

ロザリア・ロンバルドの目の瞬きとは?!

こうして死後100年が経過しても生前と変わらぬ姿で『ガラスの棺に眠る美少女』とも呼ばれるロザリア・ロンバルドさんですが、瞬きするミイラとも呼ばれているのです。

カメラに目を開けたロザリア・ロンバルドの姿が

2014年、瞬きをしたという衝撃的なニュースが

2014年、瞬きをしたという衝撃的なニュースが

ただでさえ未だに謎が多いと言われているロザリア・ロンバルドさんですが、2014年に衝撃的なニュースが全世界に広がったのです。

学術誌『Peruvian Journal El Comercio』によると、学者らがロザリア・ロンバルドさんに施された死体防腐処理法の謎を解き明かす為、棺にカメラを設置し1分毎に写真を撮ったと言うのです。

そして数日間観察を続けた結果、数回に渡りロザリア・ロンバルドさんの瞼が開いたり閉じたりを繰り返した現象を撮影することに成功したのです。

学術誌「Peruvian Journal El Comercio」によると、学者らはロザリアちゃんに施された死体防腐処理法の謎を解き明かす為にロザリアの棺にカメラを設置したそうだ。カメラは1分毎に写真を撮るものだったが、そのデータを見て学者等は驚愕した。

数日間観察を続けたが、数回にわたりロザリアの瞼が開いたり閉じたりを繰り返しているたのだ。また、その数年後に再度研究を行ったイタリアの研究者等が同じ現象を撮影する事に成功したのだという。

ロザリア・ロンバルドの瞬きの真相は?

関連するキーワード

関連するまとめ

ヨシフ・スターリンは身長が低い?史上最強の独裁者が抱えていたコンプレックスまとめ

約29年間という長きに渡ってソビエト連邦の最高指導者として君臨し、独裁者として恐れられたヨシフ・スターリンで…

passpi / 496 view

オードリー・ヘップバーンの名言35選!格言ランキング【最新決定版】

貧困にあえぐ子どもたちへの支援とケアを惜しまなかったオードリー・ヘップバーンは、多くの名言を残してきたことで…

maru._.wanwan / 75 view

フローレンス・ナイチンゲールの名言ランキング70選【最新決定版】

フローレンス・ナイチンゲールは、近代看護教育の母と呼ばれ、クリミア戦争での敵・味方の分け隔てない負傷兵たちへ…

maru._.wanwan / 216 view

キング牧師は女好き!結婚した嫁や子供・子孫まとめ

アメリカの公民権運動の指導者であり、黒人の人種差別の歴史におけるキーパーソンとして、そして「私には夢がある」…

passpi / 430 view

アルベルト・アインシュタインの名言ランキング35選【最新決定版】

ドイツ生まれの理論物理学者で、それまでの物理学の認識を根本から変え、「20世紀最高の物理学者」とも評されたア…

maru._.wanwan / 95 view

カーネルサンダース像の呪いと現在!道頓堀川その後・日本に来日の回数・親日や反日も総ま…

1985年10月16日のセントラル・リーグでの阪神優勝の際、勢い余った阪神ファンがカーネル・サンダース像を道…

Mrsjunko / 153 view

クレオパトラ7世の顔は本当に美人?様々な画像も総まとめ

クレオパトラ7世は世界三大美女に数えられるほどの美人として知られています。ですが、彼女は本当に美人だったので…

aquanaut369 / 248 view

同じカテゴリーの記事

同じカテゴリーだから興味のある記事が見つかる!

ユダヤ人と日本人の関係!日ユ同祖論と君が代・似てる部分や共通点まとめ

ユダヤ人と日本人の関係性が現代になって注目されています。また、日ユ同祖論や君が代について、似てる部分・共通点…

cyann3 / 176 view

フローレンス・ナイチンゲールの名言ランキング70選【最新決定版】

フローレンス・ナイチンゲールは、近代看護教育の母と呼ばれ、クリミア戦争での敵・味方の分け隔てない負傷兵たちへ…

maru._.wanwan / 216 view

モナリザの正体と謎9選!値段と怖い理由・解説動画まとめ

イタリアの美術家レオナルド・ダ・ヴィンチが描いた油彩画「モナ・リザ」について、その謎や正体が話題になっていま…

cyann3 / 149 view

マリーアントワネットの映画6選!あらすじとおすすめランキング【動画付き】

14歳でフランス国王ルイ16世と結婚し、豪華絢爛な生活から一転フランス革命の名のもとにギロチン処刑され、37…

Mrsjunko / 121 view

セオドア・ルーズベルトは何した?世界史上の功績・日本との関係と評価・死因まとめ

歴代のアメリカ大統領の中でも、今なお多くのアメリカ人から高く評価され、尊敬を集めているセオドア・ルーズベルト…

passpi / 255 view

ナポレオン・ボナパルトの身長!イケメン画像・エピソードと肖像画発見まとめ

フランス皇帝のナポレオン・ボナパルトについて、身長の話題が挙がっています。また、ナポレオン・ボナパルトのイケ…

cyann3 / 104 view

トーマス・エジソンの死因!晩年と最期・葬儀と墓の場所まとめ

トーマス・エジソンさんについて、死因に関する話題が挙がっています。また、トーマス・エジソンさんの晩年エピソー…

cyann3 / 178 view

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

スポンサードリンク

"); } })(jQuery);